最新競馬ニュース

【フェブラリー】ここ照準!絶好調の松山Jとノヴァ突き抜ける


©サンケイスポーツ


 1,831  0  0

【フェブラリー】ここ照準!絶好調の松山Jとノヴァ突き抜ける |競馬ニュース|ウマニティ

 最強馬の胸を借りてマイルの頂点へ-。サンライズノヴァが突き抜ける。

 フェブラリーSは一昨年4着、昨年7着。東京マイルで重賞2勝(17年ユニコーンS、18年武蔵野S)のコース巧者ぶりを大一番で発揮できないことから、今年は臨戦過程をひと工夫。根岸Sをあえて見送り、ここ一本に照準を絞ってきた。

 太め残りが心配になる季節に思い切った決断を下したが、これが思わぬ効果を生み出した。次週29日のサウジCに遠征する僚馬クリソベリルと調整過程がリンクしたことから、先週までに坂路で実に4本、最優秀ダートホースのパートナーとしてともに切磋琢磨してきた。

 その内容も絶好だ。1月23日の4F55秒2を皮切りにひと追いごとにスキルアップし、先週12日には4F50秒4の超抜タイムで堂々、2馬身先着した。目を見張る仕上がりに担当の棚江助手も、「覇気のある動きで調子が上がってきた。過去の2回と比べても状態はいい」と“クリソ効果”を笑顔でアピールする。

 新たなスタイルで臨む“三度目の正直”。ノヴァ自身も新たなレーススタイルを手に入れつつある。2走前の南部杯は、末脚一辺倒だったそれまでの型から脱却。4角2番手の積極策で押し切りGI初制覇を飾った。前走の武蔵野Sでも2番手で運ぶ自在性を発揮。59キロで伸びを欠いて5着にとどまったが見せ場は十分だった。

 前年覇者・インティの楽逃げまで考えられる先行勢が手薄なメンバー構成で、手に入れた機動力はアドバンテージ。今年すでに重賞3勝と絶好調な松山騎手のエスコートで、東京ダート1マイルの“本丸”をようやく手に入れる。

 “究極の3連単”はノヴァを1着に固定。2、3着にすんなり前めにつけられる絶好枠をゲットした(5)インティを据える12点で勝負だ。(夕刊フジ)



フェブラリーSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

4月12日()
桜花賞 G1
4月11日()
NZT G2
阪神牝馬S G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

4月5日()
大阪杯 G1
4月4日()
ダービーCT G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
70,813万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
5 マカヒキ 牡7
56,210万円
6 キセキ 牡6
55,914万円
7 ワグネリアン 牡5
50,624万円
8 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 レシステンシア 牝3
11,585万円
2 サリオス 牡3
11,145万円
3 コントレイル 牡3
11,127万円
4 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
5 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
7,463万円
7 サトノフラッグ 牡3
6,708万円
8 ラウダシオン 牡3
6,654万円
9 ワーケア 牡3
6,454万円
10 エーポス 牝3
6,438万円
» もっと見る