最新競馬ニュース

【神戸新聞杯】サトノグランツがレース初の父子3代制覇 菊花賞へ弾み


©サンケイスポーツ


 537  1  0

【神戸新聞杯】サトノグランツがレース初の父子3代制覇 菊花賞へ弾み

川田将雅(37)=栗・フリー=騎乗で3番人気のサトノグランツがゴール前できっちり差し切った。祖父ディープインパクト、父サトノダイヤモンドとの3代制覇を果たし、重賞2勝目をマーク。菊花賞(10月22日、京都、GⅠ、芝3000メートル)で再び、3代制覇を狙う。2着の10番人気サヴォーナ、3着の2番人気ファントムシーフまでが同レースの優先出走権を獲得した。



ゴール前の接戦からサヴォーナが抜け出したかに見えた刹那。サトノグランツが、スパッと切れてアタマ差とらえた。強烈な末脚で重賞2勝目。春からの確かな成長に川田騎手がうなずいた。

「よく届いてくれました。まず返し馬で、いい雰囲気でしたし、成長を感じるものでした。得意ではない全体時計も上がりも速い流れの中、勝ち切ってくれました。1戦ごとに背中が良くなっています」

前半1000メートル通過が、61秒2とゆったりとした流れを後方寄りで運び、直線はじわじわと加速。ラスト100メートル過ぎから鋭く伸びて、ゴール直前で差し切った。2017年にシホウがマークしたコースレコードを0秒6更新する2分23秒5で走り切り、スピード勝負にも対応する進化を見せた。

友道調教師も「(馬体重は)プラス2キロでそこまで変わっていませんでしたが、中身はだいぶ良くなっていましたし、調教も良かったですからね」とひと夏を越しての上昇ぶりに目を細める。

祖父ディープインパクトは2005年、父サトノダイヤモンドは16年にこのレースを制覇。史上初の父子3代での神戸新聞杯制覇となった。次に狙うのは、こちらも史上初となる菊花賞での父子3代制覇だ。「父と一緒になればいいですね。菊花賞まで順調にいってくれれば」と指揮官。ステイヤーとしての素質開花は目前。約1カ月後の淀で菊の大輪を咲かせる。(山口大輝)

サトノグランツ 父サトノダイヤモンド、母チェリーコレクト、母の父オラトリオ。鹿毛の牡3歳。栗東・友道康夫厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は里見治氏。戦績7戦4勝。獲得賞金1億2806万5000円。重賞は2023年GⅡ京都新聞杯に次いで2勝目。神戸新聞杯川田将雅騎手が初勝利。友道康夫調教師は18年ワグネリアンに次いで2勝目。馬名は「冠名+輝き(独)」。



 ナイス!(1

このニュースへのコメント

コメントはありません。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

12月10日()
阪神JF G1
カペラS G3
12月9日()
中日新聞杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

12月3日()
チャンピオン G1
12月2日()
ステイヤーズ G2
チャレンジC G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 イクイノックス 牡4
175,656万円
2 タイトルホルダー 牡5
93,827万円
3 ディープボンド 牡6
67,569万円
4 スターズオンアース 牝4
64,001万円
5 ジャスティンパレス 牡4
57,888万円
6 シャフリヤール 牡5
54,685万円
7 ドウデュース 牡4
52,386万円
8 ジャックドール 牡5
49,004万円
9 セリフォス 牡4
46,879万円
10 ジェラルディーナ 牝5
44,545万円
» もっと見る

3歳
1 リバティアイランド 牝3
74,444万円
2 タスティエーラ 牡3
57,005万円
3 ソールオリエンス 牡3
47,668万円
4 ドゥレッツァ 牡3
27,927万円
5 ハーパー 牝3
19,641万円
6 ブレイディヴェーグ 牝3
17,080万円
7 シャンパンカラー 牡3
16,549万円
8 ベラジオオペラ 牡3
16,148万円
9 エルトンバローズ 牡3
15,582万円
10 ファントムシーフ 牡3
14,233万円
» もっと見る