最新競馬ニュース

【ローズS】武豊背にデゼル逆襲


©サンケイスポーツ


 1,834  3  0

【ローズS】武豊背にデゼル逆襲 |競馬ニュース|ウマニティ

 超良血デゼルが、ラスト1冠へ大きく翼を広げる。

 父ディープインパクトに、母アヴニールセルタンは仏1000ギニー&オークス馬。育成段階での骨折が影響してデビューは今年3月と遅くなったが、土つかずの連勝を飾った。特にスイートピーSで見せた上がり3F32秒5の末脚は次位を0秒8も上回るもの。破壊力は優にGI級だ。

 2番人気に推されたオークスは11着に終わったが、「デビュー3戦目でのGI。しかも、中2週で東京までの再輸送はきつかったが、よく頑張ってくれた」と、友道調教師に悲観の色はない。着差はわずか0秒7。万全の状態であれば上位争いも可能だったはずだ。

 前走後の放牧からは先月21日に帰厩。猛暑日が続いたためになかなか調整のピッチが上がらなかったが、先週10日は坂路4F52秒1の自己ベストをマークし、同期の重賞ウイナー・マイラプソディに1馬身先着。さすがの脚力をアピールしている。16日は坂路を4F54秒4で駆け上がり、「しまい重点に反応が良かった。ぎりぎり間に合った感じだが、春より体も大きくなっている」と、指揮官は慎重な姿勢のなかでも手応えを感じている。

 鞍上は前2戦のレーン騎手から初戦Vの武豊騎手に戻る。友道厩舎とのコンビでは昨年以降【14・4・5・13】、連対率5割と驚異的な好成績。菊花賞ワールドプレミアで制するなど大舞台でも存在感を誇示してきた。「デビュー戦もまだまだ走れる感じではなかったけど、素質だけで勝った。今回は楽しみです」

 素質馬との再タッグを心待ちにしている競馬界のレジェンドは、来月4日の凱旋門賞に昨年4着のジャパンで挑むことが決定。帰国後の待機要請期間と重なるため本番の秋華賞に騎乗できない分まで、前哨戦できっちり結果を出すつもりだ。

 “究極の3連単”はデゼルを1着に固定。メンバー中オークス最先着のリアアメリアを2、3着に固定した12点で勝負する。(夕刊フジ)



ローズSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

10月25日()
菊花賞 G1
10月24日()
富士S G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

10月18日()
秋華賞 G1
東京ハイJ G2
10月17日()
府中牝馬S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
64,756万円
4 グランアレグリア 牝4
58,665万円
5 ラッキーライラック 牝5
58,365万円
6 フィエールマン 牡5
57,306万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 マカヒキ 牡7
56,210万円
9 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
52,786万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
31,789万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
7 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
8 マルターズディオサ 牝3
13,300万円
9 スマイルカナ 牝3
12,395万円
10 ウインマリリン 牝3
12,321万円
» もっと見る