中央競馬ニュース

【葵ステークス】ディアンドル、あっぱれ5連勝!

 0   0   1,007
シェアする  x facebook LINEで送る
【葵ステークス】ディアンドル、あっぱれ5連勝!

 葵S(芝1200メートル)が25日、京都競馬場で16頭によって争われ、1番人気で藤岡佑騎乗のディアンドルが好位から抜け出して5連勝で重賞初制覇。管理する奥村豊調教師にとっても、開業5年目でうれしい重賞初Vとなった。2着は13番人気のアスターペガサス。3着には2番人気のアウィルアウェイが入った。

 類いまれなスピードを、初の重賞舞台で存分に発揮した。照りつける日差しを背に受けてディアンドルが直線を駆け抜け、破竹の5連勝で一気の戴冠。初コンビで勝利へ導いた藤岡佑騎手が白い歯をのぞかせた。

 「手応えも良く、馬が冷静でしたね。なんの不利もなく、スムーズに競馬ができました。残り200メートルで並んでこられましたが、馬が『抜かせないよ』という強い気持ちを見せてくれました」

 スタート直後から絶好の4番手に収まり、リズムよく運んで直線へ。すんなりと外に出すと、鋭く伸びて先頭に躍り出た。猛追するアスターペガサスをアタマ差振り切ってゴール。「(前回乗った)ルメール騎手から『馬を気にするところがある』と聞いていたんですが、ここ2走の控える競馬がいい方に出ました」と会心の表情だ。

 新馬戦こそ2着だったが、全て1200メートル戦でのV5。賞金的には出走可能だった桜花賞を見送って、この一戦に備えてきた。奥村豊調教師は「1200メートルで結果が出ていますし、そのリズムを崩さず、春はここを目標にやってきました」と相好を崩す。

 指揮官にとっては開業5年目、8度目の挑戦での重賞初制覇。「そこは特に意識していませんでした。いかにディアンドルの体調を整えるかを考えていた」と冷静に話しながらも「これから実感がわいてくるのかもしれません」とはにかんだ。

 今後は未定だが「まだまだ馬が成長してくれると思いますし、どう成長していくのか楽しみ」。最高気温33度の真夏日になった淀で、スプリント界を熱くする超新星が誕生した。 (山口大輝)

★25日京都11R「葵S」の着順&払戻金はこちら

ディアンドル 父ルーラーシップ、母グリューネワルト、母の父スペシャルウィーク。黒鹿毛の牝3歳。栗東・奥村豊厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績6戦5勝。獲得賞金9904万6000円。重賞初勝利。葵Sは奥村豊調教師、藤岡佑介騎手ともに初勝利。馬名は「ドイツの女性用民族衣装。母母名より連想」。

この記事はいかがでしたか?
ナイス (0)
 ナイス!(0

このニュースへのコメント

コメントはありません。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月21日()
中京記念 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月14日()
函館記念 G3
7月13日()
函館2歳S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 ドウデュース 牡5
102,726万円
2 スターズオンアース 牝5
84,098万円
3 リバティアイランド 牝4
74,444万円
4 ディープボンド 牡7
73,123万円
5 ジャスティンパレス 牡5
65,388万円
6 シャフリヤール 牡6
59,685万円
7 ソールオリエンス 牡4
57,546万円
8 タスティエーラ 牡4
57,005万円
9 テーオーロイヤル 牡6
51,827万円
10 セリフォス 牡5
51,113万円
» もっと見る

3歳
1 ジャスティンミラノ 牡3
40,307万円
2 ダノンデサイル 牡3
38,200万円
3 ジャンタルマンタル 牡3
32,053万円
4 ステレンボッシュ 牝3
28,331万円
5 アスコリピチェーノ 牝3
22,165万円
6 チェルヴィニア 牝3
21,519万円
7 シンエンペラー 牡3
19,041万円
8 コスモキュランダ 牡3
15,392万円
9 レガレイラ 牝3
11,278万円
10 ライトバック 牝3
11,256万円
» もっと見る