最新競馬ニュース

【馬場の有利不利、教えます!】阪神大賞典2020 芝と路盤の状態は良好!今開催で最もドライなコンディション!


ウマニティ


 2,122  1  0

【馬場の有利不利、教えます!】阪神大賞典2020 芝と路盤の状態は良好!今開催で最もドライなコンディション! |競馬ニュース|ウマニティ

金~土曜日の阪神芝のレース結果、近年の阪神大賞典の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間は月曜日に1ミリ程度の雨が降ったものの、その後は天候に恵まれ、金~土曜日の芝コースは終日良馬場(JRA発表)でレースが行われた。月~火曜日に芝刈り、水~木曜日には散水を施しているように、芝と路盤の状態は良好。今開催では最もドライなコンディションだったといえる。

金~土曜日の結果を検証すると、馬場の内めを通った馬が若干有利。一方、枠順に関しては明確な優劣は見られない。脚質については、先行やや優勢。事実、土曜日の芝競走における勝ち馬の4角通過順はいずれも4番手以内だった。金曜日と比べると時計も出ており、高速馬場に近い状態であることは間違いない。

日曜日の空模様は微妙だが、予報を確認する限り、15時あたりまでは何とか持ちそう。メインレース直前から降り始めたとしても、影響は軽微と思われる。そもそも、中間時点の予報で日曜日の天候が不透明であると同時に、3日連続開催を控えているにもかかわらず、直前に散水作業を実施している。その点を踏まえると、少々の雨で路盤が急激に悪化することは考えづらい。

よって、土曜日の傾向を踏襲する可能性は高く、馬場の内めを先んじてキープできそうな馬が有利とみるべき。逆張り視点で待機勢を狙うのも悪くはないが、その際はスムーズに加速可能なポジションを確保できる(できそうな)馬を選ぶことが肝要となる。枠順については、阪神大賞典に限れば少頭数ということもあり、さほど気にする必要はないだろう。

血統面に関しては、近5年の阪神大賞典における好走馬を振り返ると、連対馬延べ10頭すべてが父サンデーサイレンス系という寡占状態。母方の血統に着目すると、母の父にノーザンダンサー系あるいはロベルト系の種牡馬を配する馬が2018、2019年と2回続けて1~3着を独占するなど攻勢を強めている。条件を満たす馬には相応の評価が必要だ。

ただ、今年の出走馬と照らし合わせてみると出走頭数の割に該当馬が多い印象。もうひとつフィルターをかけて、近5年の3着以内馬すべてに共通する、重賞好走(3着以内)経験のある馬に的を絞りたい。

今回の出走メンバーで条件を満たしているのは、⑤タイセイトレイル、⑥メイショウテンゲン。従って当欄では、この2頭を注目株として推奨する。



ウマニティ重賞攻略チーム

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

4月12日()
桜花賞 G1
4月11日()
NZT G2
阪神牝馬S G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

4月5日()
大阪杯 G1
4月4日()
ダービーCT G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
70,813万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
5 マカヒキ 牡7
56,210万円
6 キセキ 牡6
55,914万円
7 ワグネリアン 牡5
50,624万円
8 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 レシステンシア 牝3
11,585万円
2 サリオス 牡3
11,145万円
3 コントレイル 牡3
11,127万円
4 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
5 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
7,463万円
7 サトノフラッグ 牡3
6,708万円
8 ラウダシオン 牡3
6,654万円
9 ワーケア 牡3
6,454万円
10 エーポス 牝3
6,438万円
» もっと見る