会員登録はこちら
高松宮記念 G1   日程:2009年3月29日() 15:40 中京/芝1200m

レース結果

高松宮記念 G1

2009年3月29日() 中京/芝1200m/18頭

本賞金:9,500万 3,800万 2,400万 1,400万 950万


レコード:1分06秒7
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 13

ローレルゲレイロ

牡5 57.0 藤田伸二  昆貢 468(0) 1.08.0 7.6 3
2 2 4

スリープレスナイト

牝5 55.0 上村洋行  橋口弘次 492(-2) 1.08.1 1/2 3.5 1
3 1 2

ソルジャーズソング

牡7 57.0 北村友一  鮫島一歩 512(+4) 1.08.3 1 1/4 52.0 15
ラップタイム 11.9-10.3-10.9-11.5-11.4-12.0
前半 11.9-22.2-33.1-44.6-56.0
後半 56.1-45.8-34.9-23.4-12.0

■払戻金

単勝 13 760円 3番人気
複勝 13 230円 3番人気
4 180円 1番人気
2 910円 13番人気
枠連 2-7 730円 1番人気
馬連 4-13 1,750円 3番人気
ワイド 4-13 740円 3番人気
2-13 5,690円 73番人気
2-4 3,220円 45番人気
馬単 13-4 4,410円 9番人気
3連複 2-4-13 35,840円 120番人気
3連単 13-4-2 191,140円 621番人気

高松宮記念のニュース&コラム

高松宮Vゲレイロ、京王杯出走も
 高松宮記念でGI初Vを飾ったローレルゲレイロ(栗・昆、牡5)が安田記念(6月7日、東京、GI、芝1600メートル)を使う前に、京王杯SC(5月16日、東京、GII、芝1400メートル)をはさむプランが浮上してきた。「GI馬になったので使うレースは限られてくるが、安田記念を狙うならステップレースを使う」と昆調教師。僚馬で産経大阪杯に出走予定のディープスカイ(牡4)も安田記念を予定。 高松宮記念2着のスリープレスナイト(栗・橋口、牝5)はレース後もいつもと変わりなし。「マイルは長いので安田記念は考えていないけど、使えるレースも限られてくるから」と橋口調教師。ハンデ次第ではCBC賞(6月14日、中京、GIII、芝1200メートル)も選択肢にある。
2009年4月1日(水) 05:01

 588

【産経大阪杯】昆ディープ、臨戦態勢は万全
 昨年、ダービー、NHKマイルCを制覇したディープスカイが、今週の阪神日曜メーン・産経大阪杯で今シーズンのスタートを切る。昨秋のジャパンC2着以来のレースとなるが、冬場も栗東トレセンで順調に調教を積み臨戦態勢は万全。厩舎の先輩・ローレルゲレイロが高松宮記念Vで作った最高の流れを引き継ぎ、今春の野望である“国内最強”をはっきりアピールするため、その第一歩を踏み出す。 日本競馬の屋台骨を背負って立つ4歳馬が、産経大阪杯から始動する。NHKマイルCとダービーを制した変則2冠馬ディープスカイが4カ月ぶりに復帰。成長した姿をファンの前に披露する。 「前回の休み明け(神戸新聞杯1着)は能力だけで勝ったようなもの。今回は基礎からしっかりと体を作ってきました。59キロでも勝って当たり前と思いますし、落とせないつもりで臨みます」 明確な勝ち負けへの意気込みを口にするホースマンが減りつつある昨今だが、昆貢調教師の決意は揺るぎない。それは、愛馬に課したハードルの高さを意味している。国内の頂点に立ってから、海外へ-。そのビジョンを実現するためにも、負けるわけにはいかない。 09年を迎えた頃、昆師にはひとつの目標があった。「ダイワスカーレットを負かして、真の王者になる」。天皇賞・秋(3着)で屈した女王にリベンジを果たすことだけが国内最強を証明する手段だったが、ライバルの引退でそれはかなわなくなった。もう1頭のライバル・ウオッカは、ドバイで案外な連敗。「落とせない戦い」という言葉は、“日本を背負って立つ”という意思表示でもあるのだ。 昨秋のジャパンCで2着に惜敗した後は、栗東の自厩舎でじっくりと調整。入念に乗り込んで、力を出せる状態に仕上がっている。先週の高松宮記念では僚馬ローレルゲレイロがGI初制覇と、厩舎の勢いも文句なし。安田記念(6月7日、東京、GI、芝1600メートル)、宝塚記念(6月28日、阪神、GI、芝2200メートル)の上半期3戦に向け、態勢は整っている。 「秋は海外に向かいたい気持ちもありますが、そのためには国内のGIをきっちりと勝って、ファンにも納得してもらわないといけません」 常々、競馬を盛り上げる意識を持つ昆師は、ファンの後押しを受けられる馬で海外に雄飛することを思い描く。最大の目標はヨーロッパ最高峰のレース、仏GI凱旋門賞(10月4日、ロンシャン、芝2400メートル)。誰もが納得する結果を出すべく、ディープスカイの09年がスタートする。
2009年3月31日(火) 05:03

 1,161

ゲレイロ元気一杯、安田記念で“同厩決戦”だ
 高松宮記念を勝ったローレルゲレイロ(栗・昆、牡5)が一夜明けた30日朝、栗東の自厩舎で元気な姿を見せた。「(29日午後)9時前に厩舎に戻ってきた。今朝もカイバは全部食べているよ。直線でいったん(スリープレスナイトに)かわされた時は“やばい”と思ったから、声がかれるまで叫んでいた。去年の高松宮記念(4着)ではヒザを骨折したので、やっぱり無事に引き揚げてきてくれるのが一番」と、厩務員生活30年目で待望のGI獲りに成功した平岩厩務員はホッとした表情でレースを振り返った。 今後はディープスカイも出走予定の安田記念が目標。状況によってはディープと一緒にヨーロッパ遠征を行い、仏GIムーランドロンシャン賞(9月6日、ロンシャン、芝1600メートル)あたりを目指す可能性もある。
2009年3月31日(火) 05:00

 856

【高松宮記念】ゲレイロ父子電撃キング!
 第39回高松宮記念(29日、中京、GI、芝1200メートル)3番人気のローレルゲレイロが9度目の挑戦(海外含む)でGI初制覇。父キングヘイローも優勝した高松宮記念で初の親子Vを達成した。藤田伸二騎手はGI昇格後の高松宮記念で3勝目を挙げ単独トップ。1分8秒0(良)。1番人気のスリープレスナイトは半馬身差の2着で、秋&春スプリントGI連覇は成らなかった。 父キングヘイローが00年にGI初制覇した高松宮記念で、ローレルゲレイロも勲章を掴んだ。 父と同じ(13)番から好スタートを切ると大外のジョイフルハートを見ながら最内にコースを取った。目標にされることは承知していたが、相棒の力を信じた藤田伸二騎手のペース判断が絶妙だった。前半600メートルは33秒1と決してオーバーペースではなかった。直線に入るとスリープレスナイトが襲いかかり、一旦は前に出られたが、差し返す力は残っていた。昨年の最優秀短距離馬に半馬身差をつけてゴールした瞬間、藤田は右手を高々と掲げた。 「作戦は決まっていた。直線ではアッサリかわされたが、余力が残っていたし、よく差し返してくれたね」。1996年にGIに昇格した高松宮記念で単独トップの3勝目を挙げた藤田は会心のレースにゴキゲンだ。 管理する昆貢調教師は「10年に1頭当たるか分からないくらい丈夫な馬」と公言していたが、まさに“無事是名馬”。心肺機能は引退した名牝ダイワスカーレットと同じくらいというタフさに加え、昨年末の香港遠征(GI香港スプリント8着)など海外遠征も経験し、精神面も一段と逞しさを増した。 昨年は東京新聞杯→阪急杯と重賞を連勝した勢いで挑み4着に敗れた。今春はこのレースを目標に据えたローテーション。カッカしやすい気性を考慮し、前走の阪急杯からレースで完全燃焼できるよう、調教ではソフト仕上げを施してきたことも勝因のひとつだ。 「このあとは安田記念になるでしょうか。あまりディープスカイと対決させたくないですけどね。ディープの強敵になるかもしれません」。厩舎の後輩で昨年のダービー馬ディープスカイは産経大阪杯から安田記念(6月7日、東京、GI、芝1600メートル)を目指す。春のマイル王決定戦は昆厩舎の“同門対決”で盛り上がりを見せそうだ。(高尾幸司)
2009年3月30日(月) 05:05

 923

高松宮記念のニュースをもっと見る >

【酔いどれブログ】今週は2、5、6枠
 競馬の仕事人の休日は月曜、火曜日である。今週はこの2日間の休日が実に楽しかった。酒はたっぷりある。後はつまみと昼飯を用意して、TVの前に腰を下ろせば、気分はドジャーススタジアム三塁側のスタンド。 土、日の休日にビールでも飲みながら競馬が出来るサラリーマンは羨ましいと思っていましたが、さすがに平日の午前中から試合終了まで、いっぱい飲みながらWBCを観ている事は出来ないでしょう。この時ばかりは競馬のお仕事に感謝、感謝。 今週は春のGI第一弾「高松宮記念」。昨年は5週開催の10日目で行われながら、勝ちタイムは何と1分7秒1の驚異的な高速決着。 その速い流れをつくったのがローレルゲレイロ。テン3F33秒4は普通だが、ここからが速い。800メートルが44秒4、1000メートルは55秒4の通過。例年、後半は徐々にラップは落ちて行くものだが、レース全般が速く、真のスピードがなければ通用しない、極限のレースだった。 1年経過してもローレルゲレイロは元気いっぱい。しかも、今年は3週開催の6日目。良馬場なら、昨年以上の再現もある。と、言う事は逃げ、先行馬は壊滅。差し、追い込み馬がV候補。ちょっと狙い過ぎだよと、言われそうですが、1分7秒5の持ち時計があり、中京だと馬が変わるトウショウカレッジが本音予想。 先週、中山競馬場の芝はインコースが断然有利と書きましたが、7、8日目の芝の結果は、9戦中、2枠2勝、4枠2勝、5枠3勝、6枠2勝。 そこで、2回中山8日間の5着以内までの枠順結果から、ラストウィークのAコースを予測すると…。何か、出目評論家みたいですが、一応、2、5、6枠の連対確率が高いと出ました。では、また来週に…。三原 吉次(みはら・よしじ)サンケイスポーツ記録部から競馬エイト編集部に足かけ20数年の競馬一筋男。同期に吉田均、藤牧満男、戸田一生の競馬エイトが誇る名物トラックマン。若手トラックマン椋木宏、星政彦、ヒロシらとも交流しており、競馬エイトからの調教、厩舎情報はバッチリ。彼らの本音を聞き出しての情報分析に自身の独特予想理論から買い目を絞った予想がセールスポイント。堅いところから大穴までまかせなさい。
2009年3月26日(木) 11:13

 817

【高松宮記念】ファリダット母子制覇へ
 高松宮記念(29日、中京)の追い切りが25日、東西トレセンで行われた。母子優勝を目指すファリダットは栗東DWコースでラスト1ハロン11秒9と抜群の反応を見せ、併せた相手に4馬身の先着を果たした。2週続けて騎乗した四位洋文騎手は「春の大一番で思い切り爆発できるように乗ります」とスプリント王奪取に意欲をみなぎらせていた。 母ビリーヴが勝った高松宮記念で母子制覇に挑むファリダットが、先週の重苦しい動きから一変した。 四位騎手を背に栗東DWコースで僚馬ヨドノヒーロー(牡4、500万下)を2馬身追いかけてスタート。レースと同じようにテンに急がせず、相手のペースで追走していく。4コーナーで内に潜り込むと、並ぶ間もなくかわし、四位のアクションに応えるように差を広げる。5ハロン67秒7、3ハロン38秒8-11秒9でフィニッシュし、4馬身先着と完璧な追い切りを終えた。 「先週は反応がイマイチでしたが、今日はいつも通りの動きでした。(ラストの)伸びも良かったですよ。このレースに向けてきっちりレースを消化してきたし、体調は問題ないと思います」 18日の1週前追い切りにも騎乗してラスト1ハロン12秒8に物足りなさを感じていた四位は、本来の鋭い切れに満足そうだ。「1200メートルなら掛かる心配がないし、今回は春の大一番だからね、思い切り爆発できるように乗りますよ」。先週は土日の阪神メーン(若葉S・ベストメンバー、阪神大賞典・アサクサキングス)を含む5勝と絶好調だけに、今週も勢いを持続して臨む構えだ。 母も管理した松元茂調教師は「この馬は外を回すとダメ。馬群に揉まれないと気持ちが燃えない。今回はとにかく内を回りたい。そのためには真ん中より内の枠が欲しいですね」と持ち味を存分に生かすシミュレーションはできている。 末脚の切れ味ならGIでも十分通用するファリダットが、春のスプリント王決定戦でイチかバチかの勝負に出る。(高尾幸司)
2009年3月26日(木) 05:04

 820

【高松宮記念】ストリート直線ロスも時計優秀
 高松宮記念(29日、中京)の追い切りが25日、東西トレセンで行われた。栗東坂路で追い切ったアーバンストリートは、直線に向いて前の馬が邪魔になり、内へ進路を立て直すロス。それでもパワフルなフットワークで脚を伸ばして4ハロン52秒6-39秒1-13秒6と全体のタイムは上々だ。「進路を取るのに不自由したが、時計は速かったし、好調を維持している」と野村調教師は体調に自信を見せる。初騎乗のシルクロードSで重賞Vに導いた福永騎手は「展開に左右されるが、非常にいい瞬発力がある。無理せずいいポジションを取れれば」と一発を狙う。
2009年3月26日(木) 05:03

 784

【高松宮記念】アーバニティ戴冠仕上げ
 高松宮記念(29日、中京)の追い切りが25日、東西トレセンで行われた。連勝中のアーバニティはWコースで5ハロンから徐々にペースを上げ、弾むような脚捌きで直線へ。鞍上の柄崎騎手(実戦は横山典騎手)のこぶしは微動だにせず、余裕たっぷりで5ハロン64秒9、3ハロン38秒2-12秒6(馬なり)なら文句なしだ。 「いい状態をキープすることを念頭に置いてやってきた。ここ2走は千二で上手な競馬をしているし、最後の瞬発力も凄い。姉スティンガー(98年GI阪神3歳牝馬S勝ち)に少しは近づいたかな。短期間でGIの舞台に立てるのは幸せだし、この勢いで頑張りたい」と古賀慎調教師は上位進出を狙う。
2009年3月26日(木) 05:03

 747

高松宮記念の直前追い切り情報をもっと見る >

高松宮記念過去10年の結果

2008年3月30日() 中京競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
2007年3月25日() 中京競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 スズカフェニックス 武豊 1:08.9 4.5倍 111.6
2着 ペールギュント 上村洋行 2 1/2 105.5倍⑬ 107.4
3着 プリサイスマシーン 安藤勝己 クビ 4.8倍 107.4
2006年3月26日() 中京競馬場/芝1200m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

高松宮記念ステップレース

2009年3月7日() 中山競馬場/芝1200m
天候: 馬場:稍重
1着 7 アーバニティ 横山典弘 1:09.2 6.2倍 102.6
2着 1 コスモベル 佐藤哲三 1/2 17.7倍 101.6
3着 14 アポロドルチェ 勝浦正樹 アタマ 9.7倍 101.6
4着 13 ソルジャーズソング 松岡正海 ハナ 20.4倍 101.6
5着 11 サープラスシンガー 四位洋文 1/2 5.0倍 100.6
阪急杯   G3 
2009年3月1日() 阪神競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 4 ビービーガルダン 安藤勝己 1:21.1 11.1倍 106.6
2着 13 ローレルゲレイロ 藤田伸二 1 1/4 5.3倍 104.8
3着 3 ドラゴンファング 武豊 3 1/2 5.0倍 99.6
4着 6 フィールドベアー 秋山真一郎 クビ 17.0倍 99.6
5着 9 トウショウカレッジ M.デムーロ クビ 10.8倍 98.7
2009年2月8日() 京都競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 8 アーバンストリート 福永祐一 1:08.5 12.5倍 102.9
2着 4 ソルジャーズソング 岩田康誠 1 1/2 10.3倍 100.8
3着 9 モルトグランデ 藤田伸二 アタマ 8.0倍 100.8
4着 5 ヘイローフジ 飯田祐史 ハナ 17.7倍 100.8
5着 15 サープラスシンガー 四位洋文 クビ 6.9倍 99.8

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

高松宮記念の歴史と概要


2010、11年の優勝馬キンシャサノキセキ

もともとは夏の中京開催を彩る芝2000mの名物G2だったが、1996年のG1昇格にともない距離が芝1200mに短縮されるとともに3月に移動。春の最強スプリンターを決める一戦となった。G1昇格を受けて国内のトップスプリンター大挙出走するようになり、G1として最初に行なわれた第26回(1996年)の勝ち馬フラワーパークは、秋のスプリンターズステークスも制して春秋スプリントG1連覇を達成。この馬のほかにも、第31回(2001年)のトロットスター、第33回(2003年)のビリーヴ、第39回(2009年)のローレルゲレイロ、第42回(2012年)のカレンチャン、第43回(2013年)のロードカナロアらが、春と秋のダブルタイトル獲得に成功している。また、第30回(2000年)のキングヘイロー、第35回(2005年)のアドマイヤマックス、第37回(2007年)のスズカフェニックス、第44回(2014年)のコパノリチャードのように、クラシック戦線や中距離路線では花開かずも、短距離に矛先を変えてG1ホースに上り詰めた例も少なくない。過去に2連覇を果たしたのは、第40~41回(2010~2011年)のキンシャサノキセキのみとなっている。

▼2013年はロードカナロアが1番人気に応えて優勝。春と秋のダブルタイトル獲得に成功。

歴史と概要をもっと見る >

高松宮記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る