会員登録はこちら
桜花賞 G1   日程:2009年4月12日() 15:40 阪神/芝1600m

レース結果

桜花賞 G1

2009年4月12日() 阪神/芝1600m/18頭

本賞金:8,900万 3,600万 2,200万 1,300万 890万


レコード:1分32秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 9

ブエナビスタ

牝3 55.0 安藤勝己  松田博資 454(+4) 1.34.0 1.2 1
2 8 18

レッドディザイア

牝3 55.0 四位洋文  松永幹夫 478(+2) 1.34.1 1/2 14.4 2
3 7 15

ジェルミナル

牝3 55.0 福永祐一  藤原英昭 456(-4) 1.34.3 1 1/2 25.2 5
ラップタイム 12.4-10.8-11.7-12.0-12.2-11.7-11.6-11.6
前半 12.4-23.2-34.9-46.9-59.1
後半 59.1-47.1-34.9-23.2-11.6

■払戻金

単勝 9 120円 1番人気
複勝 9 110円 1番人気
18 270円 3番人気
15 330円 4番人気
枠連 5-8 550円 3番人気
馬連 9-18 640円 2番人気
ワイド 9-18 320円 2番人気
9-15 420円 3番人気
15-18 1,650円 14番人気
馬単 9-18 780円 2番人気
3連複 9-15-18 2,480円 4番人気
3連単 9-18-15 5,680円 8番人気

桜花賞のニュース&コラム

【3歳次走報】ジェルミナルはオークス直行
 ★…桜花賞3着ジェルミナル(栗・藤原英、牝)はオークス(5月24日、東京、GI、芝2400メートル)に直行。僚馬で忘れな草賞2着ブロードストリート(牝)はスイートピーS(5月3日、東京、オープン、芝1800メートル)でオークスの出走権を狙う。桜花賞12着ヴィーヴァヴォドカ(美・勢司、牝)は、厩舎で立て直してオークスへ。 ★…ニュージーランドTを快勝したサンカルロ(美・大久保洋、牡)、3着ジョーカプチーノ(栗・中竹、牡)、6着ダイワプリベール(美・池上、牡)はNHKマイルC(5月10日、東京、GI、芝1600メートル)へ。5着アイアンデューク(美・伊藤伸、牡)は16日、北海道・日高町の加藤ステーブルに放牧。
2009年4月16日(木) 05:01

 533

【皐月賞】3強に待った!ベストがベスト
 今週の牡馬クラシック第1弾・皐月賞は“3強”との呼び声が高い。でも、ちょっと待った! 競馬は血のスポーツとも呼ばれるから、勢いのある種牡馬に注目だ。09年リーディングサイアーは産駒が重賞3勝のマンハッタンカフェで、先週の桜花賞も2着と好走した。今回魅力を感じるのはトライアルの若葉Sを快勝したベストメンバーだ。 軽々しく“3強”とは言わせない。皐月賞トライアルの若葉Sを豪快に差し切ったベストメンバーが、ロジユニヴァース、アンライバルド、リーチザクラウンの3強ムードに“待った”をかける。 どんよりとした曇り空とは対照的に、ベストメンバーのはち切れんばかりの張りを保った黒毛の馬体が状態の良さを見せつける。追い切り前日の14日は栗東CWコース半周→坂路1ハロン(200メートル)を16秒前後のペースで軽く1本登坂。イレ込む様子は一切なく、3歳春のこの時期にしては若駒離れした、落ち着きのある振る舞いが印象的だ。 「デビュー当時はトモ(後肢)に緩さを感じたけど、コース(CW、DW)でじっくり時間をかけて乗り込むと次第に力強さが出てきたね」。宮本博調教師は愛馬の成長ぶりに目を細める。 これまで5戦3勝。勝ち鞍全てが直線に坂のあるコースで、皐月賞と同じ中山2000メートルは3走前の寒竹賞で快勝している。「本番前に1度中山を経験しているのは大きな強み。悔いだけは残したくないからきっちり仕上げるよ」と師の言葉は力強い。 コース経験に加えて、血の勢いも後押しする。父マンハッタンカフェは09年リーディングサイアーの首位を快走中。競走馬時代は菊花賞、有馬記念(ともに01年)、天皇賞春(02年)と中長距離GIを3勝。遅咲きでステイヤー色が濃かったが、種牡馬としては産駒が短距離からマイルでも活躍。先週の桜花賞では重賞初挑戦だったレッドディザイアが0秒1差2着と好走した。今週はベストが続く番だ。 宮本師は調教助手時代に担当していたナリタキングオーが、95年皐月賞で無念の出走取消(右肩跛行)になった苦い思い出がある。それゆえに大舞台での調整の難しさは人一倍理解している。「相手はさらに強くなるけど、皐月賞→ダービーへつながる好レースを期待したい」とトレーナー。乗りやすく、自在性もある馬で、逃げ(リーチザクラウン)、先行(ロジユニヴァース)の人気馬を射程に入れながらレースを運べる点も強み。3強が牽制し合えば、その間隙をつくことだってできるだろう。 牡馬3冠ジョッキーの四位洋文騎手のエスコートで、ベストメンバーが『3強』に真っ向勝負を挑む。(片岡良典)
2009年4月15日(水) 05:06

 986

【皐月賞】母系スピード豊富ロジ…血統診断
 皐月賞は“速い馬”“完成が早い馬”が勝つと言われている。昨年の皐月賞はそれが顕著に出たレース。2歳10月のデイリー杯2歳S(京都、芝1600メートル)で1、2着だったキャプテントゥーレとタケミカヅチがそのままワンツーを決めた。 今年は2頭のネオユニヴァース産駒が03年の父に続く父子制覇を狙う。ロジユニヴァースの母系はスピードが豊富。3代母ソニックレディーは86年英GIサセックスSなどマイルGIを3勝した。近親のモンローブロンド(父アドマイヤベガ)はGIIIファンタジーS2着、ノットアローン(父アグネスタキオン)は若葉S勝ちと早い時期から活躍。現時点での完成度、スピードからして皐月賞はベストの条件だ。 もう1頭のアンライバルドは96年のダービー馬フサイチコンコルドの半弟で、近親に一昨年の皐月賞馬ヴィクトリーとクラシック血統だ。ただ、本質的には2400メートル前後がベスト。昨年のようなスピード能力が結果に直結する皐月賞では少し減点が必要。 桜花賞馬ブエナビスタを出したスペシャルウィークはリーチザクラウンで2週連続GI制覇を狙う。祖母クラシッククラウンは米GIガゼルH(ダ1800メートル)など2勝。母系にはシアトルスルー、ミスタープロスペクター、セクレタリアトと米国の名種牡馬ばかりが配合され、底力は十分だ。もう1頭のスペシャル産駒トライアンフマーチの母は97年の桜花賞馬キョウエイマーチ。母はスプリンターに近いマイラーだっただけに、2000メートルは微妙だ。 リーディングサイアーのマンハッタンカフェ産駒は桜花賞でレッドディザイアが2着となっている。ベストメンバーの母は芝の1400メートルと1600メートルで2勝、母系を遡るとオークス馬チョウカイキャロルがいる。距離は2000メートルくらいがベストで、一瞬の切れ味は魅力的だ。シンザン記念の覇者アントニオバローズは、祖母の半兄に大種牡馬ノーザンダンサーがいる。母の父もキングマンボで血統面のスケールは大きい。 サンカルロがNZTを勝ち、マンハッタンカフェを急追するのがシンボリクリスエス産駒だ。ミッキーペトラは母系に無敗の3冠馬ディープインパクトがいる。一気の相手強化だった前走でも正攻法の競馬で2着と底力十分で、今回も同様の競馬ができればチャンスはある。リクエストソングは母の父トニービンの影響が強く出ているようで、直線が短いコースは割り引き。(血統取材班)
2009年4月15日(水) 05:04

 850

【皐月賞】桜に続き盛り上がりそう!
 中央競馬は今年、これまでGIが3レース行われ、フェブラリーS、高松宮記念、桜花賞いずれも競馬場入場人員が前年を上回った。売り上げもフェブラリーS、桜花賞はアップ。不況だからこそ競馬で小遣い稼ぎを−というファンが多いのかもしれない。皐月賞は3強ムードで、伏兵陣も充実、最も配当の妙味があるパターンだけに、大いに盛り上がりそうだ。
2009年4月14日(火) 05:03

 620

桜花賞のニュースをもっと見る >

【酔いどれブログ】ブエナの相手は○○○
 先週、予告した通りの結果になった産経大阪杯。ドリームジャーニーは、2キロのアドバンテージも大きかったが、変則2冠馬を競り落とした切れ味はまさにGI級。この先も内回りコースなら、いい馬券になると思います。 3連単、馬単、ご馳走様。全てが悪かった先々週の大負けを一気に取り戻して、クラシックウィークに突入できる最高の結果になりました。自画自賛はここまで。桜花賞。どう見たって頭は鉄板。ブエナビスタから何を買えばいいのか、これが問題。“頭堅ければヒモ狂う”が競馬の鉄則。 今年の3歳重賞戦で、単勝1倍台の馬が快勝したのは3回しかない。きさらぎ賞のリーチザクラウン、チューリップ賞のブエナビスタ、弥生賞のロジユニヴァースの3頭。 肝心の相手は、きさらぎ賞が2、10番人気、チューリップ賞も7、8番人気、弥生賞でも5、7番人気の決着で、3連単は3万1180円、2万4740円、2万6930円。もうお分かりでしょう。頭鉄板でも3連単は荒れるんです。2月下旬の当コラムで、“GIは騎手で買え”と書きましたたら、結構な反響を頂きました。その手前、今回も実践します。コラムには軸は地方出身ジョッキーだと断言しております。 ブエナビスタは笠松競馬出身の安藤勝騎手(良かった)。他には、あれ?内田博、岩田康もいない。おっと、いました昨年優勝している兵庫競馬出身の小牧太が…。困った、後がいない、外人もいない。だったら乗れている東西リーディング上位の横山典、武豊、福永、藤田騎手をピックアップすればいい。 3連単の結論はブエナビスタの1着固定は決定。相手はルージュバンブー、アンプレショニスト、アイアムカミノマゴ、ジェルミナル、ブロードストリートまで。これが決まれば美味しい配当は間違いありません。では、来週も黒字報告ができますように…。三原 吉次(みはら・よしじ)サンケイスポーツ記録部から競馬エイト編集部に足かけ20数年の競馬一筋男。同期に吉田均、藤牧満男、戸田一生の競馬エイトが誇る名物トラックマン。若手トラックマン椋木宏、星政彦、ヒロシらとも交流しており、競馬エイトからの調教、厩舎情報はバッチリ。彼らの本音を聞き出しての情報分析に自身の独特予想理論から買い目を絞った予想がセールスポイント。堅いところから大穴までまかせなさい。
2009年4月9日(木) 10:33

 934

【桜花賞】“女ディープ”ブエナ圧巻デモ!
 “お嬢様ディープ”が圧巻デモ!! 昨年の2歳女王ブエナビスタが8日、滋賀・栗東トレセンで桜花賞(12日、阪神、GI)の追い切りを行った。6ハロン81秒5、ラスト11秒5と超絶の切れ味で2頭の牡馬をKO。陣営のブエナへの信頼度はGI7勝を挙げた名馬ディープインパクト級で、断然人気に応えてクラシック1冠獲得を信じている。桜花賞の枠順は9日午後に確定する。 強烈な末脚を“飛ぶ”と形容された7冠馬ディープインパクト。後方から進み、直線で一気に突き抜ける姿は、3歳牝馬ながら歴史的名馬を連想させる。“ディープの牝馬版”との声が上がっている2歳女王ブエナビスタにとって、桜花賞Vへの最大のテーマは“変わらない”こと。能力が上なのだから、特に良くなる必要はなく、度を超える鍛錬を施す必要もない。それを確認する最終追い切りだった。 栗東DWコースの向こう正面で、5馬身ほど前を行くフロムジオリエント(牡3未勝利)、カルカソンヌ(牡3、500万下)を追いかける形。体調の良さを示す張り詰めた馬体が、3〜4コーナーで内からスーッと差を詰める。4コーナーで2頭に並ぶと、大外のカルカソンヌが早々と脱落し、直線はフロムとの併せ馬。しかし、それもラスト200メートルまで。持ったままで内から楽々と抜け出すと、最後は鞍上のムチ2発に応えて伸びのあるフォームで駆け抜けた。6ハロン81秒5と全体の時計も速いが、3ハロン37秒7−11秒5とラストの瞬発力は抜群。フロムに2馬身、カルカソンヌには1秒5もの先着だった。 「いつもと変わらない動きだった」。松田博資調教師の言葉が、最終チェックの合格を意味した。「いつも通りにやって行こうということだけ。変わったところは何もない。順調に行けばそれでいい」。思えば、ディープを管理した池江泰郎調教師は当時、「無事に行ってくれれば」と常に口にし、主戦の武豊騎手は「変わらないのが何より」と話していた。“女ディープ”と呼ばれていることに対し「そんなとこと違うかな」と真正面から受け止めた松田博師の心境は、無敗3冠馬級の絶大な信頼感だ。 昨年12月の阪神JFは2馬身半差の圧勝、今年初戦のチューリップ賞は逃げ粘るサクラミモザを一気に捕らえ突き放した。「かわしてからが速かった。瞬発力はすごい」と改めて能力を確認した松田博師は、「この前よりも良くなっていると思う」と成長も実感。もし内で包まれたら、「下げて外を回ったらいい。それでも間に合うと思う」とドッシリと構える。 圧倒的な1番人気に応えて桜を制した瞬間、ディープの次世代を担うスーパーヒロインが誕生する。(下村静史) 
2009年4月9日(木) 05:10

 976

【桜花賞】“栗東留学”ベルベール好気配
 桜花賞の追い切りが東西トレセンで行われた。栗東では“留学”中の関東馬ダノンベルベールが坂路単走で4ハロン52秒9、終い11秒9と絶好のアクション。美浦から駆け付けて感触を確かめた後藤騎手は「誰が見ても素晴らしい状態と分かるパフォーマンス」と満足そう。ブエナビスタの強さは認めつつも、阪神JF2着の雪辱に燃えていた。 打倒ブエナビスタへのボルテージは確実に高まった。栗東で調整を続ける関東馬ダノンベルベールが、坂路で素晴らしい伸びを披露。阪神JFでは2馬身1/2差の2着に甘んじたが、ここへきてのスケールアップを漂わせる力強い動きに、逆転の可能性を垣間見せた。 単走で馬場の真ん中をテンポよく疾走し、ラスト2ハロンで加速すると回転の鋭いフットワークを繰り出した。そして、勢いに乗ったままフィニッシュ。4ハロン52秒9、3ハロン37秒3は絶賛するほどではないが、勾配がきついラスト2ハロンで23秒9−11秒9のラップは非凡だ。 「終い2ハロンはいい時計でした。最後まで(フォームが)ぶれることがなかったし、誰が見ても素晴らしい状態と分かるパフォーマンスでした」と、栗東に駆け付けて騎乗した後藤騎手は納得の表情。「(最後の)2ハロンが速いのは能力がある証拠。いい動きで満足しています」と国枝調教師も思わず頬を緩めた。 レース直前の長距離輸送という負担をなくすため、阪神JF時に続いて2度目の栗東滞在。「前回、来たことが今回につながると思った」という国枝師の青写真通り、すべてが上向いている。「栗東も2度目で環境にも慣れ、カイ食いなどもいい。暖かくなって毛ヅヤもいいし、今回が一番いい状態じゃないかな」。桜を前に最高の仕上がりに持ってきた。 あとは力対力の勝負。「一枚以上、上じゃないか」と国枝師、「生まれた年が悪かった。それくらい強い」と後藤も2歳女王に敬意を払うが、諦める気持ちはない。 「前走(クイーンC2着)で先行できたし、引き出しが増えた。少しずつだが進歩している」と後藤は確かな成長を武器にVを見据える。「牝馬のこの時期は色々と難しい。一番うまく行った馬が勝つ」。そう言った国枝師は「ここまで無事に来て、やれることはできた」。勝利の条件はクリアしている、その気持ちが滲み出ていた。(下村静史)
2009年4月9日(木) 05:08

 779

【桜花賞】上昇!ワンカラット併せて先着
 500キロ近い迫力のある馬体が力強く弾み、さらなる上昇を伝えた。フィリーズレビューを快勝したワンカラットは、DWコースでマチカネオケハザマ(牡3未勝利)を2秒ほど追走。大きなビハインドを苦にすることもなく4コーナーで楽々と取り付き、直線でもしっかり我慢させたままで内からクビ抜け出して5ハロン66秒1、3ハロン38秒3−12秒1をマークした。 「追走してキッチリ先着。いい感じだった」と藤岡佑騎手が言えば、「動き、時計とも良かった。折り合いもついていたからね」と藤岡健調教師も満足そう。「前走で仕上がっていたので上積みがどうか、と思っていたが、もう一段階上がってきた」と体調に自信を見せるトレーナーは「自在性があり、切れ味もある。折り合いさえつけば…」とVを意識する。
2009年4月9日(木) 05:07

 736

桜花賞の直前追い切り情報をもっと見る >

桜花賞過去10年の結果

2008年4月13日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 レジネッタ 小牧太 1:34.4 43.4倍 95.8
2着 エフティマイア 蛯名正義 1/2 94.3倍 95.0
3着 ソーマジック 後藤浩輝 クビ 10.8倍 95.0
2007年4月8日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ダイワスカーレット 安藤勝己 1:33.7 5.9倍 100.0
2着 ウオッカ 四位洋文 1 1/2 1.4倍 98.5
3着 カタマチボタン 藤田伸二 3 1/2 63.4倍 93.9
2006年4月9日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 キストゥヘヴン 安藤勝己 1:34.6 13.0倍 100.3
2着 アドマイヤキッス 武豊 3/4 2.4倍 99.5
3着 コイウタ 横山典弘 ハナ 11.6倍 99.5

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

桜花賞ステップレース

2009年3月21日() 中山競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 4 ヴィーヴァヴォドカ 村田一誠 1:49.3 43.6倍 92.1
2着 16 ディアジーナ 内田博幸 クビ 1.5倍 91.4
3着 3 マジックシアター 吉田隼人 2 1/2 9.9倍 88.8
4着 10 ナリタシリカ 川島信二 1 3/4 35.2倍 86.8
5着 1 ダイアナバローズ 勝浦正樹 ハナ 31.9倍 86.8
2009年3月15日() 阪神競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 7 ワンカラット 藤岡佑介 1:22.4 18.5倍 100.2
2着 6 アイアムカミノマゴ 福永祐一 1 1/4 12.6倍 98.4
3着 13 レディルージュ 鮫島良太 1 1/2 79.6倍 96.7
4着 11 ミクロコスモス 武豊 3 1/2 1.6倍 91.4
5着 10 アイレンベルク 渡辺薫彦 1/2 52.7倍 90.5
2009年3月14日() 中山競馬場/芝1600m
天候: 馬場:不良
1着 1 ツーデイズノーチス 松岡正海 1:38.2 7.2倍 91.4
2着 12 アンプレショニスト 後藤浩輝 27.7倍 89.2
3着 16 レイナクーバ 勝浦正樹 ハナ 17.9倍 89.2
4着 3 グローリールピナス 田中勝春 クビ 17.0倍 89.2
5着 11 リュシオル 横山典弘 クビ 4.1倍 88.4
2009年3月7日() 阪神競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 5 ブエナビスタ 安藤勝己 1:36.5 1.1倍 92.4
2着 7 サクラミモザ 藤岡佑介 1 1/4 51.8倍 90.9
3着 1 ルージュバンブー 小牧太 1 1/4 56.9倍 89.3
4着 3 ブロードストリート 藤田伸二 3/4 8.8倍 88.6
5着 4 ジェルミナル 福永祐一 クビ 13.5倍 87.8
2009年2月21日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 11 ディアジーナ 内田博幸 1:35.7 13.4倍 91.4
2着 9 ダノンベルベール 後藤浩輝 クビ 3.6倍 91.4
3着 14 エイブルインレース 戸崎圭太 3/4 41.8倍 90.6
4着 12 ミクロコスモス 武豊 クビ 1.7倍 89.9
5着 10 アンジュアイル 吉田豊 1/2 95.9倍 89.1

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

桜花賞の歴史と概要


2016年の優勝馬ジュエラー

皐月賞東京優駿日本ダービー)、菊花賞優駿牝馬オークス)とともに“3歳クラシック”の一角を成すレースであり、牝馬3冠の1冠目に数えられる。仕上がりの早さとスピード能力が問われる一戦で、過去に多くの快速牝馬たちが栄冠を勝ち取ってきた。この桜花賞、約1カ月半後に開催されるオークス、秋に行われる秋華賞(このレースはクラシック外)の3タイトルをものにし“牝馬3冠”の称号を手にしたのは、メジロドーベル(1986年)、スティルインラブ(2003年)、アパパネ(2010年)、ジェンティルドンナ(2012年)の4頭が存在する。第35回(1975年)は単勝支持率88%で1.1倍の断然人気を集めたテスコガビーが、2着に1.9秒という桜花賞史上最大着差をつけて勝利。この圧勝劇は、実況を担当した関西テレビの杉本清アナウンサーの「後ろからはなんにも来ない」という名調子とともに、今も語り草となっている。第50回(1990年)の勝ち馬アグネスフローラ、第53回(1993年)の勝ち馬ベガは、繁殖にあがってからも優秀な産駒を輩出し、G1ホースの母となった。阪神競馬場が改修されて直線距離が延びてからは鮮烈な追い込み勝ちも見られるようになり、第69回(2009年)のブエナビスタ、第74回(2014年)のハープスター、第76回(2016年)のジュエラーらが、目の覚めるような直線一気を決めて先頭でゴール板を駆け抜けている。

▼2014年のハープスターは最後方から直線で他の17頭をごぼう抜きし優勝。

歴史と概要をもっと見る >

桜花賞の攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年2月25日(
中山記念 G2
阪急杯 G3

競馬番組表

2018年2月24日(
2回中山1日目
1回阪神1日目
1回小倉5日目
2018年2月25日(
2回中山2日目
1回阪神2日目
1回小倉6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
51,492万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 スマートレイアー 牝8
47,984万円
7 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
8 レッドファルクス 牡7
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 オウケンムーン 牡3
5,176万円
» もっと見る