会員登録はこちら
フラワーカップ G3   日程:2012年3月17日() 15:45 中山/芝1800m

レース結果

フラワーカップ G3

2012年3月17日() 中山/芝1800m/16頭

本賞金:3,400万 1,400万 850万 510万 340万


レコード:1分44秒9
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 13

オメガハートランド

牝3 54.0 石橋脩  堀宣行 418(0) 1.53.3 10.2 6
2 4 7

メイショウスザンナ

牝3 54.0 武豊  高橋義忠 440(-8) 1.53.6 1 3/4 3.6 1
3 5 9

サンキューアスク

牝3 54.0 内田博幸  伊藤正徳 484(0) 1.53.6 クビ 31.8 10
ラップタイム 12.5 - 12.1 - 12.8 - 13.0 - 12.9 - 12.5 - 12.3 - 12.3 - 12.9
前半 12.5 - 24.6 - 37.4 - 50.4 - 63.3
後半 62.9 - 50.0 - 37.5 - 25.2 - 12.9

■払戻金

単勝 13 1,020円 6番人気
複勝 13 310円 5番人気
7 170円 1番人気
9 710円 10番人気
枠連 4-7 610円 1番人気
馬連 7-13 2,190円 7番人気
ワイド 7-13 880円 7番人気
9-13 4,450円 54番人気
7-9 1,790円 24番人気
馬単 13-7 5,510円 16番人気
3連複 7-9-13 21,570円 78番人気
3連単 13-7-9 114,060円 419番人気

フラワーカップのニュース&コラム

【3歳次走報】ラシンティランテはフローラS
 ★…はなのき賞2着トランドネージュ(美・松山康、牝)は、4月8日の500万下(中山、芝1200メートル)。 ★…フラワーC9着ラスヴェンチュラス(美・小島茂、牝)は、サンスポ賞フローラS(4月22日、東京、GII、芝2000メートル)か、スイートピーS(29日、東京、OP、芝1800メートル)。フィリーズレビュー6着ラシンティランテ(栗・友道、牝)は、サンスポ賞フローラS。 ★…18日中山の500万下(芝1600メートル)で2着のラパージュ(美・田村、牝)と僚馬で5着クラウディーハート(美・田村、牝)は使い分けるが、デイジー賞(4月8日、中山、OP、芝1800メートル)を視野に。17日中京で未勝利(芝1400メートル)を勝ったココロチラリ(美・尾関、牝)、フラワーC8着ターフデライト(美・小島茂、牝)も出走。
2012年3月23日(金) 05:01

 458

【フラワーC】ハートランドが重賞初制覇!
 第26回フラワーC(17日、中山11R、GIII、3歳牝馬オープン国際(特指)、別定、芝・内1800メートル、1着本賞金3400万円 =出走16頭)後方を進んだ石橋脩騎乗の6番人気オメガハートランドが、直線で一気に伸びて重賞初制覇を飾った。1分53秒3(重)。次走は明らかにされなかったが、順調なら桜花賞(4月8日、阪神、GI、芝1600メートル)が濃厚。2着は1番人気メイショウスザンナ。賞金を加算して出走が確実になり、陣営は桜花賞挑戦を表明した。 桜への最終切符をかけた戦いは、またもや関東馬が制した。堀厩舎のオメガハートランドが自慢の末脚を爆発させ、初のタイトルを手にした。 「最後はすばらしい脚でした。(道悪で)消耗戦になるかなと思っていたので、ああいう脚が使えるのは意外でした」。昨年11月20日の500万下(1着)以来、2度目の騎乗となった石橋脩騎手も驚くほどの末脚だった。 今開催はすべて道悪の中山。先週11日も内めを通る逃げ馬が大活躍した。しかし、前日に芝コースを歩いたジョッキーは、荒れた内めの馬場を見て作戦変更。終始、外を追走した。4コーナーでは後方5番手だったが、メンバー最速タイの上がり3ハロン36秒5を発揮して前の馬たちを捕らえた。 「東京で乗せてもらった時より乗りやすかったし、お利口さんになっている。体も成長していますね」と石橋はレベルアップを実感。27歳、デビュー10年目でクラシックを意識できる馬に巡り会ったジョッキーが「自分自身も気を引き締めていきたい。応援してもらえるように頑張ります」と、GI初制覇へ意欲を見せた。 (田中直成)
2012年3月18日() 05:01

 543

【フラワーC】オメガハートランド重賞初V
 第26回フラワーC(17日、中山11R、GIII、3歳牝馬、芝1800メートル、1着賞金3400万円=出走16頭)石橋脩騎手騎乗の6番人気オメガハートランド(牝3歳、美浦・堀宣行厩舎)が差し切りで重賞初制覇。勝ちタイム1分53秒3(重)。 1馬身3/4差の2着に1番人気メイショウスザンナ、さらにクビ差の3着に10番人気サンキューアスクが入った。 混戦ムードの桜戦線に関東からまた一頭、桜の女王候補が出現した。ヘレナモルフォが主導権を握るなか、後方馬群でレースを運んだオメガハートランド。3コーナー過ぎから鞍上の激しいアクションに応えて徐々にギアを上げると、直線では出色の伸び脚を披露した。 418キロの華奢な馬体をフルに使って力強く急坂を駆け上がり、残り100メートルで先頭を奪取すると、そのまま後続に1馬身3/4の差をつけてフィニッシュ。3度目の重賞挑戦で初タイトルを獲得した。 フラワーC勝ち馬からは過去にダンスインザムード(04年)、キストゥへヴン(06年)と2頭の桜花賞馬が誕生。さらに昨年の勝ち馬トレンドハンターは3着、一昨年の勝ち馬オウケンサクラは2着と桜花賞での好走が続いている。好相性のステップレースを制したオメガハートランドは、本番でも目が離せない存在となりそうだ。 オメガハートランドは父アグネスタキオン、母オメガアイランド、母の父エルコンドルパサーという血統。通算成績6戦3勝。重賞初勝利。石橋脩騎手、堀宣行調教師はともに同レース初制覇。
2012年3月17日() 15:56

 620

【フラワーC】チャーチ“波乱の女”今回も
 《本紙の狙い》チャーチクワイアを本命に推す。適度に休養をはさみながら、無理のないローテーションが組まれた効果で、着実に成長。前走の春菜賞は好位から抜け出し、着差以上に強い勝ちっぷりだった。牝馬同士ならば、重賞でも戦えるメドは立てたと言っていい。この中間は短期放牧をはさみ、順調に乗り込まれ、仕上がりは絶好。センスがあって、折り合いが難しいタイプではないので、距離延長にも対応可能。この枠順ならば、好位のインで脚をタメられる。血統、走法から判断して道悪もなんとかこなせるはずだ。ヘレナモルフォが相手の筆頭。逃げてしぶとく、中山は2戦2勝。馬場は悪いほどいい。潜在能力の高いラスヴェンチュラスも上位を狙える。
2012年3月17日() 12:02

 526

フラワーカップのニュースをもっと見る >

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

プロ予想家の的中情報


フラワーカップ過去10年の結果

2011年3月26日() 阪神競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 トレンドハンター 岩田康誠 1:47.0 8.6倍 94.5
2着 ハブルバブル U.リスポリ 1 1/4 3.5倍 93.2
3着 マヒナ 蛯名正義 2 1/2 12.7倍 90.5
2010年3月20日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 オウケンサクラ 後藤浩輝 1:50.3 7.9倍 96.4
2着 コスモネモシン 石橋脩 1 1/4 10.1倍 95.1
3着 サンテミリオン 横山典弘 1 1/2 1.6倍 93.8
2009年3月21日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

フラワーカップの歴史と概要


2015年の優勝馬アルビアーノ

桜花賞ならびにオークスを目指す馬が出走してくる、牝馬クラッシックの主要ステップレースである。第7回(1993年)は後年に“砂の女王”としてダート戦線を席捲するホクトベガが優勝。第11回(1997年)は日本調教馬として初めて海外G1制覇を成し遂げることになるシーキングザパールが、上がり最速の末脚を繰り出して完勝した。21世紀に入ってからは優勝馬とクラシックとの結びつきが強くなり、第16回(2002)のスマイルトゥモロー、第19回(2005年)のシーザリオオークスを、第18回(2004年)のダンスインザムード、第20回(2006年)のキストゥヘヴン桜花賞を制している。

歴史と概要をもっと見る >

フラワーカップの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年3月23日(
日経賞  G2
毎日杯  G3
2019年3月24日(
マーチステークス  G3
高松宮記念  G1

競馬番組表

2019年3月23日(
3回中山1日目
2回中京5日目
2回阪神1日目
2019年3月24日(
3回中山2日目
2回中京6日目
2回阪神2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
60,042万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,977万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
9 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
10 リスグラシュー 牝5
43,142万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンファンタジー 牝3
15,637万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
3 ファンタジスト 牡3
11,012万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,910万円
5 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 エメラルファイト 牡3
8,123万円
8 ハッピーアワー 牡3
7,799万円
9 メイショウテンゲン 牡3
6,961万円
10 プールヴィル 牝3
6,826万円
» もっと見る