最新競馬ニュース

【馬場の有利不利、教えます!】京阪杯2020 有利不利の少ない標準的なコンディション!決着時計が落ち着きつつある点に要注意!


ウマニティ


 1,589  3  0

【馬場の有利不利、教えます!】京阪杯2020 有利不利の少ない標準的なコンディション!決着時計が落ち着きつつある点に要注意! |競馬ニュース|ウマニティ

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は京阪杯・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


5回阪神第1~3週ならびに土曜日の阪神芝のレース結果、過去の京阪杯の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間の雨量はゼロ。土曜日も天候に恵まれ、芝コースは終日良馬場(JRA発表)でレースが行われた。なお、水曜日に芝刈りを実施。散水作業も予報が不透明だった日を除いて、定期的に施している。つまり、芝の生育状況は良好。路盤もよく締まっているということだ。

しかし、土曜日の結果を振り返ると、一連の高速決着に伴う馬場の酷使の影響もあってか、内めを進む逃げ馬や番手追走馬が踏ん張り切れない場面が目につくようになってきている。決着時計も落ち着きつつあり、高速馬場から標準的なコンディションに移行した、と捉えるのが正解だろう。

枠順的には内~中枠がやや有利の状勢。だが、大きな偏りが発生しているとは言い難く、フラットとみるのがベター。展開や立ち回り次第でどうにでもなる、有利不利の少ない馬場状態と考えたほうがいいかもしれない。

血統面に関しては、5回阪神開催における芝1200m戦5クラの結果を検証すると、父または母の父にノーザンダンサー系種牡馬を配する馬が優勢。連対馬10頭のうち6頭が該当し、対象5レースいずれも2着連対圏を確保している。重要視すべき血脈であることに疑う余地はない。

とはいえ、出走馬と照らし合わせてみると、該当馬が多い印象。もうひとつフィルターをかけて、近5回の京阪杯の好走馬多くに共通する、前走G1・G2出走馬、ならびに前走がG3以下で3着以内だった馬に的を絞りたい

今回の出走メンバーで条件を満たしているのは、③レッドアンシェル、⑪シヴァージ、⑬カレンモエ。従って当欄では、この3頭を軸馬候補として推奨する。


【馬場予想からの注目馬】
レッドアンシェル シヴァージ カレンモエ

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

1月31日()
根岸S G3
シルクロード G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月24日()
AJCC G2
東海S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
2 コントレイル 牡4
79,611万円
3 オジュウチョウサン 牡10
78,186万円
4 グランアレグリア 牝5
72,022万円
5 キセキ 牡7
66,256万円
6 ブラストワンピース 牡6
57,236万円
7 マカヒキ 牡8
56,210万円
8 インディチャンプ 牡6
53,529万円
9 ワグネリアン 牡6
50,624万円
10 デアリングタクト 牝4
47,318万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
13,437万円
2 ダノンザキッド 牡3
11,144万円
3 グレナディアガーズ 牡3
7,982万円
4 メイケイエール 牝3
7,761万円
5 ステラヴェローチェ 牡3
6,870万円
6 レッドベルオーブ 牡3
6,437万円
7 モントライゼ 牡3
5,865万円
8 オーソクレース 牡3
5,249万円
9 ピクシーナイト 牡3
4,807万円
10 ヨカヨカ 牝3
4,702万円
» もっと見る