最新競馬コラム

最速プロ予想『シューナカ☆』~プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.34・G1エリザベス女王杯2017編~

2017年11月8日(水) 17:30

 3,849



前回の~天皇賞(秋)編~では、「中心視は譲れない」(河内一秀プロ)とのキタサンブラックへの見解や、6着に敗れたソウルスターリングへの「馬場的に渋るのはダメ」(スガダイプロ)といったコメントを紹介した当コラム。貴重なプロの事前見解を、是非今週末のG1予想にお役立てください。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125

本日のターゲットは、11/12(日)G1エリザベス女王杯
ウマニティ公認プロ予想家のスガダイサラマッポ河内一秀くりーくkmの5人にアノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て11/6(月)時点のものです。


●今回のプロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近10年中9年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。
kmプロ・・・情報収集を重視した独特の思考フィルターで近3走の内容分析を中心に予想を展開する。穴馬を狙い撃ちするスタイルで、ウマニティ公認プロ予想家中300万超払戻し本数歴代トップの記録を保持している。

●各馬へのコメント
ヴィブロス
 河内一秀 クラシック戦線では、春は権利を取れず夏競馬からの上がり馬として臨んだ秋華賞で一気の戴冠。その秋華賞を含めいずれのレースも指数的には特筆すべきものではなかったから、春シーズンの有力馬の戦線離脱や伸び悩みに助けられての結果かとも思われていたわけだけど、年明け以降は牡馬相手に健闘。秋初戦の前走に関しても勝ち馬に上手く逃げ切られたものの、古馬牝馬G1で勝ち負けに持ち込める指数レベルにまで伸ばしてくるなど、力を付けている印象だね。
 くりーく ドバイ以来となった前走・府中牝馬Sでは、430キロ台にまで馬体を増やしてきていましたが、太めというより春まで寂しく見せていたトモに筋肉がついて馬体がしっかりしてきたように思います。十分に乗り込まれての2着とはいえ、休み明けはもともと走らない馬なので内容的には十分満足できる結果だったと思います。前走でしっかり乗り込んで、馬体も増えての出走だったということもあり、この中間も反動はなさそうです。1週前追い切りでは、いつも通り併せ馬で強めに追われ、最終追い切りはいつも通り坂路を馬なりでの調整になると思います。馬場の真ん中をヨレることなく真っすぐ駆け上がってくることができれば、ここまでの理想的な仕上がりのまま出走できると思います。
 サラマッポ 牡馬相手にも通用する力の持ち主で、ここでは能力的に上位です。問題は2200mという距離ですが、全身を使った効率の良い走法で距離延長はむしろプラスに働きそうな印象です。休み明けをひと叩きした上積みも見込めますし、ここは中心視できると思いますよ。
 スガダイ ドバイターフを勝ってるわけだから実績的には最上位と言っていいだろうね。牝馬限定戦なら当然有力。前走の府中牝馬Sは楽なペースだった逃げ馬をとらえきれず負けちゃったけど、前哨戦としては完璧な内容だったんじゃないかな。くりーくプロも指摘しているけど馬体が増えていたのも好感が持てるね。ただ、馬体が増えたといっても、まだかなり小さいからなあ......。もしかすると今の荒れてきた馬場は良くないかもね。道悪も洋芝も苦にしない馬だから、大丈夫だとは思うけど少し気にはなるところ。
 km どちらかと言えば、内回りが合うタイプです。そのいい例は、昨年の秋華賞。前走の負け方を見ても、使える脚が限られている印象で、ルメール騎手の継続騎乗はプラス材料ですが、勝ち切るまではどうでしょうか。

スマートレイアー
 サラマッポ 前走は牝馬らしい切れ味を生かした差し切り勝ちでした。父ディープインパクトと同じく、後肢の振り出しが大きい馬で、瞬発力が最大の武器です。ここも流れひとつの印象ですが、前走の内容から人気になりそうなので、取捨は人気次第で考えたいと思っています。
 km 加齢とともに長い距離でも好走できるようになりました。特に今年は、牡馬の一線級と勝ち負けを繰り返しています。京都外回りコースは得意ですし、過去のエリザベス女王杯での敗戦は気にしなくていいと思います。天皇賞(秋)でのサトノクラウンの例もありますし......。
 くりーく 調教では時計も出て、いつも良く見せる馬です。個人的には今回のように間隔を少しでも空けて出走するほうが理想的だと考えていて、府中牝馬Sではなく、1週早めの京都大賞典をステップにした点には好感が持てます。1週前追い切りの動きもヴィクトリアマイルの1週前追い切りと比べても今回は伸び脚が違いましたし、過去2回このレースに出走した時との比較でも今回が一番ではないかとみています。あとはG1レースとの相性が良くないところがあるので、そのあたりでしょうが、こればかりは運が向いてくれることを祈るしかないのかもしれません。
 河内一秀 前走は鞍上の好騎乗も大きかったけど、2400mで牡馬の一線級を負かした能力の高さに疑う余地はなく、指数的にも・・・

 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬コラム

新着競馬コラム

人気競馬コラム

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

8月26日()
キーンランド G3
新潟2歳S G3
8月25日()
新潟ジャンプ G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

8月19日()
札幌記念 G2
北九州記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 レッドファルクス 牡7
46,924万円
10 サウンズオブアース 牡7
46,745万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る