中央競馬ニュース

【宝塚記念】レース展望

 0   5   14,605
シェアする  x facebook LINEで送る
【宝塚記念】レース展望

第65回宝塚記念(GI、芝2200メートル)が23日、京都競馬場で行われる。同競馬場で行われるのはディープインパクトが勝った2006年以来。ファン投票1位のドウデュースをはじめ強豪がそろい、上半期を締めくくる白熱したレースが期待される。

ドウデュース(栗東・友道康夫厩舎、牡5歳)はドバイターフで5着。直線で進路が見つからずに脚を余し、不完全燃焼に終わった。その後はこのレースを目標に順調に調整されている。昨年末の有馬記念で改めて現役最強をアピールしており、ファン投票1位に応えてGI4勝目をつかむ。

ベラジオオペラ(栗東・上村洋行厩舎、牡4歳)は大阪杯でGI初勝利。残り1ハロンで先頭に立つと、長く脚を使ってローシャムパークの追撃を封じた。4歳牡馬の筆頭格といえるほど力をつけてきた。さらに1ハロンの距離延長を克服できれば。

ジャスティンパレス(栗東・杉山晴紀厩舎、牡5歳)はドバイシーマクラシックで4着。昨春の天皇賞馬だが、昨秋の天皇賞で2着になったように、距離の守備範囲は広い。海外遠征帰りでも、日に日に状態を上げている。


ローシャムパーク(美浦・田中博康厩舎、牡5歳)は大阪杯で2着。ベラジオオペラにクビ差及ばなかったが、勝ち馬の勝負強さをほめるべきだろう。香港からの遠征帰りだったことを思えば収穫のある内容で、3戦連続のGI挑戦でタイトルに手が届いても不思議はない。

シュトルーヴェ(美浦・堀宣行厩舎、騸5歳)は日経賞目黒記念と重賞連勝中。その前の3勝クラス勝ちを含め、上がり3ハロンは3戦連続最速と瞬発力が光る。この距離で勝ったこともあり、GⅠ初挑戦でも侮れない存在だ。

ブローザホーン(栗東・吉岡辰弥厩舎、牡5歳)は天皇賞・春で後方から力強く脚を伸ばして2着。この距離は昨年5月の烏丸Sで圧勝している。速い時計になってどうかという不安はあるが、このメンバーでも底力は上位。

ソールオリエンス(美浦・手塚貴久厩舎、牡4歳)は今年になって物足りない結果が続いているが、いずれも大負けはしていない。展開などがかみ合えば変わり身があっても。



この記事はいかがでしたか?
ナイス (5)

このニュースへのコメント

コメントはありません。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月21日()
中京記念 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月14日()
函館記念 G3
7月13日()
函館2歳S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 ドウデュース 牡5
102,726万円
2 スターズオンアース 牝5
84,098万円
3 リバティアイランド 牝4
74,444万円
4 ディープボンド 牡7
73,123万円
5 ジャスティンパレス 牡5
65,388万円
6 シャフリヤール 牡6
59,685万円
7 ソールオリエンス 牡4
57,546万円
8 タスティエーラ 牡4
57,005万円
9 テーオーロイヤル 牡6
51,827万円
10 セリフォス 牡5
51,113万円
» もっと見る

3歳
1 ジャスティンミラノ 牡3
40,307万円
2 ダノンデサイル 牡3
38,200万円
3 ジャンタルマンタル 牡3
32,053万円
4 ステレンボッシュ 牝3
28,331万円
5 アスコリピチェーノ 牝3
22,165万円
6 チェルヴィニア 牝3
21,519万円
7 シンエンペラー 牡3
19,041万円
8 コスモキュランダ 牡3
15,392万円
9 レガレイラ 牝3
11,278万円
10 ライトバック 牝3
11,256万円
» もっと見る