2009年12月27日(

有馬記念 G1

中山競馬場/芝/2500m

攻略
メニュー

最新出走予定馬情報 〜有馬記念2009〜

  • 新着ニュース
  • 直前追い切り情報
  • データ分析
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 第54回有馬記念(27日、中山10R、GI、3歳上オープン国際、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金1億8000万円=出走16頭)ブエナ破ってGP制覇! 中央競馬の総決算レース・第54回有馬記念は、ドリームジャーニーが1番人気の2冠牝馬ブエナビスタをくだして優勝。宝塚記念以来となるGI3勝目を挙げ、史上9頭目となる同一年春秋グランプリ制覇を達成した。有馬初Vの池添謙一騎手(30)は11万観衆からの“イケゾエコール”に涙を流し、ファンと喜びを分かち合った。

 夕暮れの中山でひときわ小さな馬体が大きく弾む。ゴール前で襲いかかる末脚は女王も容赦しない。俺こそがナンバーワン! メンバー最軽量426キロのドリームジャーニーが、史上9頭目の春秋グランプリ制覇を成し遂げた。

 ゴールを過ぎ、向こう正面まで流していったジャーニーの背の上で、池添謙一騎手の喜びは頂点に達した。天を仰ぎ、雄叫びを上げ、指を1本突き立てた。「今回は負けられないと、自分をプレッシャーで追い込んでいたから」。11万超の観衆からの“イケゾエコール”に胸を熱くしながらのウイニングラン。関係者の出迎えに、こらえていた涙は一気にあふれた。

 出遅れ気味のスタートはいつものこと。後方2番手で、相棒の末脚を最大に爆発させるためのエネルギーを蓄える。故障したスリーロールスと馬体がぶつかるアクシデントにも動じず、外めを回った3〜4コーナーでは他馬と手応えが違った。

 「リズムよく走れば絶対に最後は伸びてくれると信じていた。内にブエナビスタがいるのはわかったし、直線を向いたときには、全部かわせると思った」

 先に抜け出したのはブエナビスタ。春2冠の3歳牝馬に1番人気は譲ったが、1着は譲れない。馬場の外から一気に並びかけた勢いのまま、ゴールでは半馬身前に出ていた。

 「決めてくれよな」とレース前に池添に声をかけて送り出した池江泰寿調教師(40)は、立ち上がる人垣に阻まれて、ゴールの瞬間を見られなかった。

 「隣にいた調教師の先生に『おめでとう』と言われて、ああ、勝ったのか、とやっと分かった」

 池江寿師が助手時代に携わったジャーニーの父ステイゴールドは、98年の有馬記念で3着。母の父メジロマックイーンは「絶対に勝てると思っていた」が2着(91年)だった。

 「競馬は血のドラマ。私たちはそれを大事にして馬を育てています。ステイが強くなっていくと実感したのと同じものをジャーニーにも感じていました」

 父が01年にラストランの香港ヴァーズでGIを制した地、香港のクイーンエリザベスII世C(4月25日、シャティン、GI、芝2000メートル)に登録するが、来春の目標は天皇賞(5月2日、京都、GI、芝3200メートル)と、宝塚記念(6月27日、阪神、GI、芝2200メートル)の連覇だ。

 今年、再婚して子供が生まれた池添騎手と、11月19日に長男の悠喜君が生まれたばかりの池江泰寿調教師。「血のドラマ」は人馬ともに大きなものだった。09年を最高の形で締めくくった池添騎手&池江寿師、そしてドリームジャーニーは、10年も多くの夢をファンに見せてくれるはずだ。(柴田章利)

【有馬記念】2着ブエナ、来年ドバイ挑戦明言 12月28日(月) 05:06

 第54回有馬記念(27日、中山10R、GI、3歳上オープン国際、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金1億8000万円=出走16頭)池添謙一騎乗のドリームジャーニーが、宝塚記念に続き秋もグランプリホースに輝いた。2分30秒0(良)。1番人気に推された2冠牝馬ブエナビスタは、初コンビの横山典弘騎手の手綱で好位からという“新境地”の競馬を披露。ジャーニーにかわされてからも離されまいと抵抗。先行勢が総崩れだった流れで2着を確保し、負けて強しを印象づけた。

 ファンの夢を背負い1番人気に支持されたブエナビスタ。早め先頭の積極策でオークス以来の勝利を狙ったが、ドリームジャーニーの末脚に屈し2着。スターロツチ以来49年ぶりの3歳牝馬の優勝は成らなかった。

 〔1〕枠(2)番からのスタートで、初コンビの横山典弘騎手が選んだのは先行策。“勝ちにいくにはこの作戦しかない”という気合の表れでもあった。リーチザクラウンが引っ張る速い流れにも、5番手のインで折り合い、抜群の手応えで直線を迎えた。場内のボルテージは最高潮に達し、多くのファンはブエナのトップゴールを信じて疑わなかった。しかし、外から同じ勝負服のドリームジャーニーにかわされた。

 「よく走ってくれたよ。あれ以上は…。ドリームジャーニーが強かった」。横山典騎手は勝ち馬を称賛する一方で、パートナーを労った。ブエナはGI舞台で古馬の牡馬との対戦は初めてだったが、かわされてからも食い下がり、2着を死守。先行馬総崩れの厳しい展開を考えれば、強さは十分に示した。松田博資調教師も「力は出し切った。走りには満足しているよ。それにしても(ブエナが)差されたのは初めてだよな」とレースぶりに文句はなかった。

 今春の2冠牝馬は、秋は無冠に終わったが、「このあとはドバイのつもり。馬の回復を見てからやけどな」とトレーナーはドバイワールドカップデー(3月27日、メイダン競馬場、レースは未定)への参戦を明言した。(高尾幸司)

[もっと見る]

【有馬記念】吉田代表「最高の終わり方」12月28日(月) 05:05

 第54回有馬記念(27日、中山10R、GI、3歳上オープン国際、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金1億8000万円=出走16頭)ドリームジャーニーブエナビスタのワンツーに、馬主として年間GI最多タイの6勝目を挙げた(有)サンデーレーシングの吉田俊介代表(35)はコブシを小さく握って喜びを表した。

 「ジャーニーには宝塚記念の時も強いな、って感心させられたが、今日はさらにパワーアップした印象でした。右回りの強さは本当に格別ですね。ブエナのオーナーも周りに大勢いたので、私としてはちょっぴり複雑な気持ちですけど、(ワンツーは)これ以上ない最高の終わり方です」。

 両馬とも来春は海外遠征が視野にある。ドバイ遠征プランが出ているブエナに関しては「新たな面(好位で立ち回れた)が見られ、今後に向けて心強い限り。正月の早い時期にどうなるかを報告できると思います」と話した。

 社台コーポレーション責任者の角田修男氏(57)は、ジャーニーに関して「ステイゴールド(父)、メジロマックイーン(母の父)とも池江(泰郎)ブランド。(息子の)泰寿さんの厩舎開業に合わせ配合を考えた馬なんです。ステイの最高傑作と言える存在になったのは感慨深いね」。ジャーニーには1歳になる全弟がいて、母のお腹には来春4月に出産予定のステイの子が息づいている。(水戸正晴)

[もっと見る]

【有馬記念】ロールス競走中止…引退へ12月28日(月) 05:04

 第54回有馬記念(27日、中山10R、GI、3歳上オープン国際、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金1億8000万円=出走16頭)菊花賞Vから直行でGPを狙ったスリーロールスは、向こう正面の中間付近で突然、馬群から弾かれるように後退。2周目の3コーナーで競走を中止した。レース後、左前浅屈腱不全断裂を発症していたことが判明。このまま現役引退が濃厚だ。GI初制覇を決めた愛馬の故障に、21歳の浜中俊騎手は武宏平調教師に腕を抱えられたまま人目もはばからずに号泣。「向こう正面で歩様が乱れて…」と声を振り絞るのが精一杯だった。

[もっと見る]

⇒もっと見る

 有馬記念の追い切りが23日行われ、女帝エアグルーヴを母に持つ良血3歳馬フォゲッタブルが絶好の動きを見せた。栗東ポリコースで6ハロン80秒6、終い11秒6で併せた相手に余裕の先着。本紙記者の評価は1頭だけ15点満点の「S」だ。新コンビとなる仏のクリストフ・ルメール騎手(30)は「チャンスはある」とディープインパクトを倒した05年の再現を狙っている。

出走予定馬へ

 初めてコンビを組むフォゲッタブルの感触を確かめたルメール騎手が、顔を輝かせながら賛辞を贈った。

 「エクセレント!」

 注目の最終追い切りは、凍てつくような寒さの中、滋賀・栗東トレセンで行われた。坂路で軽いウオーミングアップ後にポリトラックコースに移動。パートナーのメジロラフィキ(せ4、1000万下)を4馬身ほど追走。直線入り口で外から近づき、ラスト1ハロンで軽く仕掛けると並んだのはほんの一瞬。楽な手応えのまま突き放し2馬身半の先着。雄大なフットワークはブレがなく、弾力性に富む走りは、素質開花を完全に印象づけた。

 「ファーストコンタクトは非常に大事だが、フレンドリーだった。すごく乗りやすくて、いいフットワーク。いいコンディションだと思う」とルメール。池江泰郎調教師は「上手に併せ馬ができた。最近は調教も走るようになり、軽い動きになった」と目を細めた。

 母は97年の天皇賞・秋を優勝し、女帝と呼ばれたエアグルーヴ。07年の1歳セレクトセールで2億4500万円(税抜き)の高額で落札されたが、3歳春は馬体の成長が遅れていたため、大舞台に縁がなかった。しかし、夏に競馬を使いながら鍛えて「よく乗り越えてくれた。牡馬らしい体つきになった」とグンとスケールアップ。菊花賞で2着に食い込むと、前走のステイヤーズSは1番人気で完勝した。

 「何とかエアグルーヴの子、と言えるようになってホッとしている」。そう話す池江郎師が選んだのは暮れの頂上決戦。「これからの馬なので、よく見ておいてください」。ディープインパクトを育てた名伯楽の目が光る。ルメールも「今回はジャパンC組など最上級の馬は出ていない。GIを勝つ力はあると感じているし、チャンスはある」。そのJCは初騎乗のウオッカに追い切りから騎乗。15点満点のS評価でレースに臨み、JRA初の7冠牝馬達成をアシストした。26日まで騎乗停止だが、有馬記念に備え、勘を鈍らせないよう調教の騎乗を続けてきた名手も意欲満々だ。

 さらに05年有馬記念で無敗3冠馬ディープに初めて土をつけたのが、ルメールのハーツクライ。その時もハーツの追い切りで「エクセレント」と表現していた。あれから4年が経ち、金子真人オーナー、池江郎厩舎で担当スタッフもディープと同じ素質馬で、ルメールは2度目のグランプリ制覇に挑む。「『今度はボクがお返しをする番だよ』と言ってくれた」。笑顔を見せた池江郎師は、仏の名手の言葉を頼もしく受け止め、静かに闘志を燃やしている。(下村静史)

【有馬記念】イコピコ切れ味倍増!12秒0 12月24日(木) 05:06

 東西トレセンで追い切りがあり、栗東ではイコピコが坂路4ハロン53秒6、終い12秒0と素晴らしい切れを見せた。美浦ではマツリダゴッホが蛯名騎手を背にダートコースで6ハロン81秒9、3ハロン38秒5−12秒4を馬なりでマーク。ラストランに向けて態勢を整えた。マイネルキッツはポリで5ハロン64秒1、終い1ハロン12秒0の好時計。乗り替わりで手綱を取る三浦騎手は有馬初参戦に意欲満々だった。

出走予定馬へ

 上がり馬の勢いは止まっていない。神戸新聞杯をレコードで快勝してスター候補に躍り出たイコピコが、グランプリを目前にして絶好の動きを披露。菊花賞、鳴尾記念は4着に敗れたが、この大一番で激走のムードが一気に高まってきた。

 20日に坂路で4ハロン51秒6の好タイムを出していることを踏まえ、最終追い切りはラストを伸ばす控えめな内容。それでも「時計は出るでしょう」という西園調教師の言葉通り、伸びは圧巻だった。坂の中腹までは馬なりのままで、ラスト2ハロンで酒井騎手(実戦は内田博騎手)が気合をつけると、前向きな姿勢でグイグイと脚を伸ばす。4ハロン53秒6、ラスト2ハロンは24秒5−12秒0の速いラップ。走りやすい馬場状態とはいえ、余力を残しながらフィニッシュだ。

 「思っていた調教ができました。前半を15−15で行って上がり重点。絵に描いたような理想通りの内容でしたね」。完ぺきな最終リハに、思わず西園師の表情が緩む。鳴尾記念から中2週と間隔が詰まっているが、その影響もなく「無事に送り出せそうです」と仕上がりに自信を見せた。

 菊花賞は4コーナー後方3番手から猛然と追い込み、鳴尾記念は古馬相手に好位から自分で勝ちに行くレース。ともに内容は悪くない。「前走は1番人気だから早めに動かないと…。それにコーナー2つで折り合いも難しかった。今回はコーナーが多いので折り合いはつくはず。2400メートルのレコードホルダーですから、折り合いがつけば距離はいいでしょう」と西園師は意欲を燃やす。

 ジャパンCは次点で無念の除外だったが、今回はファン投票10位で堂々の出走。鞍上には09年全国リーディングトップ(JRA145勝、23日現在)を独走中の内田博幸騎手を迎え、臨戦態勢も整った。「来年につながる競馬をしてほしいが、チャンスはあるはず」と西園師。強い3歳世代の一角を担うイコピコ。ハワイの言葉で“頂点へ”を意味する名の通りに、王者を目指して出陣だ。(下村静史)

[もっと見る]

【有馬記念】エアシェイディ余裕の手応え 12月24日(木) 05:05

 昨年の有馬記念で3着だったエアシェイディは、小野寺騎手(実戦は後藤騎手)が騎乗して北Cコースで併せ馬。エアパグナス(牡3、500万下)を5馬身追走してスタートし、道中もムキにならず徐々に差を詰めて直線へ。直線では相手の動きに合わせるように半馬身先着してゴール。余裕の手応えで6ハロン82秒4、3ハロン39秒3−13秒7をマークした。

 伊藤正調教師は「いいけいこができました。先週ある程度強いところをやって、今週は調子を整えるだけ。青写真通りにきています」と満足げな表情。8歳暮れになったが馬体は若く、年齢を感じさせない。「一番いい時期にこれから入っていくかもしれない。レース当日に最高の状態になるよう努力します」とピークの状態でグランプリを迎えるつもりだ。

href="http://www.sanspo.com/keiba/race/arimakinen.html">出走予定馬へ

[もっと見る]

【有馬記念】ブエナビスタ復活へ12秒1!12月23日(水) 15:10

 09年JRAのフィナーレを飾るグランプリ競走「第54回有馬記念」(27日、中山競馬場、GI、芝2500メートル、1着賞金1億8000万円)の出走予定馬が23日、栗東トレーニングセンターで追い切られた。

 ファン投票第2位の3歳牝馬ブエナビスタはCウッドコース。単走で、6F83秒9−5F68秒3−4F53秒4−3F39秒4−1F12秒1をゴール前仕掛けられてマーク。回転の速いフットワークは健在で、ラストの伸びも申し分なし。

 今秋は勝ちあぐねているものの、パワフルな動きに馬体もふっくらして、調子落ちなどは見られない。復活への下地は整った。

 春のグランプリ宝塚記念優勝のドリームジャーニーは主戦の池添騎手を鞍上にこちらもCウッドコースに登場。

 中間から動きの良さが際立っていたが、今朝も軽快な走りを見せた。ゆっくり目のスタートから徐々にピッチを上げ、ラストは強めに追われると5F67秒6−4F52秒9−3F39秒2−1F12秒4を計時。馬体の張りも抜群だし、追われてからのフォームも安定。これも好調間違いない。

 ポリトラックコースで、圧倒的なパフォーマンスを発揮したのがフォゲッタブル。乗り替わるルメール騎手で6F80秒6−5F64秒9−4F50秒3−3F36秒1−1F11秒6をゴール前追われてマーク。

 古馬1000万下のメジロラフィッキの外3F併せだったが、ルメールのアクションとともに一気に加速し、瞬時に2馬身半突き放した動きはまさに絶品。

 リーチザクラウンもポリトラックコースで、主戦の武豊騎手を鞍上にオープン馬クラウンプリンセスとの併せ馬。3Fで外に並び掛けると一気にエンジン全開し、11秒5の切れ味で1馬身先着。全体時計の6F78秒1−5F64秒2−4F51秒1−3F37秒8(強め)も文句なし。

[もっと見る]

【有馬記念】壱岐尾彩花、イコピコ本命 12月23日(水) 05:04

 有馬の予想は“プロ”に聞け−。フジテレビの新しい競馬バラエティ「うまプロ」(来年1月9日スタート、土曜深夜1時5分〜)に出演するAKB48の篠田麻里子、おぎやはぎ、壱岐尾彩花(いきお・あやか)が、サンケイスポーツに有馬記念の予想を大公開。ドリームレース的中を願うアナタ、参考にしてはいかがですか?

 アシスタントを務める壱岐尾彩花は、まったくの競馬初心者でビギナーズラックを狙う。「イコピコって名前の響きがいいですよね」と初心者らしく直感で指名。さらに僚誌Gallopの誌上パドックでイコピコを見て「毛ヅヤがいい感じですよね。馬の目も本当にカワイイですね」と“3歳の草食男子”に惚れ込んでいた。

壱岐尾彩花(いきお・あやか)

 1989年1月21日生まれ、東京都出身の20歳。1メートル51・5。現役女子大生シンガー。今年1月にデビューアルバム「RE:ACID QUEEN」をリリース。「S Cawaii!」誌の専属モデルや09年渋谷ガールズコレクションに出演するなどモデルとしても活躍している。

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 127ビュー

伊吹雅也

『JRAホームページ』内の人気コンテンツ「今週の注目レース」でお馴染みの伊吹雅也が、今週末のメインレースをいち早く分析! 膨大な予想ファクターの中から、レースの「本質」が表れている最重要データ1点をピックアップします。1億2千万人が熱狂するグランドフィナーレ、有馬記念は枠順が最大のポイントです!

▼12月27日(日)中山10R 有馬記念
【枠番別成績(1999年以降)】
●1〜4枠 〔7・6・7・45〕(複勝率30.8%)
●5〜8枠 〔3・4・3・68〕(複勝率12.8%)
ダイワスカーレットが強い競馬をしたせいでレースが壊れてしまった昨年は、いろいろな意味で参考になりません。基本的には、インコースでソツなく立ち回れそうな馬を狙いたいところ。単勝6番人気以下で3着以内となった12頭中、半数の6頭が1〜2枠だったのは偶然じゃないと思います。

▼12月26日(土)中山10R 中山大障害
【前走が障害のオープン、重賞だった馬の、前走着順別成績(2000年以降)】
●3着以内 〔6・7・6・28〕(複勝率40.4%)
●4着以下 〔1・1・2・64〕(複勝率5.9%)
→平地をステップレースに選んだ馬はともかく、前走も障害だった馬は、その前走で上位に食い込んでいてほしいところ。厳密にこの基準を適用すると、今年はテイエムトッパズレトウカイポリシーモルフェサイレンスの3頭しか該当馬がいません。

▼12月26日(土)阪神11R ラジオNIKKEI杯2歳ステークス
【馬番別成績(1999年以降)】
●1〜9番 〔10・7・9・63〕(複勝率29.2%)
●10番〜16番 〔0・3・1・33〕(複勝率10.8%)
→このレースも有馬記念と同じく、枠順が案外重要です。10番よりも外の枠に入った馬は割り引きが必要でしょう。

▼12月27日(日)中山11R ハッピーエンドカップ
【前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2007年以降)】
●5位以内 〔2・2・0・4〕(複勝率50.0%)
●6位以下 〔0・0・2・20〕(複勝率9.1%)
→中山芝1200mで開催されたここ2年は、いずれも前崩れの決着。前走で出走メンバー中5位以内の上がり3ハロンタイムをマークしていた馬が上位に来ています。今年の登録馬で該当するのは、カレンナサクラ、スーパーマークン、ダノンムロータマニューホープテンザンモビールポールアックス、リトルディッパーの7頭です。

▼12月27日(日)中京12R 尾張ステークス
【4コーナーの通過順別成績(2006年以降)】
●7番手以内 〔0・1・1・22〕(複勝率8.3%)
●8番手以下 〔3・2・2・19〕(複勝率26.9%)
→こちらも前崩れの流れになりやすいレース。また、今年は該当馬が多いかもしれませんけど、中2週以内で臨んだ馬が〔3・0・2・3〕と好調な点も要チェックでしょう。

▼12月27日(日)阪神12R 2009ファイナルステークス
【5回阪神芝1600mにおける、単勝オッズ50倍未満だった馬の、血統別成績(2006年以降)】
●父か母の父がグレイソヴリン系種牡馬 〔10・6・6・24〕(複勝率47.8%)
●父も母の父もグレイソヴリン系以外の種牡馬 〔35・34・37・276〕(複勝率27.7%)
→阪神競馬場が改修された2006年以降、5回阪神の芝1600mは、父か母の父にグレイソヴリン系種牡馬を持つ馬が優勢でした。今年の登録馬だと、アグネストレジャーキャプテンベガトップオブツヨシマイネルフォーグヤマニンエマイユの5頭が該当します。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 『JRAホームページ』(http://www.jra.go.jp/)、『競馬王』(白夜書房)、『サラブレ』(エンターブレイン)、『POGの達人』(光文社)などで活躍中の若手競馬ライター。「競馬」や「レース」の本質を見抜く的確なデータ分析力に定評があり、現在は騎手と騎乗馬の相性をロジカルに分析する予想理論『ザ・カンフルジョッキー』で注目を集めている。

⇒もっと見る

●有馬記念 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜有馬記念2009〜

  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 5 9 103.5 ドリームジャーニー 牡5 57.0 池添謙一 池江泰寿 栗東 426(+4) 4.0 2 2.30.0
2 1 2 98.7 ブエナビスタ 牝3 53.0 横山典弘 松田博資 栗東 446(-8) 3.4 1 2.30.1 1/2
3 3 6 102.0 エアシェイディ 牡8 57.0 後藤浩輝 伊藤正徳 美浦 494(0) 32.0 11 2.30.8
4 8 16 93.7 フォゲッタブル 牡3 55.0 C.ルメー 池江泰郎 栗東 484(-2) 9.6 4 2.30.8 アタマ
5 2 4 99.6 マイネルキッツ 牡6 57.0 三浦皇成 国枝栄 美浦 504(+6) 33.2 12 2.31.2 2 1/2
6 7 14 95.5 セイウンワンダー 牡3 55.0 藤田伸二 領家政蔵 栗東 518(+4) 21.0 10 2.31.6 2 1/2
7 4 7 102.2 マツリダゴッホ 牡6 57.0 蛯名正義 国枝栄 美浦 502(+12) 9.4 3 2.31.9 1 3/4
8 6 11 96.9 イコピコ 牡3 55.0 内田博幸 西園正都 栗東 456(-10) 17.2 9 2.32.6
9 7 13 97.6 シャドウゲイト 牡7 57.0 田中勝春 加藤征弘 美浦 504(+4) 123.4 16 2.32.7 3/4
10 3 5 98.5 コスモバルク 牡8 57.0 五十嵐冬 田部和則 北海道 512(+2) 89.9 15 2.32.8 クビ
11 2 3 99.9 ミヤビランベリ 牡6 57.0 吉田隼人 加藤敬二 栗東 492(-4) 14.7 7 2.32.8 アタマ
12 8 15 99.0 ネヴァブション 牡6 57.0 北村宏司 伊藤正徳 美浦 488(-2) 60.0 13 2.33.9
13 4 8 98.0 リーチザクラウン 牡3 55.0 武豊 橋口弘次 栗東 508(+2) 12.6 5 2.34.6
14 6 12 94.3 テイエムプリキュア 牝6 55.0 熊沢重文 五十嵐忠 栗東 504(-2) 65.0 14 2.35.7
15 1 1 93.0 アンライバルド 牡3 55.0 M.デムー 友道康夫 栗東 474(+4) 14.9 8 2.36.8
中止 5 10 94.3 スリーロールス 牡3 55.0 浜中俊 武宏平 栗東 498(0) 13.5 6 -- --
ラップタイム 6.8-11.0-11.2-11.3-11.9-12.3-12.6-12.3-12.5-12.1-12.0-11.7-12.3
前半 6.8-17.8-29.0-40.3-52.2
後半 60.6-48.1-36.0-24.0-12.3

■払戻金

単勝9 400円 2番人気
複勝9 150円 2番人気
2 140円 1番人気
6 380円 9番人気
枠連1-5 510円 1番人気
馬連2-9 740円 1番人気
ワイド2-9 320円 1番人気
6-9 830円 6番人気
2-6 1,400円 19番人気
馬単9-2 1,510円 2番人気
3連複2-6-9 5,460円 10番人気
3連単9-2-6 18,890円 27番人気

U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。
U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!  詳しくはこちら

プロ予想MAXスペシャルコラム 〜有馬記念〜

前回の〜朝日杯FS編〜では、6番人気1着のサトノアレスへの「マイル以下が合う。期待したい。」(サラマッポプロ)、「G1でも通用するレベル」(河内一秀プロ)、「ここ目イチでくるようなら期待大」(加藤拓プロ)などの声をご紹介。7番人気2着のモンドキャンノについても「能力上位の馬。折り合いさえつけばやれる。」(スガダイプロ)、「当然ここでも有力馬の一角」(河内一秀プロ)といった貴重なプロ見解をお届けした当コラム。引き続き今週も馬券的中へのヒントを探しにプロ予想家に迫って参りたいと思います。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125

本日のターゲットは、12/25(日)G1有馬記念
今回も、ウマニティ公認プロ予想家の中からスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓の5人にアノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て12/19(月)時点のものです。

●プロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近9年中8年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。
加藤拓プロ・・・血統予想。血統的データを中心に、前回よりも今回の馬場に適性が向く馬を狙う予想スタイル。

●各馬へのコメント

キタサンブラック
 スガダイ JCは楽な競馬だったねー。もっと厳しいペースで行っても勝てたと思うけど、枠順も良かったし、あんな楽に逃げさせたらどうしようもないよ。前半の3Fが37.2、1000mの通過が1.01.7。こんなペースで2コーナー過ぎに2番手以下との差が広がってるんだから、笑っちゃうよ。外国人騎手がペースを読めないのは仕方がないけど、こんなレースで「豊さんのペース配分が絶妙だった」なんて言ってるジョッキーばかりではねぇ......。前走のJCに関しては、武豊が上手かったんじゃなくて、他のジョッキーが馬鹿過ぎただけだ。武豊キタサンブラックも本気を出せば、もっと素晴らしい走りを見せてくれたはず。その本気を出すまでもなく、レースが終わってしまったような印象だね。結局、ペースが読めるのは武豊を含めたごく一部のベテランだけ。そして、大舞台で勝ちに行く競馬が出来るのは外国人騎手だけってことだね。今回も楽な競馬になるんじゃないかな。大スターである馬主の歌が、レース後の恒例行事になってるようじゃ尚更だ。適性的にも、府中より中山向きの馬だと思うし、万が一、厳しい展開になっても、中山なら大崩れするような事はないと思うよ。
 加藤拓 あらゆるコースで崩れない競馬を見せており、今回もそう簡単には崩れないでしょう。が、前走とは違い、マクリの利くこのコースでは、後続に4コーナーで並びかける競馬をされると苦しいのは違いないでしょう。もちろん、そこから粘るのがこの馬の真骨頂でしょうが。
 くりーく 今回は間隔が詰まっているので、1週前追い切りは強めに追わず馬なりでの追い切りを消化しました。手応えも良く力強い走りで、良い状態をキープできていると思います。ただ、今年はほとんど内枠に入り自分のレースができているので、不利な外枠に入るなどして流れに乗れなかった時にどうなるかという不安はありますね。いずれにしても、状態面としては十分な状態でレースを迎えることができそうです。
 河内一秀 初めて明確に本命と言える評価をしたJCで、これも初めてと言っていい圧勝であったことを考慮すれば、指数的にも水準以上とみていいパフォーマンスだった。これにより、古馬中長距離戦線の主役であることは疑う余地がなくなったね。コースレイアウト的には向いていないと思われた府中2400mで、後続を引き連れての逃げで2着以下を完封したことで、最早、弱点が見つからない存在になったと言っても過言ではないよ。今回、未対決の3歳馬に潜在能力の差で負けるというシーンは、例えばオルフェーヴル級の指数ではないから、(その可能性は)ゼロではないけどね。それでも、馬券圏外に崩れる確率は限りなく少ないと言っていいだろうね。
 サラマッポ 前走は逃げて押し切る堂々たる競馬でした。今回はマルターズアポジーを見ながら、番手からの競馬になりそうですが、ペース判断に優れた武豊騎手なので、確実に自分の力は出せると思っています。柔らかみがありコーナリングも上手いので、中山の小回りも問題ないですね。

サトノダイヤモンド
 くりーく この馬は、1週前追い切りで調教助手が騎乗して併せ馬で強めに追われる、というのが調整パターン。レース内容が物足りなかった皐月賞以外は、すべて1週前に助手騎乗(皐月賞時のみルメール騎手騎乗)でビッシリと仕上げて出走しています。今回も、1週前追い切りは長めから併せて一杯に追われ、終い鋭く伸びて先着と、前走以上の動きに見えました。今回はキタサンブラックが実力以上に人気を背負ってくれるので、この馬としてはレースがしやすいという点も強調材料ではないかとみています。
 加藤拓 ディープインパクト産駒で有馬記念で馬券になったのはジェンティルドンナのみですが、実際上位人気はそのジェンティルドンナくらいで、他は単純に能力の問題とも言えます。中山競馬場は2014年の改修以降、年々ディープインパクト産駒が成績を上げていて、今年はベタ買いで回収率100%を超えてくるかというほど。いわば“ディープ馬場”に変化してきています。そういう面もこの馬にとっては追い風ですね。
 河内一秀 菊花賞は、唯一の相手だと思われたディーマジェスティの意外な低パフォーマンスに助けられて圧勝したけど、指数的には明らかに・・・


ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想 3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻

ステップレース 〜有馬記念2009〜

2009年10月25日(菊花賞  京都 芝3000m 良 18頭

1着 1 スリーロールス 19.2倍(8人気) 浜中俊 3:03.5 100.3
2着 3 フォゲッタブル 18.7倍(7人気) 吉田隼人 ハナ 100.3
3着 12 セイウンワンダー 15.8倍(6人気) 福永祐一 1 1/4 99.6
4着 14 イコピコ 4.4倍(2人気) 四位洋文 98.8
5着 9 リーチザクラウン 3.8倍(1人気) 武豊 クビ 98.8
⇒全着順を見る

2009年11月1日(天皇賞(秋)  東京 芝2000m 良 18頭

1着 3 カンパニー 11.5倍(5人気) 横山典弘 1:57.2 109.7
2着 2 スクリーンヒーロー 31.4倍(7人気) 北村宏司 1 3/4 107.9
3着 7 ウオッカ 2.1倍(1人気) 武豊 クビ 107.9
4着 15 オウケンブルースリ 8.0倍(3人気) 内田博幸 104.9
5着 10 シンゲン 7.4倍(2人気) 藤田伸二 ハナ 104.9
⇒全着順を見る

2009年11月15日(エリザベス女王杯  京都 芝2200m 良 18頭

1着 7 クィーンスプマンテ 77.1倍(11人気) 田中博康 2:13.6 102.3
2着 11 テイエムプリキュア 91.6倍(12人気) 熊沢重文 1 1/2 101.2
3着 16 ブエナビスタ 1.6倍(1人気) 安藤勝己 クビ 100.7
4着 10 シャラナヤ 10.4倍(3人気) C.ルメール 3 1/2 97.5
5着 2 メイショウベルーガ 19.6倍(6人気) 池添謙一 1/2 96.9
⇒全着順を見る

2009年11月29日(ジャパンカップ  東京 芝2400m 良 18頭

1着 5 ウオッカ 3.6倍(1人気) C.ルメール 2:22.4 105.2
2着 10 オウケンブルースリ 4.7倍(2人気) 内田博幸 ハナ 105.2
3着 6 レッドディザイア 9.6倍(6人気) 四位洋文 1 1/2 104.2
4着 16 コンデュイット 4.9倍(3人気) R.ムーア 1 1/4 103.2
5着 3 エアシェイディ 44.8倍(11人気) 後藤浩輝 1 1/4 102.2
⇒全着順を見る

2009年12月5日(ステイヤーズS  中山 芝3600m 稍重 16頭

1着 5 フォゲッタブル 2.0倍(1人気) C.スミヨン 3:51.3 99.4
2着 9 ゴールデンメイン 55.5倍(13人気) 北村宏司 1 1/4 98.8
3着 13 モンテクリスエス 6.0倍(2人気) 柴田善臣 1/2 98.5
4着 11 トウカイトリック 8.3倍(3人気) 蛯名正義 クビ 98.5
5着 8 マサライト 31.4倍(9人気) 古川吉洋 アタマ 98.5
⇒全着順を見る

マークは出走予定馬、タイムの右の数字は結果U指数

過去10年の結果 〜有馬記念2009〜

2008年 有馬記念 2008年12月28日() 中山10R 芝2500m 良 14頭

1着 13 ダイワスカーレット 2.6倍(1人気) 安藤勝己 2:31.5 107.2
2着 14 アドマイヤモナーク 90.2倍(14人気) 川田将雅 1 3/4 105.8
3着 6 エアシェイディ 36.1倍(10人気) 後藤浩輝 3/4 105.3
単勝 13 260円(1人気) 3連複 6−13−14 192,500円(220人気)
馬連 13−14 29,490円(53人気) 3連単 13→14→6 985,580円(1,052人気)

2007年 有馬記念 2007年12月23日() 中山9R 芝2500m 稍重 16頭

1着 3 マツリダゴッホ 52.3倍(9人気) 蛯名正義 2:33.6 109.5
2着 7 ダイワスカーレット 8.1倍(5人気) 安藤勝己 1 1/4 108.6
3着 4 ダイワメジャー 15.2倍(6人気) M.デムーロ 2 1/2 106.8
単勝 3 5,230円(9人気) 3連複 3−4−7 73,320円(111人気)
馬連 3−7 22,190円(38人気) 3連単 3→7→4 800,880円(842人気)

2006年 有馬記念 2006年12月24日() 中山9R 芝2500m 良 14頭

1着 4 ディープインパクト 1.2倍(1人気) 武豊 2:31.9 106.3
2着 1 ポップロック 31.1倍(6人気) O.ペリエ 104.0
3着 5 ダイワメジャー 15.1倍(3人気) 安藤勝己 3/4 103.5
単勝 4 120円(1人気) 3連複 1−4−5 2,890円(9人気)
馬連 1−4 1,070円(4人気) 3連単 4→1→5 9,680円(31人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2005/12/25
有馬記念
中山 16 ハーツクライ 17.1倍 4 C.ルメール 2:31.9 108.7
2004/12/26
有馬記念
中山 15 ゼンノロブロイ 2.0倍 1 O.ペリエ 2:29.5 108.7
2003/12/28
有馬記念
中山 12 シンボリクリスエス 2.6倍 1 O.ペリエ 2:30.5 111.2
2002/12/22
有馬記念
中山 14 稍重 シンボリクリスエス 3.7倍 2 O.ペリエ 2:32.6 0.0
2001/12/23
有馬記念
中山 13 マンハッタンカフェ 7.1倍 3 蛯名正義 2:33.1 0.0
2000/12/24
有馬記念
中山 16 テイエムオペラオー 1.7倍 1 和田竜二 2:34.1 0.0
1999/12/26
有馬記念
中山 15 グラスワンダー 2.8倍 1 的場均 2:37.2 0.0

●有馬記念 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

ダビマス
初めての方へ
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年1月14日(
愛知杯 G3
2017年1月15日(
京成杯 G3
2017年1月17日(火)
日経新春杯 G2

競馬番組表

2017年1月14日(
1回中山4日目
1回中京1日目
1回京都4日目
2017年1月15日(
1回中山5日目
2017年1月16日(月)
1回中京2日目
2017年1月17日(火)
1回京都5日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
106,750万円
2 ゴールドアクター 牡6
67,588万円
3 サトノダイヤモンド 牡4
67,496万円
4 イスラボニータ 牡6
59,751万円
5 モーリス 牡6
53,625万円
6 ミッキーアイル 牡6
52,948万円
7 ロゴタイプ 牡7
52,480万円
8 ヌーヴォレコルト 牝6
45,672万円
9 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
10 ラストインパクト 牡7
44,359万円
» もっと見る

3歳
1 サトノアレス 牡3
9,135万円
2 ソウルスターリング 牝3
8,950万円
3 モンドキャンノ 牡3
8,601万円
4 レイデオロ 牡3
8,477万円
5 ブレスジャーニー 牡3
7,350万円
6 レーヌミノル 牝3
6,985万円
7 リスグラシュー 牝3
6,381万円
8 ジューヌエコール 牝3
6,156万円
9 トラスト 牡3
5,392万円
10 キョウヘイ 牡3
5,347万円
» もっと見る