会員登録はこちら
セントウルステークス G2   日程:2016年9月11日() 15:35 阪神/芝1200m

セントウルステークスのニュース&コラム

【セントウルS】Vアーサーこれぞ「王道」の走り!
 第30回セントウルステークス(11日、阪神11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・内1200メートル、1着本賞金5900万円、1着馬にスプリンターズSの優先出走権 =出走13頭)福永祐一騎乗で1番人気に推された高松宮記念勝ち馬ビッグアーサーが先手を取ってそのまま押し切り快勝。スプリンターズS(10月2日、中山、GI、芝1200メートル)での春秋スプリントGI制覇に向けて大きく前進した。タイム1分7秒6(良)。1馬身差の2着は2番人気のネロ。クビ差3着が9番人気のラヴァーズポイントだった。 残暑厳しい仁川で、影を踏ませぬ完勝劇だ。3月の高松宮記念V以来の出陣となったビッグアーサーが、1番人気にこたえて貫禄を示した。 「スピードの持続能力が高いし、最後まで脚いろは鈍らなかった。どんな競馬でもできるタイプ。タイトルを獲って追われる立場ですし、王道の競馬ができれば、と思っていた」 大粒の汗をぬぐった福永騎手が、満面の笑みを浮かべた。 抜群のスタートを決めると、最内枠を利してスッと先頭に出た。デビュー12戦目で初めて逃げる形となったが、「メンバー構成から先手をとることも頭に入れていた」とジョッキー。道中、スノードラゴンに競りかけられたが、譲らずに直線に向かうと余力十分に二枚腰を発揮し、最後はネロの追撃を1馬身おさえて、悠々と逃げ切った。 セントウルSは、サマースプリントシリーズ出走組が過去9年で8勝。実績馬には厳しいレースとして知られていた。3年前には、あのロードカナロアも安田記念優勝以来の一戦で2着に敗れている。だが、ビッグアーサーは初の58キロを背負って、5カ月半ぶりでも快勝。1番人気馬のVも10年ぶりだった。「休み明けの馬が勝っていないというデータがある中で、58キロを背負って勝ち切ったのは価値がある」とユーイチはうなずいた。 次の目標は、スプリンターズSで春秋短距離GI制覇。「期待通り結果を出してくれたし、自信を持って臨みたい。相手はさらに強くなるけど、だいぶスキがなくなってきたし、もうひとつタイトルを獲りたい」と主戦は確かな手応えを口にした。秋もスプリント界の主役を譲るつもりはない。 (渡部陽之助)★11日阪神11R「セントウルステークス」の着順&払戻金はこちらビッグアーサー 父サクラバクシンオー、母シヤボナ、母の父キングマンボ。鹿毛の牡5歳。栗東・藤岡健一厩舎所属。北海道浦河町・バンブー牧場の生産馬。馬主は中辻明氏。戦績12戦8勝。獲得賞金2億9981万1000円。重賞は2016年GI高松宮記念に次いで2勝目。セントウルSは藤岡健一調教師が初勝利。福永祐一騎手は00年ビハインドザマスクに次いで2勝目。馬名は、「大きな+人名」。
2016年9月12日(月) 05:07

 581

【セントウルS】ネロ2着!内田、アーサーに脱帽
 第30回セントウルステークス(11日、阪神11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・内1200メートル、1着本賞金5900万円、1着馬にスプリンターズSの優先出走権 =出走13頭)2番人気のネロは、好位差しという新たなレース運びで2着を確保。前半は5番手の外めまで下げながら、直線は力強い伸び脚でビッグアーサーに1馬身差まで迫った。「勝ち馬はとんでもなく速かった。あれ以上勝ち馬を追いかけるとオーバーペースで止まってしまう。ラストはよく伸びているけど、やはりGI馬は違うね」。内田騎手は勝ち馬の強さに脱帽していた。★11日阪神11R「セントウルステークス」の着順&払戻金はこちら
2016年9月12日(月) 05:06

 485

【セントウルS】9番人気ラヴァーズ粘り込みで3着
 第30回セントウルステークス(11日、阪神11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・内1200メートル、1着本賞金5900万円、1着馬にスプリンターズSの優先出走権 =出走13頭)9番人気の伏兵ラヴァーズポイントが、好位からしぶとく粘り込んで3着と奮闘した。コンビ4戦で全て3着以内と相性の良さを発揮した川須騎手は「スムーズに先行して最後までしぶとかったですね。手先が軽くなってきて、力をつけています」とパートナーの成長に目を細めていた。★11日阪神11R「セントウルステークス」の着順&払戻金はこちら
2016年9月12日(月) 05:06

 323

【セントウルS】レースを終えて…関係者談話
 ◆白倉助手(アースソニック4着) 「我慢させて脚がたまったみたい。ジョッキーがうまく乗ってくれました」 ◆川田騎手(スノードラゴン5着) 「自分から進んで行きましたね。4角から早めに捕まえにいったぶん、最後は甘くなりましたが、よく頑張っています」 ◆武豊騎手(レッドアリオン6着) 「距離はいいんじゃないかな。直線は進路がなかった。ツキがあればもう少し上位にこられた」 ◆浜中騎手(ダンスディレクター7着) 「ゲートがね…。でも、順調ではない休み明けでも追い込んでくれたし、能力は高い。次は楽しみ」 ◆石橋騎手(エイシンブルズアイ8着) 「もう少し行ってもよかったけど、脚は使ってくれた。前残りで流れが向かなかった」 ◆M・デムーロ騎手(ウリウリ9着) 「直線で出発(反応)するところがなかった。フワフワしていた」 ◆古川騎手(アットウィル10着) 「いい位置で運んだけど、坂を上って苦しくなった」 ◆藤岡康騎手(ティーハーフ11着) 「ゴール前で密集して、スムーズにさばけなかった」 ◆和田騎手(マイネルエテルネル12着) 「この相手でこの時計だと厳しい」 ◆松山騎手(メイショウライナー13着) 「もう少し前につけたかったが…」★11日阪神11R「セントウルステークス」の着順&払戻金はこちら
2016年9月12日(月) 05:05

 637

セントウルステークスのニュースをもっと見る >

【セントウルS】ネロ文句なし!超速48秒7
 ネロはアイビスSDで頭差2着と重賞制覇まであと少し。「5Fに実績はあっても、適性で向こう(ベルカント)が上だった。6Fなら」と清水助手も力が入る。 栗東坂路でヨシオを追走。テンから12秒8−11秒7−11秒7と超抜ラップを刻み、一杯に追われたラスト1Fも12秒5。脚力の違いでヨシオを3馬身半突き放した。8月28日の49秒0、31日の48秒4に続く48秒7。文句なしの攻め横綱だ。 「けさもビッシリ。コンスタントに使っているが、けいこをいくらやってもへこたれない。暖かい時季がいいのは間違いない。スピードがあるからハナへ行ったりしているが、好位から脚を伸ばす競馬がいい」と、自信満々に挑む。(夕刊フジ)★セントウルSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2016年9月8日(木) 11:25

 789

【セントウルS】アーサー、王者の貫禄51秒9!
 サマースプリントシリーズ最終戦、セントウルステークスの追い切りが7日、東西トレセンで行われた。栗東では、ビッグアーサーが坂路の単走でパワフルな走りを披露。5カ月半ぶりの始動戦に向けて仕上がりは上々だ。ウリウリは坂路で抜群の動きを見せ、サンケイスポーツ調教評価で『S』を獲得した。 晩夏の日差しを浴びて鹿毛の馬体を躍動させた。高松宮記念をレコードで勝ったビッグアーサーが、力強い走りで好仕上がりをアピール。手綱を取った仲田助手は、好感触を口にした。 「いい動きでしたね。前半は首を振っていましたけど、エキサイトはしていないですよ。いつもの感じと変わりなく、高松宮記念のときと遜色ないと思います」 馬場開場から3時間半以上経過した午前8時41分に坂路に登場。前半は手綱をがっちり抑えて我慢をきかせる。直線に向くと、自らギアを上げて一気に加速。ムチが入ったラスト1ハロンでもうひと踏ん張りし、4ハロン51秒9−12秒2でまとめた。春よりパワーアップした印象で、前日に降った雨の影響に加えて、馬場の荒れた時間帯を考慮すれば、時計も合格点だ。 昨秋は思うように賞金を加算できず、間隔を詰めて使わざるを得なかったため、前走後は休養につとめた。仲田助手は「使い込むとカッカしやすいタイプなので、休んだ効果はあると思います。普段はゆったりしていて、追い切りになるとスイッチが入る。メリハリがあって、コントロールもきいています」と、リフレッシュ効果を強調する。 5カ月半ぶりの始動戦に向けて乗り込み量も十分だ。4本の追い切りを消化し、坂路での1週前追い切りでは、自己最速タイの4ハロン49秒5を叩き出した。スプリンターズS(10月2日、中山、GI、芝1200メートル)に照準を合わせながらも、前哨戦から態勢を整えてきた。前走に続いてコンビを組む福永騎手は「調教では難しいところを見せるけど、競馬では乗りやすくてどんな競馬もできる」と信頼を寄せる。 秋競馬の開幕を告げる一戦。ビッグアーサーが、GI馬の貫禄を見せつける。(川端亮平)★セントウルSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2016年9月8日(木) 05:10

 617

【セントウルS】追って一言
 ◆アットウィル・高橋忠師 「追い切るごとによくなってきた」 ◆アースソニック・中竹師 「相変わらず動きはいい。1200メートルはいいので、展開が向けば」 ◆エイシンブルズアイ・野中師 「時計は予定通り。前走は馬体に余裕があったが、今回はある程度仕上げることができた」 ◆ダンスディレクター・笹田師 「しまい重点で動きはよかったと思う。(休養で)心も体も緩んでいたけど、徐々に戻りつつある」 ◆ティーハーフ・西浦師 「リフレッシュ効果を感じるし、状態はいい」 ◆マイネルエテルネル・西園師 「今回が休み明け3走目で、動きは一番いい」 ◆メイショウライナー・高橋忠師 「馬場が重かったので、時計は平凡でも問題ない」 ◆ラヴァーズポイント・高橋康師 「見た感じ以上に時計が出ている。好調といっていい。」 ◆レッドアリオン・橋口師 「騎乗した武豊騎手が『具合は悪くない』と言ってくれたし、いい動きだった」★セントウルSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2016年9月8日(木) 05:09

 1,372

【セントウルS】スノードラゴン、調整順調12秒3
 スノードラゴンはすっかり白くなった馬体を弾ませて、坂路を力強く駆け上がった。4馬身先行したホワイトフーガ(OP)に楽な手応えで並びかけ、4ハロン52秒7−12秒3で併入した。 高木調教師は「中間もプールと坂路を併用して順調に調整できているし、仕上がりはいい。近走も差のない競馬をしているし、この馬なりに時計も詰めている。理想は時計がかかる展開だけど、57キロで走れるのはいい」と、一昨年のスプリンターズS以来、約2年ぶりの勝利に期待を込めた。★セントウルSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2016年9月8日(木) 05:09

 525

セントウルステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

セントウルステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

9月11日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv116 
490円 4,900円
Lv114 
490円 980円
Lv110 
490円 2,450円
Lv109 
110円 110円
Lv105 
5,050円 5,050円

的中情報をもっと見る >

セントウルステークス過去10年の結果

2015年9月13日() 阪神競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 アクティブミノル 藤岡康太 1:07.8 48.0倍 102.6
2着 ウリウリ 岩田康誠 ハナ 3.4倍 102.6
3着 バーバラ 武豊 クビ 15.3倍 102.6
2014年9月14日() 阪神競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 リトルゲルダ 丸田恭介 1:07.4 7.8倍 105.4
2着 ハクサンムーン 戸崎圭太 1 1/4 2.5倍 103.4
3着 エピセアローム 浜中俊 1/2 5.3倍 102.3
2013年9月8日() 阪神競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 ハクサンムーン 酒井学 1:07.5 4.4倍 108.8
2着 ロードカナロア 岩田康誠 クビ 1.4倍 108.8
3着 ドリームバレンチノ 松山弘平 3 1/2 10.5倍 102.6

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

セントウルステークスの歴史と概要

セントウルステークスは阪神競馬場の芝1400m、4歳(現3歳)以上による別定の重賞(GIII)競走「セントウルステークス」として創設された。

セントウルステークスは創設からスワンステークス、マイルチャンピオンシップスプリンターズステークスと続く秋の短距離路線のステップ競走という位置づけであったが、
2000年よりスプリンターズステークスが10月初旬に前倒しされたことに伴って開催時期を9月上旬へ移行し、GIIの芝1200m戦へと姿を変えた。スプリンターズステークスに向けての最重要な前哨戦であり、サマースプリントシリーズの最終戦に指定されているため、GIを目指す陣営と夏競馬を使ってきた陣営が相見える競走となっている。


過去の優勝馬にはビハインドザマスクテネシーガールビリーヴテンシノキセキゴールデンキャストシーイズトウショウサンアディユカノヤザクラアルティマトゥーレダッシャーゴーゴーエーシンヴァーゴウエピセアロームなどが名を連ねる。

☆セントウルステークスの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

セントウルステークスの攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年1月21日(
アメリカジョッキーC G2
東海テレビ杯東海S G2

競馬番組表

2018年1月20日(
1回中山6日目
1回中京3日目
1回京都6日目
2018年1月21日(
1回中山7日目
1回中京4日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る