会員登録はこちら
皐月賞 G1   日程:2009年4月19日() 15:40 中山/芝2000m

レース結果

皐月賞 G1

2009年4月19日() 中山/芝2000m/18頭

本賞金:9,700万 3,900万 2,400万 1,500万 970万


レコード:1分58秒5
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 16

アンライバルド

牡3 57.0 岩田康誠  友道康夫 478(0) 1.58.7 6.1 3
2 2 4

トライアンフマーチ

牡3 57.0 武幸四郎  角居勝彦 474(-4) 1.58.9 1 1/2 51.3 8
3 7 15

セイウンワンダー

牡3 57.0 内田博幸  領家政蔵 516(-10) 1.59.0 1/2 21.2 4
ラップタイム 12.1-10.8-11.9-12.1-12.2-12.1-11.9-11.8-11.7-12.1
前半 12.1-22.9-34.8-46.9-59.1
後半 59.6-47.5-35.6-23.8-12.1

■払戻金

単勝 16 610円 3番人気
複勝 16 280円 2番人気
4 1,470円 10番人気
15 870円 7番人気
枠連 2-8 5,170円 15番人気
馬連 4-16 11,940円 28番人気
ワイド 4-16 3,360円 31番人気
15-16 1,570円 15番人気
4-15 10,240円 69番人気
馬単 16-4 18,390円 48番人気
3連複 4-15-16 67,600円 132番人気
3連単 16-4-15 390,930円 670番人気

皐月賞のニュース&コラム

【フローラS】岩田で切符獲る!ワイド圏内
 秘めたる素質は桜花賞2着馬にも負けてはいない。レッドディザイアとエルフィンSでハナ差の接戦を演じたワイドサファイアが、サンスポ賞フローラSでオークスの出走権獲得(3着以内)を狙う。先週の皐月賞V、関西の騎手リーディングのトップを独走中の岩田康誠騎手(35)もワイドに首ったけ。藤原英厩舎の秘蔵っ子が3歳牝馬クラシック戦線に新風を吹き込む。 オークスは3歳牝馬のあこがれのステージ。だが、スタートラインに立たないことには何も始まらない。出走チケットはフローラSの3枚と来週(スイートピーS)の2枚だけ。収得賞金400万円のワイドサファイアが14分の11の抽選をクリアした。抽選に漏れれば岩田康騎手の26日の東京での騎乗は目的の大半が失われる。それを承知での選択から、岩田のワイドに対するほれ込みようがひしひしと伝わる。 2走前のエルフィンSは桜花賞2着のレッドディザイアとハナ差。フラワーC除外で回った毎日杯は牡馬に混じって7着だったが、勝ち馬とは0秒3差。賞金こそ上積みできなかったが、常に能力の高さをレースで示してきた。 藤原英調教師もワイドサファイアが可愛くて仕方ないようだ。この厩舎の3歳牝馬は桜花賞3着のジェルミナル、忘れな草賞2着のブロードストリートがいる豪華布陣だが、「成長力という点でみれば楽しみが大きいのはこの馬」と目を細める。「レース内容も徐々に良化している。じっくり走ってこちらが思うような競馬を、成長度合いをみせてほしい。そうすれば結果は自然についてくるんじゃないかな」と将来的な期待を含めて相当な思い入れを感じさせる口ぶりだ。 今週の栗東DWの追い切りは岩田康騎手が手綱を取り、強めで5ハロン68秒0、3ハロン38秒5-11秒4。「具合は良さそう。掛かる馬じゃないから距離は大丈夫。エルフィンSの内容からすれば能力は十分通用する。輸送とか、その辺りをうまく克服してくれればチャンスはあると思う」とレースを楽しみにしている。 先週の皐月賞では3強だった牡馬クラシックの勢力図を、アンライバルドの1強に変えた岩田騎手。牝馬はこのワイドサファイアとのコンビで!! 絶対女王のブエナビスタと同じ樫の舞台(5月24日、東京、GI、芝2400メートル)に立つためにもこのトライアルで結果を出したい。(阿部裕昭)
2009年4月24日(金) 05:04

 912

フィフス、NHKマイルCへ…アンカツ騎乗
 皐月賞で7着に敗れたフィフスペトル(美・加藤征、牡3)は、NHKマイルC(5月10日、東京、GI、芝1600メートル)に向かうことになった。「皐月賞は直線でさばけず、もったいない内容だったが、その分ダメージもありませんでした」と加藤征調教師。引き続き安藤勝騎手とコンビを組む。 皐月賞8着のナカヤマフェスタ(美・二ノ宮、牡3)は美浦で調整してダービー(5月31日、東京、GI、芝2400メートル)に直行する。
2009年4月23日(木) 05:02

 695

【3歳次走報】トライアンフはダービー直行
 ★…皐月賞2着トライアンフマーチ(栗・角居、牡)、3着セイウンワンダー(栗・領家、牡)、9着アントニオバローズ(栗・武田、牡)、13着リーチザクラウン(栗・橋口、牡)はダービー(5月31日、東京、GI、芝2400メートル)に直行する。 ★…皐月賞5着ベストメンバー(栗・宮本、牡)、17着メイショウドンタク(栗・武田、牡)は京都新聞杯(5月9日、京都、GII、芝2200メートル)へ。 ★…皐月賞12着サトノロマネ(美・国枝、牡)はプリンシパルS(5月9日、OP、東京、芝2000メートル)かNHKマイルC(5月10日、東京、GI、芝1600メートル)のいずれか。15着モエレエキスパート(美・奥平雅、牡)は22日、ビッグレッドファーム鉾田入り。昇竜S(5月23日、中京、OP、ダ1700メートル)を目指す。 ★…毎日杯を勝ったアイアンルック(栗・橋口、牡)は次走のNHKマイルCの結果にかかわらずダービーに向かうことを橋口師が明言。 ★…若葉S4着ヤマニンウイスカー(栗・池江郎、牡)は京都新聞杯、同厩でゆきやなぎ賞を勝ったイネオレオ(牡)は青葉賞(5月2日、東京、GII、芝2400メートル)かプリンシパルS。 ★…若葉S7着マナクーラ(栗・池江寿、牡)は松岡騎手と新コンビを組んでプリンシパルSを予定。山藤賞を逃げ切ったブレイクナイン(美・田村、牡)もプリンシパルSへ。 ★…18日阪神の500万下(芝1400メートル)を勝ったアルーリングムーン(栗・野村、牡)は除外の可能性が高いが、NHKマイルCに登録。 ★…フローラSに登録があるフキラウソング(栗・松田国、牝)は回避して葵S(5月16日、京都、OP、芝1400メートル)、同じくマイファーストラヴ(栗・松元茂、牝)はスイートピーS(5月3日、東京、OP、芝1800メートル)。 ★…桜花賞5着ルージュバンブー(栗・佐藤正、牝)、忘れな草賞2着ブロードストリート(栗・藤原英、牝)はスイートピーSを予定。 ★…桜花賞14着カツヨトワイニング(美・高橋義、牝)は葵Sの予定。
2009年4月22日(水) 05:00

 670

皐月賞大敗…関東馬に奮起の応援メール!
 皐月賞で圧倒的1番人気に支持されたロジユニヴァースは14着と惨敗し、関東馬はクラシックレース16連敗となった。それだけでなく、桜花賞に続き、1~5着までの掲示板を関西馬が独占という関東馬にとっては屈辱的な結果だった。GIで断然の1番人気馬が大敗するのは最近では珍しい結果だったが、JRAにはファンから怒りの声ではなく関東勢の奮起を促す内容の応援メールが寄せられたという。
2009年4月21日(火) 05:02

 736

皐月賞のニュースをもっと見る >

【酔いどれブログ】3強の中で有利なのは?
 “GIは騎手で買え”と言った手前、ブエナビスタの相手に選んだジョッキーは、3、5、6、11着。そんな簡単に馬券は獲らせてくれません。 皐月賞。1強から3強へ。その3強の中に地方競馬出身の岩田康騎手が乗るアンライバルドがいる。4戦3勝、3勝は全て岩田康だ。前走のフジテレビ賞では、インしか伸びないコースを外へ回してひと捲くり。さすがに3強の一角リーチザクラウン、桜花賞馬を寄せ付けなかった馬だ。 逃げ、先行、追い込み。3強の脚質は違う。逃げるしかないリーチを徹底マークのロジ。淀みないラップになる流れ。先にやり合う2強よりも最後のギヤを使えるアンライバルドには“展開の利”がある。軸は決まった。月曜夕刻、携帯に吉田TMから着信。「今、戸田と江古田で飲んでいるんだ。早く出ておいでよ」と。時間を見れば5時半。まだ、外は明るい、いったい何時から飲んでるの。 「社に用事があって、大手町を出たのが3時過ぎ。無理言って店を開けてもらったのよ」。さすがに30年近く付き合っている店。お客を大事にしてくれます。 こちらは出遅れのスタートからの参戦。酔いに追いつくにはハイピッチの展開が必要。ようやく流れに乗れたころに、吉田TMが「最近、入り浸っている店があるみたいじゃない。其処に行こう」と言われて、いつもの美人ママがいるカフェバーに…。 吉田TMのジャッジは「いいね、ママと並んでいるところ写真撮って」。かなりのお気に入り。帰り際に「ちょくちょく寄らせてもらいますね」と言ってタクシーへ。来週から日、月は早く寝ないと…。 前文に戻って。先週負けたぐらいで、ジョッキー買いは撤回しません。今週も騎手選び。岩田康→安藤勝、内田博、武豊、横山典、福永騎手へ。では、また来週…。三原 吉次(みはら・よしじ)サンケイスポーツ記録部から競馬エイト編集部に足かけ20数年の競馬一筋男。同期に吉田均、藤牧満男、戸田一生の競馬エイトが誇る名物トラックマン。若手トラックマン椋木宏、星政彦、ヒロシらとも交流しており、競馬エイトからの調教、厩舎情報はバッチリ。彼らの本音を聞き出しての情報分析に自身の独特予想理論から買い目を絞った予想がセールスポイント。堅いところから大穴までまかせなさい。
2009年4月16日(木) 11:24

 1,077

【皐月賞】ロジ1強!関東馬復権&歴史作る
 動いた!! 速い!! 完璧だ!! 今週の牡馬クラシック第1弾・皐月賞に出走するロジユニヴァースが15日、美浦トレセンで最終追い切りを行った。主戦の横山典弘騎手が手綱を取りWコースで5ハロン64秒2、ラスト12秒7の好時計を馬なりでマーク。併せた相手に4馬身先着した。3強ムードの今週、関東馬&関東のトップ騎手が主役を務めるぜ!! 全く無理していない。それでも圧巻の好時計。GI獲得に向けた完璧仕様だ。ロジユニヴァースが横山典弘騎手を背に豪快なパフォーマンスを披露した。 引き締まった筋肉から放たれる独特のオーラ。追い切り前の準備運動でも存在感抜群のロジが、美浦トレセンのWコースに登場した。僚馬ノーフォークパイン(牡5、500万下)を4馬身ほど追いかけてスタート。ムキになる素振りも見せず、ジョッキーの手綱も相棒の走る気に任せたままでほとんど動かない。それでもグイグイと伸びる。4コーナーで僚馬の外に進路を取ると、並びかける間もなく抜き去って行く。最後は流す余裕すら見せてゴールした。 前日からの雨が残って走りやすかった馬場状態を考慮しても、馬なりで5ハロン64秒2、3ハロン37秒7-12秒7をマークして4馬身先着は文句のつけようがない。「本来の追い切りができました」と萩原清調教師は納得の表情。横山典騎手も「気分良く、いい感じで走らせたかった」と手綱から伝わる感触の良さに自然と笑みがこぼれる。 追い切りを終えて引き揚げてきたロジは、まだ走り足りないと言うように駆け出す仕草を見せたが、すぐに落ち着いて体重の計量を行った。馬がストレスを感じていない証拠だ。 皐月賞と同舞台の弥生賞を無敗4連勝で完勝し、本番に臨むロジに特に死角は見当たらない。強いて挙げれば未経験の中5週という間の詰まったローテーション。「とにかく、テンションを高くしないこと。それに関してはうまくできたと思います」とトレーナー。短期放牧を挟んでリフレッシュし、最終追い切りでは主戦騎手を乗せて万全の追い切りを消化できたことで、その課題もクリアしたと判断できる。 「ロジユニヴァースが活躍することによって、関東馬の息が吹き返せばいい。関西馬を相手にして、関東馬でGIを、そしてクラシックを獲りたい」。萩原師が公言する“関東馬復権”。42勝を挙げ全国リーディング首位(15日現在)の横山典弘騎手とロジユニヴァースのコンビが、05年ディープインパクト以来となる史上17頭目の無敗の皐月賞制覇に挑む。(高尾幸司)
2009年4月16日(木) 05:09

 1,263

【皐月賞】絶好調アンライバルド4馬身先着
 皐月賞の追い切りが15日、東西トレセンで行われた。栗東ではスプリングS優勝のアンライバルドがCWコースで6ハロン79秒5、終い12秒4で僚馬に4馬身先着と好調をアピール。有力馬リーチザクラウンは16日に追い切る予定。 アンライバルドがCWコースで僚馬を圧倒し絶好調をアピールした。 ライバルドの馬場入りの時間に合わせたかのように雲の切れ間から日差しが顔を出す。トレードマークの黒いメンコを装着し、角馬場でじっくりと体をほぐしてからCWへ移動。2コーナーからストラディヴァリオ(牡6、1600万下)を1秒ほど追いかける形で、15秒1→13秒8→13秒0と流れるように無理なくペースアップ。直線入り口で僚馬に追い付き、内に潜り込むと並ぶ間もなく抜き去る。最後は2度見せムチで軽く気合をつけて6ハロン79秒5、3ハロン37秒6-12秒4で4馬身先着。前日の雨で走りづらい馬場状態でこのタイムなら十分合格点だ。 「きょうは前に馬を置いて先週よりも負荷をかける形で追い切りを行った。前を捕らえにかかった時の瞬発力と反応の良さには満足している」と友道調教師は安堵の表情を見せた。 スプリングSは初の長距離輸送や荒れ馬場(発表は良)などの課題を抱えながらも、ケタ違いの瞬発力で他馬を完封したことは陣営にも大きな自信となった。「前走はジョッキー(岩田康騎手)がうまくなだめながら乗ってくれた。(直線で)抜け出してくる時の末脚にはシビレましたよ。距離延長はいいし、いい状態で出走できそう。ネオユニヴァースも同じローテー(スプリングS〔1〕着)で皐月賞に勝っているので、この馬もお父さんと一緒の成績になれればいいね」と師は親子制覇に夢を馳せる。 “伝説の新馬戦”で3着に負かしたブエナビスタが桜花賞を1番人気で完勝し、2着だったリーチザクラウンも3強皐月賞の一角を担う存在。その2頭を完封しただけにVは目前にある。心身ともに最高に近いデキに仕上がったアンライバルドが、3戦無敗の岩田康騎手の手綱で第1冠を獲りに行く。(片岡良典)
2009年4月16日(木) 05:07

 1,357

【皐月賞】ぶっちぎり!フェスタ、不安皆無
 皐月賞の追い切りが15日、東西トレセンで行われた。美浦では東スポ杯2歳S馬ナカヤマフェスタが3頭併せで大きく先着し、弥生賞回避の影響を感じさせない軽快な動きだった。 一瞬のうちに突き抜けた。3強に待ったをかけるのは、この馬しかいない。僚馬2頭を豪快に抜き去ったナカヤマフェスタが、久々の不安を打ち消して皐月賞に臨む。 「先週ジョッキーが乗って、ある程度できていますから。やれば動く馬ですし、そんなに速い時計は必要ありません」 ポリトラックでの追い切りを見届けた二ノ宮調教師が満足そうに切り出した。外タイセイダンサー(牡3未勝利)、中キングスチャペル(同)を追走してのスタート。4コーナーで内に入ると、直線入り口で早くも抜け出す。最後は鞍上の佐々木調教助手(実戦は蛯名騎手)が気合をつけてフィニッシュ。5ハロン64秒3、36秒3-11秒8で、外に5馬身、中に2秒7もの差をつけた。右回りで手前を替えないのはデビュー前からの癖。躍動感あふれる動きで、弥生賞回避の不安を打ち消した。 「わがままで苦労した面はありましたが、いい方に変わっています。体も筋肉質になって、トモに力がついてきました」 二ノ宮師は心身の成長を強調する。3月末には、調教を拒否するほどまでに悪化した気性面を改善すべく、不退転の決意で厳しいしつけを施した。これが奏功して乗り手の指示に従うようになり、思い通りの調教を積むうちに肉体面も成長。左前脚のザ石が発端でリズムを崩した時期もあったが、「100%で出します」と師が宣言できるまで回復した。 蛯名騎手も「一頓挫あったのは事実だし、そう甘くないとは思います。ただ、休ませて良くなったのも確かですね。あの強い気性がいい方に出れば…」と逆転への望みは持っている。前走は大きく躓くアクシデントがあっても2着に奮闘。もしスムーズに走って3連勝の戦績なら…? 人気の盲点と思えるナカヤマフェスタが、3強の前評判に堂々と反旗を翻す。(黒田栄一郎)
2009年4月16日(木) 05:05

 878

皐月賞の直前追い切り情報をもっと見る >

皐月賞過去10年の結果

2008年4月20日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2007年4月15日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ヴィクトリー 田中勝春 1:59.9 17.3倍 98.8
2着 サンツェッペリン 松岡正海 ハナ 100.6倍⑮ 98.8
3着 フサイチホウオー 安藤勝己 ハナ 3.7倍 98.8
2006年4月16日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

皐月賞ステップレース

毎日杯   G3 
2009年3月28日() 阪神競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 14 アイアンルック 小牧太 1:48.0 2.7倍 97.8
2着 12 ゴールデンチケット 木村健 1/2 81.9倍 97.2
3着 11 アプレザンレーヴ 内田博幸 3/4 3.6倍 96.5
4着 7 ミッキーパンプキン 岩田康誠 ハナ 7.2倍 96.5
5着 5 オオトリオウジャ 吉田隼人 1/2 12.2倍 95.8
2009年3月22日() 中山競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 12 アンライバルド 岩田康誠 1:50.8 2.3倍 94.7
2着 7 レッドスパーダ 北村宏司 1/2 24.4倍 94.0
3着 2 フィフスペトル 武豊 3/4 4.6倍 93.4
4着 14 サンカルロ 吉田豊 アタマ 14.4倍 93.4
5着 16 セイクリッドバレー 勝浦正樹 クビ 36.7倍 92.7
2009年3月21日() 阪神競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 16 ベストメンバー 四位洋文 2:02.1 4.9倍 96.4
2着 6 トライアンフマーチ 武幸四郎 クビ 10.2倍 96.4
3着 8 トップカミング 池添謙一 2 1/2 6.7倍 94.0
4着 5 ヤマニンウイスカー 藤岡佑介 アタマ 3.0倍 94.0
5着 1 カノンコード 福永祐一 1 1/4 14.4倍 92.8
2009年3月8日() 中山競馬場/芝2000m
天候: 馬場:稍重
1着 10 ロジユニヴァース 横山典弘 2:03.5 1.3倍 97.8
2着 2 ミッキーペトラ 田中勝春 2 1/2 47.6倍 95.5
3着 5 モエレエキスパート 松岡正海 1/2 65.3倍 94.9
4着 3 キタサンアミーゴ 川田将雅 クビ 60.2倍 94.3
5着 9 ケイアイライジン 内田博幸 3/4 18.3倍 93.7
2009年2月8日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 5 ブレイクランアウト 武豊 1:47.3 2.8倍 99.5
2着 3 トーセンジョーダン 松岡正海 1 3/4 4.1倍 97.5
3着 9 トップカミング 蛯名正義 1/2 50.7倍 96.9
4着 14 マッハヴェロシティ 安藤勝己 1/2 12.3倍 96.2
5着 6 シェーンヴァルト 内田博幸 1 3/4 7.5倍 94.2

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

皐月賞の歴史と概要


2011年の優勝馬オルフェーヴル

クラシック3冠の幕開けを飾る一戦。「最も速い馬が勝つレース」と言われ、スピードとスタミナを兼備した3歳のトップホースたちが中山芝2000mを舞台に覇を競う。グレード制導入以前は、第33回(1973年)のハイセイコー、第35回(1975年)のカブラヤオー、第36回(1976年)のトウショウボーイなど、ファンの多い個性派たちが栄冠を獲得するケースが多く見られた。グレード制導入後は、競走体系の整備が進んでよりスピード色の強いレースとなり、第55回(1995年)のジェニュイン、第64回(2004年)のダイワメジャー、第73回(2013年)のロゴタイプと、3頭のこのレースの勝ち馬が古馬になってマイルG1を制している。また、セントライト、シンザン、ミスターシービーシンボリルドルフナリタブライアンディープインパクトオルフェーヴルの7頭が、皐月賞制覇のあと2冠目の日本ダービー、3冠目の菊花賞とタイトル獲得を重ねて3冠馬となった。第75回(2015年)はドゥラメンテが直線入口で大斜行するも、異次元の末脚を繰り出して圧勝。その衝撃的な勝ちっぷりは、すでに伝説となりつつある。

▼2015年のドゥラメンテは最後の直線で大斜行も末脚を披露し圧勝した。

歴史と概要をもっと見る >

皐月賞の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年5月27日(
目黒記念 G2
東京優駿 G1

競馬番組表

2018年5月26日(
2回東京11日目
3回京都11日目
2018年5月27日(
2回東京12日目
3回京都12日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る