会員登録はこちら
スプリンターズS G1   日程:2012年9月30日() 15:40 中山/芝1200m

レース結果

スプリンターズS G1

2012年9月30日() 中山/芝1200m/16頭

本賞金:9,500万 3,800万 2,400万 1,400万 950万


レコード:1分06秒9
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 16

ロードカナロア

牡4 57.0 岩田康誠  安田隆行 494(-6) R1.06.7 4.4 2
2 7 14

カレンチャン

牝5 55.0 池添謙一  安田隆行 492(-12) 1.06.8 3/4 2.5 1
3 2 3

ドリームバレンチノ

牡5 57.0 松山弘平  加用正 484(-2) 1.06.9 クビ 29.4 9
ラップタイム 12.0 - 10.1 - 10.6 - 11.2 - 11.3 - 11.5
前半 12.0 - 22.1 - 32.7 - 43.9 - 55.2
後半 54.7 - 44.6 - 34.0 - 22.8 - 11.5

■払戻金

単勝 16 440円 2番人気
複勝 16 140円 2番人気
14 120円 1番人気
3 520円 10番人気
枠連 7-8 330円 1番人気
馬連 14-16 510円 1番人気
ワイド 14-16 230円 1番人気
3-16 1,600円 19番人気
3-14 1,170円 12番人気
馬単 16-14 1,170円 2番人気
3連複 3-14-16 4,300円 9番人気
3連単 16-14-3 17,540円 33番人気

スプリンターズSのニュース&コラム

【スプリンターズS】カナロア新電撃王
  第46回スプリンターズS(30日、中山11R、GI、3歳上オープン、国際、指定、定量、芝1200メートル、1着賞金9500万円=出走16頭)秋のGI戦線の幕開けを告げるスプリンターズSは、岩田康誠騎乗で2番人気のロードカナロアが中団から鋭く脚を伸ばしてGI初制覇。勝ちタイムの1分6秒7(良)はコースレコードで、このあとは香港スプリント(12月9日、シャティン、GI、芝1200メートル)などを視野に入れて調整する。JRA初のスプリントGI3勝を狙った1番人気のカレンチャンは2着、3着には9番人気のドリームバレンチノが入った。 新時代の到来を思わせる完勝劇だった。ロードカナロアが2度目の挑戦で堂々のGI戴冠。ゴール直後、左手を大きく広げて喜びを表した岩田康誠騎手の言葉は、自信に満ちあふれていた。 「強い馬が強いレースをして勝っただけです。僕にはこの馬でスプリンターズステークスを勝つ使命があったので、よかったです」 大外(16)番枠から道中は中団外めで軽快なピッチを刻んで追走。僚馬で国内スプリントGI連勝中のカレンチャンをピタリとマークした。レースが前半3ハロン32秒7のハイペースで進む中、手応えよく4コーナーを回ってスパート。残り100メートル付近で先に抜け出したカレンチャンを外からかわし、最後は3/4馬身差をつけてゴールを駆け抜けた。コースレコードを0秒2塗り替える勝ちタイム1分6秒7で、初タイトルに花を添えた。 2着だった前哨戦のセントウルS時は、仕上がり途上で夏負けの症状があったが、ひと叩きして筋肉の張りやうるさいくらいの活気が出た。加えて、鞍上も初コンビだった前走の反省点を修正。「僕が過信して仕掛けが早かったぶん、脚があがって負けた。落ち着いて追い出せば、結果はついてくると思った」。人馬とも上積み十分の2戦目で、文句なしの結果を出した。 女王カレンチャンとの直接対決で世代交代を成し遂げ、今後は香港スプリントなど海外挑戦を視野に入れる。 「海外スプリントは層が厚いけど、それだけのスピード、パワー、精神力を持っている。やれる器だと思っている」 岩田康もまた新たな頂点を見すえていた。新快速王ロードカナロアの進撃は、まだまだ止まらない。 (川端亮平)
2012年10月1日(月) 05:04

 1,098

【スプリンターズS】バレンチノ、ド根性3着
 第46回スプリンターズS(30日、中山11R、GI、3歳上オープン、国際、指定、定量、芝1200メートル、1着賞金9500万円=出走16頭)大舞台で重賞ウイナーの意地は見せた。9番人気ドリームバレンチノは、中団から直線で馬群をこじ開けるように伸びて3着に突っ込んだ。 「ゲートを出てぶつけられて、3~4コーナーでも狭くなった。それでも直線はしっかりと抜けてきたし、力のあるところは証明してくれた」と松山弘平騎手はちょっぴり残念そう。加用調教師は「窮屈な競馬だったが、デキが戻れば十分やれる。この後はいったん放牧に出すが、今後が楽しみになった」と満足そうな表情を見せた。
2012年10月1日(月) 05:03

 841

【スプリンターズS】平愛梨、初競馬で的中
 第46回スプリンターズS(30日、中山11R、GI、3歳上オープン、国際、指定、定量、芝1200メートル、1着賞金9500万円=出走16頭)女優・平愛梨(27)がスプリンターズSの表彰式でプレゼンターをつとめた。「力強く走る馬と騎手に感動。また、大興奮しました。人生初の競馬で当たったのも最高にうれしかったです! ロードカナロアを一生忘れません。再来週の秋華賞、岩田さんを応援します」と興奮していた。
2012年10月1日(月) 05:03

 2,485

【スプリンターズS】安田隆師「複雑な気持ち」
 第46回スプリンターズS(30日、中山11R、GI、3歳上オープン、国際、指定、定量、芝1200メートル、1着賞金9500万円=出走16頭)3頭出しでワンツーフィニッシュ。昨年のカレンチャンに続くスプリンターズS連覇の快挙を果たした安田隆行調教師だが、素直に喜びを表現することはできなかった。 「カレンチャンの(JRA)スプリントGI3連勝がかかっていましたし、できれば両方に勝たせてあげたかった。複雑な気持ちですね」 それでもロードカナロアにはカレンチャンを破る力がもともとあったことは確か。調教師は「いい勝負でしたね。ゴール前はどっちが勝つんだと思いました。前走を使って馬はグンと良くなっていましたし、高松宮記念のときよりたくましくなっていた」と、今後の短距離界を牽引する存在になったカナロアの成長を実感していた。 今後については「海外も含めて前向きに考えていきたい」とトレーナー。日本最速を証明したロードカナロア。カレンチャンとの再戦は香港スプリントということもありそうだ。 (柴田章利)
2012年10月1日(月) 05:03

 938

スプリンターズSのニュースをもっと見る >

【スプリンターズS】カナロアGIもらった
 GI初制覇に向けて態勢は整った。秋のGIシリーズの開幕戦となるスプリンターズSに出走するロードカナロア(栗東・安田隆行厩舎、牡4歳)が26日、滋賀県栗東トレーニングセンターで追い切りを行った。坂路で余裕たっぷりの動きを見せて、サンスポ紙調教評価でも最高の「S」評価を獲得。絶好の仕上がりで惜敗続きに終止符を打つ。スプリンターズSは28日に枠順確定、29日に前日発売される。 蹴り上げるウッドチップの勢いが他の馬とは明らかに違う。春の高松宮記念3着のロードカナロアが、短距離界の頂点まで突き抜けるような躍動感あふれる走りで絶好調をアピールした。 「今回は仕上がっています。前走の時とは筋肉の張りが違いますし、闘志を内に秘めている」 追い切りに騎乗した調教師の次男・安田翔伍調教助手が興奮気味に好気配を伝えた。坂路に登場したカナロアは、レースでもライバルとなるダッシャーゴーゴーを追いかける形でスタート。コーナーを曲がって外に併せると、鞍上のゴーサインを待ってましたとばかりにグングンと駆け上がっていく。相手はステッキを入れてついて行くのが精いっぱいだが、こちらは馬なりのまま並んでフィニッシュ。4ハロン51秒7-37秒8-12秒2を楽々とマークした。 「本当にいい動きでしたね。このところ惜敗が続いて歯がゆかったけれど、今回はいい状態で出走させることができる」 見届けた安田隆行調教師が、満足そうな笑顔を見せた。厩舎には昨年の最優秀短距離馬で史上初のスプリントGI3連勝を狙うカレンチャン、スプリント重賞3勝のダッシャーゴーゴーがいる。 「競馬ですから結果がどうなるかはわからないけど、奇跡を信じて1~3着を独占してほしい。どれが勝つのかプレッシャーを感じます」 有力馬3頭出しにうれしい悲鳴を上げる安田師だが、前走からの上昇気配、調教の動きではカナロアが他の2頭を上回る。デビューから11戦連続で支持された1番人気はカレンチャンに譲るかもしれないが、ロードカナロアが今度こそ厩舎のライバルたちを従えて、先頭でゴールを駆け抜ける。 (柴田章利) ◆強い4歳馬 スプリンターズSは、過去10年で4歳馬が4勝をあげている。世代別では断トツで、2勝をあげる6、7歳が続く。今年は4歳のエントリーが3頭と少なく、現在のところ出走できるのはロードカナロアだけ。
2012年9月27日(木) 05:08

 1,869

【スプリンターズS】夏王パドトロワ初GIへ
 秋のGIシリーズ第1弾となるスプリンターズSの追い切りが26日、東西トレセンと中山競馬場で行われた。 夏の勢いを持続したまま、大目標の舞台に乗り込む。サマースプリントシリーズ王者に輝いたパドトロワが、栗東坂路を力強く駆け上がり、4ハロン51秒7の好タイムをマーク。GI初制覇へ陣営の意気が上がってきた。 「先週、乗った時(20日坂路4ハロン53秒8)は少し重い感じがしたけれど、きょうはそれなりの動きをしてくれたので、ホッとしました。いい状態で行けると思うよ」 安藤勝己騎手の笑顔が、好仕上がりを物語る。最終調整は、5馬身ほど前を行く僚馬ウォーターサウンド(牡5、500万下)を目標にしてスタート。直線に向くと回転が速いフットワークを繰り出して、前の馬を外から並ぶ間もなくかわし去った。スピードに乗った走りは迫力満点。そのまま突き抜けて単走の形となり、ラスト1ハロンも鞍上の右ステッキ2発に応えて踏ん張って、12秒9でまとめた。 「52秒を切りましたからね。最後は少し時計がかかったけれど、その前のラップが速かったもので問題ないでしょう」 鮫島調教師も動きに納得の表情だ。今夏は重賞を連勝。「体が引き締まっていい感じ」とさらなる上昇を感じるトレーナーは「去年はタイトルがなかったが、今年は重賞を連勝してサマーチャンピオン。胸を張ってGIへ」と意欲満々の口ぶりだ。 2歳秋の新馬戦から騎乗してコンビで7勝のアンカツも「今年はここまでの過程がよく、いい流れでGIに行ける。上位を争えると思うし、今回は大きなチャンス」と期待を込める。昨年2着の雪辱を果たして、サマー王者初のスプリンターズS制覇へ。その時が近づいている。 (下村静史)
2012年9月27日(木) 05:06

 1,166

【スプリンターズS】カレン電撃GI3連覇へ
 秋のGIシリーズ第1弾となるスプリンターズSの追い切りが26日、東西トレセンと中山競馬場で行われた。昨年の勝ち馬で今春の高松宮記念も快勝しているカレンチャンは栗東坂路で弾むような走りを見せて、上昇ぶりをアピール。スプリントGI3連覇へ向けて態勢は万全だ。サマースプリント王者のパドトロワも迫力満点の動きを披露。さらなる上積みを感じさせた。 史上初の快挙に向かって、カレンチャンが風格たっぷりに登坂。手綱から伝わる手応えに、安田翔調教助手は笑みをこぼした。 「ムキにならず、指示を出すとスッと反応してくれた。気持ちが入ってきているので、それを途切れさせないようにする併せ馬。余力があった」 派手さはなくとも、好仕上がりは明らかだ。最終追い切りは坂路で併せ馬。グレープブランデー(牡4オープン)を目標に、スピードに乗っていく。ラスト1ハロンで一杯に追われた僚馬と馬体を併せると、馬なりのままスッとかわして半馬身先着。ラスト1ハロン12秒1(4ハロン53秒2)の切れ味を見せつけた。 前走のセントウルSは高松宮記念以来、5カ月半ぶりの復帰戦。厳しい展開になりながら、コンマ1秒差の4着に粘って地力を示した。22キロ増の504キロとたくましくなった馬体を不安視する声もあったが、レース内容や息の入り方に問題はなかった。この中間は叩き良化型らしく、心身ともに右肩上がり。「高松宮記念よりもいいパフォーマンスを見せられる」と安田翔助手は自信を持って送り出す。 スプリントGI3勝は、これまでフラワーパークなど4頭が挑戦し、跳ね返されてきた。今回は昨年のGI香港スプリントで敗れたラッキーナインをはじめ、国内勢も僚馬ロードカナロアなど強豪揃い。ハードルは高いが、だからこそ価値がある。コンビを組む池添謙一騎手は「日本では負けられない気持ち」と力強く言い切った。 スケールアップした女王カレンチャンが、歴史にその名を刻む。 (川端亮平)
2012年9月27日(木) 05:06

 848

【スプリンターズS】マジンのびのび12秒2
 秋のGIシリーズ第1弾となるスプリンターズSの追い切りが26日、東西トレセンと中山競馬場で行われた。 セントウルS11着のマジンプロスパーは、栗東CWコースで6ハロン78秒9、ラスト1ハロン12秒2。体全体を使った伸びのあるフォームを披露した。「少し体に余裕がある感じだったので、最後までしっかりやった。前走よりもよくなっている」と宝来調教助手。中尾秀調教師も「体のハリがよくなり、体調は上向き。落ち着きもある」と手応えを感じている。前走は押して先手を奪ったが、直線で失速。「馬なりで行けたのなら別だが…。不本意な競馬だった」と、トレーナーは力負けとは感じていない。元大リーガー、佐々木主浩氏(44)の所有馬で「今回と秋華賞(ヴィルシーナ)は期待しているだろうから」と、中尾秀師は佐々木オーナーにGI初制覇をプレゼントするつもりだ。
2012年9月27日(木) 05:05

 728

スプリンターズSの直前追い切り情報をもっと見る >

スプリンターズS過去10年の結果

2011年10月2日() 中山競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 カレンチャン 池添謙一 1:07.4 11.2倍 106.9
2着 パドトロワ 安藤勝己 1 3/4 49.4倍 103.8
3着 エーシンヴァーゴウ 福永祐一 ハナ 21.0倍 103.8
2010年10月3日() 中山競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
2009年10月4日() 中山競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 ローレルゲレイロ 藤田伸二 1:07.5 13.8倍 105.9
2着 ビービーガルダン 安藤勝己 ハナ 3.8倍 105.9
3着 カノヤザクラ 小牧太 1 1/4 20.0倍 103.8

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

スプリンターズSステップレース

2012年9月9日() 阪神競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 4 エピセアローム 武豊 1:07.3 16.5倍 102.8
2着 9 ロードカナロア 岩田康誠 アタマ 2.2倍 102.8
3着 16 アンシェルブルー 和田竜二 クビ 160.4倍⑫ 102.8
4着 6 カレンチャン 池添謙一 3/4 5.0倍 101.8
5着 14 サドンストーム 勝浦正樹 1/2 165.0倍⑬ 100.7
2012年8月26日() 札幌競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 2 パドトロワ 安藤勝己 1:07.6 6.4倍 104.5
2着 5 ダッシャーゴーゴー 横山典弘 ハナ 2.7倍 104.5
3着 11 テイエムオオタカ 藤田伸二 1 1/4 7.2倍 102.5
4着 10 シュプリームギフト 秋山真一郎 3/4 9.4倍 101.5
5着 12 スプリングサンダー 四位洋文 1/2 19.0倍 100.4
2012年7月22日() 新潟競馬場/芝1000m
天候: 馬場:
1着 16 パドトロワ 安藤勝己 0:54.2 11.6倍 106.1
2着 17 エーシンダックマン 蛯名正義 1 1/2 7.9倍 103.6
3着 4 エーシンヴァーゴウ 田辺裕信 クビ 7.8倍 102.3
4着 3 ハクサンムーン 石橋脩 クビ 7.1倍 102.3
5着 15 ジュエルオブナイル 内田博幸 1 3/4 9.5倍 98.4
2012年7月1日() 中京競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 16 マジンプロスパー 浜中俊 1:08.7 4.5倍 104.4
2着 15 スプリングサンダー 四位洋文 3/4 14.1倍 103.4
3着 12 ダッシャーゴーゴー 横山典弘 3/4 4.3倍 102.4
4着 13 オウケンサクラ 太宰啓介 アタマ 24.1倍 102.4
5着 17 エーシンヒットマン 藤岡康太 2 1/2 6.8倍 98.3

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

スプリンターズSの歴史と概要


2012、13年の優勝馬ロードカナロア

後世に語り継がれる“伝説の一戦”や“衝撃の一戦”には枚挙に暇がなく、日本競馬史上最強スプリンターと並び称されるサクラバクシンオーロードカナロアが、いずれも圧倒的な強さで連覇(前者が第27~28回、後者が第46~47回)。1998年の第32回は、引退レースとしてこのレースに臨み、誰もが勝利を信じて疑わなかった単勝1.1倍のタイキシャトルがよもやの3着に敗れ、競馬界に衝撃が走った。2000年の第34回は16頭立ての最低人気、単勝257.5倍のダイタクヤマトが逃げ切り勝ちを収め、場内が騒然。2005年の第39回は、当時の世界最強スプリンターサイレントウィットネス(香港)が噂に違わぬ異次元の強さを見せつけ、ファンの喝采と溜息を誘った。

▼2005年は香港馬サイレントウィットネスが異次元の強さを見せつけた。

歴史と概要をもっと見る >

スプリンターズSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月23日(
産経賞オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

競馬番組表

2018年9月22日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2018年9月23日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る