会員登録はこちら
朝日杯フューチュリティS G1   日程:2009年12月20日() 15:25 中山/芝1600m

レース結果

朝日杯フューチュリティS G1

2009年12月20日() 中山/芝1600m/16頭

本賞金:6,300万 2,500万 1,600万 950万 630万


レコード:1分33秒4
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 8

ローズキングダム

牡2 55.0 小牧太  橋口弘次 446(-4) 1.34.0 2.3 1
2 6 12

エイシンアポロン

牡2 55.0 池添謙一  岡田稲男 496(+4) 1.34.2 1 1/4 5.3 2
3 1 2

ダイワバーバリアン

牡2 55.0 蛯名正義  矢作芳人 516(+2) 1.34.5 13.5 5
ラップタイム 12.0-10.8-11.4-11.9-12.3-12.3-11.7-11.6
前半 12.0-22.8-34.2-46.1-58.4
後半 59.8-47.9-35.6-23.3-11.6

■払戻金

単勝 8 230円 1番人気
複勝 8 120円 1番人気
12 160円 2番人気
2 290円 5番人気
枠連 4-6 620円 2番人気
馬連 8-12 590円 1番人気
ワイド 8-12 260円 1番人気
2-8 580円 4番人気
2-12 810円 7番人気
馬単 8-12 980円 1番人気
3連複 2-8-12 1,820円 4番人気
3連単 8-12-2 6,720円 10番人気

朝日杯フューチュリティSのニュース&コラム

【有馬記念】データ大作戦(2)血統
 2日目は血統がテーマだ。クセのある中山2500メートルが舞台の有馬記念はペースが乱れがち。そのタフな流れを乗り切れるだけの血統かどうかを(1)父系(2)母系(3)総合力の3項目から徹底検証する。 (1)父系(最大4点減点) 《減点なし》 この10年、ヘイルトゥリーズンの流れを汲む馬が9勝と断然で、中でもサンデーサイレンス直子が5勝と突出している。産駒数は激減したが今年も重賞を勝ち、底力を見せつけている。6歳でSS最終世代のマツリダゴッホはもちろん、8歳のエアシェイディも衰えは気にしなくていい。 SS直子で今年の注目はスペシャルウィークだ。自身99年の有馬記念2着で舞台適性もある。今回はブエナビスタ、リーチザクラウンの3歳2頭を送り込むが、古馬一線級相手でも全くヒケを取らない。 ダンスインザダークはスタミナに特化。スリーロールス、フォゲッタブルの菊花賞1、2着コンビは、タフな勝負になれば台頭する。 01年の覇者マンハッタンカフェはイコピコを送り込む。父が3歳後半に一気に成長しただけに、怖い存在だ。 末脚勝負ならステイゴールド産駒の出番だ。産駒は総じて切れ味に秀で、ドリームジャーニーはその代表格だ。 SS系以外では、98、99年とこのレースを連覇したグラスワンダーが断然。スタミナ豊富な欧州血統のオペラハウスは、代表産駒に00年の勝ち馬でGI7勝のテイエムオペラオーがいる。同じ欧州系のホワイトマズルは日本でGI馬を4頭輩出。中~長距離に強く適性も問題ない。 《1点減点》 ネオユニヴァースは初年度産駒から皐月賞馬アンライバルド、ダービー馬ロジユニヴァースが出てSS系でも評価が高いが、自身が菊花賞3着で3冠を逃しているように、産駒も長距離でひと息。1000万下以上のクラスに産駒は現在21頭いるが、2200メートル以上を勝ったのはわずか2頭。アンライバルドは1点減点。 《2点減点》 マーベラスサンデー産駒はパワー型が多く、時計勝負だと微妙で、ネヴァブションは2点減点。 《3点減点》 チーフベアハート産駒はマイネルレコルト(朝日杯FS)、愛ダービー馬ザグレブの主な産駒は他にコスモサンビーム(朝日杯FS)がいるだけ。パラダイスクリークは芝GI馬がこのテイエムプリキュアのみ。活気に欠ける印象が否めず、マイネルキッツ、コスモバルク、テイエムプリキュアは3点減点。 (2)母系(最大4点減点) 《減点なし》 フォゲッタブルが断然。母は97年度代表馬エアグルーヴ。半姉アドマイヤグルーヴ(父SS)もエリザベス女王杯連覇と超がつく良血だ。 アンライバルドは半兄フサイチコンコルド(父カーリアン)がダービー馬。底力十分だ。 ブエナビスタの母ビワハイジは阪神3歳牝馬S勝ち。半兄に菊2着のアドマイヤジャパン(父SS)などがおり上質だ。 エアシェイディは母エアデジャヴーがクラシックで活躍。全妹に秋華賞馬エアメサイアがおり、上位にランクできる。 マツリダゴッホは近親に菊花賞馬ナリタトップロード。3代母からは米GI馬も出ている。 セイウンワンダーはSS、リアルシャダイ、テスコボーイと名種牡馬が配合され、底力は文句なし。その点ではミヤビランベリもテスコボーイ、パーソロンが配合されており、同様の評価だ。 スピード色が濃いドリームジャーニーの母系だが、母の父がメジロマックイーンでスタミナが補強。バランスがいい。 《1点減点》 リーチザクラウンの母系は世界レベルだが、全姉クラウンプリンセスがマイラーで、リーチ自身も気が勝っており、距離の不安は拭えない。 マイネルキッツは半妹マイネカンナ(父アグネスタキオン)が福島牝馬S勝ち。だが、有馬級のGIではどうか。 ネヴァブションの母系も速い決着に不安が残る。 《2点減点》 スリーロールスはブライアンズタイム、ブレイヴェストローマンとパワータイプの種牡馬が配合され、2500メートルで速い決着になると心配。 テイエムプリキュアの伯父エムアイブランは7歳時に武蔵野Sを勝っており、年齢自体は気にしなくていいが、やはりこちらもパワー型。 《3点減点》 イコピコ、シャドウゲイトの母系は、ともに2500メートルではドンと来いとはいえない。 《4点減点》 コスモバルクは強調材料がない。 (3)総合力(最大2点減点) ここでもフォゲッタブルの評価が高い。出走馬で唯一、父、母ともにクラシックホースの組合せだ。 だが、それ以上に注目したいのがエアシェイディ。SS×ノーザンテーストという配合は上々。同じ配合のリミットレスビッドは今年10歳だが、JBCスプリント3着などいまだに一線で活躍しているだけに、シェイディも不安はない。 《減点対象》 テイエムプリキュアのパラダイスクリーク×ステートリードンの組合せは、タフな流れには十分対応可能だが、全体的に器用さに欠ける。平坦で広いコース向きで、トリッキーで直線に坂のある中山となると…。コスモバルクは母の父トウショウボーイがスピードを補うが、これ以上の上がり目を求めるのは難しく、両馬とも2点減点。 ★2日目結論 血統を検証した結果、初日に大幅マイナスのテイエムプリキュアが、ここでも大きく減点となり最初の脱落馬となった。他にもコスモバルク、シャドウゲイトが危うい状況となっている。初日トップのドリームジャーニー、マツリダゴッホは依然として満点をキープ。スリーロールス、マイネルキッツが減点となり、ブエナビスタが3番手に浮上した。
2009年12月23日(水) 05:03

 2,490

【朝日杯FS】未来もバラ色!キングダムV
 第61回朝日杯FS(20日、中山11R、GI、2歳オープン、せん馬不可、馬齢、芝・外1600メートル、1着本賞金6300万円=出走16頭)師走の中山に見事なバラが咲いた-。東スポ杯優勝馬ローズキングダムが断然人気に応えて圧勝。デビュー3連勝で2歳王者に君臨した。1分34秒0(良)。小牧太騎手、橋口弘次郎調教師は5年前のペールギュントの雪辱を果たし、“バラ一族”にとっては悲願のGI初制覇。2着は2番人気のエイシンアポロン。3番人気のトーセンファントムはレース中の故障で14着に大敗した。 完璧な騎乗で、無敗の2歳王者が誕生した。断然人気に推されたローズキングダムを小牧太騎手が余裕の手綱で勝利に導いた。1番人気のペールギュントで3着に敗れた04年朝日杯FSの無念を、スカッと晴らした。 「自分の馬が一番強いと自信を持っていました」。インタビューでの堂々とした受け答えがすがすがしい。スタートをポンと切ると、道中は中団で脚を温存。後方まで下げ、外を回して届かなかった5年前とは違う。直線に向いてエイシンアポロンが早めに進出すると、目標を1頭に絞ってスッと動いた。 「いつでもかわせる手応えで、ちょっと(仕掛けを)待ったくらい」。余裕の手綱さばきで坂下から仕掛け、中山名物のゴール前の急坂でさらに加速。一気にアポロンをかわし、最後は手綱を緩めてゴール。1馬身1/4という着差以上にインパクトのある勝ちっぷり。来年のクラシックを大いに期待させる。 「これだけ余裕で勝てるGIはなかなかありません。ゴールに入ったら何をしようか考えていましたが、できませんでした。ペールギュントは悔いの残るレースをしたので、それを取り戻した感じです」 04年に公営・園田から中央に移籍。初のGI勝ちとなった昨年の桜花賞(レジネッタ)以来2度目のGI制覇となった小牧は、いま心からレースを楽しんでいる。絶好のチャンスだったペールで勝てず、以来、GIは遠いものとなり、悩むことも多かった。公営時代から管理馬を乗せていた橋口弘次郎調教師は「小牧はレジネッタで変わった。あれ以降、安心して任せられる。今日の競馬も100点満点。自信を持って乗っているのが分かったし、これで安心して来年も任せられる」と厚い信頼を口にした。 「どこでも(馬群を)割っていけるし、これだけ瞬発力がある。1戦1戦取りこぼさないよう、ダービーまで行きたい」 小牧は初の牡馬クラシック制覇を意識する。年明けはトライアルを使って、本番の皐月賞(4月18日、中山、GI、芝2000メートル)を予定。09年を3戦無敗で決めたローズキングダムとなら、きっと夢はかなうはずだ。(高尾幸司)★入場&売上 20日の中山競馬場の入場人員は3万9496人で前年比88・3%。朝日杯FSの売り上げも前年比93・1%の115億5788万2400円にとどまった。軒並み売り上げが減少傾向にあり、今回も厳しい結果となった。
2009年12月21日(月) 05:08

 844

【朝日杯FS】橋口師感激「本当に大きな勲章」
 第61回朝日杯FS(20日、中山11R、GI、2歳オープン、せん馬不可、馬齢、芝・外1600メートル、1着本賞金6300万円=出走16頭)小牧騎手と同様に橋口調教師も04年ペールギュントの雪辱をキングダムで果たした。さらに“バラ一族”悲願のGI制覇も達成した。母ローズバド、祖母ロゼカラーも橋口厩舎に所属し、ローズバドは3歳時にオークス、秋華賞、エリザベス女王杯と2着。「この一族でGIは手が届きそうで届かなかった。本当に大きな勲章。ローズバドも小さな馬でしたが、キングダムも今日の出走馬で一番小さかった(446キロ)。それでいて強い勝ち方をしてくれるのは、母そっくりですね」。トレーナーは感激に身を委ねていた。
2009年12月21日(月) 05:07

 1,020

【朝日杯FS】ノーザンF吉田代表、感無量
 第61回朝日杯FS(20日、中山11R、GI、2歳オープン、せん馬不可、馬齢、芝・外1600メートル、1着本賞金6300万円=出走16頭)阪神JFのアパパネに続いてキングカメハメハ産駒ローズキングダムの勝利。美酒に酔ったのはもちろん、生産者であるノーザンファーム(北海道・安平町)の吉田勝己代表(61)だ。「キングカメハメハ旋風だね。大して見栄えのする馬ではないのに、凄い勝ちっぷり。驚いたよ」と感心しきりに口を開き、喜びをあらわしたが、この勢いを最終週にもと言葉を続けた。 「有馬記念のフォゲッタブルだけじゃないんだ。新馬(ルーラーシップ=牡2、27日阪神芝2000メートル新馬でデビュー予定)がいるからね。来週はエアグルーヴ旋風といくよ」。そう、ともに女傑グルーヴの子でルーラーはキンカメ産駒。鼻息が荒くなるのも当然か。 ローズキングダムの今年産まれた当歳の弟(父シンボリクリスエス)、母ローズバドのお腹に宿るジャングルポケットとの間の命はいずれも同じ橋口厩舎に入厩することになっている。母が3度小差で泣き、果たせなかったGI制覇の悲願を達成できた喜びに、牧場関係者はいずれも感無量の面持ちだった。(水戸正晴)
2009年12月21日(月) 05:07

 763

朝日杯フューチュリティSのニュースをもっと見る >

【コーセイ流】お酒は飲めるようになりたい
 先週は10代最後のGIだった阪神JFでジュエルオブナイルに騎乗し、11着だった。 「癖のある馬で、外にモタれるのを御しきれず、内ラチから馬場の中央まで行ってしまいました。もっとうまく御すことができればと思います。でも、短いところではいい脚を使いそうですし、子供っぽいところが成長してくれば良くなってきそうですね」 英国遠征でお世話になった富岡典子さんが来日し、久しぶりの再会。 「懐かしかったです。急にイギリスへ行きたくなりました。富岡さんは『日本で見るとまた違って見えるね』と言ってくれました。イギリスの思い出話をしましたが、現地で生活できたのは、寺島教授をはじめたくさんの方々のおかげだと改めて実感しました」 19日で20歳になり、大人の仲間入りとなる。 「20歳になる実感はまだわきません。20歳になったらお酒が飲めるし、タバコも吸えますよね。でも、ボクはスポーツ選手ですし、タバコは吸いません。お酒は飲めるようになりたい。先輩方もお酒が強い方が多いですし、負けないようになりたいですね。あとは、今まで以上に言動には気をつけたいと思います。成人することで全てが自分の責任になります。自分をもっと主張して“三浦皇成”をさらにアピールしたい。自信を持って行動していきたいです」 20代最初のGIは朝日杯FS。キョウエイアシュラとのコンビで挑む。 「先週、栗東で追い切りに乗りましたが、本当に馬は良くなっています。矢作先生には1年目からお世話になっていますし、関西リーディングに手が届きそうですね。何とか獲れるようにお手伝いできたらと思います。頼んでもらった以上、厩舎に勢いをつけるように頑張りたいです。応援よろしくお願いします」(構成・高尾幸司)
2009年12月17日(木) 11:16

 840

【朝日杯FS】アポロン、ド迫力の動き披露
 京王杯2歳Sを快勝したエイシンアポロンは、池添騎手を背に栗東坂路で4ハロン51秒1と最終追い切りでは自己ベストをマーク。併せた古馬に1馬身先着し、絶好のデキをアピールした。 京王杯2歳Sを制し勢いに乗るエイシンアポロンが、2歳王者に向けてド迫力の動きを見せた。 「ゾクゾクする動きだったね。中間は申し分ない調整ができたし、やることはすべてやった」 岡田調教師が納得の表情を浮かべた。最終追い切りは坂路で僚馬フェスティヴマロン(牝5、1000万下)を大きく先行させてスタート。徐々に差をつめ、残り400メートルを過ぎても勢いは衰えない。ラスト200メートル標識あたりから池添騎手の右ムチが飛ぶと、一段と重心を下げ“獲物”へ襲いかかる。馬体があったのはゴール目前だったが、一気にかわし去ると1馬身先着。最終追い切りでは自己ベストの4ハロン51秒1をマークした。 「時計も動きも言うことなし。先週から2週続けて乗ってきて、本当に状態の良さが感じられる」と池添も好感触をストレートに口にする。 8月の小倉でデビューし、2戦目で初勝利。その後もオープン特別や重賞を主戦場に置き、強敵相手に経験を積みながら着実にスキルアップを果たしてきた。 「1戦ごとに競馬を覚えてきている。本当に学習能力が高い馬だよね」とトレーナーは成長力に目を細める。気性が前向きになったことが好成績につながっているのも確かだが、デイリー杯2歳S(2着)からコンビを組む池添は「最初は緩かったけど、今は中身がしっかりしてきた」と馬体面での成長も証言する。 2歳王者決定戦はトリッキーな中山マイルが舞台だけに、その経験値が大きな武器となる。これまでの5戦で4つの競馬場を走り、長距離輸送も経験済みだ。 「ゲートが速い馬で先行力もある。差す競馬もできるし、どういう競馬になっても対応できると思う」と池添は自在性を強調する。着実に成長しながら最高の状態で挑むGI舞台。今のアポロンなら2歳王者の資格は備えている。(瀬戸聡)
2009年12月17日(木) 05:07

 1,427

【朝日杯FS】キングダム、伸び&反応抜群
 デビュー2連勝で東スポ杯2歳Sを優勝したローズキングダムは、栗東ポリコースでラスト11秒2と抜群の切れを見せ、僚馬に1馬身先着を果たした。 追い切りを終えて引き上げてきた小牧太騎手の輝く笑顔と、その言葉がローズキングダムのすべてを表していた。 「“小牧、ほれぼれ”と書いておいてください。追い切りは言うことなし。ゴール前まである程度、気を入れながら行って(ラストの)伸び、反応とも抜群」と主戦が声を弾ませた。 ポリでナイスミーチュー(牡2未勝利)と併せて、6ハロンでは3馬身追走。軽やかなフットワークで5ハロン過ぎに外から並びかける。リラックスした走りでラップを刻み、直線半ばで軽く仕掛けられると、空気を切り裂くように伸びて1馬身先着。ラスト11秒2(6ハロン81秒8)の極上のフィニッシュだ。 橋口調教師も「ちょっと追いかけ、5ハロンから並びかけるのは予定通り。(その後は)ジョッキーの判断に任せた。反応は良かったね」と満足そうにうなずいた。 新馬を勝って挑んだ前走の東スポ杯2歳S。好位から進め、直線ではトーセンファントムに一度かわされたが、差し返して重賞初V。「勝負根性はすごいし、能力は相当高い」とトレーナーは絶賛。小牧も「ああいう競馬で心臓(精神面)が鍛えられ、さらに強くなる」と力を込めた。 “バラ一族”と評される血統。ただ、ファミリーで重賞15勝したが、GIはキングダムの母ローズバドの2着3回が最高。地方所属時の小牧がJRA重賞初勝利(01年フィリーズレビュー)を飾ったのがローズバドという縁もある。JRAに移籍した04年の朝日杯FSでは、同じ橋口厩舎の1番人気ペールギュントで3着と苦杯をなめた。 「脚を余して負けた。オレ以上に小牧騎手も期するところがあるだろう」と橋口師。小牧も「スピードもあるので中山の1600メートルも大丈夫」と胸を張る。来春の主役へ、人馬一体となり師走の中山を駆け抜ける。(森本昭夫)
2009年12月17日(木) 05:07

 811

【朝日杯FS】アシュラ順調!2馬身先着
 巻き返しの準備は整った。休み明けの京成杯2歳S6着を使ったキョウエイアシュラは、坂路でハードな併せ馬を敢行。4ハロン53秒2-38秒8-12秒6で、外カネトシスラーヴァ(牝3、500万下)に2馬身先着した。「追い切りは派手ではないけど、ラストまでしっかりした動きだった。前走時は歯替わりがあって攻められなかったが、今回は順調にメニューを消化できている。折り合いもつくし、1200メートルの馬だとは思っていない」と矢作調教師と意欲満々。ラベンダー賞V、函館2歳S2着の実績があるだけに侮れない。
2009年12月17日(木) 05:06

 757

朝日杯フューチュリティSの直前追い切り情報をもっと見る >

朝日杯フューチュリティS過去10年の結果

2008年12月21日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2007年12月9日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2006年12月10日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

朝日杯フューチュリティSステップレース

2009年11月21日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 14 ローズキングダム 小牧太 1:48.2 3.6倍 92.1
2着 16 トーセンファントム C.スミヨン アタマ 5.9倍 92.1
3着 9 レッドスパークル 蛯名正義 1 3/4 36.6倍 90.1
4着 17 サンディエゴシチー 藤岡佑介 アタマ 6.8倍 90.1
5着 1 ダイワアセット 菊沢隆徳 クビ 37.9倍 90.1
2009年11月14日() 東京競馬場/芝1400m
天候: 馬場:稍重
1着 2 エイシンアポロン 池添謙一 1:22.0 6.3倍 96.3
2着 3 アニメイトバイオ 丸田恭介 1 1/4 9.7倍 94.6
3着 8 ツルマルジュピター 北村宏司 ハナ 20.3倍 94.6
4着 6 ダッシャーゴーゴー 後藤浩輝 アタマ 3.3倍 94.6
5着 5 コスモセンサー 松岡正海 1/2 15.3倍 93.7
2009年10月17日() 京都競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 5 リディル 小牧太 1:33.7 2.9倍 89.0
2着 1 エイシンアポロン 池添謙一 クビ 12.5倍 89.0
3着 6 ダノンパッション 武豊 3/4 3.7倍 88.3
4着 7 ダイワバーバリアン 岩田康誠 1 1/4 8.3倍 86.7
5着 3 ラブグランデー 藤田伸二 クビ 18.6倍 86.7

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

朝日杯フューチュリティSの歴史と概要


2015年の優勝馬リオンディーズ

2歳牡馬・牝馬がマイルの舞台で、スピードと切れ味の完成度を競い合う。第45回(1993年)はナリタブライアンが、第49回(1997年)はグラスワンダーが、それぞれその後の活躍を約束する圧勝劇を演じている。第58回(2006年)はドリームジャーニーが豪快な末脚を繰り出して快勝。のちに有馬記念を勝つことになる同馬が、中山競馬場との相性の良さを早くも見せつけた。第67回(2015年)は、新馬戦を勝ったばかりの1勝馬リオンディーズが、断然人気のエアスピネルを差し切って勝利を飾り、このレースに勝てば「JRA平地G1完全制覇」(当時)だったエアスピネル鞍上・武豊の夢を打ち砕いた。

▼2015年はリオンディーズが勝利。エアスピネル鞍上・武豊の”JRA平地G1完全制覇”(当時)の夢を打ち砕いた。

歴史と概要をもっと見る >

朝日杯フューチュリティSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る