会員登録はこちら
京成杯オータムハンデ G3   日程:2015年9月13日() 15:45 中山/芝1600m

京成杯オータムハンデのニュース&コラム

【京成杯AH】あっと驚くアンジェリコ、大混戦制した!
 第60回京成杯オータムハンデキャップ(13日、中山11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝・外1600メートル、1着本賞金3800万円 =出走16頭)サマーマイルシリーズ(全3戦)の最終戦は、最後方を進んだ田辺裕信騎乗の13番人気フラアンジェリコが直線で一気に伸び、ゴール前の激戦を制して重賞初制覇を達成した。タイム1分33秒3(良)。ハナ差2着は11番人気エキストラエンドで、さらにハナ差の3着は7番人気ヤングマンパワー。3連単222万7820円などレース史上最高額となった。 波乱のセントウルSの約10分後。中山でも仰天の結末が待っていた。ハンデ戦らしい、横一線のゴール前。馬群を割って突っ込んできたのは、13番人気のフラアンジェリコだ。 「勝つときは、よく勝ったなあ、といつも驚く馬ですから」 自身は昨年のクラレント(2番人気)に次いで連覇を達成した田辺騎手も、信じられないといった様子だ。最後方追走から4コーナーでも後方2番手。しかも直線は前が詰まる不利。先行馬が残る中山の開幕週では絶体絶命の展開の中、エンジンがかかった。 「前走は勝ちを意識して早く動いてしまった。今回は開幕週で前の馬が有利だけど、馬のリズムを優先しました」 伸びきれなかった七夕賞(11着)を糧に末脚を引き出し、パートナーに重賞初Vをもたらした。 キーンランドセプテンバーセールのため米国に出張中の斎藤調教師も、驚きを隠せない。 「よく勝ってくれました。奥手の血統なので大事にやってきたのが結果につながりました」。今後については「勝つと思っていなかったので考えていません」と話したが、富士S(10月24日、東京、GIII、芝1600メートル)か福島記念(11月15日、福島、GIII、芝2000メートル)あたりが有力。波乱を呼ぶ馬フラアンジェリコから、もう目が離せない。 (柴田章利)★13日中山11R「京成杯AH」の着順&払戻金はこちら
2015年9月14日(月) 05:04

 565

【京成杯AH】レースを終えて…関係者談話
 ◆松岡騎手(ヤングマンパワー3着) 「体が(22キロ)減っていたので少しピリピリしていたが、力は見せてくれた」 ◆福永騎手(グランシルク4着) 「狭いところから、よく伸びた。古馬相手でも問題ない」 ◆柴田善騎手(ショウナンアチーヴ5着) 「テンから我慢できたのが、しまいの伸びにつながった」 ◆蛯名騎手(シャイニープリンス6着) 「1回使ってよくなっていたし、中山も合うね」 ◆柴山騎手(アルビアーノ7着) 「坂で脚いろが鈍りました。素質のある馬で、この敗戦を糧に強くなってくれるはず」 ◆ルメール騎手(ダローネガ8着) 「勝てるかと思ったが、最後の100メートルで失速した」 ◆田中勝騎手(ブレイズアトレイル9着) 「妙に落ち着いていて、少しモタモタしていた」 ◆勝浦騎手(アルマディヴァン10着) 「一瞬の決め手勝負になってしまったので…」 ◆津村騎手(タマモトッププレイ11着) 「テンから遅い流れだったが、最後は伸びている」 ◆柴田大騎手(コスモソーンパーク12着) 「ゲートの出がよすぎて、前に壁を作れなかった」 ◆三浦騎手(ケイティープライド14着) 「直線の坂上まで頑張っていたが…」 ◆内田騎手(スマートオリオン15着) 「いい位置で競馬できたが、最後は押しくらまんじゅうになってしまって…」 ◆川須騎手(レッドアリオン16着) 「終始、外からプレッシャーを受けての厳しい競馬で、勝負どころで反応が悪かった」★13日中山11R「京成杯AH」の着順&払戻金はこちら
2015年9月14日(月) 05:03

 644

【京成杯AH】11番人気エキストラエンド2着
 第60回京成杯オータムハンデキャップ(13日、中山11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝・外1600メートル、1着本賞金3800万円 =出走16頭)好位を進んだ11番人気のエキストラエンドが2着。昨年の京都金杯に次ぐ重賞2勝目を逃した。吉田隼騎手は「スタートが決まり、出して行っていいポジションで競馬ができました。勝ったと思ったんですが、離れた位置から勝ち馬に来られてしまいました。併せる形になっていれば…」とハナ差の惜敗に悔しさをにじませた。★13日中山11R「京成杯AH」の着順&払戻金はこちら
2015年9月14日(月) 05:03

 459

【京成杯AH】フラアンジェリコVで大波乱!
 13日の中山11Rで行われた第60回京成杯オータムハンデキャップ(3歳上オープン、GIII、芝1600メートル、16頭立て、1着賞金=3800万円、サマーマイルシリーズ第3戦)は、田辺裕信騎手騎乗の13番人気フラアンジェリコ(牡7歳、美浦・斎藤誠厩舎)がゴール寸前で差し切って重賞初V。大波乱の決着を演出した。タイムは1分33秒3(良)。 これぞまさにハンデ戦。7頭がほぼ一団となってゴールに飛び込む大混戦を最後の最後に制したのは、7歳の伏兵フラアンジェリコだった。田辺裕信騎手は連覇達成だ。 レースはケイティープライドが先手を主張して単騎逃げ。アルビアーノが2番手につけ、その外にコスモソーンパークが続く。さらにスマートオリオン、エキストラエンド、レッドアリオンなどが好位集団を形成した。やや速いペースで流れ、先行勢は坂下まで粘りを見せるが、ゴール前は後続が一気に殺到しての大混戦。ハンデ戦らしい激闘の中から最後にハナ差だけ差し切ったのは7歳馬フラアンジェリコだった。道中は最後方にいたが、直線でスルスルと末脚を伸ばし、53キロのハンデを利して最後に前をかわした。ハナ差2着は11番人気のエキストラエンド。さらにハナ差の3着が7番人気のヤングマンパワーだった。 フラアンジェリコは、父ネオユニヴァース、母カーリーエンジェル、母の父ジャッジアンジェルーチという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、(有)サンデーレーシングの所有馬。通算成績は37戦6勝。重賞初勝利。斎藤誠調教師は京成杯AH初勝利。田辺裕信騎手は14年クラレントに次いで2勝目。 人気薄で連覇を達成した田辺騎手は「開幕週の馬場で先行馬が有利だとは思っいましたが、この馬のリズムを優先しました。メンバーが強くて甘くはないと思いましたが、ハンデは軽いし、直線は期待どおりの伸びでしたね。前走は勝ちを意識して早めに動いたし、挽回できてよかった」と七夕賞大敗からのリベンジを果たしてしてやったりの表情を浮かべていた。★13日中山11R「京成杯AH」の着順&払戻金はこちら
2015年9月13日() 15:57

 1,080

京成杯オータムハンデのニュースをもっと見る >

【京成杯AH】ケイティープライド2馬身先着
 札幌で準OPを快勝してきた遅咲きのディープインパクト産駒ケイティープライドが重賞に初挑戦する。厩舎の期待度は併せた相手からも分かる。栗東坂路で、アイビスSDと北九州記念を勝ちサマースプリントシリーズ首位のベルカント(スプリンターズSに出走予定)に1馬身先行。ラスト1Fからしっかり追われ、最後は2馬身突き放した。力強い脚取りが目を引き、好調キープは間違いない。 「55秒くらいを予定していたとおり。北海道からの輸送をクリアして疲れも残っていない。本質的には(前2走の)1800メートルは少し長い。マイルがベストだと思っているし、充実してきたときに重賞に挑戦できて楽しみ」と、角田調教師は強気に構えている。(夕刊フジ)★京成杯AHの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年9月10日(木) 11:57

 429

【京成杯AH】ヤングマン“素晴らしい”脚取り
 サマーマイルシリーズの最終戦となる京成杯オータムHの追い切りが9日、東西トレセンで行われた。美浦は台風の影響で馬場悪化が顕著だったが、3歳馬ヤングマンパワーはしっかりした脚取り。久々の関屋記念3着からの上積みは十分ありそうだ。栗東ではレッドアリオンが力強い脚さばきを見せた。 秘めたパワーは本番で爆発させる。ヤングマンパワーは美浦Pコースで単走。道悪の中でもしっかりとした脚取りで5ハロン71秒2、3ハロン41秒0−13秒4をマークした。 美浦は前夜からの大雨の影響で不良馬場。雨の影響を受けにくいPコースでも、馬が駆けると水しぶきが上がるのがはっきりと見て取れるほどの状態だったが、リラックスした走りで好状態をアピールした。 馬なりでラストも流す程度だったが、騎乗した松岡騎手は「先週は少し硬さがあったみたいだが、きょうは感じなかった。体調はすこぶるいいし、前走から上積みはある」と好感触を伝えた。 手塚調教師は「前走後も順調にきている。軽めだったが、馬場が悪かったし、これくらいでいいんじゃないか」と好調維持を強調。状態面に不安はない。 春は1勝馬の身で関西に遠征し、アーリントンCを制した。前走の関屋記念は3カ月ぶりで古馬と初対戦だったが、好位からしぶとく伸びて3着と好走。レース前に松岡騎手は「重賞で戦っていけるかどうか、今回が試金石」と語っていたが、そこでしっかりと結果を出した。 その前走は18キロの馬体増。ひと夏を越してたくましくなった。全6戦中5戦で手綱を取り、丁寧に競馬を教えてきたジョッキーは「体質が強くなっているし、グングンと良くなっている」と確かな成長を感じている。 「以前から評価が高かった馬。前走で体が増えていたので、今回は減っていたとしても問題ない。あとは内めの枠がほしい」とトレーナー。ポイント上位馬の着順次第になるが、勝てばサマーマイルシリーズ優勝の可能性もある。 飛躍の秋へ−。若さあふれるヤングマンパワーが歴戦のマイラーを相手に力を示す。 (藤沢三毅)★京成杯AHの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年9月10日(木) 05:08

 607

【京成杯AH】スマートオリオン、道悪で加速
 スマートオリオンは内田騎手を背に、3頭で縦に並ぶ形の真ん中から加速し、間隔を保ったままフィニッシュ。馬場がかなり悪化した中でも、5ハロン70秒8、3ハロン40秒4−13秒7と好調をアピールした。 「動きは問題ない」とジョッキー。鹿戸調教師は「馬場が悪かったのでクッションが利く芝で。3頭で縦列してやる気にさせるようにした。これでシャキッとするのではないか。中山の方が競馬はしやすいし、あとは集中力が持続するかどうか」と巻き返しを期す。★京成杯AHの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年9月10日(木) 05:07

 447

【京成杯AH】アルビアーノ、3頭併せで先着
 アルビアーノは柴山騎手を背にWコースで3頭併せ。6ハロン88秒2、3ハロン41秒8−13秒8で内に半馬身、外に1馬身それぞれ先着。実戦を想定して、馬と馬の間を割って伸びた。台風の影響でぬかるんだ馬場だけに時計は平凡だったが、脚取りは確かだ。 「馬場が悪いのは分かっていましたが、走りきれていましたね。相手関係はリスペクトしていますが、体も大きくなっていますし、もともとどっしり構えている馬。高速決着、距離、何でも大丈夫と思っています」と木村調教師は自信のコメント。★京成杯AHの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年9月10日(木) 05:07

 304

京成杯オータムハンデの直前追い切り情報をもっと見る >

京成杯オータムハンデ過去10年の結果

2014年9月14日() 新潟競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 クラレント 田辺裕信 1:33.3 4.9倍 100.6
2着 ブレイズアトレイル 津村明秀 3/4 20.0倍 99.9
3着 ミトラ M.エスポジート クビ 29.1倍 99.9
2013年9月8日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 エクセラントカーヴ 戸崎圭太 1:31.8 5.4倍 106.8
2着 ダノンシャーク 内田博幸 1 1/4 4.6倍 105.3
3着 ゴットフリート 田辺裕信 2 1/2 14.1倍 102.3
2012年9月9日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 レオアクティブ 横山典弘 1:30.7 4.8倍 106.3
2着 スマイルジャック 田辺裕信 1 1/4 13.6倍 104.8
3着 スピリタス 内田博幸 1 1/4 6.2倍 103.3

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京成杯オータムハンデの歴史と概要

京成杯オータムハンデキャップは東京競馬場の芝1600m、4歳(現3歳)以上による重賞競走「オータムハンデキャップ」として1956年に施行されたのが始まり。

京成杯オータムハンデキャップは1959年に京王電鉄から寄贈杯を受け、「京王杯オータムハンデキャップ」へと名称変更になった。1980年に施行場所を中山競馬場に変え、1984年に1600mへと距離短縮された。その後、1998年に京成電鉄の沿線にある中山競馬場で京王杯オータムハンデキャップ、京王電鉄の沿線にある東京競馬場で京成杯3歳ステークスが施行されているというねじれ現象が続いていたことから、京王・京成両者の合意を得て寄贈賞を入れ替える形で現競走名「京成杯オータムハンデキャップ」に改称された。

出走馬の資格は、1994年から混合競走となり外国産馬にも開放され、1998年から中央競馬特別指定交流競走として地方馬も出走可能になった。2007年に日本のパートI国昇格に伴い、外国馬の出走枠が8頭に拡大されている。2010年以降はサマージョッキーズシリーズの対象レース、2012年にサマーマイルシリーズの最終戦に組み込まれている。

過去の優勝馬にはゼンノエルシドブレイクタイムマイネルモルゲンステキシンスケクンキングストレイルキストゥヘヴンザレマファイアーフロートフィフスペトルレオアクティブなどが名を連ねる。

京成杯オータムハンデキャップの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

京成杯オータムハンデの攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年1月21日(
アメリカジョッキーC G2
東海テレビ杯東海S G2

競馬番組表

2018年1月20日(
1回中山6日目
1回中京3日目
1回京都6日目
2018年1月21日(
1回中山7日目
1回中京4日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る