最新競馬ニュース

【日本ダービー】プレミアム中内田師「リズムを重視した競馬を」

SANSPO.COM:2018年5月24日(木) 12:23

 1,456

 3歳馬の頂点を決める競馬の祭典「第85回日本ダービー」(27日、東京、GI、芝2400メートル)は混戦模様となっているが、もしこの馬が皐月賞に出ていたら、ここでも断然の人気となっていたか。朝日杯FSダノンプレミアムはデビューから弥生賞までの4戦がまさに圧倒的な内容で、状態さえ整えばV5でのダービー戴冠も十分な実力馬。折り合いに一抹の不安が残るものの、やはり最有力候補であることに変わりはない。中内田充正調教師(39)も、毅然とした態度で大一番を迎える。

 --弥生賞は見事に1番人気に応えた

 中内田充正調教師「スタートはいつもどおりに良かったけど、1コーナーの入りで力んでいたので、道中は心配していました。ただ、4コーナーでは馬場のいいところを選ぶように走って、最後までしっかりと脚を使っていましたね」

 --2着ワグネリアンとは1馬身半差でも、まったく危なげなかった

 「中山の2000メートルはトリッキーなコース形態なので、期待より心配のほうが大きかったんですが、(川田)ジョッキーがうまくレースを教え込んでくれましたね」

 --デビューから無傷の4連勝。皐月賞では圧倒的な存在になるはずだったが…

 「皐月賞を目指していたけど、挫跖(硬い物を踏んだりして蹄の内側に内出血や炎症を起こすこと)のために2週間、調整ができなかった。だから皐月賞を回避して、ダービーを目指すことになりました」

 --ここまでの調整過程は

 「目標を切り替えてからは順調にきています。(挫跖明けなのに)日々のケアや普段の調教に応えてくれたことは偉いと思います。先週は川田騎手が乗ってCWコースで強めの負荷をかけて、ジョッキーも納得の動きをしてくれました」

 --23日の最終追い切りは

 「今週も川田騎手に乗ってもらって、5Fから半マイルくらいが時計になれば、と思っていました。引っ張り殺さずに、馬が気持ち良く、ギアをひとつずつ上げるような感じでやりました。順調にきているし、もう挫跖は問題ないですね」

 --結局、弥生賞からは3カ月弱、間隔が空いている

 「これまでも(4連勝の間も)間隔を空けて使ってきましたし、“結果的に”ということではあるけど、心配はしていません。休み明けは上手に走る馬だし。それより、不安が残るとすれば距離でしょう」

 --不安はどういう面から

 コメント(1

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

みかんちゃん
5月25日(金) 04:43

途切れている(´Д` )

ナイス! (0)

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

8月26日()
キーンランド G3
新潟2歳S G3
8月25日()
新潟ジャンプ G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

8月19日()
札幌記念 G2
北九州記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 レッドファルクス 牡7
46,924万円
10 サウンズオブアース 牡7
46,745万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る