最新競馬ニュース

【馬場の有利不利、教えます!】シンザン記念2020 非力なタイプには辛いコンディション!枠順に関しては広く構えたほうがベター!

ウマニティ

 2,327

【馬場の有利不利、教えます!】シンザン記念2020 非力なタイプには辛いコンディション!枠順に関しては広く構えたほうがベター! |競馬ニュース|ウマニティ

土曜日の京都芝のレース結果、近年のシンザン記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。


火曜日から木曜日にかけての雨の影響が残り、土曜日の芝コースは力を要するコンディションで競馬が行われた。前年4回京都のAコース使用の際、雨中の開催が続いたダメージが残っているところに路盤の緩みが重なり、非力なタイプが踏ん張り切れないシーンが続出。うまく立ち回った差し馬の活躍が目を引いた。

ただし、差しなら何でもアリというわけではない。道中外、直線も外という差し、追い込み勢は距離ロスのぶん、馬場の重さに体力を削がれて不発というケースが目立つ。そのあたりには注意が必要だ。

日曜日午後からの降水確率は40%。判断に悩ましいところだが、天候が回復したとしても急激に傾向が変わることは考えづらい。流れや立ち回り次第で、どの脚質でも上位進出が可能な馬場とみたほうがいいだろう。枠順に関しても同様で、広いスタンスで構えるのが正解かもしれない。

血統面については、土曜日の芝1600m以上の結果をみると、ディープインパクトステイゴールドの系統種牡馬が好調。ほかでは、キングマンボ系やロベルト系の種牡馬を父あるいは母父に持つ馬、ノーザンダンサー系種牡馬を母父に持つ馬の好走が目につく。

また、近年のシンザン記念を検証すると、現役時に芝2400m以上のG1で勝利経験があるサンデーサイレンス系種牡馬を父または母父に持つ馬が毎年のように上位進出。ほか、ロベルト系やダンチヒ系、キングマンボ系の種牡馬を父もしくは母父に持つ馬も攻勢を強めている。

土曜日の芝レースおよび近年の当レースを合わせて考えると、現役時に芝2400m以上のG1で勝利経験があるサンデーサイレンス系種牡馬を父あるいは母父に配し、なおかつロベルト系やキングマンボ系、ノーザンダンサー系の種牡馬と掛け合わせている馬が優位とみるべきだろう。

ただ、今回のメンバーと照らし合わせてみると該当馬が多い印象。もうひとつフィルターをかけて、毎年のように連対圏を賑わせている前走で芝1600m以上のレースに出走、かつ中4週以内のローテで臨む馬に的を絞りたい。

出走馬で要点を満たしているのは、④タガノビューティー、⑥プリンスリターン。当欄では、この2頭を注目株として推奨する。



ウマニティ重賞攻略チーム

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

2月2日()
根岸S G3
シルクロード G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月26日()
AJCC G2
東海S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 スワーヴリチャード 牡6
89,132万円
3 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
4 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
5 マカヒキ 牡7
56,210万円
6 キセキ 牡6
55,914万円
7 ワグネリアン 牡5
49,274万円
8 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 サンクテュエール 牝3
5,746万円
6 マイラプソディ 牡3
5,646万円
7 マイネルグリット 牡3
5,467万円
8 ビアンフェ 牡3
5,447万円
9 プリンスリターン 牡3
5,311万円
10 スマイルカナ 牝3
5,281万円
» もっと見る