最新競馬ニュース

【阪神大賞典】ゴールドシップ3連覇&重賞10勝!

SANSPO.COM

 1,344

 第63回阪神大賞典(22日、阪神11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内3000メートル、1着馬に天皇賞・春の優先出走権、1着本賞金6500万円 =出走10頭)岩田康誠騎乗で1番人気のゴールドシップが、中団からロングスパートを決めて、阪神大賞典3連覇を達成。史上7頭目となる、JRA重賞10勝の大台に乗せた。春は宝塚記念(6月28日、阪神、GI、芝2200メートル)が最大目標で、天皇賞・春(5月3日、京都、GI、芝3200メートル)への出否は未定。

 今年も春の仁川で、黄金の帆を上げた。GI5勝馬ゴールドシップが、AJCC7着から巻き返して3連覇を達成。昨年の宝塚記念以来となる復活Vで、史上7頭目の重賞10勝をマークした。

 「本当に強かったです。馬場が緩かったけど、パワーがあるので頑張ってくれました」

 岩田騎手がパートナーをたたえた。ゲートを五分に出ると、鞍上がうながして中団をキープ。スムーズに流れに乗った。2周目の向こう正面でペースが緩むと、闘争心をかき立てながらポジションを押し上げて、4角で早くも先頭へ。直線は内ラチ沿いから最後までしぶとく伸びて、デニムアンドルビーの追撃を振り切った。

 「ヨーイドンになるより、(向こう正面で馬を)その気にさせたのがよかった。直線は頭が上がったかなと思ったけど、もうひと伸びしてくれた」と、ジョッキーは続ける。

 同一重賞3連覇は史上9頭目だが、すべて1番人気で制したのは3頭しかおらず、グレード制が導入された1984年以降では初めて。今年は単勝1・6倍という“1強”の支持に応えた。

 須貝調教師は「ヒヤヒヤして、声がかれた。(岩田騎手には)馬を怒らせて(走らせて)くれと。ファンの声援が届いた」とホッとした表情を浮かべた。今後については、「馬の様子をみてから。水曜日(25日)に吉澤ステーブルへ放牧に出します」と語るにとどめた。

 「3000メートルを走ってもすぐに息が入ったし、まだ本気で走っていないと思う。これからも強いゴールドシップを見せたい」と岩田騎手は締めた。 (鈴木康之)

★22日阪神11R「阪神大賞典」の着順&払戻金はこちら

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

1月27日()
根岸S G3
シルクロード G3
1月26日()
愛知杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月20日()
AJCC G2
東海S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,047万円
6 マカヒキ 牡6
48,298万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
9 レッツゴードンキ 牝7
42,556万円
10 ミッキーロケット 牡6
42,248万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
13,255万円
2 ダノンファンタジー 牝3
10,342万円
3 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,100万円
5 ファンタジスト 牡3
8,779万円
6 グランアレグリア 牝3
5,845万円
7 クロノジェネシス 牝3
4,959万円
8 クラージュゲリエ 牡3
4,820万円
9 アドマイヤジャスタ 牡3
4,623万円
10 ヴァルディゼール 牡3
4,544万円
» もっと見る