最新競馬ニュース

【乗り替わり勝負度チェック!】大阪杯 ダービーを制した相棒に手綱が戻る前年3着馬が混戦を断つ!


ウマニティ


 3,271  4  0

【乗り替わり勝負度チェック!】大阪杯 ダービーを制した相棒に手綱が戻る前年3着馬が混戦を断つ! |競馬ニュース|ウマニティ

当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2016年以降の結果をもとに集計




編集部(以下、編) 先週は推奨4頭のうち、2頭が2着、1頭が3着。アタマ取りはなかったものの、上々の結果でした。今週もよろしくお願いします。

新良(以下、新) こちらこそ、お願いします。

編 春G1シリーズの2週目に突入しました。早速、大阪杯の狙い目を教えてください。

新 私が注目しているのは、川田将雅騎手から福永祐一騎手に乗り替わる④ワグネリアンです。

編 昨年の3着馬で、ダービーを勝ったときの鞍上に戻るというかたちですね。

新 はい。相変わらず巷では福永騎手批判の声も聞かれますが、私にはそれが理解できません。腕は確かですし、長所と短所がハッキリしているぶん、馬券的にも攻略しやすいジョッキーです。

編 なるほど、リーディング順位的にもイメージ的にも、川田騎手のほうが上とみているファンは多いと思いますが、そこまで絶対的な差はないと。

新 私はないと思っています。昨年の大阪杯は福永騎手が騎乗し、内目の枠からうまく立ち回って3着に好走しました。阪神芝2000mは、こういった機動力プラス、最後までバテない持久力が問われます。昨年の福永騎手は、その特性にちゃんと合うような乗り方をしていました。今年も内目の4番枠に入りましたので、その再現、あるいはそれ以上の着順というケースもおおいにあり得るでしょう。

編 このコースの理想的な乗り方を理解しているということですね?

新 その通りです。福永騎手は阪神芝2000mにおいて、2019年以降、20.0%という高い勝率をマークしています。かつては内枠で詰まるイメージの強い騎手でしたが、今はまったくその逆。とくにこのコースの内枠では積極的に狙っていけるんです。いわゆるイメージギャップがオッズに反映されてほしいですね。

編 馬は昨年のジャパンカップ以来、久々になりますが……。

新 休み明けを苦にするタイプではないので心配しなくてもいいでしょう。厩舎は一流で、中間は順調に調整されてきていますから、動ける状態にあると判断するのが適当と考えます。

編 わかりました。もうひとつの重賞のダービー卿CTのほうはいかがですか?

新 こちらはフォーリー騎手から石橋脩騎手に乗り替わる④クルーガーを推奨します。

編 フォーリー騎手は今年の来日時も相変わらず地味だったというか、ちょっと期待外れだったという印象を受けました。

新 ド下手とまでは言いませんが、日本の競馬にフィットしていないことは間違いないですよね。それでいて、クルーガーは前走の東京新聞杯で、差し馬優勢の流れのなか先行して5着。久々の国内のレースで、8歳馬ながらまだやれることを示しました。

編 そこで石橋騎手に乗り替わることによって、さらなる上昇も見込めると。

新 ハッキリ言って、大幅鞍上強化です。長期休養を何度も挟んでいる馬で、8歳とはいえ消耗度は低い。叩き2戦目の上積みも見込めますし、内枠を引けた点も大きい。ここは紛れもないチャンスです。

編 多頭数、実力拮抗のハンデ戦ですから、人気割れ必至で、当たれば好配当が期待できますね。

新 そうなることを願いましょう。


★その他の注目乗り替わり★
土曜阪神7R ⑪パーティナシティ池添謙一川田将雅
日曜中山10R ロザムール北村宏司田辺裕信


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

6月7日()
安田記念 G1
6月6日()
鳴尾記念 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月31日()
日本ダービー G1
目黒記念 G2
5月30日()
葵ステークス 重賞

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
101,093万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 フィエールマン 牡5
57,306万円
4 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
5 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
6 マカヒキ 牡7
56,210万円
7 キセキ 牡6
55,914万円
8 ワグネリアン 牡5
50,624万円
9 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
10 インディチャンプ 牡5
43,167万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
47,260万円
2 デアリングタクト 牝3
29,389万円
3 サリオス 牡3
25,012万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
12,845万円
8 ウインマリリン 牝3
12,321万円
9 オーソリティ 牡3
9,951万円
10 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
» もっと見る