会員登録はこちら
ジャパンカップ G1   日程:2009年11月29日() 15:20 東京/芝2400m

レース結果

ジャパンカップ G1

2009年11月29日() 東京/芝2400m/18頭

本賞金:25,000万 10,000万 6,300万 3,800万 2,500万


レコード:2分22秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 5

ウオッカ

牝5 55.0 C.ルメー  角居勝彦 494(-4) 2.22.4 3.6 1
2 5 10

オウケンブルースリ

牡4 57.0 内田博幸  音無秀孝 482(0) 2.22.4 ハナ 4.7 2
3 3 6

レッドディザイア

牝3 53.0 四位洋文  松永幹夫 478(-2) 2.22.6 1 1/2 9.6 6
ラップタイム 12.7-10.5-12.0-12.0-11.8-12.2-12.1-12.0-12.0-11.4-11.4-12.3
前半 12.7-23.2-35.2-47.2-59.0
後半 59.1-47.1-35.1-23.7-12.3

■払戻金

単勝 5 360円 1番人気
複勝 5 140円 1番人気
10 160円 2番人気
6 260円 6番人気
枠連 3-5 460円 1番人気
馬連 5-10 1,020円 1番人気
ワイド 5-10 360円 1番人気
5-6 600円 6番人気
6-10 770円 10番人気
馬単 5-10 2,020円 1番人気
3連複 5-6-10 2,460円 5番人気
3連単 5-10-6 11,690円 23番人気

ジャパンカップのニュース&コラム

【メイクデビュー中山】ダイキリー
 【4R】近親に03年ジャパンC、04年宝塚記念を勝ったタップダンスシチーがいる。サクラバクシンオー産駒らしく短距離向きのスピードタイプで、「競馬センスもあるが、とにかくゲートが速い」と土田調教師は高く評価。金曜は坂路を2本駆け上がってレースに備えた。「血統的にもぴったりの条件で、初戦から楽しみだよ」とトレーナーは笑顔で送り出す。
2009年12月5日() 05:04

 697

【鳴尾記念】末脚自慢!イコピコが古馬一蹴
 《本紙の狙い》イコピコが本命だ。レベルの高い3歳世代を代表する1頭で、決め手の鋭さでは一、二を争う存在だ。ジャパンCは除外となったが、体調は良好。仕上がりに不安はない。自慢の末脚で勝機をつかむ。絶好調のナムラクレセントが強敵だ。
2009年12月5日() 05:03

 807

ジャパンC2着ブルースリ、有馬を正式回避
 ジャパンC2着オウケンブルースリ(栗・音無、牡4)は4日、有馬記念の回避が正式に決まった。「きょうまで様子を見ていたけれど、ジャパンCの疲れが抜け切らない状態。せっかくファン投票で上位に支持して頂きましたが、有馬記念を回避することにしました」と音無調教師は話した。来週中にも宮城・山元トレセンに放牧に出される予定で、今後は天皇賞・春(5月2日、京都、GI、芝3200メートル)を目標に調整される。
2009年12月5日() 05:01

 1,725

スクリーンヒーロー屈腱炎…このまま引退も
 08年のジャパンCを制したスクリーンヒーロー(美・鹿戸雄、牡5、父グラスワンダー)が左前浅屈腱炎を発症したことがわかった。4日に鹿戸雄調教師が明らかにしたもので、今後に関しては、7日のオーナーサイドとの話し合いで決定されるが、現役を続行するにしても9カ月以上の休養を要する見込み。このまま引退する可能性も出てきた。 同馬は昨年のGIIアルゼンチン共和国杯で重賞初制覇を飾ると、勢いで続くGIジャパンCも9番人気ながら優勝した。今春は3戦して休養に入り、復帰戦の天皇賞・秋で2着に好走。ジャパンCでは4番人気に推されたが、道中ぶつけられる不利もあり13着に敗れた。この後は休養に入り、来春に備える予定となっていたが、2日朝の運動後に若干の腫れが見られ、3日になっても引かないため美浦トレセン内の診療所で検査したところ、屈腱炎が判明した。「3歳時に左前膝を骨折したことがあり、細心の注意を払いながらここまで調整してきたつもりだった。馬に申し訳ないことをした。できればカムバックしてほしいが…」と鹿戸雄師は沈痛な面持ちで心境を語った。スクリーンヒーローは4日に宮城県の山元トレーニングセンターに放牧に出された。
2009年12月5日() 05:01

 642

ジャパンカップのニュースをもっと見る >

【酔いどれブログ】ウオッカは外人好き?
 テレビ通販で、ある品物を購入したら、ひと月も経たないうちにカタログがどんどん送られてくる。玄関には未開封のカタログが山積みになり、完全に通販会社のターゲットになってしまった。 デパートの売り上げ減少が続き、池袋の老舗デパート三越がヤマダ電機になっちゃうんだからね。コンビ二も5ヶ月連続して売り上げがダウン。今、絶好調なのはテレビ通販にネット販売だそうだ。 確かにテレビで、褒め上手のタレントが「これは美味い。これは便利だ。えっ、こんなに安いの」なんて、ギャラ貰いながら言われると、じゃあ買ってみるかって事になるんだろうが、それにしてもBS放送のほとんどは通販に韓流ドラマだらけ。他に放送するものはいっぱいあるでしょ。 売り上げ減と言えばJRAも同じ。入場者は前年比を上回っても、財布のヒモは年々堅くなり、こじ開けるのは難しくなっている。そこでJRAは、指定5レースの単勝を的中させる投票法の5重勝単勝式の新馬券を平成23年度から導入するんだそうだ。 勝ち馬を当てる単勝買いが馬券の本筋だが、5回連続的中などは宝くじ並みの確率。枠連のみの時代から馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単を導入してきても、中央競馬の売り上げは昨年まで11年連続で減少。果たしてこの新馬券が売り上げ減にストップをかけることができるのか…。 ますます馬券が難しくなってきたと言うよりも、今はレース自体が難しい。未勝利や条件戦ならいくら荒れたって文句は言わない。でも、GIレベルの馬が1・何倍に支持されても簡単に負けちゃうんだから、これじゃ馬券から離れるファンも多いはずだよ。それでもオレは馬券と酒は止めないけどね。 先週はガミ覚悟のカンパニーから馬単総流し。儲けちょっぴりも当たり癖はついた。 ジャパンC。最近では珍しく、ビッグネームの外国馬の参戦。中でコンデュイットは超大物らしいが、世界中を行ったり来たりしての中2週の競馬。それにこの後マイネル入りって事は…。 これまでウオッカには色々な男が乗って来た。今回、初めて外人が乗る。先週からルメールで追い切っているがこれが息ぴったりで、今週の調教も絶品だった。日本の女性がフランス人に弱いのは定説。ひょっとするとウオッカもフランス男に口説かれたら突き抜けてしまうかも…。では、また来週。三原 吉次(みはら・よしじ)サンケイスポーツ記録部から競馬エイト編集部に足かけ20数年の競馬一筋男。同期に吉田均、藤牧満男、戸田一生の競馬エイトが誇る名物トラックマン。若手トラックマン椋木宏、星政彦、ヒロシらとも交流しており、競馬エイトからの調教、厩舎情報はバッチリ。彼らの本音を聞き出しての情報分析に自身の独特予想理論から買い目を絞った予想がセールスポイント。堅いところから大穴までまかせなさい。
2009年11月26日(木) 11:13

 850

【JC】7冠頂き!ウオッカ馬なり4馬身先着
 ジャパンC(29日、東京)の追い切りが25日、行われた。史上初の7冠牝馬を目指すウオッカは、滋賀・栗東トレセンCWコースで3頭併せ。新たにコンビを組む仏のクリストフ・ルメール騎手(30)を背に、5ハロン66秒4、ラスト1ハロン11秒7を馬なりでマーク。絶品の切れで2頭を瞬時に置き去りにした。1番人気で連敗中の女傑が、“優勝請負人”を迎えて今週こそ勝つ! この加速力、この推進力、このド迫力! 背水の陣で挑むジャパンC。ウオッカが秋一連の嫌な流れを振り払うように、最終追い切りで一気に突き抜けた。 前日の雨の名残か、どんよりと曇った栗東トレセンの午前7時。馬場開場と同時にCWコースに登場したウオッカの背中には新コンビを組むルメール騎手。先週の1週前追い切りに続いてパートナーの感触を確かめた。同じ厩舎のポップロック(牡8)、インセンティブガイ(牡8)のバリバリのオープン馬に先導させて、女王様のように最後方を悠々と進む。2馬身ずつ開いた間隔を3コーナー過ぎから詰め始めると、4コーナーで最内に並びかけ、直線に入ってもルメールの手はほとんど動きを見せない。だが、ほんのわずかなGOサインに応えると、アッという間に2頭を4馬身以上引き離していった。 「とてもいいコンディション。ゴールでも無理に押さずに、彼女に任せて走らせた。これで日曜日にはいいレースができると思うよ」 日本でもお馴染みのフランスの名手は、さわやかな笑顔で感触を伝える。それもそのはずだ。5ハロン66秒4、3ハロン37秒7-11秒7のタイムは、湿った馬場状態を考えれば抜群。しかも、CWのラスト1ハロンを11秒台で走ったのは、25日の栗東ではウオッカ1頭だけ。それがムチを入れずに馬なりなのだから、恐るべき能力と言うしかない。 「すごかったでしょ? あの走りを体感してしまうと、乗り手は取り憑かれてしまうんだよ」 調教で騎乗したことのある清山調教助手が、あまりの動きの良さに驚く報道陣にニヤッと笑って答えた。この秋はひとつも負けないつもりだった陣営にとっては思いがけない毎日王冠(2着)と天皇賞・秋(3着)の敗戦。しかし、そのダメージは感じられない最終調整だった。 「折り合いを心配する声もあるけど、今の精神状態なら杞憂に終わると思いますよ。ファンの皆さんの期待に少し応えられない結果になっているけど、心配することがないほど順調だし、ファンの熱い思いが後押ししてくれれば」 あと一歩で勝ち星を逃している今の状況に加えて、今回は世界の強豪が相手。“ウオッカに力を!”、と清山助手はファンに呼びかける。 結果次第ではこれがラストランになる可能性もあるウオッカ。現役最強の女傑の力を、世界に知らしめる機は熟した。(柴田章利)
2009年11月26日(木) 05:07

 1,155

【ルメールトーク】本番はいいレースできる
 ――ウオッカに騎乗することになったと聞いた時は? 「とても有名な馬ですからね。乗れることは嬉しいし、光栄だと思いました」 ――これまでのウオッカに対する印象は 「レースでのゴールの仕方や大きなアクション。パフォーマンス的に印象に残っていますね」 ――2週続けて調教に乗った感触は 「コンディションはとてもいい。ボランティア精神にあふれているから、追い切りのゴールでは彼女に任せて走らせました。これで本番はいいレースができると思いますよ」 ――ボランティア精神? 「とても自分から走りたがるということです。自発的に(笑)」 ――そういう点が折り合いで難しい面を見せることになっていますが 「大きなアクションで走るのでコントロールするのは難しいでしょう。でもそこがジョッキーの腕の見せどころですよ」 ――ルメール騎手は04年と05年のジャパンCで2着です 「ジャパンCは国際的なレースで世界でも有名です。僕は2着しかありませんが、今度は1着になれるように頑張ります。ウオッカが勝てるようにファンにもサポートしてもらえたらうれしいですね」
2009年11月26日(木) 05:06

 751

【JC】ウオッカ究極仕上げ11秒7!
 11月29日に東京競馬場で行われる国際招待競走のGI「第29回ジャパンC」(芝2400メートル、1着賞金2億5000万円)に出走予定の各馬が25日、栗東、美浦のトレーニングセンターで追い切られた。 秋2戦、1番人気で取りこぼしているウオッカは新パートナーのルメール騎手を鞍上に栗東Cウッドコースに登場。 先行するオープン馬ポップロック、インセンティブガイを5馬身追走。前日の雨で馬場コンディションは良くなかったが、徐々に差を詰め、直線はインコースに潜り込んだ。鞍上のアクションとともにラスト1F11秒7で駆け抜け、あっと言う間にオープン馬2頭を4馬身置き去り。 前走時と同様に舌を出していたが、全体時計は5F66秒4-4F51秒1-3F37秒7と文句なしのもの。秋3戦目にして究極の仕上げで大一番に臨む。 同じ牝馬で3歳馬のレッドディザイアは栗東坂路コースで単走追い切り。ゆっくりとしたスタートから2F目で加速すると、いつものように切れの良い脚捌きは健在。いっぱいに追われたラスト1Fも乱れることなく12秒8でフィニッシュ。走りにくい馬場の中、4F52秒2-3F37秒6の時計も及第点。 昨年の菊花賞馬オウケンブルースリも坂路で単走追い切り。いっぱいに追い出されると4F52秒1-3F38秒3-1F12秒5をマーク。相変わらず柔軟性のあるフットワークで、ラストの瞬発力も迫力十分。 ダービー2着のリーチザクラウンは主戦の武豊騎手を鞍上にポリトラックコースで併せ馬を敢行。 3馬身ほど先行する僚馬を追い駆けたが、折り合いは実にスムーズ。行きたがる場面もなく、直線、鞍上のGOサインで一気に全開モード。ラスト1F11秒6の鋭さでクビ差先着。6F78秒0-5F64秒4-4F51秒1-3F37秒6をゴール前仕掛けられてマーク。 一方、美浦では昨年の覇者スクリーンヒーローが坂路コースで追われた。調教パートナーの水出騎手を鞍上に併せ馬。最終追い切りが軽めなのはいつもの事で、この日も鞍上の手綱は持ったままの馬なり。いっぱいに追われる僚馬を半馬身リードのままフィニッシュ。時計は4F53秒3-3F38秒4-1F12秒3だが、素軽さ十分の動きは休み明けを叩かれた効果十分。史上初の連覇へ体調は申し分ない。
2009年11月25日(水) 14:35

 882

ジャパンカップの直前追い切り情報をもっと見る >

ジャパンカップ過去10年の結果

2008年11月30日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2007年11月25日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
1着 アドマイヤムーン 岩田康誠 2:24.7 10.9倍 108.5
2着 ポップロック O.ペリエ アタマ 10.5倍 108.5
3着 メイショウサムソン 武豊 クビ 1.8倍 108.5
2006年11月26日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ジャパンカップステップレース

2009年11月15日() 京都競馬場/芝2200m
天候: 馬場:
1着 7 クィーンスプマンテ 田中博康 2:13.6 77.1倍 102.3
2着 11 テイエムプリキュア 熊沢重文 1 1/2 91.6倍 101.2
3着 16 ブエナビスタ 安藤勝己 クビ 1.6倍 100.7
4着 10 シャラナヤ C.ルメール 3 1/2 10.4倍 97.5
5着 2 メイショウベルーガ 池添謙一 1/2 19.6倍 96.9
2009年11月8日() 東京競馬場/芝2500m
天候: 馬場:
1着 6 ミヤビランベリ 吉田隼人 2:30.9 25.1倍 105.0
2着 8 アーネストリー 松岡正海 8.2倍 104.0
3着 13 ヒカルカザブエ 秋山真一郎 1 1/2 24.8倍 103.1
4着 14 サンライズマックス 横山典弘 ハナ 9.6倍 103.1
5着 17 ジャガーメイル C.スミヨン クビ 3.8倍 102.6
2009年11月1日() 東京競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 3 カンパニー 横山典弘 1:57.2 11.5倍 109.7
2着 2 スクリーンヒーロー 北村宏司 1 3/4 31.4倍 107.9
3着 7 ウオッカ 武豊 クビ 2.1倍 107.9
4着 15 オウケンブルースリ 内田博幸 8.0倍 104.9
5着 10 シンゲン 藤田伸二 ハナ 7.4倍 104.9
菊花賞   G1 
2009年10月25日() 京都競馬場/芝3000m
天候: 馬場:
1着 1 スリーロールス 浜中俊 3:03.5 19.2倍 100.3
2着 3 フォゲッタブル 吉田隼人 ハナ 18.7倍 100.3
3着 12 セイウンワンダー 福永祐一 1 1/4 15.8倍 99.6
4着 14 イコピコ 四位洋文 4.4倍 98.8
5着 9 リーチザクラウン 武豊 クビ 3.8倍 98.8
2009年10月11日() 京都競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 2 オウケンブルースリ 内田博幸 2:24.3 4.9倍 100.3
2着 3 スマートギア 福永祐一 3/4 6.6倍 99.8
3着 1 トーセンキャプテン 四位洋文 1 3/4 21.4倍 98.4
4着 8 ジャガーメイル 石橋脩 クビ 2.8倍 98.4
5着 7 モンテクリスエス 安藤勝己 1 1/4 17.6倍 97.4

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

ジャパンカップの歴史と概要


2017年の優勝馬シュヴァルグラン

日本競馬史上初の国際G1として、古くから東京競馬場を舞台に世界の強豪馬と日本代表との激闘が繰り広げられてきた。第1~3回は外国調教馬の強さに屈したが、第4回(1984年)、カツラギエースが一世一代の大逃げを打って粘り切り、日本調教馬として初制覇を果たす。連覇を成し遂げたのはジェンティルドンナただ1頭(第32、33回)。そのほかの勝利馬を見てもウオッカ(第29回)、ブエナビスタ(第31回)、ショウナンパンドラ(第35回)など牝馬の活躍が目立つ。第26回(2006年)は、凱旋門賞で3位入線(のちに失格)に終わり失意の秋を過ごしていたディープインパクトが復活の勝利。燻る思いを払拭し、引退レースの有馬記念へと向かった。

▼2006年はディープインパクトが復活の勝利をあげた。

歴史と概要をもっと見る >

ジャパンカップの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る