最新競馬ニュース

【門田光生の笑う門(田)には福きたる!】キャッスルトップ


©サンケイスポーツ


 116  0  0

【門田光生の笑う門(田)には福きたる!】キャッスルトップ

「恐れ入りました」

 7月14日に大井競馬場でジャパンダートダービー(JDD)が行われた。結果はご存じの方も多いと思うが、ブービー人気のキャッスルトップがまんまと逃げ切り。単勝万馬券の大波乱を演出した。

 「まんまと」という言葉を辞書で引いてみると、「うまく」「首尾よく」と出てくる。結果だけを見るとその言葉が当てはまるのだが、レースを見ていたときは「捕まるのは時間の問題か」と思ったのも事実。今回の場合、「まんまと」という言葉が当てはまるのかどうか、悩むところではある。

 人気薄の逃げ切り自体は、別に珍しいことではない。ただ、これまで何十年も競馬を見てきた中で一番多かったのは、テンから気分よく飛ばして、あれよあれよのうちに逃げ切ったというパターン。大レースでいえば、2004年の天皇賞(春)を10番人気で逃げ切ったイングランディーレが代表的か。まさに「まんまと」という言葉がしっくりくる。対して、今回のキャッスルトップは、直線入り口で早くも並びかけられている。実況でも、直線半ばから内、外から襲いかかるJRA所属馬の名前を連呼。見ているこちらも、いったいどの馬が抜け出してくるのか、そればかりに気を取られていた。

 ところで、このキャッスルトップという馬はデビューから8戦して勝てなかったが、初めてハナを切った9戦目以降は負けなし。最近は一走ごとに出脚が速くなっていたのは確かだが、それにしてもJDDですんなりハナを切れるとは。しかし何より、苦しくなってからもうひと踏ん張りする根性があることに驚いた。それまでのレースでは、そんなそぶりは一度も見せていなかったからだ(それを発揮する場面もなかったのだが)。

再び勝ち馬の名前が呼ばれたのは、ゴールまで100メートルを切ってから。そこで改めて、キャッスルトップがまだ先頭にいるという現実を思い出す。ゴール後しばらくして、アナウンサーが発した「恐れ入りました」の言葉。今回のレースは、このひと言にすべて集約されている気がした。

 ■門田光生(かどた・みつお)競馬専門紙で約20年、トラックマン兼編集部主任として在籍し、現在はサンスポZBAT競馬!にて本紙(名古屋、笠松、金沢)を担当。ダート馬のつもりで出資したクラブ馬が先日、初芝で快勝。何年経っても見る目がないと嘆くアラフィフおじさん。

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

9月26日()
オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

9月20日(月)
セントライト G2
9月19日()
ローズS G2
9月18日()
阪神ジャンプ G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
102,623万円
2 グランアレグリア 牝5
90,189万円
3 コントレイル 牡4
83,051万円
4 オジュウチョウサン 牡10
78,846万円
5 キセキ 牡7
68,426万円
6 インディチャンプ 牡6
59,504万円
7 ブラストワンピース 牡6
58,942万円
8 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
9 マカヒキ 牡8
56,210万円
10 ワグネリアン 牡6
51,244万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
33,714万円
2 シャフリヤール 牡3
28,209万円
3 エフフォーリア 牡3
27,992万円
4 ユーバーレーベン 牝3
19,636万円
5 シュネルマイスター 牡3
18,181万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
15,816万円
7 タイトルホルダー 牡3
13,738万円
8 グレナディアガーズ 牡3
13,140万円
9 ヨカヨカ 牝3
12,711万円
10 ダノンザキッド 牡3
12,555万円
» もっと見る