中央競馬ニュース

【函館記念2024】キーホース診断 鍵は最初の200m! 一気の距離短縮で臨むサヴォーナを掘り下げる

 0   10   4,702
シェアする  x facebook LINEで送る
【函館記念2024】キーホース診断 鍵は最初の200m! 一気の距離短縮で臨むサヴォーナを掘り下げる


サヴォーナ

3000m超の長距離レースで好結果を残す馬は、大きく2種類に分かれると思う。

高い総合力と競走意欲で多少適性外でも結果を残してしまう馬と、無尽蔵のスタミナと落ち着いた気性といった図抜けた距離適性を持つ馬だ。

両者の大きな違いは、条件が大きく変わった時……とりわけ距離が短くなった時の対応力だろう。前者はパフォーマンスを上げる時が多いが、後者はその逆。自分の走りが全くできないことも多い。


目の前の馬がどちらのタイプかというのは刻んできた戦績を見ればざっくりと分かるのだが、問題はそうしたローテの経験が少ない時だ。長距離で見せていた走りだけをヒントに、短い距離への対応力を予想するというのはなかなかに難しい。


今週メインの函館記念には、正にこのタイプの馬が出走を予定している。サヴォーナだ。

3歳の早い時期から2400mを超える距離で頭角を現し、3000mの菊花賞では掲示板を確保。4歳になってからも長距離路線を歩み続け、勝ち星こそ挙げられていないが、日経新春杯阪神大賞典天皇賞(春)とそれぞれ見せ場を作っている。

そんな本馬が、ここに来て中距離戦へと舞台を移してきたのだ。

2000m戦を走るのは3歳初戦の京成杯以来と実に1年半ぶりとなるが、上手く対応して好結果を残すことができるのだろうか。いつも通りに各要素から掘り下げていきたい。


まず指数面だが、一気の成長を見せた3歳秋以降は高いレベルで安定。G1級には至っていないものの、G2ならば十分に通用する数字で、G3あたりのメンバーならばより上位評価できる域にある。厳しい流れの中ブローザホーン相手に踏ん張った日経新春杯の内容は伊達ではなく、2000mでも同等の走りができれば上位争いになる可能性が高い。鍵になるのはやはり距離への対応力だろう。


レースぶりを見ていると序盤の入りがやや特徴的な馬で、まずスタートが上手なほうではなく、最初の100~200mくらいまではゆったりと走っていることが多い。

だが徐々に行き脚が付き始めると、今度は一転して力みがちな走りに変わる。


3000m級の長距離だった菊花賞阪神大賞典天皇賞(春)ではこの面が災いし、鞍上が折り合いに苦心する姿が見られた。いずれもあとひと伸びが利かなかったのは、上手く脚が溜まりきらなかったからだと推測できる。

この点から、本質的に気性面はステイヤーではなく、むしろ中距離くらいのほうがスムーズに運べる可能性が考えられるが、リズム良く道中を乗り切るにはスタートを無難に決め、ゆっくり走りがちな最序盤である程度位置を確保することが求められる。小回り函館で後方から運んでぶち抜けるだけの機動力や瞬発力は感じないからだ。

この点で、最初のコーナーまでそれなりに距離がある舞台というのは歓迎材料となるが、このコース設定を活かせるかが鍵となるだろう。


血統も2000mへの挑戦を後押しする。

キズナは豊富なスタミナを有した馬ではあったが、3200mの天皇賞(春)には2回出走していずれも馬券圏外に敗れている。本質的には2000~2400mがベストだったという印象が強い馬だ。

母父のスニッツェルに至っては完全にスプリンターで、長距離向きというイメージは皆無。

母のテイケイラピッドはこの父の影響力が強かったのか、最も高いパフォーマンスを発揮していたのは1400m戦だったし、その兄姉や弟も長距離向きというタイプはいない。こうした血を引きながら3000m級のレースに挑戦できていた本馬は異質の存在に思えるし、距離が短くなるのはむしろ歓迎材料であるように映る。全体的にパワー寄りの構成でもあり、函館の洋芝もプラスに働きそうだ。


調教面ではコース追いを交えた調整だった近走から一転、完全に坂路追いを中心に据えたメニューに変わっている。このあたりは距離短縮のローテを踏まえてのものだろう。流れに乗っていけるように調整されているという印象を受ける。


時計の出方は非常に軽やかで、1週前には一杯に追われてラスト11秒台を記録。暑い時期でも体調はむしろ良さそうだ。

あとは函館への輸送を無難にこなし、順調に微調整できれば態勢は整いそう。


ベラジオオペラレーベンスティールソールオリエンスと、徐々に復権の気配を見せる4歳世代。

本馬も新境地への挑戦で、同期たちに続いていけるか注目だ。

この記事はいかがでしたか?
ナイス (10)

このニュースへのコメント

コメントはありません。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月28日()
アイビスSD G3
クイーンS G3
7月27日()
新潟ジャンプ G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月21日()
中京記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 ドウデュース 牡5
102,726万円
2 スターズオンアース 牝5
84,098万円
3 リバティアイランド 牝4
74,444万円
4 ディープボンド 牡7
73,123万円
5 ジャスティンパレス 牡5
65,388万円
6 シャフリヤール 牡6
59,685万円
7 ソールオリエンス 牡4
57,546万円
8 タスティエーラ 牡4
57,005万円
9 テーオーロイヤル 牡6
51,827万円
10 セリフォス 牡5
51,113万円
» もっと見る

3歳
1 ジャスティンミラノ 牡3
40,307万円
2 ダノンデサイル 牡3
38,200万円
3 ジャンタルマンタル 牡3
32,053万円
4 ステレンボッシュ 牝3
28,331万円
5 アスコリピチェーノ 牝3
22,165万円
6 チェルヴィニア 牝3
21,519万円
7 シンエンペラー 牡3
19,041万円
8 コスモキュランダ 牡3
15,392万円
9 レガレイラ 牝3
11,278万円
10 ライトバック 牝3
11,256万円
» もっと見る