会員登録はこちら
ヴィクトリアマイル G1   日程:2009年5月17日() 15:40 東京/芝1600m

ヴィクトリアマイルのニュース&コラム

【ヴィクトリアM】最強ウオッカ7馬身差V
 第4回ヴィクトリアマイル(17日、東京11R、GI、4歳上牝馬オープン国際、定量、芝1600メートル、1着本賞金9000万円=出走18頭)7馬身差の衝撃V!! 中央競馬のGIヴィクトリアマイルが17日、東京競馬場で行われ、圧倒的な1番人気に支持されたウオッカが圧勝。勝ちタイムは従来のレースレコードを0秒1更新する1分32秒4(良)。武豊騎手は22年連続GI制覇&JRA牝馬GI完全制覇の快挙だ。ウオッカは年内で現役を引退。次の安田記念で牝馬では最多となるGI6勝目に挑む。 女帝の前に、17頭はひれ伏すしかなかった。単勝170円。昨年の年度代表馬ウオッカが、断然人気に応えて7馬身差の圧巻Vだ。 残り400メートル過ぎ。好位の内めを追走していたウオッカが、逃げるショウナンラノビアに並びかける。武豊騎手が軽くGOサインを送ると、抜群の反応を見せて抜け出す。強い向かい風、降雨の影響で湿り気を含んだ馬場にも平然とVロードを突き進む。レースレコードを0秒1更新する異次元の強さで5万超の大観衆を魅了した。 「競馬には何があるかわからない。だから勝ててホッとしている」。検量室前に引き揚げてきたユタカの表情も自然とほころぶ。ダイワスカーレットと激突した昨秋の天皇賞は13分の写真判定の末、ハナ差のV。「今回は勝ったのが分かりました」と笑顔が弾けた。 08年の年度代表馬として迎えた今年は、昨年に続いてドバイ遠征。前哨戦を使った後、GIドバイデューティフリーに再挑戦。絶好調と確信して臨んだが、「(ウオッカが)自分でブレーキをかけていた感じ」と不可解な内容で7着に敗れた。 帰国後、陣営はヴィクトリアマイルに照準を合わせ、生涯最高のデキに持ってきた。「これで勝てなかったら、へこむ」と天才がスタッフに漏らしたほどだ。同じドバイ帰りだった昨年はデビュー以来最軽量の478キロと大幅な馬体減が敗因。今年は調教もしっかりと積み、494キロでの出走と万全だった。ユタカは陣営の究極の仕上げに応えて勝利をエスコート。自身も22年連続GI&牝馬GI完全制覇の偉業を達成した。 昨年2着の雪辱を果たした勝利は、東京コースでは07年日本ダービー、08年安田記念、天皇賞秋に次いでGI4勝目。3勝で並んでいたヤマニンゼファー、スペシャルウィーク、アグネスデジタルを抜いて東京GI単独トップに躍り出た。GI通算5勝は名牝メジロドーベルと並び牝馬最多。獲得賞金8億8740万円は牝馬では歴代1位だ。 ウオッカはこの後、安田記念(6月7日、東京、GI、芝1600メートル)を目標に調整される。大好きな東京競馬場で他馬を威圧するほどの存在感を示した女帝は、09年のGIロードで再び最強伝説を築き上げる。(片岡良典)
2009年5月18日(月) 05:13

 1,340

【ヴィクトリアM】武豊が牝馬GI完全制覇
 第4回ヴィクトリアマイル(17日、東京11R、GI、4歳上牝馬オープン国際、定量、芝1600メートル、1着本賞金9000万円=出走18頭)ダントツ人気のウオッカが1分32秒4(良)のレースレコードで7馬身差の圧巻V。1番人気で2着に惜敗した昨年のウップンを晴らし、牝馬では最多タイとなるGI5勝目を挙げた。武豊騎手は22年連続GI制覇&JRA牝馬GI完全制覇を達成した。ウオッカは年内で引退予定で、次走は安田記念で連覇に挑む。 「(勝たなければいけない)そういう立場だということは感じていましたので」 断然人気のウオッカを勝利に導いた武豊騎手の表情は晴れやかだった。昨年の天皇賞・秋では長い写真判定の末、ダイワスカーレットをハナ差で退けたが、7馬身差の圧勝に「今回は勝ったのが分かりましたね」と笑いを誘った。 昨年のVマイルはエイジアンウインズに惜敗。今年のドバイ遠征は2戦とも敗退。ウオッカとは6戦して勝利は天皇賞だけ。「ドバイの時もいい状態だったし、今回も今まで乗った中で一番いいんじゃないかと思っていた」。ここに賭ける思いは強かった。 「日本のチャンピオンホース。勝たなければいけないレースだった」と思う一方、「いつもいつも勝つタイプの馬ではない」と感じていた。能力はケタ違いだが、爆発力と繊細さを併せ持つウオッカをスムーズに流れに乗せたユタカ。前週のNHKマイルCでは1番人気ブレイクランアウトで9着に敗れるなどGIでは結果が出ていなかったが、22年連続GI勝利でいよいよ天才の本領発揮だ。土、日で5勝を挙げ今年JRA47勝。全国リーディングトップにあと2勝(1位は横山典騎手の49勝)。今週のオークスは伏兵のツーデイズノーチスで参戦。水曜に美浦トレセンに駆けつけ感触を確かめる。 桜花賞5勝、オークス3勝、秋華賞3勝、エリザベス女王杯4勝、阪神JF1勝(当時は阪神3歳牝馬S)に次ぎ、この日の勝利で史上初の牝馬GI完全制覇。平地GI22レース中、優勝していないのはマイルCSと朝日杯FSだけだ。「JRAがまた新しいレースを作ってくれるかも」と、天才はさらなる記録に意欲満々だ。 「今回はウオッカの走りだった。今年はこのような走りを続けて、連戦連勝で行きたい。この馬の背中を渡したくない」。決意を新たに、ユタカは第一人者のプライドを持って競馬界を盛り上げていく。(下村静史)
2009年5月18日(月) 05:12

 772

【ヴィクトリアM】大健闘!ブラボーが2着
 第4回ヴィクトリアマイル(17日、東京11R、GI、4歳上牝馬オープン国際、定量、芝1600メートル、1着本賞金9000万円=出走18頭)人馬ともに初重賞制覇だった福島牝馬Sに続いて、初挑戦のGI舞台でもブラボーデイジー&生野賢一騎手が11番人気で2着に粘る大健闘をみせた。 直線はウオッカの真後ろをドンピシャリのタイミングで抜け出してしっかり伸びて3着以下の追撃を封じた。生野騎手は「頑張ってくれました。この馬も伸びてはいたんですが、ウオッカには離される一方でした」と強さに驚嘆しながらも、「いい位置につけられたし、坂も気にならない。この先が楽しみになりました」。音無秀孝調教師は、「あっという間に力をつけてシンデレラガールみたい。生野も満点騎乗だね」とブラボーと愛弟子の健闘に目を細めていた。
2009年5月18日(月) 05:11

 806

【ヴィクトリアM】ラノビア逃走残った3着
 第4回ヴィクトリアマイル(17日、東京11R、GI、4歳上牝馬オープン国際、定量、芝1600メートル、1着本賞金9000万円=出走18頭)条件戦を連勝して勢いに乗るショウナンラノビアが1番枠からハナを切り、3着に粘り込んだ。柴田善臣騎手は「馬なりでだれか来た、と思ったらウオッカだった。オレの馬も頑張ってるけど、ウオッカは強いな。後続の人気馬は離れてたから2着、2着と追ったが、ダメだったよ」とウオッカの強さにあきれながらも、7番人気での好走にとりあえずは満足そう。岡田稲男調教師は「条件の合うレースを使うかこのまま休ませるか帰厩後の様子を見て決めたい」と今後については明言を避けた。
2009年5月18日(月) 05:10

 763

ヴィクトリアマイルのニュースをもっと見る >

【ヴィクトリアM】雪辱へ!好気配ウオッカ
 中央競馬の昨年の年度代表馬ウオッカが、GIヴィクトリアマイル(17日、東京)に向けた最終追い切りを行い、栗東CW5ハロン67秒5、終い11秒4と超絶のパフォーマンスを見せた。東京競馬場は男馬相手にGI3勝を挙げた舞台で、今回勝てば4勝と単独トップ。昨年は断然人気で2着に惜敗しているだけに、雪辱を果たして女傑の復権をアピールだ!!出走予定馬へ 08年の年度代表馬ウオッカが、東京GI4勝目に向けて抜群の動きを披露した。 滋賀・栗東トレセンCWコースに朝一番に登場したウオッカは、トライアンフマーチ(牡3オープン)とシャンパンファイト(牡4、1000万下)を2馬身先行させて最終追い切りを開始。スムーズな走りで追走し、直線は2頭の内に潜り込む。残り1ハロン手前で武豊騎手が反応を見る程度にGOサインを送ると、ほぼ馬なりで瞬時に僚馬を引き離し、5ハロン67秒5、3ハロン38秒0−11秒4。2番手入線のトライアンフに1馬身半差をつけて格の違いを見せつけた。「調教の動きだけなら今までで一番いいくらい」と先週に続き騎乗したユタカは抜群の感触を口にした。 昨秋の天皇賞で宿敵ダイワスカーレットと歴史的名勝負を演じたウオッカ。今春は昨年に続きドバイ遠征したが、ジェベルハッタ5着、ドバイデューティフリー7着と不本意な結果に終わった。天皇賞がレコード決着の激走だったとはいえ、まだ5歳。燃え尽きるには早すぎる。 「ドバイの時からいい体つきで、今も体はふっくらとしている。牝馬限定戦ではなかなか勝てていないが、いい競馬をして、きっちりと勝ってほしい。強いウオッカを見せられると思います」。角居調教師が話すように阪神JF快勝後、GI勝ちは牡馬混合戦だ。 昨年のヴィクトリアMは初の海外遠征からの帰国初戦で、激減した馬体の回復に努めながらの挑戦。体重はデビュー以来最軽量の478キロだった。同じドバイ帰りでも、今年は余裕を持って調整できた点が違う。この後は昨年同様に安田記念に参戦予定。「今後はできるだけ国内に専念したい」というトレーナーには安田記念(6月7日、東京、GI、芝1600メートル)→宝塚記念(6月28日、阪神、GI、芝2200メートル)参戦プランもある。 64年ぶりに牡馬を一蹴した07年の日本ダービー、地力の違いを見せつけた安田記念、多くのファンに感動、驚嘆を与えた天皇賞・秋。思い出がたくさん詰まった府中の杜で、ウオッカが再びファンのハートを熱くする。(片岡良典)
2009年5月14日(木) 05:10

 889

【ヴィクトリアM】アマポーラ世代交代狙う
 ヴィクトリアマイルの追い切りが13日、東西のトレセンで行われた。09年国内初戦となるウオッカは栗東CWで絶好の動きを見せた。昨年の最優秀3歳牝馬リトルアマポーラは福永騎手を背にDW馬なりで終い12秒1と好気配。GI2勝馬カワカミプリンセスもDWで機敏な動きで、牡馬相手に好走した反動は感じられない。出走予定馬へ 昨年の最優秀3歳牝馬のリトルアマポーラが、伸びのあるシャープな動きで2つ目のGI奪取をアピールした。 福永騎手を背にDWに姿を見せたアマポーラは5ハロン標識手前から14秒4→13秒4と徐々に加速。直線では真一文字に張った鞍上の背中が微動だにせず、最後まで馬なりのまま5ハロン66秒8、3ハロン39秒0−12秒1で余力を残してゴール。軽快な身のこなし、トモの踏み込みと蹴りの強さが状態の良さをはっきりと伝える。 「今週の動きも良かった。久々を1度使った分の上積みもある。前回、放牧から(栗東へ)戻った時も良かったが、今回はそれ以上」と長浜調教師は満足そうな表情を浮かべる。 今年初戦を強力牡馬相手のマイラーズCに選んだのも、春の最大目標をヴィクトリアMと決めてのこと。7着とはいえ0秒4差と上々の内容で、1度使って馬の気持ちもグンと乗ってきた。今回の舞台は、昨年クイーンCを勝った東京のマイル戦。「(前走より)1頭強い馬がいるが、全体的なメンバーを考えると今回の方が楽だと思う。前走で確認しておきたかったことは全てできたし、結果が出せるように頑張りたい」と福永も気合が入る。 「女傑と言われるウオッカと一緒に走れるのは楽しみだし、この馬も最優秀3歳牝馬の名に恥じない競馬をしたい。古馬になってからもGIタイトルを獲れればいいな」。長浜師は、アグネスフローラ(90年桜花賞)、ファビラスラフイン(96年秋華賞)など自らが育てた名牝の域に近づきつつあると確信する。 08年の年度代表馬をねじ伏せて、リトルアマポーラが新緑の府中で世代交代を告げる。(片岡良典)
2009年5月14日(木) 05:08

 754

【ヴィクトリアM】女王奪回!絶好カワカミ
 ヴィクトリアマイルの追い切りが13日、東西のトレセンで行われた。09年国内初戦となるウオッカは栗東CWで絶好の動きを見せた。昨年の最優秀3歳牝馬リトルアマポーラは福永騎手を背にDW馬なりで終い12秒1と好気配。GI2勝馬カワカミプリンセスもDWで機敏な動きで、牡馬相手に好走した反動は感じられない。出走予定馬へ 前夜の雨で滑りやすくなった馬場を踏みしめるようにゴールを目指す。女王返り咲きを狙うカワカミプリンセスが、力感あふれる走りで存在感を示した。 「先週の時点である程度できているので、今朝は調整程度。動きも良かったし、今年になってから一番いい仕上がり」 西浦調教師の頬が自然と緩む。最終追い切りはDWコースで単走。スタート直後から首をグッと下げる適度な気合乗りで、リズム良くコーナーを通過。そこから徐々に加速度を増し、直線半ばで鞍上の手綱が少しだけ動く。グッとハミを噛みしめラスト1ハロン12秒6。ゴール板を通過してからも脚を伸ばすメリハリの効いた好調教だった。 「馬場の悪い所を避けたコース取りだったから時計(6ハロン86秒3)は少しかかったけど、息の入りや動きは良かったね」と手綱を取った柳田調教助手も好感触を伝えた。 今春はヴィクトリアMを最大目標に設定し、強豪牡馬を相手に着実なステップを踏んできた。京都記念は先行策で4着、続く産経大阪杯は一転した後方待機策で3着を確保。その前走ではダービー馬ディープスカイをもしのぐ上がり3ハロン33秒8の豪脚。33秒台をマークしたのは2年前のヴィクトリアM(33秒7)以来で、6歳になっても衰えがないことを自らの脚で証明してみせた。 「ダメかなという位置から凄い脚で突っ込んできてくれたので、今回への楽しみが増えた。春はここがピークになるように調整してきたし、その通りになった。何とか借りを返したい気持ちがあるし、もう1度口取りをしたいね」と西浦調教師は力を込める。 デビュー5連勝でオークスと秋華賞の2冠に輝いたが、続くエリザベス女王杯の12着降着(1位入線)から勝ち星はない。最高の状態で向かうこの女王決定戦で過ぎ去った2年半の時間を取り戻す。(瀬戸聡)
2009年5月14日(木) 05:06

 704

【ヴィクトリアM】セニョーラ態勢万全だ
 アルコセニョーラは南Wコース単走で5ハロン66秒9、3ハロン39秒3−12秒6をマーク。尾を振る好調時のサインが2回出て、態勢は万全だ。「終いの反応が良くなっていますね。体も前走と同じぐらいで出られそう。昨年(18着)よりは確実にいい状態です」と畠山調教助手は笑みを浮かべた。
2009年5月14日(木) 05:05

 582

ヴィクトリアマイルの直前追い切り情報をもっと見る >

ヴィクトリアマイル過去10年の結果

2008年5月18日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 エイジアンウインズ 藤田伸二 1:33.7 13.4倍 106.8
2着 ウオッカ 武豊 3/4 2.1倍 106.1
3着 ブルーメンブラット 後藤浩輝 ハナ 8.8倍 106.1
2007年5月13日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 コイウタ 松岡正海 1:32.5 60.3倍 105.1
2着 アサヒライジング 柴田善臣 1/2 33.6倍 104.4
3着 デアリングハート 藤田伸二 ハナ 32.6倍 104.4
2006年5月14日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
1着 ダンスインザムード 北村宏司 1:34.0 3.9倍 103.0
2着 エアメサイア 武豊 1 1/4 5.4倍 101.5
3着 ディアデラノビア 岩田康誠 1 1/2 9.2倍 100.0

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ヴィクトリアマイルステップレース

2009年4月25日() 福島競馬場/芝1800m
天候: 馬場:不良
1着 8 ブラボーデイジー 生野賢一 1:53.7 13.7倍 97.9
2着 2 アルコセニョーラ 武士沢友治 28.6倍 95.9
3着 13 ヤマニンメルベイユ 柴山雄一 1/2 39.6倍 95.3
4着 15 ピンクカメオ 後藤浩輝 クビ 5.0倍 94.6
5着 1 カレイジャスミン 木幡初広 24.8倍 92.6
2009年4月18日() 阪神競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 3 スーパーホーネット 藤岡佑介 1:33.9 2.4倍 102.9
2着 5 カンパニー 横山典弘 クビ 5.8倍 102.9
3着 10 スマイルジャック 岩田康誠 ハナ 28.4倍 102.9
4着 4 オースミグラスワン 川田将雅 クビ 19.5倍 102.1
5着 2 アブソリュート 田中勝春 1 1/4 14.8倍 100.6
2009年4月11日() 阪神競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 12 ジョリーダンス 四位洋文 1:21.4 19.9倍 102.9
2着 8 ザレマ 安藤勝己 1 1/4 10.2倍 101.2
3着 15 オディール 岩田康誠 1 3/4 12.8倍 98.5
4着 5 サワヤカラスカル 浜中俊 1 1/4 35.2倍 96.8
5着 7 レジネッタ 小牧太 1/2 20.4倍 95.9
2009年3月15日() 中山競馬場/芝1800m
天候: 馬場:稍重
1着 8 キストゥヘヴン 横山典弘 1:49.1 8.1倍 97.6
2着 7 ピンクカメオ 後藤浩輝 45.6倍 96.3
3着 12 ダンスオールナイト 三浦皇成 1 1/4 27.5倍 95.0
4着 1 ザレマ 安藤勝己 アタマ 3.5倍 95.0
5着 2 マイネカンナ 松岡正海 クビ 44.9倍 95.0

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

ヴィクトリアマイルの歴史と概要


2015、16年の優勝馬ストレイトガール

4歳以上牝馬の春の女王を決める一戦である。かつては古馬牝馬にとっての春の大目標がなかったが、このレースが誕生したことにより状況が一変。ローテーションの核ができあがった。記念すべき第1回(2006年)は、2年前の桜花賞ダンスインザムードがそのとき以来の勝利を挙げ復活。第4回(2009年)はウオッカ、第5回(2010年)はブエナビスタと、歴史的名牝に数えられる馬たちが力の違いを示し、第6回(2011年)は前年に“牝馬3冠”を獲得したアパパネが貫禄勝ち。G1の看板に恥じないレースに成長していった。リピーターが多いのも特徴で、第8〜9回(2013〜2014年)はヴィルシーナが、第10〜11回(2015〜2016年)はストレイトガールが、それぞれ連覇を達成。また、第2回(2007年)1着のコイウタ(12番人気)、第4回(2009年)2着のブラボーデイジー(11番人気)、第5回(2010年)3着のニシノブルームーン(11番人気)、第8回(2013年)2着のホエールキャプチャ(12番人気)、第9回(2014年)1着のヴィルシーナ(11番人気)、第10回(2015年)2着のケイアイエレガント(12番人気)、3着のミナレット(18番人気)、第12回(2017年)2着のデンコウアンジュ(11番人気)と、毎年のように2桁人気の伏兵が馬券に絡んでおり、「とにかく荒れるレース」と広く認知されている。

▼2014年はヴィルシーナが逃げ切って史上初の連覇を達成した。

歴史と概要をもっと見る >

ヴィクトリアマイルの攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年1月28日(
根岸ステークス G3
シルクロードS G3

競馬番組表

2018年1月27日(
1回東京1日目
1回中京5日目
2回京都1日目
2018年1月28日(
1回東京2日目
1回中京6日目
2回京都2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る