最新競馬ニュース

【根岸S】アルクトス1週前から変身!力強く1馬身先着


©サンケイスポーツ


 1,223  2  0

【根岸S】アルクトス1週前から変身!力強く1馬身先着 |競馬ニュース|ウマニティ

 根岸Sの追い切りが27日、東西トレセンで行われた。美浦では、交流GI勝ちで実績上位のアルクトスが田辺騎手を背に坂路4ハロン53秒8で1馬身先着。Wコースで僚馬に1馬身遅れた1週前追い切りから、急上昇気配を漂わせた。栗東坂路で4ハロン51秒7をマークし、1馬身先着したスマートセラヴィーが最高の調教評価『S』となった。

 雨に濡れた美浦坂路を、力強いフットワークで駆け上がった。これが本来のアルクトスだ。もたついた1週前とはガラリ一変の動きを披露。今年初戦の態勢を整えた。

 「(田辺)ジョッキーは『形にはなっている』と言ってくれました。体の締まり具合、息遣いが良くなりましたね」

 追い切りを見届けた栗田調教師は、満足そうな言葉を口にした。Wコースでは動かないため、近走はレース当週の追い切りを坂路でやるのがこの馬のパターン。馬なりで4ハロン53秒8-12秒4をマークし、外のスイートセント(2勝クラス)に1馬身先着した。

 1週前はWコースで一杯に追って5ハロン65秒7-13秒6で、馬なりの僚馬2頭に1馬身遅れ。「Wコースではもたもたして見た目が良くない。いつもあんな感じ。今回はあくまでも“フェブラリーSに向けて”というのはあるけど、走れる状態にはあります」とトレーナーは思惑通りの変わり身に笑みをみせた。

 鍵になるのは最重量59キロの斤量と、一昨年7月以来となるダ1400メートル戦。栗田調教師は「体の大きな馬だし、踏ん張るタイプだから斤量は苦にしないと思う。距離も、センスのいい馬だから大丈夫でしょう」と克服可能とみている。ダ1400メートルは【2・1・0・0】。本質的にはマイラーだが、距離に対応するスピードはすでに実証済みだ。

 昨年はマイルの交流GI・南部杯を1分32秒7の日本レコードで制し、実績的には一枚上の存在。今年も大目標はフェブラリーSだが、調教師が「今回の競馬も大事だけど、次に向けて(どんなレースをするか)が重要です」と話すように、ここは通過点にしたいアルクトス。7戦5勝の東京、本番に向けての重要なステップ戦を落とすわけにはいかない。 (柴田章利)

根岸Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(2
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

3月7日()
ディープ記念 G2
3月6日()
チューリップ G2
オーシャンS G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月28日()
中山記念 G2
阪急杯 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
2 コントレイル 牡4
79,611万円
3 オジュウチョウサン 牡10
78,186万円
4 グランアレグリア 牝5
72,022万円
5 キセキ 牡7
66,256万円
6 ブラストワンピース 牡6
57,236万円
7 マカヒキ 牡8
56,210万円
8 インディチャンプ 牡6
54,149万円
9 ワグネリアン 牡6
51,244万円
10 デアリングタクト 牝4
47,318万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
13,437万円
2 ダノンザキッド 牡3
11,144万円
3 グレナディアガーズ 牡3
7,982万円
4 メイケイエール 牝3
7,761万円
5 ステラヴェローチェ 牡3
7,250万円
6 ラーゴム 牡3
6,535万円
7 レッドベルオーブ 牡3
6,437万円
8 モントライゼ 牡3
5,865万円
9 エフフォーリア 牡3
5,572万円
10 オーソクレース 牡3
5,249万円
» もっと見る