フォイヤーヴェルク(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
フォイヤーヴェルク
写真一覧
現役 牡7 青鹿毛 2013年2月23日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績29戦[7-3-6-13]
総賞金13,084万円
収得賞金1,550万円
英字表記Feuerwerk
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ナイトマジック
血統 ][ 産駒 ]
Sholokhov
Night Woman
兄弟 アルミレーナノチェブランカ
前走 2020/08/01 新潟ジャンプS G3
次走予定

フォイヤーヴェルクの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/08/01 新潟 8 新潟ジャンプ G3 芝3250 14222.411** 牡7 60.0 森一馬池江泰寿456(0)3.30.7 -1.013.0⑤⑤④メドウラーク
20/07/04 福島 4 障害3歳以上オープン 芝2750 14222.511** 牡7 60.0 森一馬池江泰寿456(0)3.01.0 -0.113.2セイウンフォーカス
20/05/17 新潟 4 障害4歳以上未勝利 芝2890 146102.011** 牡7 60.0 森一馬池江泰寿456(+2)3.09.4 -1.313.1⑤⑤ソッサスブレイ
20/04/25 福島 5 障害4歳以上未勝利 芝2770 10449.643** 牡7 60.0 森一馬池江泰寿454(0)3.01.5 0.613.1⑥⑥④④ウインスラーヴァ
19/12/21 中山 11 グレイトフル 3勝クラス 芝2500 16713138.01614** 牡6 54.0 石橋脩池江泰寿454(-2)2.36.7 1.135.2⑫⑫⑪⑬ロサグラウカ
19/10/26 京都 10 古都S 3勝クラス 芝2400 72212.366** 牡6 57.0 A.シュタ池江泰寿456(0)2.30.8 0.434.3⑤⑥⑥⑥プリンスオブペスカ
19/10/06 東京 9 六社S 3勝クラス 芝2400 1581549.2109** 牡6 54.0 A.シュタ池江泰寿456(+4)2.26.5 0.733.6⑫⑫⑬⑬アフリカンゴールド
19/05/11 東京 10 緑風S 1600万下 芝2400 94443.678** 牡6 55.0 内田博幸池江泰寿452(-4)2.24.8 1.734.9⑧⑧⑧⑦ヴァントシルム
19/04/29 京都 10 烏丸S 1600万下 芝2400 1271014.179** 牡6 55.0 B.アヴド池江泰寿456(-2)2.26.0 0.734.5⑨⑧⑨⑨レノヴァール
19/02/09 京都 10 琵琶湖特別 1000万下 芝2400 8115.341** 牡6 57.0 和田竜二池江泰寿458(0)2.28.2 -0.035.3⑤⑤④④アロマドゥルセ
19/01/20 京都 9 睦月賞 1000万下 芝2400 8114.922** 牡6 56.0 和田竜二池江泰寿458(-2)2.29.9 0.236.0⑤⑤⑥⑦コスモピクシス
18/12/22 阪神 9 江坂特別 1000万下 芝2400 10445.946** 牡5 57.0 H.ボウマ池江泰寿460(+12)2.30.5 0.836.5⑨⑨⑤パリンジェネシス
18/10/02 阪神 9 兵庫特別 1000万下 芝2400 8334.633** 牡5 56.0 丸山元気池江泰寿448(+8)2.27.9 1.134.8⑦⑦⑥⑤アフリカンゴールド
18/07/01 中京 9 木曽川特別 1000万下 芝2200 10775.343** 牡5 57.0 M.デムー池江泰寿440(+2)2.11.1 0.334.9⑤⑦⑤⑤ダノンマジェスティ
18/06/17 東京 9 町田特別 1000万下 芝2400 8115.122** 牡5 56.0 川田将雅池江泰寿438(-2)2.25.0 0.235.1⑤④⑤⑤ムイトオブリガード
18/04/29 東京 9 陣馬特別 1000万下 芝2400 12552.418** 牡5 56.0 石橋脩池江泰寿440(-4)2.25.6 0.435.2コウキチョウサン
18/04/07 阪神 10 白鷺特別 1000万下 芝2400 8441.912** 牡5 57.0 川田将雅池江泰寿444(+2)2.28.8 0.135.2⑦⑦⑥⑥ヒシマサル
17/12/17 中京 12 尾張特別 1000万下 芝2200 138124.223** 牡4 57.0 北村友一池江泰寿442(+2)2.13.3 0.235.1⑨⑨⑨⑩レイホーロマンス
17/10/21 新潟 10 萬代橋特別 500万下 芝2400 10441.511** 牡4 57.0 石橋脩池江泰寿440(-4)2.26.0 -0.035.5⑧⑧ブライトクォーツ
17/08/19 新潟 9 出雲崎特別 500万下 芝2400 137113.718** 牡4 57.0 石橋脩池江泰寿444(+6)2.28.4 0.534.5⑥⑥⑦⑦コウキチョウサン

⇒もっと見る


フォイヤーヴェルクの関連ニュース

 新潟ジャンプS(J・GIII、芝3250メートル)が1日、新潟競馬場で14頭によって争われ、1番人気のディープインパクト産駒フォイヤーヴェルクが、道中で森一騎手のあぶみが外れるアクシデントがありながら6馬身差の圧勝。障害入り2戦目から3連勝で一気に重賞ウイナーの仲間入りを果たした。次走は未定。

 ◇

 ◆森一騎手(フォイヤーヴェルク1着)「だんだんと慣れて飛越も整ってきた。この馬を障害に使おうと判断した関係者に感謝したい」 ◆北沢騎手(メドウラーク2着)「想定通りの競馬はできた」 ◆平沢騎手(ケイティクレバー3着)「ローカル重賞の速いペースの経験がなく、その差が出た」 ◆大江原騎手(ファイアプルーフ4着)「平地の脚が違った」

フォイヤーヴェルク 父ディープインパクト、母ナイトマジック、母の父ショロコフ。青鹿毛の牡7歳。栗東・池江泰寿厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績29戦7勝(うち障害4戦3勝)。獲得賞金1億3084万8000円(うち障害5289万7000円)。重賞は初勝利。新潟JSは池江泰寿調教師が初勝利、森一馬騎手は2017年グッドスカイに次いで2勝目。馬名は「花火(ドイツ語)」。

【新潟ジャンプ】1番人気フォイヤーヴェルクが3連勝で重賞初V! 2020年8月1日() 14:21

 8月1日の新潟8R・新潟ジャンプステークス(J・GIII、3歳以上、障害オープン、芝3250メートル、1着賞金2900万円、14頭立て)は、森一馬騎手騎乗の1番人気フォイヤーヴェルク(牡7歳、栗東・池江泰寿厩舎)が好位で無難な飛越から徐々にポジションを上げ、直線で楽々と抜け出し3連勝で重賞初制覇を飾った。タイムは3分30秒7(稍重)。

 6馬身差の2着にはメドウラーク(4番人気)、さらに3/4馬身差遅れた3着にケイティクレバー(3番人気)が続いた。

 新潟ジャンプSを勝ったフォイヤーヴェルクは、父ディープインパクト、母ナイトマジック、母の父ショロコフという血統。

 ◆森一馬騎手(1着 フォイヤーヴェルク)「だんだん障害レースにも慣れてきて、飛越も整ってきました。内枠も良かったですね。厩舎もいい状態で送り出してくれたので、本来の力を発揮することができました。まだまだ伸びしろがありますし、今後が非常に楽しみです」



[もっと見る]

【新潟ジャンプ】追って一言 2020年7月30日(木) 04:48

 ◆アズマタックン・熊沢騎手 「この馬なりにいい状態をキープしていて力は出せる。速いペースで流れてくれれば」

 ◆エアカーディナル・笹田師 「少し軽い調整になったけど、乗り役の判断だから大丈夫でしょう。展開が鍵になる」

 ◆ケイティクレバー・杉山晴師 「暑さに強いタイプじゃないのでその辺りはポイント。自分のリズムで運べれば」

 ◆ノワールギャルソン・田村師 「スピードがあるし、新潟の置き障害は合う。前走は斤量64キロを背負って予想以上の走りだった。仕上がりは万全だし、楽しみ」

 ◆フォイヤーヴェルク・森一騎手 「しまいの反応を確認しました。状態は前走以上で飛越もスムーズになっている」

 ◆メドウラーク・北沢騎手 「動きは悪くない。ズブさが出ていて、他がハナに行くなら無理に行かなくてもいい」



新潟ジャンプSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【クイーンS&新潟ジャンプS】レースの注目点 2020年7月28日(火) 16:36

★11年ぶりに3歳馬不在 スカーレットカラーなど18頭が登録/クイーンS



 8月2日、札幌競馬場ではクイーンSが実施される。同レースは1999年まで3歳牝馬限定戦として実施されてきたが、2000年から古馬が出走可能となり、3歳以上の牝馬限定重賞として実施されている。今年は、昨年2着のスカーレットカラー(5歳、栗東・高橋亮厩舎)、中山牝馬S福島牝馬Sを連勝したフェアリーポルカ(4歳、栗東・西村真幸厩舎)など18頭が登録しているが、クイーンSを制して秋のGI戦線へ向け弾みをつけるのはどの馬だろうか。



 また、今年のクイーンSには4歳馬が7頭、5歳馬が8頭、6歳馬が3頭登録しており、3歳馬の登録はなし。古馬が出走可能となった2000年以降、3歳馬が出走しなかったクイーンSは2009年の1度だけで、同年は5歳馬が1着から3着までを占めたが、今年のクイーンSを制すのはどの世代だろうか。なお、今年実施された古馬牝馬重賞7レースの結果を見ると、5歳馬が3勝、2着5回という成績を挙げており、最も多く連対している。



★JRA全10場重賞Vがかかるステイゴールド産駒 昨年3着のカリビアンゴールドなど3頭が登録/クイーンS



 ステイゴールド産駒は、札幌を除く9場でJRA重賞を制しており、クイーンSでJRA全10場重賞制覇がかかる。同産駒は昨年の3着馬カリビアンゴールド(6歳、栗東・鮫島一歩厩舎)、4月の福島牝馬Sで2着に入ったリープフラウミルヒ(5歳、美浦・相沢郁厩舎)、レッドフィオナ(5歳、栗東・橋口慎介厩舎)の3頭が登録しているが、札幌でも重賞を制して、グレード制が導入された1984年以降では11頭目となるJRA全10場重賞制覇を決めることができるかどうか。なお、カリビアンゴールドには藤岡康太騎手、リープフラウミルヒには丹内祐次騎手が騎乗する予定。



平沢健治騎手3連覇なるか 白浜雄造騎手は全6場障害重賞制覇に挑戦/新潟ジャンプ



 今年の障害競走での騎手成績を見ると、石神深一騎手が10勝を挙げてトップとなっており、2位の森一馬騎手が7勝、3位の平沢健治騎手が6勝で続いている。8月1日に実施される新潟ジャンプSでは、石神騎手がブラックワンダー(牡4歳、美浦・尾形和幸厩舎)、森騎手がフォイヤーヴェルク(牡7歳、栗東・池江泰寿厩舎)、平沢騎手がケイティクレバー(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)に騎乗する予定で、平沢騎手には2018・19年に続く同レース3連覇がかかるが、今年の新潟ジャンプSを制すのはどのジョッキーだろうか(※ブラックワンダーは7月27日現在、抽選対象となっている)。



 また、プラチナアッシュ(セン5歳、栗東・寺島良厩舎)に騎乗予定の白浜雄造騎手は、新潟以外の5場で障害重賞を制しており、Vなら、6場障害重賞制覇となる。開催日割の変更に伴う実施場の変更を除いた全6場障害重賞制覇となれば、高田潤騎手以来2人目の達成となるが、白浜騎手は新潟で初の障害重賞制覇を飾ることができるかどうか。なお、同騎手は歴代最多の障害重賞21勝を挙げている。



★1番人気馬が10連敗中のJRA重賞 クイーンSは過去10年で1番人気馬が5勝



 現在、JRA重賞では1番人気馬が10連敗中。6月21日に実施されたユニコーンSでカフェファラオが勝ったのを最後に勝利から遠ざかっており、この間2着に入ったのもアイビスSDライオンボス1頭だけとなっている。今週は8月1日に新潟ジャンプS、2日にクイーンSが実施されるが、1番人気馬の連敗はストップするだろうか。なお、新潟ジャンプSは過去10年で1番人気馬が2勝、クイーンSは過去10年で1番人気馬が5勝を挙げている。



 また、7月に実施されたJRA重賞は8レースのうち4レースでフタ桁人気馬が勝利を挙げ、波乱の決着が多く見られた。フタ桁人気馬のJRA重賞月間4勝はグレード制が導入された1984年以降の最多タイ記録となったが、8月最初の開催となる今週のJRA重賞はどのような結果になるだろうか。



クイーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★新潟ジャンプSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【新潟ジャンプステークス】特別登録馬 2020年7月26日() 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】ミッキースワローは産経賞オールカマーで始動 2020年7月9日(木) 04:43

 ★天皇賞・春3着ミッキースワロー(美・菊沢、牡6)は産経賞オールカマー(9月27日、中山、GII、芝2200メートル)で始動する。昨年のAJCC4着の後、右前脚の浅屈腱炎で長期休養しているジェネラーレウーノ(美・矢野、牡5)も同レースで復帰予定。

 ★初ダートで西脇特別(2勝クラス)を勝ったラインベック(栗・友道、牡3)は、レパードS(8月9日、新潟、3歳GIII、ダ1800メートル)を視野に入れる。

 ★松島特別(2勝クラス)を勝ったミスニューヨーク(栗・杉山晴、牝3)は、放牧を挟んで紫苑S(9月12日、中山、GIII、芝2000メートル)かローズS(9月20日、中京、GII、芝2000メートル)のいずれかに参戦予定。

 ★4日福島の障害OPを勝ったフォイヤーヴェルク(栗・池江、牡7)は、新潟JS(8月1日、新潟、J・GIII、芝3250メートル)に向かう。

 ★吾妻小富士S13着タニノフランケル(栗・角居、牡5)は、小倉記念(8月16日、小倉、GIII、芝2000メートル)、僚馬で平安S6着マグナレガーロ(牡5)は川田騎手で阿蘇S(8月15日、小倉、OP、ダ1700メートル)へ。

 ★中山記念7着の後、休養しているウインブライト(美・畠山、牡6)は、右前脚蹄部の蟻洞(土中の菌により蟻の穴のように蹄が損傷される疾病)が治癒しきれておらず放牧中。年内の戦列復帰は微妙。

 ★安達太良S(3勝クラス)を勝ったハヤブサレジェンド(美・伊藤圭、牡5)は、BSN賞(8月29日、新潟、L、ダ1800メートル)が視野に。天保山Sを競走除外になったエルモンストロ(栗・角居、牡4)も岩田望騎手で同レースへ。

 ★昨夏の関屋記念9着のあと休養しているロシュフォール(美・木村、牡5)は関越S(8月2日、新潟、OP、芝1800メートル)で復帰する。僚馬でアンタレスS13着ワイルドカード(牡6)はエルムS(8月9日、札幌、GIII、ダ1700メートル)を目指す。

 ★パラダイスS4着アンリミット(栗・清水久、牝5)は朱鷺S(8月30日、新潟、L、芝1400メートル)へ。僚馬でスレイプニルS8着メイプルブラザー(牡6)は、ジュライS(18日、阪神、L、ダ1800メートル)に向かう。ここには、三宮S2着クリンチャー(栗・宮本、牡6)も参戦する。

 ★巴賞2着ミラアイトーン(美・菊沢、牡6)は放牧。次走未定。

[もっと見る]

⇒もっと見る

フォイヤーヴェルクの関連コラム

閲覧 1,547ビュー コメント 0 ナイス 7

 先週で4回中山と4回阪神が終了し、今週からは4回東京と4回京都がスタート。小倉2歳ステークス以来の2歳重賞となるサウジアラビアロイヤルカップ(2歳重賞・東京芝1600m)を皮切りに、12月13日の阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)や12月20日の朝日杯フューチュリティステークス(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)に向けた前哨戦が次々と施行されます。中盤戦に向けての勢力図が決まる重要な時期と言っていいでしょう。

 今回はまず、各ワールドで上位につけているプレイヤーと、その獲得ポイントや指名馬(10月4日終了時点)をまとめてみました。

 スペシャルワールドはロードクエストらを指名しているたけぼう54さんが1億1979万円でトップ。2位はアドマイヤエイカンらを指名している藤沢雄二さん(1億0317万円)、3位はシュウジらを指名しているウマニティ公認プロのkmさん(9577万円)で、重賞ウイナーを指名した3プレイヤーが上位グループを形成しています。もっとも、スペシャルワールドは各馬の指名枠がひとつずつしかなく、複数の活躍馬を確保するのが難しいため、場合によっては今後も目まぐるしく順位が変動しそう。二の矢、三の矢を放って混戦から抜け出すプレイヤーは現れるでしょうか。

 ミリオネアワールドはブランボヌールらを指名しているsokuratesuさんが首位を快走中です。重賞ウイナーこそブランボヌールだけですが、他にもオープンクラスのレースで好走した馬がいますし、ルールブリタニア(ミュージカルウェイの2013)やRunning Bobcatsの2013といった超良血の未出走馬もスタンバイ。もうしばらくトップ争いを牽引するのではないかと思います。

 リッチワールドはシュウジらを指名しているさぎ太さんを、アシノツメさんが約800万円差で追う展開。その後にも重賞ウイナーを指名したプレイヤーが続いており、かなりの混戦模様です。まだ最後の仮想オーナー募集枠開放(11月2日)を控えていますし、これから勢力図が大きく変わるかもしれません。

 ブルジョアワールドはロードクエストらを指名している九州のおまん…さんがアタマひとつ抜けた格好。既に2位以下との差が5000万円以上もあります。既に2勝馬が4頭、勝ち上がりを果たした馬が11頭という層の厚いラインナップで、今後もさらに獲得ポイントを伸ばしてくるでしょう。アベレージワールドはシュウジらを指名しているカネデントウショウさんがトップ。今のところ10頭しか指名していないことを考えれば驚異的な成績です。

 なお、ブルジョアワールドとアベレージワールドはまだ仮想オーナー募集枠の開放が2回あります。極端な話、これから参加するプレイヤーにも上位進出のチャンスはあると思いますので、今後も有力馬の動向や新馬、未勝利などの結果に注目しておきましょう。

 最後に、10月6日現在の注目POG馬ランキングで上位に推されている未出走馬の近況をまとめてみました。

 注目POG馬ランキング2位のエルプシャフトビワハイジの2013)はノーザンファーム早来で調整中。半姉サングレアル、全姉ジョワドヴィーヴルが2歳時の11月に、全兄トーセンレーヴが3歳時の2月にデビューしていることからも、態勢が整うまで無理はさせない方針なのだろうと思います。ポテンシャルの高い血統であることは間違いありませんし、長い目で見守りたいところです。

 同様に、注目POG馬ランキング4位のフォイヤーヴェルク(ナイトマジックの2013)もノーザンファーム早来で調整中。8月6日のゲート試験に合格していますが、再度放牧に出て乗り込んでいるとのことでした。こちらも母がドイツオークスやバーデン大賞典を制している超良血馬。無理のない範囲、かつ来春のクラシック戦線を見据えたタイミングで初陣を迎えることになるでしょう。

 注目POG馬ランキング5位のリオンディーズ(シーザリオの2013)もノーザンファーム早来で調整が進められている一頭。初夏のうちに一旦入厩し、7月1日のゲート試験に合格しています。9月中に帰厩するプランもあったようですが、残念ながら直前の段階で軽度の捻挫を発症してしまったそうです。ただ、こちらもデビューを焦らなければならないような血統ではありませんし、態勢さえ整えばそれなりの時期に初陣を迎えられるのではないかと思います。

 注目POG馬ランキング6位のリライアブルエース(ゴールデンドックエーの2013)はノーザンファームしがらきで調整中。7月31日のゲート試験に合格していますし、順調ならそう遠くないうちに再入厩の話も出てくるんじゃないでしょうか。

 注目POG馬ランキング7位のサトノダイヤモンド(マルペンサの2013)も8月28日のゲート試験に合格済み。一旦放牧に出て調整が進められているとのことでした。大きな頓挫がなければ“王道”の秋デビューになるのではないかと思います。

※次回のコラムは12/2(水)になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『ウルトラ回収率 2015-2016』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)。POG専門誌の制作にもさまざまな形で携わっており、現6歳世代のPOGでは参加したすべてのドラフト(いずれも参加者20名以上)でジェンティルドンナの単独1位指名に成功した。このウマニティPOGにおいても、ミッキーアイルクラリティスカイと2年連続でGⅠウイナーを指名している。


登録済みの方はこちらからログイン

2015年8月6日(木) 12:45 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2015) ~第5回 高指数を出した既出走馬~
閲覧 1,405ビュー コメント 0 ナイス 0

先週から1回札幌、2回新潟、2回小倉がそれぞれスタートし、夏季競馬も後半戦に突入。3歳時に本格化してくれそうな馬ばかりを狙っている私は戦況を客観的に見守っているだけですが(笑)、いわゆる“早期デビュー組”は明暗がはっきりしてきました。8月30日(日)の新潟2歳ステークス、9月5日(土)の札幌2歳ステークス、9月6日(日)の小倉2歳ステークスあたりにひと足早く思いを馳せている方もたくさんいらっしゃるでしょう。

 もっとも、「ウマニティPOG」は引き続き入札や仮想オーナー募集枠の開放が行われるため、まだどのプレイヤーにも優勝のチャンスがあります。このルールで上位進出を狙うなら、継続的な戦況の観察と的確なプランニングに基づく入札が必要不可欠。そこで今回は、まだ指名枠を残しているプレイヤーたちに今後の方向性を示すべく、8月4日(火)00:00時点の注目POG馬ランキングで上位に入っている馬の近況をまとめてみました。

 注目POG馬ランキング20位以内の馬でデビュー済みなのはプロディガルサン(ラヴズオンリーミーの2013)、ポルトフォイユ(ポルトフィーノの2013)、アストラエンブレムブラックエンブレムの2013)、シルバーステート(シルヴァースカヤの2013)、ロードクエスト(マツリダワルツの2013)の5頭。いずれも既に勝ち上がっています。各レースでマークしたU指数は下記の通りです。

プロディガルサン(ラヴズオンリーミーの2013)
6月20日(土) 東京05R(2歳新馬) 75.2(1着)

ポルトフォイユ(ポルトフィーノの2013)
6月28日(日) 阪神05R(2歳新馬) 79.3(1着)

アストラエンブレムブラックエンブレムの2013)
7月5日(日) 中京05R(2歳新馬) 70.4(2着)
8月2日(日) 新潟01R(2歳未勝利) 83.9(1着)

シルバーステート(シルヴァースカヤの2013)
7月11日(土) 中京05R(2歳新馬) 77.9(2着)
7月25日(土) 中京01R(2歳未勝利) 87.4(1着)

ロードクエスト(マツリダワルツの2013)
6月7日(日) 東京05R(2歳新馬) 80.9(1着)

 ちなみに、この時期のU指数は新馬より未勝利の方が、早い時期のレースより遅い時期のレースの方が高く出がち。重賞、オープン特別、500万下だとさらに数値は高くなります。他馬を含め、U指数を検討材料とする際はこの点に注意したいところです。

 注目POG馬ランキング2位のエルプシャフトビワハイジの2013)はノーザンファーム早来で調整中。デビューはおそらく秋以降になるのではないかと思います。

 4位のリオンディーズシーザリオの2013)は6月に一旦入厩したものの、ゲート試験合格後にノーザンファーム早来へ放牧されたとのこと。こちらもデビューは秋以降でしょう。

 5位のフォイヤーヴェルク(ナイトマジックの2013)は7月26日(日)に札幌競馬場へ入厩。秋のデビューを見据え、まずはゲート試験合格を目指すようです。

 6位のリライアブルエース(ゴールデンドックエーの2013)は7月23日(木)に栗東トレーニングセンターへ入厩し、7月31日(金)にゲート試験で合格。その後は再びノーザンファームしがらきに戻っており、秋のデビューを予定しています。

 7位のサトノダイヤモンド(マルペンサの2013)は当歳時の2013年セレクトセールで2億4150万円の値がついた馬。こちらも秋以降のデビューを目指して調整が進められているとのことでした。

 8位はエアグルーヴの2013。まだ馬名も登録されていませんし、半姉のラストグルーヴが3歳時の3月に、同じく半姉のグルヴェイグ、全兄のルーラーシップがそれぞれ2歳時の12月にデビューしたことを考えても、初陣はやや遅めの時期になる可能性が高そうです。

 10位のサトノケンシロウ(マジックストームの2013)は1歳時の2014年セレクトセールに上場され、里見治氏が2億1600万円で落札。全兄サトノアラジンこそデビューは2歳時の8月でしたが、全姉ラキシスは2歳時の12月に、半兄エスケープマジックは3歳時の5月に初陣を迎えていましたから、本馬もデビューを急ぐことはないでしょう。

※次回のコラムは9/2(水)になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『ウルトラ回収率 2015-2016』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)。POG専門誌の制作にもさまざまな形で携わっており、現6歳世代のPOGでは参加したすべてのドラフト(いずれも参加者20名以上)でジェンティルドンナの単独1位指名に成功した。このウマニティPOGにおいても、ミッキーアイルクラリティスカイと2年連続でGⅠウイナーを指名している。

[もっと見る]

フォイヤーヴェルクの口コミ


口コミ一覧

重賞回顧 新潟ジャンプS

 組合長 2020年8月3日(月) 19:13

閲覧 40ビュー コメント 0 ナイス 6

障害界のレベルアップが目覚ましい。以前はたまに見た平地OP馬が普通に転向してくる時代となりました。当然、好調時に入障する馬はあまりおりませんが、今回のレースも今後が楽しみな馬が目白押し。勝ったフォイヤーヴェルクは池江厩舎のディープ産駒。デビュー戦はリオンディーズが勝った新馬戦で3番人気となり、ムーア騎手が騎乗していた馬。紆余曲折があり障害入りすると、初戦こそ取りこぼしたものの、そこからここまで3連勝で重賞制覇。少しマタギ気味の飛越ですが、スピードの落ちない飛越は安定感十分。そして平地なら父譲りの切れもあり、直線に向いて3馬身以内にいればと思いましたが予想以上の強さ。是非、飛越の練習をして中山戦でも通用するところを見せ、オジュウチョウサンがいるうちに対戦して欲しい馬です。

 2着のメドウラークは七夕賞ウィナー。実績から人気先行の感はありますが、バテないスタミナは障害向き。今年もここから中山GJへのローテでしょうが、今年こそゴールして、重賞ウィナーの意地を見せて欲しいものです。

 3着は自分の競馬をすれば、いつでも勝てそうなケイティクレバー。5歳馬だけにまだまだ伸びしろもあり、直実に自力強化をして重賞制覇を目指して欲しいです。

 DEEB 2020年8月1日() 17:09
恥ずかしい馬予想2020.08.01[結果]
閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 7

新潟 8R 新潟ジャンプステークス J・GⅢ 障害3歳以上オープン(混合)
◎ 2 フォイヤーヴェルク…1着
○ 5 ハルキストン…11着
▲12 メドウラーク…2着
△ 6 エアカーディナル…7着
× 3 ケイティクレバー…3着
[結果:アタリ○ 馬連 2-12 950円]

新潟11R 新潟日報賞 3歳以上3勝クラス(混合)[指定]
◎ 1 アフランシール…1着
○ 4 ☆セプタリアン…10着
▲ 7 レノーア…2着
△ 3 ジョーアラビカ…9着
×15 ムーンチャイム…7着
×13 シトラスノート…8着
☆ 6 ニシノキントウン…3着
[結果:アタリ○ 複勝 6 1,400円、馬連 1-7 1,310円、ワイド 1-6 4,740円]

札幌 8R 3歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎ 3 レッドランサー…5着
○ 8 スリーピート…7着
×11 ☆ケイアイターコイズ…4着
[結果:ハズレ×]

札幌11R STV賞 3歳以上3勝クラス(混合)[指定]
◎ 3 イェッツト…2着
○ 8 ハーメティキスト…5着
▲10 クラヴィスオレア…9着
△ 7 ハナズレジェンド…1着
×12 エクレアスパークル…14着
[結果:アタリ○ 馬連 3-7 2,720円]

今日は休み。
予定は何もない。
日刊ゲンダイを買いに出かけるかな。

[今日の結果:4戦3勝1敗0分]
妙に調子が良かったです。
久しぶりです。

[もっと見る]

 Mr.A- 2020年8月1日() 14:01
新潟8R
閲覧 40ビュー コメント 0 ナイス 1

新潟
稍重/稍重
8R
14:01
新潟JS
障害3250m
2 フォイヤーヴェルク 森一馬  
12 メドウラーク    北沢伸

[もっと見る]

⇒もっと見る

フォイヤーヴェルクの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  fc0703d559   フォロワー:1人 2020年7月31日(金) 20:54:48
jp鉄、障害進化中、バテない、産駒が海外等幅広く活躍、

フォイヤーヴェルクの写真

フォイヤーヴェルク

フォイヤーヴェルクの厩舎情報 VIP

2020年8月1日新潟ジャンプS G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

フォイヤーヴェルクの取材メモ VIP

2020年8月1日 新潟ジャンプS G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。