ホットミスト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 2017年4月21日生
調教師安田隆行(栗東)
馬主ゴドルフィン
生産者ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社
生産地日高町
戦績 7戦[1-1-1-4]
総賞金983万円
収得賞金400万円
英字表記Hot Mist
血統 パイロ
血統 ][ 産駒 ]
Pulpit
Wild Vision
アクアリスト
血統 ][ 産駒 ]
Coronado's Quest
Oyster Catcher
兄弟 ファッショニスタスモーダリング
前走 2020/11/23 3歳以上1勝クラス
次走予定

ホットミストの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/11/23 阪神 7 3歳以上1勝クラス ダ1800 1371147.31112** 牝3 53.0 鮫島克駿安田隆行486(+8)1.59.3 4.841.9⑫⑫⑬⑬ワインレッドローズ
20/08/22 小倉 8 3歳以上1勝クラス ダ1700 1671312.3412** 牝3 52.0 秋山真一安田隆行478(+2)1.48.1 2.539.5④⑦⑩⑬ジョウショーリード
20/02/29 中京 10 はこべら賞 1勝クラス ダ1400 118114.129** 牝3 54.0 北村友一安田隆行476(-2)1.26.6 2.039.0⑨⑨フォーテ
20/01/13 京都 6 3歳1勝クラス ダ1400 13683.425** 牝3 54.0 福永祐一安田隆行478(+16)1.27.5 0.438.3⑪⑨ソングオブザハート
19/10/06 東京 1 2歳未勝利 ダ1600 11661.311** 牝2 54.0 福永祐一安田隆行462(+4)1.39.0 -1.137.0マイネルエスペルト
19/09/08 阪神 1 2歳未勝利 ダ1400 12561.113** 牝2 54.0 川田将雅安田隆行458(+6)1.27.0 0.438.7メイショウカムロ
19/07/06 中京 6 2歳新馬 ダ1400 16353.012** 牝2 54.0 川田将雅安田隆行452(--)1.25.3 0.136.1ファシネートゼット

ホットミストの関連ニュース

 7月6日の中京6R・2歳新馬(ダート1400メートル)は、松若風馬騎手騎乗の2番人気ファシネートゼット(牝、栗東・平田修厩舎)が好位追走から、直線半ばで先頭に立ったホットミストをゴール前、外からかわしてデビュー勝ち。タイムは1分25秒2(重)。

 半馬身差の2着には2番手追走から一旦先頭のホットミスト(1番人気)、さらに7馬身差遅れた3着に逃げ粘ったテーオープライム(6番人気)。

 ファシネートゼットは、父ヘニーヒューズ、母ファシネートダイア、母の父アグネスタキオンという血統。おじのアドマイヤコマンドは2008年青葉賞・GIIの勝ち馬。

 ◆松若風馬騎手(1着 ファシネートゼット)「攻め馬も動いていましたからね。まだ子供っぽいところはありますが、馬群でも競馬ができたし、2着馬をかわすときの脚も上々。最後は余裕がありました」

 ◆平田修調教師(1着 ファシネートゼット)「好位で辛抱していたし、あとは攻め馬通りの動きだった。並ぶまで時間がかかっても並ぶとグンと伸びる根性もいいね。今後はひと息入れてから考える」



★6日中京6R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

ホットミストの関連コラム

閲覧 1,511ビュー コメント 0 ナイス 4

 JRAの夏季競馬シーズンが折り返し地点を過ぎ、「ウマニティPOG」も少しずつプレイヤー間の明暗が分かれてきました。現時点でJRAのレースに出走経験のある現2歳馬は904頭、JRAのレースで優勝経験のある現2歳馬は111頭です。
 7月21日には函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)が施行され、ハナを切ったビアンフェ(ルシュクルの2017)がそのまま逃げ切り勝ち。この他にも7月20日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1600m)を制したラインベックアパパネの2017)、8月3日のダリア賞(2歳オープン・新潟芝1400m内)を勝ったエレナアヴァンティドリームカムカムの2017)が、それぞれ2勝目をマークしています。
 夏季競馬シーズンの終盤は、8月25日の新潟2歳ステークス(2歳G3・新潟芝1600m外)、8月31日の札幌2歳ステークス(2歳G3・札幌芝1800m)、9月1日の小倉2歳ステークス(2歳G3・小倉芝1200m)と、注目すべきレースが目白押し。最終成績を左右するようなビッグレースはまだまだ先ですが、「ウマニティPOG 2019」序盤戦の山場と言って良いでしょう。

 今回は、これから追加指名を行うプレイヤーに参考としていただくべく、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」をベースに、既出走馬のパフォーマンスをランキング化してみました。

 まずは単純なU指数トップ10をご覧ください(8月4日終了時点。以下同)。

●07月21日 函館11R 函館2歳S 芝1200m ビアンフェ 91.8
●07月21日 函館11R 函館2歳S 芝1200m タイセイビジョン 88.7
●07月27日 札幌01R 芝1800m ゴルコンダ 88.2
●08月03日 小倉02R 芝1800m ブルーミングスカイ 87.7
●07月21日 函館11R 函館2歳S 芝1200m プリンスリターン 86.7
●06月30日 函館01R 芝1200m ビアンフェ 86.2
●06月30日 函館01R 芝1200m ヴェスターヴァルト 86.2
●07月28日 札幌01R 芝1200m アメージングサン 86.1
●07月21日 函館11R 函館2歳S 芝1200m パフェムリ 85.7
●08月03日 新潟05R 芝1600m ウーマンズハート 84.9

 昨シーズンもこの時期に同様のランキングを発表しましたが、トップ10入りしていた馬のうちアドマイヤマーズ(ヴィアメディチの2016)が朝日杯フューチュリティステークスとNHKマイルカップを、グランアレグリア(タピッツフライの2016)がNHKマイルカップを制覇。今年のランキングを見ても、6月30日の函館01R(2歳未勝利・芝1200m)で高いU指数をマークしたビアンフェが既に重賞ウイナーとなっています。今後のクラシック戦線を引っ張っていくような馬が含まれている可能性は高いはず。芝中距離のレースで優秀な数字を叩き出したゴルコンダ(ゴレラの2017)、ブルーミングスカイブルーミンバーの2017)あたりは特に楽しみです。

 U指数には「高い数値となりがちなレース条件」「低く収まりがちなレース条件」もあるので、レースのカテゴリーごとに作成したランキングもご覧いただきましょう。
 新馬、かつ芝のレースに限定したU指数のトップ10は下記の通り。

●08月03日 新潟05R 芝1600m ウーマンズハート 84.9
●08月03日 札幌05R 芝1200m ヒルノマリブ 84.7
●08月03日 小倉05R 芝1200m カーフライターク 84.6
●06月02日 阪神05R 芝1400m タイセイビジョン 83.7
●06月23日 函館05R 芝1200m ケープコッド 81.9
●06月23日 函館05R 芝1200m レッドヴェイパー 81.9
●07月27日 小倉06R 芝1200m カイルアコナ 81.5
●06月29日 福島05R 芝1200m エレナアヴァンティ 81.2
●06月22日 函館05R 芝1200m パフェムリ 80.9
●06月16日 東京05R 芝1600m サクセッション 80.6

 このカテゴリーも昨シーズンの同時期に同様のランキングを作成しており、ウィクトーリアブラックエンブレムの2016)、ダノンファンタジー(ライフフォーセールの2016)、ブレイキングドーン(アグネスサクラの2016)など、後の活躍馬が多数ランクインしていました。
 今年は8月3日の新潟05R(2歳新馬・芝1600m外)を制したウーマンズハートがトップ。2着馬に3馬身半の差をつけたうえ、上がり3ハロンタイムは出走メンバー中ダントツの32.0秒でしたから、今後のレースでも注目を集めるのではないかと思います。

 未勝利、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通り。

●07月27日 札幌01R 芝1800m ゴルコンダ 88.2
●08月03日 小倉02R 芝1800m ブルーミングスカイ 87.7
●06月30日 函館01R 芝1200m ビアンフェ 86.2
●06月30日 函館01R 芝1200m ヴェスターヴァルト 86.2
●07月28日 札幌01R 芝1200m アメージングサン 86.1
●06月30日 中京01R 芝1400m インザムービー 84.8
●07月06日 函館01R 芝1200m ケープコッド 84.5
●06月15日 阪神01R 芝1400m レジェーロ 83.7
●07月07日 福島02R 芝1200m コパノビアンカ 83.6
●07月06日 中京01R 芝1200m テーオーマルクス 83.4

 前出のゴルコンダブルーミングスカイはもちろん、個人的な見立てとしてはアメージングサン(アメージングムーンの2017)も面白そう。7月28日の札幌01R(2歳未勝利・芝1200m)をレコード勝ちした馬ですが、旧2歳レコードホルダーは母のアメージングムーンだったんですよね。ロマン溢れる初勝利となったうえ、そもそも母のアメージングムーンは2012年ファンタジーステークス3着の実績がある馬。血統的なポテンシャルは十分に高く、大物に育つかもしれません。

 なお、新馬、かつダートのレースに限定したU指数のトップ10は下記の通り。

●07月21日 福島05R ダ1150m オヌシナニモノ 83.6
●06月15日 阪神05R ダ1200m ジェネティクス 81.3
●07月06日 中京06R ダ1400m ファシネートゼット 80.8
●07月06日 中京06R ダ1400m ホットミスト 80.2
●06月22日 函館06R ダ1000m コパノフィーリング 79.2
●06月22日 函館06R ダ1000m ヤマメ 79.2
●06月29日 福島06R ダ1150m ニシノミンクス 79.2
●06月29日 福島06R ダ1150m ヴァンドゥメール 79.2
●06月15日 阪神05R ダ1200m アウトウッズ 78.7
●06月22日 函館06R ダ1000m ハヤブサペコムスメ 78.4

 未勝利、かつダートのレースに限定したU指数のトップ10は下記の通りでした。

●07月14日 函館01R ダ1000m グッドブリッジ 82.7
●07月27日 新潟02R ダ1200m ニシノミンクス 82.2
●07月07日 福島01R ダ1150m ダンシングサンダー 81.3
●07月21日 中京02R ダ1200m デンコウリジエール 81.1
●07月21日 中京02R ダ1200m ファルーク 81.1
●07月14日 函館01R ダ1000m ウルトラマリン 80.3
●08月03日 札幌01R ダ1000m キラットダイヤ 79.8
●07月21日 中京02R ダ1200m テーオープライム 79.8
●07月27日 新潟02R ダ1200m ダウラギリ 79.6
●07月14日 函館01R ダ1000m キラットダイヤ 78.8

 このあたりにも獲得ポイントを下支えしてくれるような馬が隠れていそう。ぜひチェックしてみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

ホットミストの口コミ


口コミ一覧
閲覧 88ビュー コメント 0 ナイス 4



また負けたのである。

添付の勝ち馬予想で、それなりのところがそれなりに来ているにも関わらず、収支はマイナス…。

参りました…^_^;

さて、明日。

例によって、メモ馬だけ載せておきます。

私はPAT残額が6000円と少ないので、一点集中投下にするかも…です。

■1015東京1レース ⑥ホットミスト

20190706中京新馬戦2着。牝馬限定だが3着には7馬身差。相手が悪かった。次走まぁ、勝てるのではないか。前に行けて自分でレースを作れるので人気でも買い。

■1055新潟③レース ⑩カセノウィナー

20190511新潟1着。メンバーレベルがさして低かったわけではないが、内容的に圧勝。500万に上がっても十分通用するハズ。連勝濃厚?とにかく狙ってよし。

■1245新潟⑥レース ⑪アンビルクローラー

20190825未勝利2着。新潟直線1000メートルで、大外突き抜けた勝ち馬に内から詰め寄った。なかなかこの条件はないので次走どうかは分からないが、ゴール前の末脚を見る限り、未勝利で短距離ならば堅実に走りそう。次走▲

■1305 東京⑥レース ⑨メンディ

20190713未勝利、なかなかの勝ち方。昇級して即通用するかは分からないが、人気次第で狙ってみる価値アリ。

■1355 京都⑧レース ⑥セグレドスペリオル

20190504、500万2着。位置どり悪すぎたが、このクラス同条件ならば力上位は確実。次走、必ず勝てると言っても過言ではない。0623は3着。次走もまた狙い!

■1405 東京⑧レース ④セリユーズ

20190317500万下川田君。1000メートル通過59.5秒のラップにも助けられたとはいえ、中山の大外枠から道中ずっと外を回し、直線はちょっと追われただけで楽々突き放した。1000万下でも十分やれる。次走昇級でも狙い。

■1435東京⑨レース (2頭)

⑨マイネルヴンシュ

20190331の1000万下1着。中山の長距離は大好きなはず。上のクラスでもは通用するはず。この条件ならば、出てくる度に買って良い。中山ならば重賞まで届きそうだ。20190602も2着。継続

③ベイビーステップ

20190616府中2勝クラス1着。前目のポジションから楽々抜けてきた。3勝クラスに入っても地力は上と思われる。次走、人気と相談しつつ狙い。

■1450 新潟⑩レース ⑧グレルグリーン

20190413山藤賞3着。JRA63.6指数82.6。このクラス、この条件(距離)ならば末脚は一線級。府中ならば突き抜ける可能性も。要チェック。道中の位置どり次第も、かなり強いのは確か。→0511,4着。追い出してからエンジンかかり遅いがやはり力はある。単勝避け、ワイド、3連複頭でなら。

■1510東京⑩レース ⑯アディラート

20190818OP5着。態勢は完全に決した後、矢のように大外から伸びてきた。上がりの脚が極めて鋭いので、展開一つで面白い存在に。あくまで穴候補だが、出てくる度に注目の必要あり。

■1535京都⑪レース ⑧パリンジェネシス

20190310川田ゆうが。1600万下89.8の7.5%1着。スタート抜群だった。好騎乗もありスローペースで逃げられた。1000万下、1600万下、と連勝はいずれにしても素晴らしい。単騎逃げが見込めるオープン特別で今回同様の長距離ならば、馬券圏内好走は可能かと思われる。

こんな感じです。

 藤沢雄二 2019年9月21日() 06:50
その次が大事…~POG第16節~
閲覧 128ビュー コメント 0 ナイス 12

先週のPOG戦線は2頭が出走しましたが勝ち星を挙げることはできませんでした。

【出走結果】
・9月16日 阪神1R
△ナオミラフィネ 2着 1.26.8・良(1着馬とのタイム差+0.0)
単勝オッズ 4.2倍(2番人気)
【採点:6.0】
《ラップタイム》12.4-10.9-11.6-12.2-12.4-13.1-14.2

月曜日の阪神の未勝利戦に出走したナオミラフィネは惜しくもクビ差の2着でした。

《斎藤新騎手》
初ダートで砂を被るとフワフワしていました。
被らなければ脚を使えそうな感じはありましたし、外に出してからはしっかりと伸びてくれました。

レース結果と斎藤騎手のコメントからすると結果的に1番枠が仇になった感じですね。
初戦はどちらかというと二の脚がつかずに後方からの競馬といった感じでしたが、今回はそこまで酷い遅れではなかったとはいえ1馬身ほどの出遅れ。
なんとか馬群の一番後ろに取りついたけど道中の進路は1番枠からのスタートだったのに外へ。まあ砂を被らせないという意図があったのはわかるけど、その辺は腹を括って4角手前まではラチ沿いでもよかったんじゃないかとは思うけど。

とりあえずダート替わりで一応の結果を残してくれたのは良かったです。
今回はレースの前半3ハロンが34.9でラスト2ハロンが13.1-14.2と掛かったから差し込めたと考えると、次はおそらく京都コースでしょうからゲートを上手く出られるかどうかがカギになるでしょうね。
で、次戦がどこになるかは安田隆行厩舎の交通整理次第。この阪神開催のダート1400mの未勝利戦では8日にホットミストが3着、14日にオウケンラブキセキが2着と2歳牝馬3頭が優先出走権を獲得しているだけにどう使い分けるかが思案のしどころになると思います。もっとも前述2頭は1番人気だったから、よもや京都で3頭の使い分けをすることになるなんて考えてもいなかったと思いますがw


・9月16日 中山3R
△ステージアクトレス 6着 2.03.5・重(1着馬とのタイム差+0.7)
単勝オッズ 3.0倍(2番人気)
【採点:4.5】
《ラップタイム》12.8-11.8-12.4-12.1-12.6-12.4-12.5-12.0-11.9-12.3

一方、中山の未勝利戦に出走したステージアクトレスは6着でした。

《クリストフ・ルメール騎手》
この距離は少し長いです。
今日は柔らかい馬場で実質2200mを走ったような感じにもなりましたからね。
1800mまでがいいと思います。

道中が理想的な番手追走だっただけに正直なところガッカリ感は大きいですね。
勝ち馬は4角で外に振られる不利がありながらねじ伏せたので、まあ良馬場で競馬をしていても勝てなかったとは思います。それでもハービンジャー産駒だけに馬場が渋るのはプラスだと思っていたんだけどな~。
関東地方は15日の夜から16日の昼ぐらいまでかなり雨が降ったので柔らかい馬場だったのは間違いないとして、道中で1回も13秒台に落ちないラップになってしまったのは誤算だったかと。
なのでルメールが言う「距離が長い」という正しいのでしょうね。
0.7秒差だから匙を投げたくなるくらい悲観することはないのですけど、せめて掲示板は確保して欲しかった…。


第16節終了
4-5-0-13/22
《指名馬の騎手成績》
福永祐一:2-1-0-1
川田将雅:1-0-0-1
北村友一:1-0-0-1
クリストフ・ルメール:0-2-0-2
武藤雅:0-1-0-0
斎藤新:0-1-0-0
松若風馬:0-0-0-3
浜中俊:0-0-0-2
ミルコ・デムーロ:0-0-0-1
丸山元気:0-0-0-1
藤岡佑介:0-0-0-1

《人気度数》
1番人気:4-3-0-3
2番人気:0-1-0-4
3番人気:0-0-0-2
4番人気:0-1-0-1
6番人気:0-0-0-1
7番人気:0-0-0-1
9番人気:0-0-0-1

今シーズンの問題点は2着の後に勝っていないことと、掲示板を外す回数が多すぎること。
ボウリングでもスペアの後は大事なんだからそれと一緒。
そして大きく崩れないためにも負けはともかく掲示板確保は最低限の決めごとにしてほしいですね。騎手も調教師ももっと優先出走権に敏感になってもらえませんかね?一回使ったら外厩に出すからいいや、じゃなくてね。

[もっと見る]

 ブルースワン 2019年9月8日() 23:24
阪神1R 2番人気の馬が勝ったけど
閲覧 97ビュー コメント 2 ナイス 8

断然人気ホットミストが1、1倍は分かるけど2番人気が28、1倍って😅あとの馬は混戦だったんやね。レース見てないけどホットミストは相手なりに走る馬なのかな??成長途中だけど今日のメンバーで勝てないのは少し心配です。マイ予想とロボでダブルで的中したから美味しいレースでした。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ホットミストの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ホットミストの写真

投稿写真はありません。

ホットミストの厩舎情報 VIP

2020年11月23日3歳以上1勝クラス12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ホットミストの取材メモ VIP

2020年1月13日 3歳1勝クラス 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。