最新競馬ニュース

【馬場の有利不利、教えます!】函館記念 見た目以上に緩めのコンディション!中団より前で立ち回る馬が優位!

ウマニティ

 2,238

1回函館ならびに2回函館第1週、土曜日の函館芝のレース結果、近年の函館記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

金曜日午後からの降雨の影響で、土曜日の芝コースは良馬場(JRA発表)ながらも、含水高めのタフなコンディション。馬場の重さがこたえたのか、平場では逃げ・番手、外々を回る格好になった待機勢が伸びあぐねるシーンが続出。好位~中団で立ち回る馬に有利な状況と化した。

だが、馬場の回復が進むにつれて、内めに進路をとる馬や先行勢の好走例が増加。函館記念と同じ芝2000mで行われた臥牛山特別は、向こう正面から積極的に動いた馬→終始先団で運んだ馬のワンツー決着。ゆえに、流れや立ち回り次第で、どの脚質でも上位進出が可能な馬場とみるべきだろう。

日曜日は曇天予報。雨が降るのか降らないのか微妙な情勢ではあるが、崩れたとしても雨量はさほど多くはなさそう。したがって、土曜日の傾向を踏襲する可能性は高い。ただし、芝部分の見た目の良さとは裏腹に路盤はかなり緩い状況。レースが重なるにつれて内ラチ沿いの劣化が進むことも十分に想定される。

となれば、走りやすい部分を先んじてキープできる、中団より前のポジションで運べる馬の優位性が増してくる。枠順に関しては、内めの2~3枠あたりが幅を利かせるコンディションに推移していくのではないか。

血統面については、1回函館ならびに2回函館第1週、土曜日に行われた芝2000mの結果を見直すと、現役時に2400m以上のG1を制しているサンデーサイレンス系種牡馬の産駒が好調。ほかでは、父キングマンボ系やハービンジャー産駒、パワー型のノーザンダンサー系種牡馬を母父に持つ馬の上位入線が目につく。

また、近年の函館記念の好走馬を検証すると、ロベルト系種牡馬やパワー型のノーザンダンサー系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬の活躍が顕著。持続力に優れた中・長距離型のサンデーサイレンス系種牡馬の仔も、コンスタントに上位を賑わせている。

まとめると、中・長距離指向の強いサンデーサイレンス系種牡馬の産駒と、ロベルト系種牡馬やパワー型のノーザンダンサー系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬が有利。そのなかでも、今夏の当該コースで優勢を誇る、現役時に2400m以上のG1を制しているサンデーサイレンス系種牡馬の産駒と、ハービンジャー産駒を重視したい。

今年の出走馬で血統面と先述した馬場傾向(2~3枠あたり)の要点を満たしている馬は、④マイスタイル、⑤ドレッドノータス、⑥マイネルファンロン。よって当欄では、これら3頭を軸馬候補として推奨する。



ウマニティ重賞攻略チーム

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月28日()
クイーンS G3
アイビスSD G3
7月27日()
小倉サマーJ G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月21日()
中京記念 G3
函館2歳S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る