会員登録はこちら
エリザベス女王杯2016

2016年11月13日(

エリザベス女王杯 G1

京都競馬場/芝/2200m

最新出走予定馬情報 〜エリザベス女王杯2016〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【マイルCS】夕刊フジ・調教チェッカーズ
 エリザベス女王杯はクイーンズリングがV。吉村調教師におめでとうメールを送ると、「ミッキークイーンに勝てるのは今回しかないと思ってました」とニッコリマークで返信が。池江厩舎の開業時、「俺の右腕になる男や」とトレーナーに紹介されたのが当時の吉村助手。GI舞台でついに恩返しを果たしたとさ。 1番手はその古巣、池江厩舎のサトノアラジン。 前走時も動きは悪くなかったが、ひと叩きされ直線の反応の鋭さがグンとアップ。やればやるだけ伸びる感じで、一気に併走馬を突き放した。大跳びながら躍動感があるのも素晴らしく、いよいよエンジンにシャーシが追いついてきた印象だ。 ミッキーアイルは中間に坂路で4F50秒台を連発。今週も攻めは滅法走るダノンリバティを追走する形から、しぶとく伸び併入した。珍しくモタつく場面があった前走時とは一変している。 ダノンシャークは馬場の荒れた時間帯に坂路で追われ、弾むような走りで4F51秒5。8歳とは思えないキビキビ感だ。(夕刊フジ)★マイルCSの枠順はこちら 調教タイムも掲載
11月19日() 11:39

 3,833

【香港国際諸競走】クイーンズリングが香港Cの招待受諾
 エリザベス女王杯でGI初制覇を飾ったクイーンズリング(牝4歳、栗東・吉村圭司厩舎)が、追加登録した香港C(GI、芝2000メートル)の招待を受諾した。吉村調教師は「レース後も体は問題なく、角馬場での運動を始めました。あす(19日)から坂路に入ります」と語った。 なお、11月18日時点で『2016年 香港国際諸競走』(12月11日、香港・シャティン競馬場)の招待を受諾している日本馬は以下の通り。 【香港スプリント】(GI、3歳以上、芝・右1200メートル、優勝賞金1054万5000香港ドル=約1億5000万円) ◎ビッグアーサー(牡5歳、栗東・藤岡健一厩舎) 福永祐一騎手 ◎レッドファルクス(牡5歳、美浦・尾関知人厩舎) ミルコ・デムーロ騎手 【香港マイル】(GI、3歳以上、芝・右1600メートル、優勝賞金1311万香港ドル=約1億8700万円) ◎ロゴタイプ(牡6歳、美浦・田中剛厩舎) ミルコ・デムーロ騎手 【香港カップ】(GI、3歳以上、芝・右2000メートル、優勝賞金1425万香港ドル=約2億300万円) ◎エイシンヒカリ(牡5歳、栗東・坂口正則厩舎) 武豊騎手 ◎クイーンズリング(牝4歳、栗東・吉村圭司厩舎) ミルコ・デムーロ騎手 ◎ステファノス(牡5歳、栗東・藤原英昭厩舎) クリストフ・スミヨン騎手 ◎モーリス(牡5歳、美浦・堀宣行厩舎) ライアン・ムーア騎手 ◎ラブリーデイ(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎) 騎手未定 【香港ヴァーズ】(GI、3歳以上、芝・右2400メートル、優勝賞金940万5000香港ドル=約1億3400万円) =該当なし 『2016年 香港国際諸競走』の追加登録は11月21日(月)が締切り。12月8日(木)に枠順抽選会が行われる。
11月18日(金) 17:04

 475

【マイルCS】ミルコ、ルパンでお宝ガッポリいただき
 マイルCSの出走馬18頭が17日、確定した。先週のエリザベス女王杯をクイーンズリングで勝ったミルコ・デムーロ騎手(37)=栗・フリー=は、サトノルパンとの初コンビで2週連続Vを狙う。これまでJRAのGI18勝のうち9勝を“テン乗り”で挙げる名手の手綱さばきに注目だ。 今週も主役の座は譲らない。エリザベス女王杯でクイーンズリングを最強女王に導いたM・デムーロ騎手が、2週連続のGI制覇、さらに史上初の異なる馬での年間GI5勝に腕をぶした。 「先週は良かった。馬がすごく頑張ってくれた。今週も頑張るよ」 昨年の牝馬3冠全てでタッグを組んだパートナーと、ようやくつかんだ初タイトル。思い入れが強かっただけに、レース直後には吉村調教師と抱き合って喜びをかみしめた。それに対し、マイルCSのサトノルパンは初コンビ。積み上げてきたヒストリーはないが、こういう場合のデムーロ騎手もまた侮れない。 これまでのGI18勝中9勝を初めて騎乗した馬、いわゆる“テン乗り”でマーク。単勝1番人気はなく、人気薄での高配当も演出している。陣営も“ミルコなら”との思いで依頼しているのだろう。 癖のあるタイプも、初めての騎乗で乗りこなしてきた。今回のサトノルパンは折り合いに課題を抱えるが、16日の追い切りにまたがって感触を確かめた。「すごい引っ掛かったね」と苦笑いを浮かべたが、「でも、レースではそんなに掛かるタイプではなさそう。状態も良さそうだね」と特徴はつかんだ様子。「難しい馬が好き」と言い切る名手は、腕の見せどころだと思っているはずだ。 「マイルに延びるのは心配していない。レースのVTRを見て研究するよ。相手は強いけど、スワンS2着なので楽しみにしている」 デムーロ騎手はひそかに意欲を燃やす。過去の“テン乗りV”では、2004年皐月賞(ダイワメジャー)が10番人気、08年ジャパンC(スクリーンヒーロー)が9番人気、昨年のチャンピオンズC(サンビスタ)が12番人気と、高配当も演出してきた。エリザベス女王杯に続き、今週も“デムーロ・マジック”で波乱となるか−。★マイルチャンピオンシップの枠順はこちら 調教タイムも掲載
11月18日(金) 05:05

 4,023

【マイルCS】東西調教ウオッチャー
 今週の東西調教ウオッチャーは、マイルCSが対象レース。美浦トレセンから東京サンスポの片岡記者、栗東トレセンから大阪サンスポの片山記者、山口記者、関西競馬エイトの高橋賢TMが参戦し、調教から狙える馬をピックアップした。 片山 先週のエリザベス女王杯で大ヒットを飛ばした“神ってルーキー”の山口からいこか。 山口 休み明けだった前走のスワンSで9着に敗れたフィエロがひと叩きされ、好気配を漂わせています。坂路での単走追いでラスト1ハロン12秒2(4ハロン53秒9)の鋭い伸びをみせました。見た目にも良化は明らかで、藤原英調教師も「ラストチャンス」と気合が入っています。 高橋賢  CWコースではサトノアラジンが良かったですね。道中をゆったりと運べ、池江厩舎では攻め駆けしない方なのに、あっさり併走馬を突き放しました。この馬のストライドの大きさがよく出て、いい追い切りでしたね。 片山 俺はクラレントが気になるんや。坂路でラスト1ハロン13秒2(4ハロン51秒9)を要したが、実に柔らかい身のこなしやったわ。 片岡 美浦ではマジックタイムがよかったな。Wコースで直線に向いてからは、まるでゴムボールがポーンと弾むような感じで、楽に気持ち良さそうに動いとった。落ち着きがあって体もプリプリや。 片山 最後に山口の推奨馬をもう1頭、聞いておこか。 山口 2年前の覇者ダノンシャークの動きも光りました。坂路で一杯に追われた併走馬に対し、ゴール前で軽く仕掛けられて2馬身先着。4ハロン51秒5−12秒6の時計を含め、状態は良さそうです。マイルCSも何とか当てたいので、印はもうちょっと考えさせてください。 片山 頑張ってや。頼りにしとるで。 片岡 先輩も頑張ってくださいよ。★マイルチャンピオンシップの枠順はこちら 調教タイムも掲載
11月18日(金) 05:05

 4,095

【エリザベス杯】最新ナマ情報
◆ぶっつけ本番も問題なし!〔1〕ミッキークイーン 滋賀・栗東トレセンの坂路コースで最終調整。軽やかな脚さばきで登坂し、4ハロン(800メートル)67秒7を計時した。齊藤助手は「いつもと変わりなく落ち着いていて、ほどよく気合も乗っていい雰囲気ですね。叩いた方がいいタイプだけど、力を出せるところまではきた。ぶっつけ本番でも問題ありません」ときっぱり。捻挫でローテーションが狂った影響を打ち消した。◆連覇へ自信アリ〔2〕マリアライト 美浦トレセンから京都競馬場に到着。予定より1時間ほど遅れたが、落ち着いた姿をみせた。伊坂助手は「馬運車のなかでも、カイバを食べていましたし、いつも通りです。(馬体重も)イメージ通り。去年で完成したかと思っていたけど、全てにおいて去年よりいいです」と連覇に向けて自信をみせた。◆カイバもりもり〔4〕ヒルノマテーラ 坂路を4ハロン73秒8でゆったりと駆け上がった。山尾助手は「ポン駆けがきくけど使ってからの方がいいタイプで、よくなっている。カイバもよく食べて、少しプラスくらいで出られそう」と好気配を伝えた。◆新兵器で復活だ〔5〕メイショウマンボ 角馬場で軽めの運動を消化。じっくりと体をほぐした。今村助手は「カッとしたところがなく、ジョッキーが乗った追い切り後も落ち着きがある。今回は初めてリングハミにする。動きはいいので、あとは気持ちだけですね」と、3年前の女王の復調を願う。◆コースぴったり〔6〕プロレタリアト 滞在中の栗東で最終調整。角馬場での運動後、Eコースを軽快に駆けた。小島茂調教師は「いいなと思う。滞在させてよかった。関西ではいい成績を残していて、いかにも京都外回り向きだからね」と声を弾ませた。◆闘志秘めいざ!〔7〕マキシマムドパリ 坂路を4ハロン66秒2−15秒3の時計でゆったり駆け上がった。担当の吉田助手は「いつも通り、落ち着いているし大丈夫です。(馬体重は)ちょっと減りそうだけど、気にならない程度だと思う」と静かに勝負の時を待つ。◆巻き返し手応え〔8〕タッチングスピーチ 角馬場をゆったり回った。井上助手は「春はいいときの感じがなかったけど、リフレッシュしていいころの状態に戻っていそう。ぶっつけのぶん、時間をかけてやってきた。力さえ出し切れれば、引けを取らない」と巻き返しを見込む。◆ルメールに期待〔9〕シングウィズジョイ 角馬場で体をほぐしたあと、CWコースで調整。田代助手は「馬体に張りがあってカイ食いも落ちていない。いい動きだし、これぐらいは動いていい馬。ルメール騎手の勢いに乗りたいね」と笑顔をみせた。◆好状態に胸張る〔10〕シュンドルボン 美浦トレセンから京都競馬場まで約8時間半の長旅にも、疲れた様子はない。寝わらをはむなど元気な姿をみせた。土屋厩務員は「去年はちょっとイレ込んでいたし、今年の方が全然おとなしいです。(状態は)上向いている。追い切りが違いますから」と胸を張った。◆仕上がりは万全〔11〕デンコウアンジュ 坂路で4ハロン66秒1−15秒3をマーク。馬房でも落ち着いた様子をみせ「(仕上がりに)悔いなし。これ以上は望めないぐらい。思い切った競馬をしてもらいたいね」と佐藤助手。自身の競馬に徹し、一発にかける。◆折り合いがカギ〔12〕アスカビレン 坂路を4ハロン68秒2−16秒0でマーク。活気十分の動きで好気配を漂わせた。中尾調教師は「予定通り、何のトラブルもなくここまできた。状態は本当にいい。この距離は初めてになるので、折り合いがポイントになる」と語った。
11月13日() 05:07

 10,061

【エリザベス杯】クイーンズリングが差し切ってGI初制覇
 11月13日の京都11Rで行われた第41回エリザベス女王杯(3歳以上オープン・牝馬、GI、芝・外2200メートル、定量、15頭立て、1着賞金=9300万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の3番人気クイーンズリング(4歳、栗東・吉村圭司厩舎)が勝ち、待望のGI初制覇を果たした。タイムは2分12秒9(良)。 レースはプリメラアスールが逃げ、メイショウマンボ、パールコード、シングウィズジョイが続く展開。クイーンズリングはスタートの際にスムーズさを欠き、ミッキークイーンとマリアライトを前に見る形で中団のやや後ろの内めを追走した。直線で内から馬群を割って力強く伸びると、4番手から先に抜け出していたシングウィズジョイ(12番人気)をゴール寸前でクビ差で差し切った。中団から外を伸びた昨年の牝馬2冠馬ミッキークイーン(2番人気)が、さらに1馬身1/4離れた3着。連覇がかかっていたマリアライトは6着(同着)に終わった。 クイーンズリングは、父マンハッタンカフェ、母アクアリング、母の父アナバーという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は吉田千津氏。通算成績は13戦6勝。重賞は2015年フィリーズレビュー・GII、16年京都牝馬S・GIII、府中牝馬S・GIIに次いで4勝目。吉村圭司調教師、ミルコ・デムーロ騎手はともにエリザベス女王杯初勝利。 ◆ミルコ・デムーロ騎手「最高です。(自身は)京都のGIを勝つのは初めてで、うれしい。一番強い馬に乗っていましたしね。もうちょっと前に行ってほしかったけど、距離は2200メートルなので大丈夫だと思った。本当に強かった」★13日京都11R「エリザベス女王杯」の着順&払戻金はこちら
11月13日() 15:47

 8,108

【有馬記念】ミッキークイーンが出走を表明
 エリザベス女王杯で2番人気に推され、3着に敗れたミッキークイーン(栗東・池江泰寿厩舎、牝4歳)はノーザンファームしがらきに2、3週間ほど放牧に出されたあと、有馬記念(12月25日、中山競馬場、GI、芝2500メートル)に向かうことになった。16日、池江調教師が明かした。 鞍上は引き続き、浜中俊騎手が騎乗する予定。★ミッキークイーンの競走成績はこちら
11月16日(水) 17:13

 6,717

【エリザベス杯】神ってるルメール、シングウィズで神配当だ
 エリザベス女王杯の出走馬が10日、決まった。先週、JRA史上初の騎乗機会10連続連対、タイ記録となる一日8勝をマークしたクリストフ・ルメール騎手(37)=栗・フリー=が手綱を取るシングウィズジョイに注目だ。伏兵の1頭だが、競馬界の“神ってる男”が大波乱を呼び込む。 今週も、この男に“全券委任”だ。先週は土日で計10勝と神懸かり的な騎乗を見せたルメール騎手。勢いに乗る名手は、エリザベス女王杯ではシングウィズジョイに騎乗する。 「これまでは一日5勝が最高だったから、先週はとてもうれしかった。今週はまた別の週で、別の馬で、別のレースで、別の競馬場になるけど、頑張りたいね」。ルメール騎手は意欲満々だ。 先週は、土曜東京10Rから日曜東京10Rまで、騎乗機会10連続連対のJRA新記録をマーク。さらに日曜は武豊騎手に並ぶ一日最多勝記録の8勝を挙げ、年間リーディング争いでトップの戸崎騎手に1勝差に迫った。最高勝率(・236)、最多賞金獲得(30億8268万8000円)では首位に立っており、2006年武豊騎手以来のJRA賞騎手大賞(勝利数、勝率、最多獲得賞金の3冠)のタイトルも見えてきた。こんな“無双”状態の男を放っておく手はない。 コンビを組むシングウィズジョイは初コンビだが、9日の追い切りに騎乗。「動きはとてもよかった。レースに乗ったことはないけど、彼女のコンディションはいいと思うよ」と好感触をつかんだ。昨年のサンケイスポーツ賞フローラS、ターコイズSと重賞2勝の実績を誇る4歳馬。強力な先行馬も見当たらず、自らのリズムで運べれば、一発の可能性を十分秘めている。 人気薄だけに配当的妙味は大きい。一気に冬が到来したような寒波に見舞われたが、神っているルメールが懐を温めてくれるかも!?★エリザベス女王杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載
11月11日(金) 05:06

 6,614

エリザベス杯のニュースをもっと見る >

エリザベス杯の直前追い切り情報をもっと見る >

エリザベス杯の口コミ情報をもっと見る >

●エリザベス女王杯 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜エリザベス女王杯2016〜

第41回 エリザベス女王杯 G1

2016年11月13日()京都11R 芝2200m 15頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 2 3 97.8 クイーンズリング 牝4 56.0 M.デムー 吉村圭司 栗東 460(+10) 6.1 3 2.12.9
2 5 9 91.4 シングウィズジョイ 牝4 56.0 C.ルメー 友道康夫 栗東 474(0) 61.6 12 2.12.9 クビ
3 1 1 99.0 ミッキークイーン 牝4 56.0 浜中俊 池江泰寿 栗東 442(+10) 3.6 2 2.13.1 1 1/4
4 8 15 91.8 パールコード 牝3 54.0 川田将雅 中内田充 栗東 504(-4) 8.4 5 2.13.2 3/4
5 7 13 90.9 プリメラアスール 牝4 56.0 幸英明 鈴木孝志 栗東 500(+8) 102.9 14 2.13.4 1 1/4
6 2 2 99.4 マリアライト 牝5 56.0 蛯名正義 久保田貴 美浦 432(-8) 3.1 1 2.13.5 1/2
6 6 10 95.9 シュンドルボン 牝5 56.0 吉田豊 矢野英一 美浦 498(-10) 18.9 6 2.13.5 同着
8 5 8 96.6 タッチングスピーチ 牝4 56.0 R.ムーア 石坂正 栗東 472(+4) 6.2 4 2.13.7 1 1/4
9 4 7 96.6 マキシマムドパリ 牝4 56.0 武豊 松元茂樹 栗東 454(-6) 28.8 7 2.13.7 クビ
10 7 12 95.9 アスカビレン 牝4 56.0 松田大作 中尾秀正 栗東 470(+4) 54.2 10 2.13.7 ハナ
11 6 11 91.9 デンコウアンジュ 牝3 54.0 松山弘平 荒川義之 栗東 446(+4) 51.6 9 2.13.9 1 1/4
12 3 5 92.8 メイショウマンボ 牝6 56.0 池添謙一 飯田祐史 栗東 488(+4) 74.6 13 2.14.0 3/4
13 3 4 92.7 ヒルノマテーラ 牝5 56.0 四位洋文 昆貢 栗東 464(+2) 31.0 8 2.14.1 1/2
14 4 6 93.7 プロレタリアト 牝5 56.0 杉原誠人 小島茂之 美浦 428(-2) 105.6 15 2.14.4
15 8 14 94.3 シャルール 牝4 56.0 福永祐一 松永幹夫 栗東 466(-2) 55.2 11 2.14.6
ラップタイム 12.5-11.2-12.8-12.7-12.6-12.6-12.5-11.9-11.5-11.2-11.4
前半 12.5-23.7-36.5-49.2-61.8
後半 58.5-46.0-34.1-22.6-11.4

■払戻金

単勝 3 610円 3番人気
複勝 3 230円 3番人気
9 1,200円 12番人気
1 150円 1番人気
枠連 2-5 720円 3番人気
馬連 3-9 13,710円 33番人気
ワイド 3-9 3,670円 33番人気
1-3 520円 6番人気
1-9 4,640円 40番人気
馬単 3-9 22,570円 56番人気
3連複 1-3-9 20,680円 60番人気
3連単 3-9-1 158,930円 403番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜エリザベス女王杯2016〜

エリザベス杯のコラムをもっと見る >

プロ予想MAXスペシャルコラム 〜エリザベス女王杯〜

前回の〜天皇賞(秋)編〜では、距離不安を一蹴する完勝を飾ったモーリスへの「マイルより2000mの方が合っている」(サラマッポプロ)、「東京2000mでも問題なく勝ち負け」(くりーくプロ)といった声をピックアップ。さらに、特注コメントでは3着ステファノスへの「距離延長でさらに良さが出るはず」(サラマッポプロ)とのプロ予想家週半ば見解をご紹介した当コラム。引き続き今週も馬券的中へのヒントを探しにプロ予想家に迫って参りたいと思います。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125

本日のターゲットは、11/13(日)G1エリザベス女王杯
今回も、ウマニティ公認プロ予想家の中からスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓の5人にアノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て11/7(月)時点のものです。

●プロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近9年中8年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。
加藤拓プロ・・・血統予想。血統的データを中心に、前回よりも今回の馬場に適性が向く馬を狙う予想スタイル。

●各馬へのコメント
マリアライト
 サラマッポ 牡馬並み、というかそれ以上と言ってもいいくらいのパワーと、末脚の持続力が持ち味。前走は瞬発力が要求される流れで、良さが生かせなかった印象でした。G1の2勝が、ともに稍重での持続力勝負。今回も流れと馬場がポイントになりそうですね。
 くりーく 調教面では、昨年と同じオールカマーからのローテーションでも、今年は昨年と比べて1週遅い始動。ただ中間の調整内容そのものは及第点で、2週前→1週前と強めに追われており、レースに向けて順調に乗り込まれています。輸送もあるので来週は馬なりの調整で予定通り仕上がるのではないかと思います。
 河内一秀 昨年のエリザベス女王杯でG1初勝利を挙げたあとも、有馬記念4着、宝塚記念1着と牡馬相手のG1で好走を続けているね。ただ指数に目を向けると、有馬記念以外は水準以下で、有力馬の凡走に助けられた面は否定できない印象だね。また、G1での好走を含めて過去に勝利したレースは上がり3F34.7秒が最速で、いずれも上がりが掛かるレースだった。逆に、上がり33秒台のレースのほとんどで人気を裏切っている。それでも、牝馬限定であれば十分に威張れる能力の持ち主と考えているけど、ペース次第では馬券圏外に消えることも想定しておいたほうがいいと思うよ。
 加藤拓 血統的には、ディープインパクト産駒はこのレースで2012年から4年連続で馬券になっており、特に“遅咲きのディープ産駒”が開花するレースの印象です。この馬の昨年もそうですし、ラキシスなどもその例です。母父エルコンドルパサーのキングマンボ系もこのレース好相性であり、前走からの上積みも加味すると、もちろん有力馬の一頭ではあります。ただ、個人的にはどうせなら伸びしろのある“第二のマリアライト”を探したい、というのが今回の馬券作戦を練っていく上での所感です。
 スガダイ 昨年と同じ臨戦過程となった前走のオールカマー(5着)は相手関係を考えると物足りないような気もするけど、昨年より2キロ斤量が重かったし、昨年との比較では別に悪い内容ではなかったと思う。道悪でG1を2勝しているから、馬場が渋った方が良いんだろうけど、良馬場でもこの相手なら何とかなるんじゃないかなぁ。ただ、今回はレースでメンコを外す予定らしいね。これには疑問符がつく。もちろん、プラスに働く可能性もあるけど、裏目に出る危険性だって十分にある。こう言っちゃあ陣営に失礼だとは思うけど、メンコをつけてG1を2勝しているんだから、あんまり余計な事はしない方がいいと思うんだけどねぇ(笑)。

ミッキークイーン
 加藤拓 この馬もディープ産駒で、その側面からするとこのレースとの好相性が映し出される馬ですが、この馬は遅咲きというわけでもなく、クラシックを席巻した一頭ですね。実力は十分ですが、ここで改めて開花するか、というとどこかしっくりこない印象のある馬です。しかも、なかなか休み明けの馬が馬券に来ないのがこのレース。また、2年連続馬券になっているヌーヴォレコルト、2014年の勝ち馬ラキシスのようにマイルより1800m以上を得意とする馬が来るレースでもあります。能力を認めつつも「隙がある」とみたいですね。
 くりーく この中間は捻挫の影響で坂路でのみの調整に。もともと休み明けから走る馬ではないので、いつも通りの調整だと間に合わないということなのか、いかにもこのレースに向けて急ピッチの仕上げといった感じに見えました。調教スタイルを変えてくることに関しては、私はあまり好みませんが、一方でその内容を見ると十分な本数をこなしており1週前の追い切りの動きも悪くない。休み明けで走らない馬が今回は走る番なのかもしれない、そう期待させる内容と言ってもいい出来に見えました。最終追い切りをどこで追うか分かりませんが、これまで直前坂路で一杯に追われて出走した未勝利、忘れな草賞の2戦はともに1着となっています。いずれにしても今回、その“調教スタイルの変化”に重きを置くか、“動き自体”を重視するかで扱いが大きく変わってくる悩ましい存在ですね。
 スガダイ この馬が一番強いと思うんだけどねぇ・・・


ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想 3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻

ステップレース 〜エリザベス女王杯2016〜

札幌記念  2016年8月21日() 札幌 芝2000m 稍重 16頭

1着 13 ネオリアリズム 17.2倍(5人気) C.ルメール 2:01.7 102.8
2着 15 モーリス 1.6倍(1人気) J.モレイラ 101.0
3着 2 レインボーライン 12.3倍(4人気) 福永祐一 クビ 100.5
4着 1 ヌーヴォレコルト 5.7倍(2人気) 吉田隼人 1 1/2 99.3
5着 7 ヤマカツエース 8.4倍(3人気) 池添謙一 クビ 98.7
⇒全着順を見る

産経賞オールカマー  2016年9月25日() 中山 芝2200m 良 12頭

1着 6 ゴールドアクター 2.0倍(1人気) 吉田隼人 2:11.9 100.6
2着 1 サトノノブレス 7.0倍(3人気) 福永祐一 クビ 100.6
3着 5 ツクバアズマオー 19.4倍(6人気) 吉田豊 99.6
4着 2 クリールカイザー 14.3倍(4人気) 田辺裕信 クビ 99.0
5着 7 マリアライト 2.9倍(2人気) 蛯名正義 クビ 99.0
⇒全着順を見る

京都大賞典  2016年10月10日() 京都 芝2400m 良 10頭

1着 1 キタサンブラック 1.8倍(1人気) 武豊 2:25.5 102.2
2着 3 アドマイヤデウス 17.0倍(6人気) 岩田康誠 クビ 102.2
3着 10 ラブリーデイ 4.4倍(2人気) C.ルメール 3/4 101.7
4着 8 サウンズオブアース 4.8倍(3人気) M.デムーロ 3/4 101.2
5着 9 ヒットザターゲット 49.0倍(7人気) 小牧太 100.3
⇒全着順を見る

府中牝馬ステークス  2016年10月15日() 東京 芝1800m 良 13頭

1着 13 クイーンズリング 6.5倍(3人気) M.デムーロ 1:46.6 101.4
2着 1 マジックタイム 3.8倍(2人気) C.ルメール 1 1/2 100.0
3着 6 スマートレイアー 3.3倍(1人気) 武豊 1/2 99.4
4着 9 アスカビレン 15.2倍(7人気) 松田大作 1/2 98.7
5着 10 シュンドルボン 7.7倍(5人気) 吉田豊 3/4 98.0
⇒全着順を見る

秋華賞  2016年10月16日() 京都 芝2000m 良 18頭 レース動画

1着 7 ヴィブロス 6.3倍(3人気) 福永祐一 1:58.6 95.9
2着 3 パールコード 13.7倍(4人気) 川田将雅 1/2 95.3
3着 15 カイザーバル 21.2倍(8人気) 四位洋文 1/2 94.7
4着 2 ジュエラー 3.9倍(2人気) M.デムーロ クビ 94.7
5着 5 レッドアヴァンセ 17.0倍(5人気) 武豊 1 3/4 93.0
⇒全着順を見る

マークは出走予定馬、タイムの右の数字は結果U指数

過去10年の結果 〜エリザベス女王杯2016〜

2015年 エリザベス女王杯 2015年11月15日() 京都11R 芝2200m 稍重 18頭 レース動画

エリザベス女王杯2015

1着 12 マリアライト 15.2倍(6人気) 蛯名正義 2:14.9 99.1
2着 18 ヌーヴォレコルト 3.0倍(1人気) 岩田康誠 クビ 99.1
3着 8 タッチングスピーチ 6.5倍(4人気) C.ルメール ハナ 99.1
単勝 12 1,520円(6人気) 3連複 8−12−18 3,770円(8人気)
馬連 12−18 1,860円(7人気) 3連単 12→18→8 23,590円(57人気)

2014年 エリザベス女王杯 2014年11月16日() 京都11R 芝2200m 良 18頭 レース動画

エリザベス女王杯2014

1着 1 ラキシス 6.8倍(3人気) 川田将雅 2:12.3 100.1
2着 5 ヌーヴォレコルト 3.3倍(1人気) 岩田康誠 クビ 100.1
3着 15 ディアデラマドレ 11.7倍(6人気) 藤岡康太 1 1/4 99.0
単勝 1 680円(3人気) 3連複 1−5−15 3,030円(5人気)
馬連 1−5 970円(1人気) 3連単 1→5→15 15,570円(28人気)

2013年 エリザベス女王杯 2013年11月10日() 京都11R 芝2200m 重 18頭 レース動画

エリザベス女王杯2013

1着 3 メイショウマンボ 3.9倍(2人気) 武幸四郎 2:16.6 101.6
2着 18 ラキシス 16.7倍(6人気) 川田将雅 1 1/4 100.5
3着 7 アロマティコ 15.8倍(5人気) 三浦皇成 クビ 100.5
単勝 3 390円(2人気) 3連複 3−7−18 14,440円(44人気)
馬連 3−18 2,780円(9人気) 3連単 3→18→7 64,840円(185人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数 動画
2012/11/11
エリザベス女王杯
京都 16 レインボーダリア 23.0倍 7 柴田善臣 2:16.3 100.1
2011/11/13
エリザベス女王杯
京都 18 スノーフェアリー 2.7倍 1 R.ムーア 2:11.6 101.1
2010/11/14
エリザベス女王杯
京都 18 スノーフェアリー 8.5倍 4 R.ムーア 2:12.5 103.8
2009/11/15
エリザベス女王杯
京都 18 クィーンスプマンテ 77.1倍 11 田中博康 2:13.6 102.3
2008/11/16
エリザベス女王杯
京都 18 リトルアマポーラ 13.2倍 4 C.ルメール 2:12.1 102.3
2007/11/11
エリザベス女王杯
京都 14 ダイワスカーレット 1.9倍 1 安藤勝己 2:11.9 106.4
2006/11/12
エリザベス女王杯
京都 16 フサイチパンドラ 26.2倍 7 福永祐一 2:11.6 102.0
会員登録はこちら

●エリザベス女王杯 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜エリザベス女王杯2016〜

エリザベス女王杯は、もともとビクトリアカップという名称で1970年より実施されていたレースを、1975年にエリザベス女王が来日したことを記念し、1976年にビクトリアカップが廃止されてエリザベス女王杯が創設されたのが始まり。

エリザベス女王杯は、1995年まで桜花賞・オークスと並ぶ牝馬三冠レースの最終戦として2400mで行われ、1996年に3歳牝馬三冠路線として秋華賞が新設されたのを機に、距離が2200mへと変更され、古馬牝馬も出走可能となった。

1999年より外国馬の出走が可能となり、2010年には初めて外国馬のスノーフェアリーが優勝している。

過去の優勝馬には、その時代を代表する名品がズラリと並ぶ。桜花賞・オークスも制した三冠馬メジロラモーヌ、砂の女王としても活躍したホクトベガ、女傑ヒシアマゾン、名牝ダンスパートナー、1998年と1999年に連覇を果たしたメジロドーベルと、2003年と2004年に連覇を果たしたアドマイヤグルーヴ。宝塚記念も制したスイープトウショウ、有馬記念も制したダイワスカーレットなど。

断然の1番人気ブエナビスタが3着に破れた2009年は、11番人気のクイーンスプマンテが優勝し、3連単で154万5760円という万馬券が飛び出している。


エリザベス女王杯の主なステップレースは、府中牝馬S、京都大賞典、オールカマー、クイーンS、マーメイドS、秋華賞など。

☆エリザベス女王杯の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年8月20日(
札幌記念 G2
テレビ西日本賞北九州記念 G3

競馬番組表

2017年8月19日(
2回札幌1日目
2回新潟7日目
2回小倉7日目
2017年8月20日(
2回札幌2日目
2回新潟8日目
2回小倉8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 レーヌミノル 牝3
21,509万円
4 アルアイン 牡3
20,273万円
5 アエロリット 牝3
18,391万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
12,726万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 サトノアレス 牡3
12,363万円
10 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
» もっと見る