中央競馬ニュース

【マーメイドS2024ほか】伊吹雅也のピックアップ競馬データ~メイン「1点」分析編

 0   4   2,062
シェアする  x facebook LINEで送る





週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析する連載。特別登録を基に各レースを予習する際の参考資料としてご活用下さい。今週のターゲットは、米子S・マーメイドS・スレイプニルSの3レースです。


▼2024年06月15日(土) 京都11R 米子ステークス
【出走数別成績(2021年以降)】
●22戦以内 [3-3-3-17](3着内率34.6%)
●23戦以上 [0-0-0-18](3着内率0.0%)
→キャリア23戦以上の馬は割り引きが必要。また、前走との間隔が中4週以内の馬も2021年以降[0-0-0-13](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。


▼2024年06月16日(日) 京都11R マーメイドステークス
【前走の条件ならびに前走の距離別成績(2020年以降)】
●条件が重賞、もしくは距離が1800m超 [4-3-4-35](3着内率23.9%)
●条件が重賞以外、かつ距離が1800m以下 [0-1-0-14](3着内率6.7%)
→前走が重賞だった馬を除くと、今回より短い距離のレースを経由してきた馬は不振。さらに、前走との間隔が中3週以内の馬も2020年以降[0-1-0-15](3着内率6.3%)と苦戦しています。



▼2024年06月16日(日) 東京11R スレイプニルステークス
【“前年以降の、JRAの、1800m超の、オープンクラスのレース”において2着以内となった経験がなかった馬の、血統別成績(2021年以降)】
●父がサンデーサイレンス系種牡馬 [1-1-2-9](3着内率30.8%)
●父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [0-0-0-18](3着内率0.0%)
→“前年以降の、JRAの、1800m超の、オープンクラスのレース”において2着以内となった経験がある馬は2021年以降[2-2-1-8](3着内率38.5%)と堅実。一方、この経験がなかったにもかかわらず3着以内となった4頭は、いずれも父にサンデーサイレンス系種牡馬を持つ馬でした。



この記事はいかがでしたか?
ナイス (4)

このニュースへのコメント

コメントはありません。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月21日()
中京記念 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月14日()
函館記念 G3
7月13日()
函館2歳S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 ドウデュース 牡5
102,726万円
2 スターズオンアース 牝5
84,098万円
3 リバティアイランド 牝4
74,444万円
4 ディープボンド 牡7
73,123万円
5 ジャスティンパレス 牡5
65,388万円
6 シャフリヤール 牡6
59,685万円
7 ソールオリエンス 牡4
57,546万円
8 タスティエーラ 牡4
57,005万円
9 テーオーロイヤル 牡6
51,827万円
10 セリフォス 牡5
51,113万円
» もっと見る

3歳
1 ジャスティンミラノ 牡3
40,307万円
2 ダノンデサイル 牡3
38,200万円
3 ジャンタルマンタル 牡3
32,053万円
4 ステレンボッシュ 牝3
28,331万円
5 アスコリピチェーノ 牝3
22,165万円
6 チェルヴィニア 牝3
21,519万円
7 シンエンペラー 牡3
19,041万円
8 コスモキュランダ 牡3
15,392万円
9 レガレイラ 牝3
11,278万円
10 ライトバック 牝3
11,256万円
» もっと見る