会員登録はこちら
朝日セントライト記念 G2   2014年9月21日() 15:45 新潟/芝2200m

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜朝日セントライト記念2014〜

第68回 朝日セントライト記念 G2

2014年9月21日()新潟11R 芝2200m 18頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 3 5 97.0 イスラボニータ 牡3 56.0 蛯名正義 栗田博憲 美浦 474(+6) 1.4 1 2.11.7
2 8 16 95.4 トゥザワールド 牡3 56.0 川田将雅 池江泰寿 栗東 518(+2) 4.3 2 2.11.9 1 1/4
3 7 14 94.3 タガノグランパ 牡3 56.0 菱田裕二 松田博資 栗東 480(+2) 49.6 10 2.11.9 クビ
4 5 10 94.2 ステファノス 牡3 56.0 三浦皇成 藤原英昭 栗東 472(0) 24.9 5 2.11.9 ハナ
5 1 1 91.5 ラングレー 牡3 56.0 M.エスポ 矢作芳人 栗東 482(+8) 44.8 9 2.12.1 1 1/4
6 8 18 89.8 メイクアップ 牡3 56.0 松岡正海 谷潔 栗東 470(0) 108.2 11 2.12.2 1/2
7 2 3 89.2 ダイワリベラル 牡3 56.0 丸山元気 菊沢隆徳 美浦 512(+2) 151.3 13 2.12.4
8 2 4 91.5 ショウナンラグーン 牡3 56.0 吉田豊 大久保洋 美浦 482(+6) 31.7 7 2.12.4 ハナ
9 3 6 94.0 マイネルフロスト 牡3 56.0 柴田大知 高木登 美浦 486(+2) 26.4 6 2.12.4 アタマ
10 7 13 92.1 ワールドインパクト 牡3 56.0 横山典弘 友道康夫 栗東 488(-12) 21.6 4 2.12.5 1/2
11 7 15 87.4 デルカイザー 牡3 56.0 柴田善臣 藤沢和雄 美浦 472(0) 161.9 15 2.12.5 アタマ
11 8 17 94.8 クラリティシチー 牡3 56.0 柴山雄一 上原博之 美浦 484(+10) 39.8 8 2.12.5 同着
13 4 7 91.0 サトノフェラーリ 牡3 56.0 北村宏司 藤沢和雄 美浦 464(-2) 15.9 3 2.12.5 クビ
14 6 11 90.1 サングラス 牡3 56.0 古川吉洋 谷潔 栗東 488(-4) 209.4 17 2.12.8 1 3/4
15 1 2 94.2 エアアンセム 牡3 56.0 松田大作 伊藤正徳 美浦 468(-20) 117.1 12 2.12.8 ハナ
16 5 9 86.4 ヨッヘイ 牡3 56.0 大野拓弥 岩戸孝樹 美浦 482(+8) 191.5 16 2.13.2 2 1/2
17 6 12 91.4 アルテ 牡3 56.0 津村明秀 北出成人 栗東 450(-2) 294.6 18 2.13.7
18 4 8 90.4 オウケンブラック 牡3 56.0 田辺裕信 田中剛 美浦 470(+18) 151.7 14 2.14.3 3 1/2
ラップタイム 13.0-10.8-11.3-12.0-12.7-11.8-12.0-12.1-12.3-11.6-12.1
前半 13.0-23.8-35.1-47.1-59.8
後半 60.1-48.1-36.0-23.7-12.1

■払戻金

単勝 5 140円 1番人気
複勝 5 110円 1番人気
16 130円 2番人気
14 410円 9番人気
枠連 3-8 220円 1番人気
馬連 5-16 250円 1番人気
ワイド 5-16 150円 1番人気
5-14 720円 8番人気
14-16 1,770円 19番人気
馬単 5-16 330円 1番人気
3連複 5-14-16 2,250円 7番人気
3連単 5-16-14 4,490円 7番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

セントライト関連記事

【神戸新聞杯】ワンアンド、菊でイスラ迎え撃つ
 阪神の日曜メーン、菊花賞トライアル・GII神戸新聞杯(芝2400メートル、3着までに優先出走権)で、日本ダービー馬ワンアンドオンリーが2冠制覇に向けて始動する。夏を順調に過ごして、心身ともに成長。始動戦でも態勢は整っており、いい形で菊花賞(10月26日、京都、GI、芝3000メートル)に進めそうだ。 日本ダービーで同世代7123頭の頂点に立ったワンアンドオンリーが、クラシック3冠最終戦の菊花賞に向けていよいよ始動する。 秋のひんやりとした空気が和らぎ、暖かい日差しに包まれた22日朝の滋賀県栗東トレセン。「イスラボニータは強かったね。菊花賞に出ることが決まったようだが、(ダービー2着の)雪辱に燃えているだろう」と橋口調教師は前日のセントライト記念の感想を語った後、改めて気が引き締まるかという質問には「放牧から帰ってきたときから、引き締まっているよ」と浮かべていた笑みを消して答えた。 ダービー後は鳥取県の大山ヒルズでリフレッシュ放牧。充電を終えて、予定通りに8月21日に栗東に帰厩し、トレーナーは「本当にここまで思惑通りにきた。けいこの動きはハツラツとして、順調そのもの。心配な点は何もない」と声を弾ませる。
2014年9月23日(火) 05:06

 627

【神戸新聞杯】ワンアンドオンリー不安なし!
 今週の阪神メーンは、3歳馬による菊花賞トライアルの神戸新聞杯(GII、芝2400メートル)。ダービー馬ワンアンドオンリー(栗東・橋口弘次郎厩舎、牡)が注目の秋初戦を迎える。夏は大山ヒルズに放牧に出され、栗東に帰厩後も順調な乗り込みを消化。横山典弘騎手が駆けつけた1週前追い切りの動きも上々で、休み明けでも力を出せる態勢が整った。阪神はラジオNIKKEI杯2歳Sを勝ったコースでもあり、特に不安材料は見当たらない。 ワンアンドオンリーを脅かす馬がいるか…ということを考えると、夏の中京と小倉を連勝してきたサトノアラジン(栗東・池江泰寿厩舎、牡)が最も注目される。もともと厩舎の期待が高かった馬で、ラジオNIKKEI杯2歳S3着、共同通信杯3着の馬を「夏の上がり馬」と呼ぶのに抵抗も感じるが、この夏の充実ぶりは確か。条件戦とはいえ、古馬相手に楽勝した姿は、最後のひと押しが利かなかった春とは比べものにならない。いまなら重賞でも上位争いできる。全姉ラキシスが産経賞オールカマーに出走するだけに、姉弟同日重賞Vという快挙もかかる一戦だ。 上がり馬ではヴォルシェーブ(栗東・友道康夫厩舎、牡)も注目される。セントポーリア賞を勝った後に皐月賞をパスしてダービーを目指したが体調が整わず。結局、春のクラシックとは無縁に終わったが、じっくり休ませて復帰した芦ノ湖特別では6月の時点で古馬相手に快勝。遅咲きの素質が秋に開花しそうな予感を感じさせた。今回はさらに3カ月の休養明けになるが、入念な乗り込みを消化している。岩田康誠騎手との新コンビも興味深い。 先週のセントライト記念は、クラシック入着組が上位を独占した。春の実績馬も当然、軽視することはできない。デビュー3連勝できさらぎ賞を勝ったトーセンスターダム(栗東・池江泰寿厩舎、牡)は、注目された皐月賞で11着。さらにダービーでは内ラチに激突するアクシデントもあって16着と、ふがいない内容に終わった。休養で心身両面がどこまで立ち直っているかが注目される。 ダービーを左肩跛行で無念の取り消しとなった皐月賞3着馬ウインフルブルーム(栗東・宮本博厩舎、牡)は、先行力を生かせる今の阪神なら面白い存在。最終追い切りの動き次第では、逆転候補になりうるだろう。 GII京都新聞杯を制しているハギノハイブリッド(栗東・松田国英厩舎、牡)も入念に乗り込みを消化。春よりも成長の跡が見られる仕上がりだ。ダービー13着は、使い詰めのローテーションも影響した印象。リフレッシュされた今回は見直す必要があるだろう。同じことはダービー11着のサウンズオブアース(栗東・藤岡健一厩舎、牡)にも当てはまる。こちらも仕上がりは上々で、阪神コースも【1・0・1・0】と実績を残してきた。軽視禁物の一頭だ。 青葉賞3着でダービーの権利を取り損ねたが、能力の高さをみせたヤマノウィザード(栗東・山内研二厩舎、牡)も、血統的には奥の深さを感じさせる素材。復帰初戦からどんなレースをするか楽しみな存在だ。 菊花賞(10月26日、京都、GI、芝3000メートル)の優先出走権が与えられるのは3着馬まで。淀の大一番に向けて、春の実績馬と夏の上がり馬が必見のバトルを繰り広げる。★神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年9月22日(月) 19:14

 765

【セントライト】イスラ完勝!菊でリベンジ!!
 第68回セントライト記念(21日、新潟11R、GII、3歳オープン国際(指)、馬齢、芝・内2200メートル、1着本賞金5200万円、1〜3着馬に菊花賞への優先出走権=出走18頭)蛯名正義騎乗の1番人気イスラボニータが、好位から直線で抜け出す完勝で秋初戦を飾った。タイム2分11秒7(良)。このあとは菊花賞(10月26日、京都、GI、芝3000メートル)に向かうことが決まった。2着トゥザワールド、3着タガノグランパで、上位3頭が菊花賞の優先出走権を獲得した。 単勝1・4倍のオッズが示すとおりの圧倒的な強さだ。皐月賞馬イスラボニータが、好位から力強く抜け出して4つ目の重賞タイトルをゲット。秋初戦で見せた堂々たるレースぶりに、引き揚げてきた蛯名騎手が馬上で笑みをこぼす。 「(位置取りが)あまり後ろになりすぎないように気を付けた。4コーナーでうまく前があけば勝てると思ったよ。抜け出すときの速さがこの馬のいいところ。完勝だった」 (5)番枠からスタートを決めてスッと好位へ。やや行きたがる面こそ見られたものの、1コーナーを過ぎるころには落ち着いた。「欲しかったトゥザワールドの後ろに」と、蛯名騎手が描く最高のポジションで流れに乗った。そこからは盤石の走りを披露。2番人気のトゥザをあっさりとらえて1馬身1/4差のV。最後まで鞍上がステッキを振るうことはなかった。 「安心してみていられたね」と栗田博調教師も満足げだ。「きょうはプラス6キロ(474キロ)の馬体だったけど、見た目以上に中身が充実してきている。精神面でも春より成長しているし、ひとつずついい方向にきているね」と着実な進歩を感じ取っている。
2014年9月22日(月) 05:06

 1,163

【セントライト】レースを終えて…関係者談話
 ◆三浦騎手(ステファノス4着) 「馬場の悪いところで脚を取られたときに、手応えがなくなった。もったいない競馬だった」 ◆エスポジート騎手(ラングレー5着) 「本当は外に出したかったが、(1)番枠だったので内々の経済コースを通った。最後は脚が上がったが、能力は感じさせた」 ◆松岡騎手(メイクアップ6着) 「残り100メートルあたりで脚いろが一緒になったが、レース内容は良かった」 ◆丸山騎手(ダイワリベラル7着) 「返し馬やレース中も、まだ子供っぽさを見せていた」 ◆吉田豊騎手(ショウナンラグーン8着) 「スタートしてから二の脚がつかず、休み明けでモタモタしていた」 ◆柴田大騎手(マイネルフロスト9着) 「久々のせいか、(追ってからも)全然反応がなかった」 ◆安田助手(ワールドインパクト10着) 「輸送で体が(12キロ)減っていたのもあり、この馬本来の力が出せなかったようだ」 ◆柴山騎手(クラリティシチー11着同着) 「いい感じで折り合って走れたが、追ってからの反応がなかった。久々なのか、距離なのかはわからない」 ◆北村宏騎手(サトノフェラーリ13着) 「1、2コーナーで寄られ、2、4コーナーでも前に入られてポジションが悪くなった」 ◆古川騎手(サングラス14着) 「初めての距離で前半から競られた。着順ほど負けていないけどね」 ◆松田騎手(エアアンセム15着) 「前走時のような雰囲気がなかった。こんな馬じゃないよ」 ◆大野騎手(ヨッヘイ16着) 「少し気負って走っていた」 ◆津村騎手(アルテ17着) 「相手が強かったようだ」 ◆田辺騎手(オウケンブラック18着) 「前々の指示だったが、最後は止まった」★21日新潟11R「セントライト記念」の着順&払戻金はこちら
2014年9月22日(月) 05:05

 1,540

セントライトのニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2017年11月25日(
ラジオN杯京都2歳S G3
2017年11月26日(
ジャパンカップ G1
京阪杯 G3

競馬番組表

2017年11月25日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2017年11月26日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
149,796万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
68,375万円
5 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
6 サトノクラウン 牡5
48,604万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る