会員登録はこちら
朝日セントライト記念 G2   日程:2017年9月18日() 15:45 中山/芝2200m

レース結果

朝日セントライト記念 G2

2017年9月18日() 中山/芝2200m/15頭

本賞金:5,400万 2,200万 1,400万 810万 540万


レコード:2分10秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 5

ミッキースワロー

牡3 56.0 横山典弘  菊沢隆徳 482(-2) 2.12.7 6.1 2
2 4 7

アルアイン

牡3 56.0 C.ルメー  池江泰寿 526(+10) 2.13.0 1 3/4 1.7 1
3 2 2

サトノクロニクル

牡3 56.0 M.デムー  池江泰寿 462(+12) 2.13.2 1 1/4 6.6 3
ラップタイム 12.3-11.1-12.4-13.1-12.9-12.8-12.1-12.0-11.7-11.3-11.0
前半 12.3-23.4-35.8-48.9-61.8
後半 58.1-46.0-34.0-22.3-11.0

■払戻金

単勝 5 610円 2番人気
複勝 5 150円 2番人気
7 110円 1番人気
2 160円 3番人気
枠連 3-4 340円 1番人気
馬連 5-7 590円 1番人気
ワイド 5-7 240円 1番人気
2-5 700円 7番人気
2-7 270円 2番人気
馬単 5-7 1,490円 4番人気
3連複 2-5-7 1,150円 1番人気
3連単 5-7-2 7,230円 9番人気

朝日セントライト記念のニュース&コラム

【神戸新聞杯】マイスタイル抜群!3馬身半先着
 菊花賞トライアル、神戸新聞杯の追い切りが20日、栗東トレセンで行われた。ダービー4着のマイスタイルは、CWコースの併せ馬で鋭く伸びて先着。ひと夏の成長を高らかにアピール。ベストアプローチ、ホウオウドリームも合格点の走りだった。 ダービー4着のマイスタイルが、ひと回り大きくなって秋の始動戦を迎える。迫力満点の最終追い切りを見届けた昆調教師が納得の表情だ。 「上がり重点で、ジョッキーに春との違いを確かめてもらった。この時期だし、まだ究極まで仕上げるわけにはいかないけど、春より芯が入ってだいぶしっかりしてきた」 CWコースでヒルノデンハーグ(1000万下)との併せ馬。3馬身ほど追走する形でスタートし、序盤はやや行きたがるそぶりを見せたが、横山典騎手がなだめてうまく脚をためる。4コーナーでは内に進路を取り、ゴール前で強めに追われると、ラスト1ハロン11秒7(6ハロン83秒7)の瞬発力を発揮して、貫禄の3馬身半先着だ。 久々にまたがったジョッキーは「他の馬にも言えることだけど、夏を越して全体的にパワーアップしている」と好感触を伝えた。 春は弥生賞2着で賞金を加算し、2冠に参戦。皐月賞は馬群でもまれ込み16着大敗を喫したが、ダービーでは14番人気の低評価を覆して4着。前半の1000メートルを63秒2のスローペースに持ち込むと、ゴール寸前までしぶとく粘って存在感を示した。 「いろいろ有利に働いたのはあるけど、力がないと残れない。(3着の)アドミラブルとあそこまでやれるなんて思っていなかっただろう。それが競馬の妙」 横山典騎手は独特の言い回しで大一番を回顧した。前週は、日曜のローズSがカワキタエンカで逃げて2着、月曜のセントライト記念はミッキースワローに騎乗して皐月賞馬アルアインを差し切った。リズムは絶好で、今週も手綱さばきに注目が集まる。 昆調教師は「ハーツクライ産駒で成長力もある。春より秋、秋より来年と思っていた馬だし楽しみ」と、伸びしろの大きさに期待を寄せた。 自分のリズムで運ぶには、ゆったり流れる阪神外回り2400メートルの舞台も申し分ない。ここも自分のスタイルを貫いて、答えを出す。 (斉藤弘樹)★神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年9月21日(木) 05:03

 1,054

【神戸新聞杯】レース展望
 今週の阪神メインは神戸新聞杯(24日、GII、芝2400メートル)。前週のセントライト記念(中山)に続く菊花賞トライアルで、上位3頭が本番への優先出走権を得る。 ダービー出走組は、過去10年で8頭がVと圧倒的に強い。今年のダービー馬レイデオロ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡)にとって秋始動戦となり、注目度は抜群だが、この後の照準は菊花賞ではなくジャパンC。まだ先に目標があるので、目一杯の仕上げというわけではない。帰厩後の動きにも余裕があるが、馬体の張りの良さなどは夏を順調に過ごしたことを証明している。世代トップの能力の持ち主だけに、無事に出走できればあっさり勝つ可能性が高いが、前哨戦だけに付けいる隙もありそう。 夏の上がり馬としてがぜん脚光を浴びているのがキセキ(栗東・角居勝彦厩舎、牡)だ。デビューが昨年12月の阪神芝1800メートル戦。あっさり勝利を収めたが、その後に勝ちあぐねて今年3月の毎日杯で3着。ここで陣営が早々と春のクラシック路線を断念し、成長を促したことが吉と出た。7月の復帰戦・中京500万下、さらに8月の信濃川特別と余力たっぷりに連勝。特に前走のムチを入れることなく抜け出した内容は、新星誕生を予感させるものだった。 毎日杯でキセキに0秒2差をつけて勝ったアルアインは皐月賞を勝ち、ダービー5着。さらに秋初戦のセントライト記念も2着の実力を持つ。春の差が夏の間に縮まったのかどうかを計る意味でも、今回どのような結果が出るか興味深い。 その毎日杯で0秒1差の2着だったのがサトノアーサー(栗東・池江泰寿厩舎、牡)。最後方からアルアインを追い詰めた脚は、デビュー前の評判を証明するに足るものだったが、そのぶん気性的な若さがネックに。ダービーでは折り合いに専念してスローペースに対応しきれず、10着に敗れた。この夏にどこまで成長しているのか。決め手は世代トップクラスで、持ち味を発揮するには精神的に大人になっている必要がある。 きさらぎ賞、弥生賞、皐月賞と3戦連続3着、ダービーは6着だったダンビュライト(栗東・音無秀孝厩舎、牡)。安定感はあるが、ダービーのような瞬発力勝負は合わない。いかにスタミナ勝負に持ち込めるかが鍵だろう。 ダービーは絶妙なスローペースの逃げで見せ場たっぷりの4着だったマイスタイル(栗東・昆貢厩舎、牡)。横山典弘騎手はセントライト記念をミッキースワローで制したばかりで、円熟味を増したベテランの騎乗には今週も要注意だ。★神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年9月19日(火) 16:55

 2,571

【セントライト】スワローV!ラスト1ハロン鬼脚10秒台
 第71回セントライト記念(18日、中山11R、GII、3歳オープン国際(指)、馬齢、芝・外2200メートル、1着本賞金5400万円、1〜3着馬に菊花賞の優先出走権=出走15頭)横山典弘騎乗で2番人気のミッキースワローが中団追走から直線で鋭く伸び、鮮やかに差し切って重賞初制覇を果たした。タイム2分12秒7(良)。1番人気の皐月賞馬アルアインは1馬身3/4差2着。3着サトノクロニクルを加えた3頭が菊花賞(10月22日、京都、GI、芝3000メートル)の優先出走権を獲得した。 遅れてきた大器ミッキースワローの衝撃的な末脚に、中山のファンが声を失った。皐月賞馬を並ぶ間もなく、子供扱いするかのような差し切り勝ち。菊花賞に堂々と名乗りを上げた。 「アルアインに並んだらいいかな、と思ったけど、思ったより簡単にかわしたね」 初コンビの横山典騎手も、想像以上の豪脚には驚くばかりだ。それもそのはず、レースのラスト1ハロンのラップは11秒0。それを残り100メートルほどで一気に先頭に立って1馬身3/4突きはなしたのだから、この馬のラスト1ハロンは楽に10秒台の脚を使ったことになる。まさに破壊的な末脚だ。 スタートダッシュこそ速くなかったが、最初のコーナーを内でロスなく回り、アルアインを前に見る位置取り。4コーナーでもスムーズに外めに持ち出すベテランジョッキーの手綱さばきは鮮やかで、最後の急坂などないかのような伸び脚を引き出した。 「もともといい馬だと聞いていたし、秋に良くなればと思っていたからね。菊花賞が楽しみになったよ」 意外にもこれがセントライト記念初勝利だったノリの笑顔からも、期待感が伝わってきた。 「まだ子供っぽくて、きょうもパドックで鳴いていたぐらい。でも、普段から動きが速くて運動神経がすごいんです」 菊沢調教師も成長した馬の姿に感心しきり。始動が遅れた馬のためクラシック登録をしていなかったが、野田みづきオーナーの了承を得て、追加登録料200万円を支払って菊花賞に挑戦することを明言した。 菊沢師の夫人は横山典騎手の妹という間柄。NHKマイルC馬で秋華賞の有力馬であるアエロリットに加え、このミッキースワローも菊花賞を狙う立場になった。義兄弟コンビが、この秋、京都の大舞台で大暴れの予感だ。 (柴田章利)★18日中山11R「セントライト記念」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!ミッキースワロー 父トーセンホマレボシ、母マドレボニータ、母の父ジャングルポケット。鹿毛の牡3歳。美浦・菊沢隆徳厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は野田みづき氏。戦績6戦3勝。獲得賞金8026万7000円。重賞初勝利。セントライト記念は菊沢隆徳調教師、横山典弘騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+ツバメ」。
2017年9月19日(火) 05:08

 1,770

【セントライト】1番人気アルアイン2着
 第71回セントライト記念(18日、中山11R、GII、3歳オープン国際(指)、馬齢、芝・外2200メートル、1着本賞金5400万円、1〜3着馬に菊花賞の優先出走権=出走15頭)断然の1番人気を背負った皐月賞馬アルアインは、スタートよく道中5番手からの競馬。4コーナーで押し上げ、直線では一旦抜け出したが、最後は勝ち馬の強烈な決め手に屈した。「すごく乗りやすい馬ですね。休み明けだったけど、道中はリラックスしていました。これが100%じゃないと思うし、使って良くなってくると思う」と初騎乗のルメール騎手に悲観の色はない。池江調教師も「休み明けのぶんだったと思います。折り合いに関しては問題なかったですし、菊花賞に向けてはいい内容だったと思います」と及第点のジャッジ。本番での逆転&2冠達成を狙う。★18日中山11R「セントライト記念」の着順&払戻金はこちら
2017年9月19日(火) 05:07

 738

朝日セントライト記念のニュースをもっと見る >

【セントライト】ルメール騎乗アルアイン11秒7
 皐月賞馬アルアインの秋が、セントライト記念から始まる。8月末から時計を出してきて、最終チェックは初めてタッグを組むルメール騎手が手綱を取った。 向正面から栗東CWコースへ入り、ジークカイザーが先行する流れ。半マイルで4馬身ほどあった差を、3Fで2馬身差に詰め、4角で内へ。持ったまま直線で加速すると、ラスト1F11秒7の切れ味でキッチリ1馬身抜け出した。 「とても気持ち良さそうに走っていた。すごく柔らかくて乗りやすい」とジョッキー。余力を残しながらも、手綱から伝わる感触に不安要素はこれっぽっちもなかった。 「休み明けだけど、いいコンディション。皐月賞はとても強かったし、ダービー(5着)も頑張っていた。柔らかい馬場? 競馬に乗っていないので分からないけど、パワーはありそうだね」。ルメール&池江調教師は先週のフォワ賞(サトノダイヤモンド4着)がモヤモヤする結果に終わってしまっただけに、今週はスッキリ決めたい。(夕刊フジ)★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年9月14日(木) 10:51

 1,188

【セントライト】サーレンブラント1馬身先着
 サーレンブラントは2400メートル3戦2勝、青葉賞5着の実力馬。美浦Wコースでハッスルバッスルを追走し、馬なりの相手に手応えでは見劣ったが、実戦同様に追われてからしぶとく、ゴールでは1馬身先着した。 「反応が春より良くなり、だいぶしっかりしてきた。前走(信濃川特別3着)は位置取りが後ろすぎたが、しまいにグイグイ伸びて悪い内容ではなかった。跳びが大きく不器用だが、力をつけた今なら中山でも。長くいい脚を使う長所が生きれば」と斎藤助手。前記2勝の岩田騎手の手綱も魅力だ。(夕刊フジ)★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年9月14日(木) 10:50

 760

【セントライト】クロニクル余力十分12秒6
 前走・ラジオNIKKEI賞6着のサトノクロニクルは、栗東CWコースで初コンビのデムーロ騎手を背に、半マイルから時計を出した。 マウントゴールドを楽な手応えで追走し、4角で内へ。ゴールまで追われることはなかったが、相手との差も詰まらず、1馬身遅れてフィニッシュした。余力残しで4F53秒3、ラスト1F12秒6。帰厩後もしっかりカイバを食べ、春より馬体はたくましくなった。 「先週しっかりやったし、けさは少しセーブ気味。順調に夏を越して、体に幅が出てきたね」と池江調教師。前走はトップハンデ57キロだったが、今回は馬齢の56キロ。京都新聞杯2着、OP白百合S快勝の能力を全開だ。(夕刊フジ)★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年9月14日(木) 10:49

 659

【セントライト】厩舎の話
 インペリアルフィズ・小島太調教師「一戦ごとに中身ができてきた。長いところは合うはず」 クリンチャー・宮本調教師「放牧がすごく効果的だった。前へ行きたい」 サンシロウ・柄崎調教師「中1週なので、これで十分。使いつつ良化」 サンデームーティエ・谷原調教師「気性的にハナが最低条件。とにかく菊花賞を走らせたい」 スティッフェリオ・音無調教師「先週の坂路で4F50秒台を出したし、これでちょうどいい」 プラチナヴォイス・鮫島調教師「右側だけブリンカーを着用。持ち味を出せればこの相手でも」 ミッキースワロー・菊沢調教師「予定どおりの時計。ここにきて体に芯が入ってきた」 ローリングタワー・伊藤伸調教師「やりすぎないように息と動きを整えた。中山は合うと思う」(夕刊フジ)★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年9月14日(木) 10:33

 1,468

朝日セントライト記念の直前追い切り情報をもっと見る >

朝日セントライト記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

9月18日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv127 
610円 61,000円
Lv121 
110円 1,100円
Lv118 
590円 17,700円
Lv114 
1,150円 5,750円
Lv107 
1,150円 11,500円

的中情報をもっと見る >

朝日セントライト記念過去10年の結果

2016年9月18日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 ディーマジェスティ 蛯名正義 2:13.1 1.4倍 101.7
2着 ゼーヴィント 戸崎圭太 クビ 6.8倍 101.7
3着 プロディガルサン 田辺裕信 1 1/4 8.1倍 100.7
2015年9月21日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 キタサンブラック 北村宏司 2:13.8 12.5倍 99.0
2着 ミュゼエイリアン 横山典弘 3/4 24.0倍 98.5
3着 ジュンツバサ 石橋脩 アタマ 30.4倍 98.5
2014年9月21日() 新潟競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 イスラボニータ 蛯名正義 2:11.7 1.4倍 99.5
2着 トゥザワールド 川田将雅 1 1/4 4.3倍 98.4
3着 タガノグランパ 菱田裕二 クビ 49.6倍 98.4

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

朝日セントライト記念の歴史と概要

セントライト記念は日本競馬史上初の三冠馬であるセントライトを記念する競走として東京競馬場の芝2400mの4歳(現3歳)牡馬、別定の重賞競走「セントライト記念」として1947年に施行されたのが始まり。当初は菊花賞とほぼ同時期または菊花賞後に開催されたこともあり、トライアル競走の側面は有していなかった。

セントライト記念は1980年より現行の中山競馬場・芝2200mに舞台を移し、1984年にグレード制導入によりGIIIに格付け、1987年にGIIに格上げとなった。1995年には菊花賞トライアルに指定され、3着までの馬に菊花賞の優先出走権が与えられた。関東圏唯一の菊花賞トライアル競走だが、セントライト記念の優勝馬は1984年のシンボリルドルフ以降菊花賞を制していないが、セントライト記念出走馬からは1992年2着のライスシャワーや2001年の4着馬マンハッタンカフェ菊花賞を制している。


過去の優勝馬にはバランスオブゲームヴィータローザコスモバルクキングストレイルトーセンシャナオーロックドゥカンブダイワワイルドボアナカヤマフェスタクォークスターフェイトフルウォーフェノーメノなどが名を連ねる。

セントライト記念の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

朝日セントライト記念の攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年2月25日(
中山記念 G2
阪急杯 G3

競馬番組表

2018年2月24日(
2回中山1日目
1回阪神1日目
1回小倉5日目
2018年2月25日(
2回中山2日目
1回阪神2日目
1回小倉6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
51,492万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 スマートレイアー 牝8
47,984万円
7 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
8 レッドファルクス 牡7
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 オウケンムーン 牡3
5,176万円
» もっと見る