ステラロッサ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  栗毛 2008年4月17日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者追分ファーム
生産地安平町
戦績16戦[5-4-2-5]
総賞金10,531万円
収得賞金2,100万円
英字表記Stella Rossa
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
レッドキャット
血統 ][ 産駒 ]
Storm Cat
Lady Sharp
兄弟 ダイレクトキャッチヘイアンルモンド
市場価格
前走 2013/01/26 白富士ステークス OP
次走予定

ステラロッサの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
13/01/26 東京 11 白富士S OP 芝2000 9662.412** 牡5 56.0 柴田善臣角居勝彦 504
(-4)
1.59.4 0.033.0⑧⑧⑧アンコイルド
13/01/06 中山 10 初富士S 1600万下 芝1800 14462.711** 牡5 57.0 柴田善臣角居勝彦 508
(0)
1.48.6 -0.033.9⑩⑩⑫⑫フルアクセル
12/09/02 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 187137.1314** 牡4 55.0 田辺裕信角居勝彦 508
(+2)
1.58.4 0.833.0⑫⑪トランスワープ
12/08/19 新潟 11 天の川S 1600万下 芝2000 147122.413** 牡4 57.0 柴田善臣角居勝彦 506
(+14)
1.59.0 0.532.3⑩⑩コスモラピュタ
12/06/10 阪神 10 垂水S 1600万下 芝2000 11781.816** 牡4 57.0 柴田善臣角居勝彦 492
(+2)
2.01.4 0.435.9⑥⑦⑤⑤ロードオブザリング
12/05/19 東京 11 メイS OP 芝1800 12441.912** 牡4 55.0 柴田善臣角居勝彦 490
(-2)
1.46.4 0.032.9⑦⑦⑥エーシンリターンズ
12/04/22 東京 10 府中S 1600万下 芝2000 12673.721** 牡4 57.0 柴田善臣角居勝彦 492
(+6)
2.00.9 -0.333.3⑧⑧⑥ダコール
11/10/15 東京 8 昇仙峡特別 1000万下 芝1800 9113.321** 牡3 55.0 柴田善臣角居勝彦 486
(+2)
1.48.0 -0.233.7⑨⑧⑧ミカエルビスティー
11/09/25 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 121132.868** 牡3 56.0 川田将雅角居勝彦 484
(-22)
2.29.8 1.534.4オルフェーヴル
11/09/04 札幌 8 3歳以上500万下 芝1800 148141.611** 牡3 54.0 川田将雅角居勝彦 506
(+32)
1.51.1 -0.235.3⑥⑤④④デュリュクス
11/05/07 東京 11 プリンシパル OP 芝2000 1881811.8411** 牡3 56.0 松岡正海角居勝彦 474
(-2)
2.01.7 0.734.3⑭⑭⑬トーセンレーヴ
11/04/24 東京 11 皐月賞 G1 芝2000 181117.0710** 牡3 57.0 川田将雅角居勝彦 476
(0)
2.01.8 1.236.0オルフェーヴル
11/03/26 阪神 11 スプリングS G2 芝1800 1871515.883** 牡3 56.0 U.リスポ角居勝彦 476
(-6)
1.46.6 0.234.3⑬⑫オルフェーヴル
11/03/06 阪神 9 アルメリア賞 500万下 芝1800 8113.222** 牡3 56.0 川田将雅角居勝彦 482
(+4)
1.49.4 0.233.3⑤⑤トーセンレーヴ
11/02/05 東京 5 3歳未勝利 芝1800 167131.711** 牡3 56.0 内田博幸角居勝彦 478
(-10)
1.48.6 -0.134.2④⑥⑤ヤマニンリップル
11/01/16 京都 5 3歳新馬 芝1800 166123.222** 牡3 56.0 川田将雅角居勝彦 488
(--)
1.50.9 0.034.6⑥④アドマイヤスキップ

ステラロッサの関連ニュース

 白富士S(26日、東京11R、4歳上オープン国際、別定、芝2000メートル、1着本賞金2200万円=出走9頭)好位4番手から進めた3番人気のアンコイルド(栗・矢作、牡4、父ジャイアンツコーズウェイ)が、ラスト3ハロン33秒5の脚を使い、1番人気ステラロッサの追撃をハナ差しのいで勝った。タイム1分59秒4(良)。これで昨年11月に500万下を勝ってから4連勝(通算8戦5勝)。3着に2番人気ムーンリットレイクが入り、3連単(7)(6)(4)は1700円の堅い決着だった。

 怒涛(どとう)の勢いだ。3連勝中だったアンコイルドが、オープンに昇級しても勝負強さを発揮。芝中距離路線に注目の新星が登場した。

 「未勝利戦を勝ったときにいい馬だと思ったし、これは変わってくるんじゃないかな、と思っていた。頭数が少ないとはいえ、今回は濃いメンバーだったからね。これなら楽しみ」

 蛯名正義騎手は、ステラロッサとの激しい叩き合いをハナ差制したパートナーを絶賛する。昨年11月の檜原湖特別(500万下)を皮切りに、嵯峨野特別(1000万下)、寿S(1600万下)と出世の階段を一気に上がり、オープンも制してみせた。

 矢作芳人調教師は「まだ成長途上だと思うが、この相手で勝てたのは大きいね」と笑み。次走は中山記念(2月24日、中山、GII、芝1800メートル)が有力視されるが、連勝は重賞でも止まりそうにない。 (柴田章利)

★レースを終えて…関係者談話

柴田善臣騎手(ステラロッサ2着)「追い出してから急に内へもたれた。立て直してまた伸びたが、着差が着差だけに…」

◆ウィリアム・ビュイック騎手(ムーンリットレイク3着)「道中は折り合っているように見えたかもしれないが、ずっと行きたがっていた。そこでパワーを消耗したのが、最後に響いた」

柴山雄一騎手(トップカミング4着)「最後まで真っすぐ走っていたし、内枠も良かった。能力はありますよ」

三浦皇成騎手(セイクリッドバレー5着)「間を割って伸びたし、だいぶ復調してきている」

 

【白富士S】接戦を制してアンコイルド4連勝! 2013年1月26日() 15:58

 26日の東京11R白富士S(4歳上オープン、芝2000メートル)は、蛯名正義騎手騎乗の3番人気アンコイルド(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)がゴール前の接戦を制して4連勝を飾り、オープン初V。タイムは1分59秒4(良)。

 大外枠から気合をつけられたイケドラゴンが後続を大きく離しての逃げ。ラッキーバニラは控えて2番手を追走し、ムーンリットレイクがややかかり気味に3番手につけた。1番人気のステラロッサは最後方。縦長の展開になったが、直線半ばでイケドラゴンは失速し、三つ巴の人気を集めた3頭が抜け出す。内のムーンリットレイクが先に脱落して、最後は外の関西馬2頭による争いとなったが、クビの上げ下げでわずかにアンコイルドが先着。ステラロッサは2着に敗れた。アンコイルドは昨秋の福島で500万下をハナ差で制してから、とんとん拍子に出世。一気の4連勝でオープンの壁も突き抜けた。今後の重賞路線での活躍が期待される。

 アンコイルドは、父Giant’s Causeway、母Tanzania、母の父Alzaoという血統。通算成績は8戦5勝となった。次走は中山記念(2月24日、中山、GII、芝1800メートル)が有力視されている。

 蛯名騎手は「一瞬負けたかと思ったんだけどね。ただ、自分から前を捕まえにいって、後ろもしのいだんだから強い競馬だったよ。今日は外枠だったのであの位置からになったけど、内枠ならもっと脚をためて競馬をしても良かったくらい。折り合いがつく馬で、とても乗りやすいし、ラストも良く伸びてくれているよ。少頭数でも中身の濃いメンバーだったし、ここで結果を出せたことで今後が楽しみになった。未勝利で乗った時からいい馬だと思っていたけど、その頃よりも馬はかなり成長してくれ良くなっていてくれた」と好内容での4連勝に自信を深めていた。

東京11Rの着順・払戻金★PCはこちら★スマホはこちら

[もっと見る]

【白富士S】最新ナマ情報2013年1月26日() 05:01

◆手応え◎柴田善〔6〕ステラロッサ

 前走の初富士Sを快勝してオープンに返り咲いた(6)ステラロッサは中2週でさらに状態面の上積みが見込めそうだ。

 同馬の主戦を務める柴田善騎手は「“さあ、行け”といっていきなり動けるタイプじゃなく、ジワジワと来る感じ。スピードに乗ってからの加速がすごいし、だから東京の方が合う。いいものを持っているので、(先々まで)順調に行ってほしい馬だよ」とかなりの手応えを感じている様子だった。

◆4連勝決める!!〔7〕アンコイルド

 2カ月の短期間で3連勝を決めて一気にオープンまで上り詰めた(7)アンコイルド。23日の追い切りは栗東坂路で4ハロン56秒3(ラスト1ハロン13秒9)と数字的には平凡だったが、力の要る不良馬場のため。それより中1週でも、ハードに追えるのは体調の良い証拠だ。「気配が物足りないかと思った前走でもしっかりと結果を出してくれた。体調はいいので、ここでも楽しみ」と矢作調教師はV4への自信を見せる。

◆久々も状態よし〔4〕ムーンリットレイク

 昨年7月のTVh賞1着以来となる(4)ムーンリットレイクは、25日午前4時に美浦トレセンを出発し、東京競馬場へ入った。

 加藤征調教師は「やることはやっているし、追った後も変わらず状態はいい」と6カ月ぶりの実戦に自信を持っている。東京の芝2000メートルは3歳時にプリンシパルSで2着となった舞台。「枠順はいいところに入ったね。この馬の潜在能力はかなりのものだし、5連勝を決めたい」とトレーナーは意欲的だった。

◆連闘!!疲れなし〔1〕トップカミング

 AJCC10着から連闘で挑む(1)トップカミングは美浦北Cコースでキャンター調整を行った。今年早くも3走目となるが、疲れもなく元気いっぱい。

 「連闘自体は問題なし。馬混みに入れて脚をためて、最後どれだけ伸びてくるか。こういうタイプは忘れた頃に走るんだよ」と萱野調教師はニヤリ。今回は鞍上に柴山騎手を起用して変わり身に期待する。

◆開幕週逃走Vだ〔2〕ラッキーバニラ

 昨年9月の産経賞オールカマーで鼻出血を発症して14着に敗れて以来となる(2)ラッキーバニラは美浦のPコースとWコースを併用しながら調教を積み、追うたびに動きが良くなっている。

 斎藤調教助手は「鼻出血の影響はない。若干、体に余裕はあるが、仕上がり自体はいい。道悪は苦手なので開幕週のきれいな馬場は歓迎。うまく自分の形で競馬できれば…」と逃げ切りVを狙う。

◆期待の高橋裕勢〔3〕セイクリッドバレー〔8〕スズジュピター

 得意の左回りで巻き返しを図る(3)セイクリッドバレーは、前走の中山金杯7着後、このレースを狙って調整してきた。「(3)番枠か。もう少し外が良かったが、少頭数だから大丈夫だろう。58キロの斤量は特に問題はないし、中団ぐらいからうまく(馬群を)さばいて伸びて来られればいい」と高橋裕調教師は2011年新潟大賞典以来となる久々のVに期待を寄せる。

 もう1頭の(8)スズジュピターは5カ月の放牧明け。同師は「今年で8歳になるが、休み休み使っているので衰えはない。今は骨瘤の心配もなく、バリバリとけいこをやっている。力は出せる状態」とこちらにも色気を持つ。

◆2番手でもOK〔9〕イケドラゴン

 (9)イケドラゴンは美浦の北Cコースでキャンター調整。「前走はフルゲートの大外枠、さすがにあそこではハナに行けないね。今回は頭数も少ないし、何も行かなければ逃げてもいいし、行くなら2番手からでも競馬できる。状態面は変わらないよ」と石毛調教師。ラッキーバニラが逃げて2番手からの競馬が濃厚だ。

[もっと見る]

【天の川S】ステラロッサ上積み大12秒62012年8月16日(木) 05:01

 垂水S6着からひと息入れて立て直したステラロッサは、栗東坂路でルグランヴォヤージ(牡5、1600万下)と併せて4ハロン54秒9-39秒0-12秒6で1馬身先着を果たした。「持ったままでいい時計が出た。状態に関しては前走よりも良くなっているし、ここなら地力は上だと思う」と山田調教助手は3走前(府中S)に現級勝ちした実力に信頼を寄せている。

[もっと見る]

【メイS】ステラロッサ堂々主役2012年5月19日() 12:03

 《本紙の狙い》ステラロッサが本命だ。前走の府中Sは圧巻。6カ月ぶりの実戦にもかかわらず、決め手の違いを見せつけて圧勝した。休養効果で古馬になって一段とパワーアップ。馬体にも実が入ってきた。前走が目一杯のレースではなかったので、使われた上積みも十分。強豪不在のオープン特別ならば、堂々と主役を張れる。モンテエンが相手の筆頭。調子は上向きで、55キロで戦えるのもプラスだ。

[もっと見る]

【神戸新聞杯】最新ナマ情報2011年9月25日() 05:06

 ◆「順調に秋初戦」(7)オルフェーヴル

 皐月賞、ダービーの2冠を制した(7)オルフェーヴルは坂路で15-15のキャンターを消化した。吉村技術調教師は「スプリングSあたりから肉体的なものと精神的なものがかみ合ってきた」と春の快進撃を振り返り、「順調に秋初戦を迎えられるのは何より」とうなずいた。

 今回は3冠がかかる菊花賞を見据えたステップレースでもあり、結果だけでなく3000メートルに距離が延びる本番への収穫も得たいところ。「まだ3歳だし、折り合いが完璧とまではいかないけど、精神的にだいぶ我慢できるようになってきたと思う。次につながる走りを期待しています」。最高の結果と内容を残して、大一番に向かいたい。

 ◆2冠馬逆転に強気(5)ウインバリアシオン

 ダービー2着馬(5)ウインバリアシオンはポリトラック→坂路での最終調整。普段なら運動だけで済ませる、追い切り翌日の23日も坂路を上がったことからも、現在の充実ぶりがうかがえる。「ダービーの時は歩様が悪く、とてもいいといえる状態ではなかったが、夏を越して蹄の不安がなくなり、歩様もしっかりした。体もフックラしているし、息遣いもいい。不安は影も形もないよ」と担当の竹邑厩務員は2冠馬逆転に強気の姿勢だ。

 ◆角居2騎坂路調整 (1)ステラロッサ(4)イグアス

(1)ステラロッサ、(4)イグアスの角居厩舎2頭はともに坂路1本のメニュー。

 前走を32キロの馬体増で快勝したステラロッサについて角居調教師は「まだ成長段階なので、体が締まってさえいれば、プラス体重でも構わない。1回使って体のシルエットは良くなったよ」と前走以上のデキを強調する。

 春に未勝利→500万下を連勝して以来、3カ月半ぶりになる(4)イグアスには「ようやく精神的に落ち着いてきた。姉(ディアデラノビア)と同じく、いいバネと心肺機能の高さを感じる馬。世代トップクラスの馬を相手にどれだけ走れるのか、試金石の一戦だね」と強豪とのレースを楽しみにしている。

 ◆「一番いい状態」(6)ショウナンマイティ

 追い切りは迫力満点の動きで、オルフェーヴルと未対戦という点からも魅力があふれる(6)ショウナンマイティは、角馬場で体をほぐしてからEコースをキャンターで1周した。2歳時からずっと調教をつけている西原調教助手は「追い切りの時計が思ったより速かったのでテンションが上がらないか心配でしたが、すごくリラックスして走っていました」とほっとした様子。夏の函館滞在時に調教をコースで乗るようになってからは「前(肢)の硬さがなくなり、ノビノビと走れるようになった。今までで一番いい状態といえますし、末脚は2冠馬とも遜色ないと思います」と勝って菊花賞へ向かうつもりだ。

 ◆潜在能力に期待(12)ダノンミル

 皐月賞13着以来5カ月ぶりの(12)ダノンミルは、CWを半周してから坂路を1本駆け上がった。「前走後に馬がへこたれたが、無理をせず休ませたのが良かった。いい形で体は成長している。力はあるし、うまく折り合いをつけて競馬ができれば」と藤原英調教師は潜在能力の高さに期待している。

 ◆久々もいい感じ(9)カーマイン

 青葉賞9着以来の(9)カーマインは坂路で4ハロン63秒2。「久々にしてはいい感じ。気が小さかった春先と違ってだいぶ精神的にドッシリしてきた。和田騎手はもっとやれる馬と言ってくれるし、相手は強いが楽しみにしている」と桑村調教助手。23日に両前肢挫創で出走取消となった僚馬クレスコグランドの分までいい走りを見せたいところだ。

 ◆無傷4連勝に期待(11)フレールジャック

 デビュー3連勝でラジオNIKKEI賞を制した新星(11)フレールジャックは坂路1本のメニュー。「馬体に春先の緩さがなくなり、実がつまって(放牧から)帰ってきた。トモの厚みも増してパンパンとしている。精神的にはまだまだだが、前に馬を置いてリラックスして走れれば」と田代調教助手は無傷の4連勝を期待している。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステラロッサの関連コラム

関連コラムはありません。

ステラロッサの口コミ


口コミ一覧
閲覧 96ビュー コメント 0 ナイス 0

『ガチでパドック』 ‐門外不出の競馬観‐

http://blog.livedoor.jp/bralian/

 Hideki.S 2011年4月20日(水) 02:09
皐月賞(2011)アプローチ。まずTR組整理としてのリスクマネジ...
閲覧 111ビュー コメント 10 ナイス 10

弥生賞 サダムパテック
12.8-11.3-12.2-12.8-12.6-12.4-12.2-11.8-11.2-11.7(JRA)
(36.3-34.7)

スプリングS オルフェーヴル
12.4-11.1-11.5-12-12.5-12.1-11.2-11.3-12.3(JRA)
(35.0-34.8)

ここでとりあえず
2つのTRの中身を示してみた。

そして両レースで
優先出走権を得た6頭を並べてみる。

サダムパテック
プレイ
デボネア

オルフェーヴル
ベルシャザール
ステラロッサ

アプローチは僕にとって
視覚化であるし整理する
ひとつのステップ。

前置きにあえて示したいのが
実は東京のコース2000に合った
一番近い中身を示したレースは
もしかしたら
僕は被災地支援毎日杯だと
思っているんです。

12.5-11.1-11.3-12.8-12.7-12.5-11.1-11.4-11.7(JRA)
(34.9-34.2)

でもその勝ち馬
レッドデイヴィスはセン馬だし
2着のコティリオンは
微妙に賞金が足り無い現実。

1月29日(土)
東京開幕週の2000mOP白富士S
12.9-11.8-12.3-12.5-12.7-12.6-12.5-11.4-11.0-11.4(JRA)

参考までに古馬OPの中身。
傾向の通用しない中
参照できる数少ない
データではこれかと。

ここである「想定」をしたいんです。
本番皐月賞でもしこの道中
向正面でもいいけど13秒台が
連なったらどうしようかと。

そんなリスク(不確実性)に
備えておきたい。

リスクマネジメントは良い結果にしろ
悪い結果にしろどのくらいかの
不確実性を想定して
競馬予想をしていきたい。

13秒台が連なるということは
たとえ前半3ハロンが速くたって
道中は緩々になる。

有力馬はみんな差し馬。

去年のダービーのような
ことだってありうる。
それくらい去年のダービーは
衝撃的だったと思う。
あの当時は異質な流れという
評価もあるが、その後の
様々なスローな流れの競馬を
眺めていて
僕は逆にスタンダードに
してもいいくらいだと
今は思っている。

あくまでも
「想定」という逃げ道を
作りつつ進めていくと

スプリングSはタイムが
速すぎると言うか
レベルが高すぎるというのが
気になってしまって。

「素直になれ」

聞こえてきます。
無視して。

つまり
・差し馬と思われていた馬が
前目につける可能性がある

・我慢できない外の馬が
かかっていってしまい後半は
予想外に乱ペースになる。

・自慢の末脚が殺がれてしまう
有力馬がいるかもしれない。

とりあえずこれくらいの
イレギュラーの想定は必要かもしれない。

デムーロ騎手が
いたらどうか?

いや
いない。

プレイなんかも穴人気しそうで
狙いづらくなってきた。

ナカヤマナイトが
共同通信杯のような競馬をしたら
強いんだが、でも非社台。

たとえば
アルメリア賞はレベルは低いけど
それゆえに13秒台が連続していて
そんな流れを経験していて
そしてそこで2着だった
ステラロッサがTRでいきなり
3着になって出走権を得ている。

自在性のあるリベルタスも
枠によっては巻き返しも
ありうるかもしれない。

まず
魔の「中盤13秒台」
ありきの可能性。

このリスクを考えながら
その可能性に臨機応変に
立ち振る舞いのできるキャラ、
騎手も含めて
想像を膨らませていく。

というのが今の段階での思いです。

[もっと見る]

ステラロッサの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ターフネス   フォロワー:3人 2011年3月7日(月) 23:18:37
注目ホースが100頭超えのため、
ブックマークならぬホースマークしときます。
私事で使っちゃってゴメンナサイ m( _ _ )m

ステラロッサの写真

投稿写真はありません。

ステラロッサの厩舎情報 VIP

2013年1月26日白富士ステークス2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ステラロッサの取材メモ VIP

2013年1月26日 白富士ステークス 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。