最新競馬ニュース

【俺のチェックポイント】エンスージアズム舞台適性◎


©サンケイスポーツ


 2,376  9  1

【俺のチェックポイント】エンスージアズム舞台適性◎

 今週のGIはオークス。「俺のチェックポイント」初日は大阪サンスポの宇恵英志記者が栗東トレセンでエンスージアズムに迫った。前走は桜花賞8着も、陣営は以前から「桜花賞よりオークス向き」と今回の舞台を意識。スタミナの有無や血統面から、距離延長となる2400メートルへの舞台適性を検証した。

 エンスージアズムが、3月のフラワーCで2着となる前のことだった。

 「どちらかといえば、桜花賞よりもオークス向きですね」。安田翔調教師の言葉が頭に残っている。前走の桜花賞はレコード決着のなか、粘り強く伸びて8着。今回、800メートルの距離延長を追い風に大きく前進はないか。トレーナー評の裏付けを取るべく、トレセン全休日の17日朝、原口厩務員に話を聞いた。

 「冬毛が抜けて、見栄えが良くなってきました。春3戦目ですが、状態は維持できています。日曜に調教しましたが、乗り手は『良かった』と話していましたよ」

 12日に坂路で一杯に追われて4ハロン51秒3-12秒4をマークし、16日にも馬なりで同56秒5。意欲的な態勢には何の問題もない。ここで、本題の距離適性を探っていく。

 「レース後でも、あまり息の乱れはないです。(息遣いの荒さ、テンションの高さを)ずっと引きずるタイプではありません」。心肺機能の高さを感じさせる表現だ。さらに「スローペースでも折り合うタイプなので、距離は心配していません」。優れた内臓を持ち、道中で力まないレース運びもできそう。2400メートルへの距離延長はプラスに作用しそうだ。

 2012年ジェンティルドンナをはじめ4頭がV、8頭が連対と実績を残すディープインパクト産駒。この馬もデビュー当初から素材の良さを評価されていた。「血統的ないいところは出ていると思います。体が柔らかいですしね」。420キロ前後と小柄で、同産駒らしく動きは軽い。

 東京コースで未勝利勝ち(芝1800メートル)。普段からおとなしい性格で、長距離輸送に不安はない。輸送での馬体減りの心配がない点も、キャリアの浅い牝馬にとって明るい材料だろう。

 前走は“桜”に出走しながらも、陣営が見据えていたのは樫の舞台。やはり、マイルの速いペースはこの馬に不向きだった。距離延長を味方に、台頭した例が過去にあるオークス。大目標の一戦での大駆けに、注意が必要だ。(宇恵英志)



オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(1

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

昭和男児
5月18日(火) 22:32

この馬が最大の惑星

ナイス! (0)

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

6月27日()
宝塚記念 G1
6月26日()
東京ジャンプ G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月20日()
マーメイドS G3
ユニコーンS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 グランアレグリア 牝5
90,189万円
2 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
3 コントレイル 牡4
83,051万円
4 オジュウチョウサン 牡10
78,846万円
5 キセキ 牡7
66,926万円
6 インディチャンプ 牡6
59,504万円
7 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
8 ブラストワンピース 牡6
58,242万円
9 マカヒキ 牡8
56,210万円
10 ワグネリアン 牡6
51,244万円
» もっと見る

3歳
1 シャフリヤール 牡3
28,209万円
2 エフフォーリア 牡3
27,992万円
3 ソダシ 牝3
26,623万円
4 ユーバーレーベン 牝3
19,636万円
5 シュネルマイスター 牡3
18,181万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
15,816万円
7 タイトルホルダー 牡3
13,738万円
8 ダノンザキッド 牡3
12,555万円
9 グレナディアガーズ 牡3
12,152万円
10 アカイトリノムスメ 牝3
11,932万円
» もっと見る