最新競馬コラム

凱旋門に食われた和製グルメSPRINTERS’Sが実は、まいう~!

2016年9月29日(木) 21:24

 1,197

 JRA初の海外馬券発売・凱旋門賞フィーバーで、中山のGⅠスプリンターズSがレコードで言えばB面扱いに追いやられている。メディアがそうだから、予想者もファンもA面ガイセンモンにエネルギーを奪われ、意識無意識にかかわらず、B面スプリンターへの集中力や予想意欲が希薄になる。こういうときの「落とし穴」は思いのほか大きい。気が付けば10年前のテイクオーバーターゲットメイショウボーラータガノバスティーユの3連単263万7570円をしのぐ超穴に…Oh my god!
枠順と馬場。ビッグアーサー王が腹心の騎士ランスロットに最愛の妻を寝取られ(?)たような屈辱は、レコード走(高松宮記念宮)の鋭進を鈍らせる雨馬場によってもたらされる。①枠に入って包まれたやや重・阪神Cの3着、大外⑯番から脚をとられて前に出られなかったシルコロードSの5着ともに、1番人気に反する不甲斐ない内容だった。やや重以上の重い馬場になってダッシュが鈍れば、枠順にかかわらず後手に回っての追走一杯、内枠で包まれたら初の大敗もありうる。
 5歳秋のアーサー以上の伸びしろ、成長力が見込める3歳の若武者シュウジはアーサーより雨に弱い気質、脚質なのかもしれない。断然の1番人気で12着に失速した不良馬場ファルコンSの悪夢が脳裏をよぎる。こうしたスピードとキレが身上の人気馬がなすすべもなく自滅するような局面になれば、ダート路線から芝に切り替えて名をなしたスノードラゴンの復活、ダートの欅Sを勝って芝のCBC賞をもぶち抜いたレッドファルクスのさらなる跳躍も自然の成り行きだし、枠順次第で大きく浮上して不思議のない怖がりX馬の大駆けさえありうる。いずれにしても今年の主役は凱旋門賞以上に、枠順と馬場によって決まる。静かに座して天の配材、その結果を待ちたい。

 ナイス!(5
 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬コラム

新着競馬コラム

人気競馬コラム

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月22日()
中京記念 G3
函館2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月15日()
函館記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る