最新競馬コラム

【山崎エリカのダートグレード攻略】~JBCスプリント2017~

2017年11月2日(木) 11:55

 730

 古馬ダートのスプリント路線のG1「JBCスプリント」。2006年にこのレースが川崎で行われた際には、「JBCマイル」に改称して1600mで行われたことがありました。しかし、それ以降は1000m-1400mで行われています。JBCスプリントは、短距離で行われる唯一のG1レース。当然、スプリント路線馬は、ここが最大の目標となります。

 このレースは、前哨戦の東京盃を始め、マイルCS南部杯など、様々な路線から各馬が出走してきます。なかにはJBCクラシックの出走が叶わずに、白山大賞典の勝ち馬がここに出走してくることもあるほど。本来は、前走で同距離、もしくは1Fの距離延長、短縮で使われているスプリント路線のほうが有利なはずですが、まるでスプリント路線よりも中距離戦やマイル戦のほうがレベルが高いことを象徴するかのように、前走で1600m以上のレースを使われていた馬たちの活躍のほうが目立っています。

 前走、ダ2100mのG3・白山大賞典で優勝した馬のこのレースでの成績はというと、過去10年で【0・2・0・0】。2着の該当馬は、2008年のスマートファルコン、2009年のアドマイヤスバルです。スマートファルコンは完成前の3歳時の成績。それまでに古馬G2勝ちのない戦記の馬が通用しているということは、スプリント路線がレベルが低いことの象徴でもあるでしょう。

 次いで、前走マイルCS南部杯で連対していた馬もこのレースで活躍。前走マイルCS南部杯で連対していた馬のこのレースでの過去10年の成績は、【1・1・1・2】とまずまず。しかし、4着に敗れた2007年のブルーコンコルドは、約10ヵ月の休養明けだった馬。2012年に5着に敗れたダイショウジェットは、マイルCS南部杯でG1初連対を果たした馬。つまり、長期休養明けの馬や、ここよりも前走が大目標だった馬(マイルCS南部杯を叩き台として使えなかった馬)を除けば、今回の3着以内の軸馬としては信頼できることになります。

 一方、前走の東京盃で連対した馬のこのレースでの成績は、過去10年で【7・0・1・9】と、好凡走が激しく、ほとんど信頼がおけません。特にレースの上がり3Fが37秒以上も要した前半ペースの速い東京盃で、3コーナー6番手以下から差して同レースを連対した馬は、過去10年では百発百中でこのレースでぶっ飛んでいます。

 前記に該当する東京盃の連対馬で、JBCスプリントに出していた馬とその成績は、2007年の勝ち馬リミットレスビッド(2番人気)・4着、2007年の2着馬メイショウバトラー(1番人気)・8着、2008年フジノウェーブ(4番人気)・7着、2016年のドリームバレンチノ(5番人気)・10着。はっきり言って、人気を裏切りまくりです。

 逆に、レースの上がり3Fが37秒以上も要した前半ペースの速い東京盃で、3コーナー5番手以内でレースを進めて連対した馬の過去10年の成績は、【2・1・0・1】と優秀。1着の該当馬は、2010年のサマーウインド、2012年のタイセイレジェンド。2着の該当馬は、2016年のコーシンベリー。

 唯一、9着に凡退したのは、2012年のラブミーチャンですが、この馬は東京盃が初重賞制覇だったことが影響しているでしょう。つまり、消耗戦の東京盃で逃げ、先行して連対した馬かつ、東京盃が初重賞制覇ではない場合を除くと、かなり信用ができるということです。そのタイプが出走していれば、一番の本命候補になるでしょう。

 さらに穴馬はというと、レースの上がり3Fが37秒以上も要した前半ペースの速い東京盃で、逃げ、もしくは番手でレースを進めて大失速した馬。2010年の4着馬ナイキマドリード(6番人気)・2着、2016年の5着馬ダノンレジェンド(3番人気)・1着と、人気薄から巻き返しています。ちなみに2014年の東京盃も良馬場で前半3F33秒8のオーバーペースとなりましたが、この年に2着、3着に巻き返したのも、東京盃を逃げて6着のサトノタイガー(6番人気)と、2番手から8着のタイセイレジェンド(5番人気)の巻き返しでした。

 東京盃は、過去10年で、2度も3連単10万越えの大万馬券で決着していますが、この2度とも前哨戦の東京盃が消耗戦となって、本番のJBCスプリントで着順が入れ替わったパターンです。このレースを荒らすも、本命サイドのレースにするも、東京盃のペース次第であることを頭に入れて、予想を組み立てたほうがいいでしょう。意外とワンパターンなので、軽々と万馬券が取れることもあります!


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・レースの上がり3Fが37秒以上も要した東京盃で、3コーナー5番手以内でレースを進めて連対した馬。
 (東京盃が古馬初重賞制覇だった馬を除く)
 ・前走のマイルCS南部杯で連対した馬。
 (約10ヵ月の休養明けだった馬や、マイルCS南部杯が初G1連対だった馬を除く)
 ・前走の白山大賞典を優勝した馬。

 ●穴馬候補
 レースの上がり3Fが37秒以上も要した東京盃で、3コーナー2番手以内レースを進めて大失速した馬。


 ※東京盃のレースの上がり3F37秒以上というのは、あくまでもオーバーペースの目安。前半3F33秒台のレースも、上がり3F35秒台でまとめるのは、最終走破時計が1分10秒を切ることになり、数字上不可能なのでオーバーペースです。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬コラム

新着競馬コラム

人気競馬コラム

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

9月23日()
オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

9月17日(月)
セントライト G2
9月16日()
ローズS G2
9月15日()
阪神ジャンプ G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る