最新競馬ニュース

【桜花賞】サンクテュエール絶品の動き!ルメール自信


©サンケイスポーツ


 1,739  5  0

【桜花賞】サンクテュエール絶品の動き!ルメール自信 |競馬ニュース|ウマニティ

 桜花賞の追い切りが8日、東西のトレセンで行われた。美浦では、シンザン記念V以来となるサンクテュエールが併せ馬で半馬身先着し、仕上がりに不安なし。3連覇を狙うルメール騎手は栗東で調教騎乗を再開し、パートナーへの自信を口にした。クイーンC2着のマジックキャッスルが最高の調教評価『S』。枠順はきょう確定する。

 ◇

 令和最初の桜も、円熟の“花咲かコンビ”が咲かせてみせる。シンザン記念快勝以来のぶっつけで挑むサンクテュエールが、美浦坂路で絶品のフットワークを披露。ラスト1ハロン12秒5(4ハロン54秒4)の伸びで、戴冠をグイッと引き寄せた。

 杉原騎手(レースはルメール騎手)を背にヴァンランディ(2勝クラス)を2馬身追いかけて加速。序盤からピタッと折り合うと、ラスト1ハロンで鋭くギアを上げ、あっさりと半馬身先着した。

 「先週馬場で追ってあるし(Wコース6ハロン82秒3=1日)、輸送もあるので速い時計じゃないけど、動きはいつもいいね。休み明けでも順調に仕上がった。それぞれ違う競馬場で走っているし初の阪神も大丈夫」

 愛馬の機敏なアクションに藤沢和調教師が相好を崩す。「スタートが良くなく、狭いところに入って気を使っていたが、強かったのでひと安心した」と回顧する前走から3カ月。早々と決めた強気の直行ローテは一昨年のアーモンドアイと同じで、何より昨年、阪神JF以来のグランアレグリアで“中111日V”を決めた経験も、トレーナーの自信を支える。

 鞍上のルメール騎手は、その2頭と合わせてレース史上初の3連覇がかかる。アーモンドアイに騎乗するために渡航したドバイでは、新型コロナウイルス問題の影響で開催中止の憂き目に遭い、帰国後は2週間の自宅待機。8日に栗東トレセンで復帰し「前走はすごくいいレース。馬が良くなり最後はいい脚でした。メンバーが強いし、経験(が浅いこと)だけですが能力は絶対にある。もちろん勝ちたいし、自信あります」と強気な言葉を並べた。

 「今は本当に大変な時期。自分は何もできないけど、外出できずに退屈している人たちに(競馬を)応援してもらえたら。(桜花賞は)きれいな馬がたくさんいるので見て楽しんでください」

 緊急事態宣言のもとで迎えるクラシック開幕戦に、名伯楽はこうメッセージを残した。ファンの閉塞(へいそく)感を少しでも和らげる快走を、届ける決意とともに。 (内海裕介)

桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

6月7日()
安田記念 G1
6月6日()
鳴尾記念 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月31日()
日本ダービー G1
目黒記念 G2
5月30日()
葵ステークス 重賞

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
101,093万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 フィエールマン 牡5
57,306万円
4 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
5 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
6 マカヒキ 牡7
56,210万円
7 キセキ 牡6
55,914万円
8 ワグネリアン 牡5
50,624万円
9 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
10 インディチャンプ 牡5
43,167万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
47,260万円
2 デアリングタクト 牝3
29,389万円
3 サリオス 牡3
25,012万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
12,845万円
8 ウインマリリン 牝3
12,321万円
9 オーソリティ 牡3
9,951万円
10 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
» もっと見る