マイネルキャドー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 芦毛 2015年4月6日生
調教師矢野英一(美浦)
馬主株式会社 サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産者市川牧場
生産地むかわ町
戦績 4戦[2-0-1-1]
総賞金1,717万円
収得賞金900万円
英字表記Meiner Cadeau
血統 ディープブリランテ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
ラヴアンドバブルズ
モントレゾール
血統 ][ 産駒 ]
Cadeaux Genereux
コミラス
兄弟 ランドロワネージュドール
前走 2017/12/16 ひいらぎ賞
次走予定

マイネルキャドーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/12/16 中山 9 ひいらぎ賞 500万下 芝1600 1651011.461** 牡2 55.0 柴田大知矢野英一472(-2)1.34.7 -0.235.3ハーグリーブス
17/11/18 東京 7 2歳500万下 芝1400 136814.066** 牡2 55.0 柴田大知矢野英一474(+20)1.22.7 0.336.0ムスコローソ
17/06/24 東京 1 2歳未勝利 芝1600 9884.821** 牡2 54.0 柴田大知矢野英一454(0)1.36.4 -0.033.8サトノオンリーワン
17/06/10 東京 5 2歳新馬 芝1400 18597.223** 牡2 54.0 柴田大知矢野英一454(--)1.23.7 0.134.4⑦⑨プレトリア

マイネルキャドーの関連ニュース

 16日のひいらぎ賞を快勝したマイネルキャドー(美・矢野、牡2)は、右前脚の骨折が判明した。レース中に発症したとみられ、全治6カ月を要する見込み。骨片摘出手術を受け、当面は休養する。

【2歳戦結果】マイネルキャドー、ひいらぎ賞V 2017年12月17日() 05:01

 【中山】9Rひいらぎ賞(500万下、芝・外1600メートル)=マイネルキャドー(美・矢野、牡、父ディープブリランテ)

 ◆柴田大騎手 「能力はあるが、テンションが高くなる面もあるので、これからいろいろ教えていかないと」

 5R新馬(芝・内1800メートル)=イェッツト(美・金成、牡、父カンパニー)

 ◆和田騎手 「聞いていたよりも乗り味がいい馬でした。道中フワフワしていたところがありましたが、抜け出してからが速かったですね」

 6R新馬(ダ1200メートル)=スーパーアキラ(美・矢野、牡、父ヨハネスブルグ)

 ◆C・デムーロ騎手 「芝とダートの切れ目でジャンプしていたように、子供っぽいところはあるが、スピードがあるし、直線ももうひと伸びしてくれた。ダートも合っている」

 【阪神】9Rさざんか賞(500万下、芝・内1200メートル)=アンフィトリテ(美・宗像、牝、父ロードカナロア)

 ◆ルメール騎手 「ラスト200メートルからの瞬発力がすごかった。馬の間を抜けるという経験もできたし、内容のある勝ち方だった。現状で距離は1400メートルなら大丈夫でしょう」

 5R新馬(芝・外1600メートル)=ダイアトニック(栗・安田隆、牡、父ロードカナロア)

 ◆ルメール騎手 「3コーナーでスペースが狭くなって後退したが、それでもリラックスしてラストまでよく伸びた。ポテンシャルが高い」

 6R新馬(ダ1200メートル)=クリノイダテン(栗・谷、牡、父ヨハネスブルグ)

 ◆福永騎手 「思ったよりもペースが流れたので、好位のインにつけました。それでも躊躇(ちゅうちょ)せずに対応してくれたし、クラスが上がっても大崩れはなさそうです」

 【中京】10Rつわぶき賞(牝馬500万下、芝1400メートル)=アンコールプリュ(栗・友道、父ディープインパクト)

 ◆藤岡康騎手 「ゲートの出がもうひとつでしたから、じっくりと構えていきました。期待通りの走りを見せてくれました」

 5R新馬(ダ1800メートル)=コスタネラ(栗・大久保、牝、父ステイゴールド)

 ◆浜中騎手 「緩急が必要とされる流れでも、うまく対応してくれました。強い内容でした」

[もっと見る]

【ひいらぎ賞】マイネルキャドーがマイペースで逃げ切り 2017年12月16日() 14:32

 12月16日の中山9R・ひいらぎ賞(2歳500万下、芝・外1600メートル)は、柴田大知騎手騎乗の6番人気マイネルキャドー(牡、美浦・矢野英一厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは1分34秒7(良)。

 1馬身半差の2着には2番手から粘った(2番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に好位から伸びたグランドピルエット(5番人気)。

 ひいらぎ賞を勝ったマイネルキャドーは、父ディープブリランテ、母モントレゾール、母の父カドージェネルーという血統。通算成績は4戦2勝。

 ◆柴田大知騎手(1着 マイネルキャドー)「今回は控えるつもりでしたが、ゲートをポンと出ましたし、リズムを崩すよりはと思って行かせました。ハミを替えても直線ではどっちにでも行きそうな感じでしたね。能力は高いのですが、いろいろ教えていかないといけないですね。きょうは勝ててよかったです」

★16日中山9R「ひいらぎ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【2歳次走報】アイアンクロー、フェニックス賞へ2017年7月6日(木) 05:01

 ★6月11日阪神の新馬戦(芝1200メートル)を勝ったアイアンクロー(栗・斉藤崇、牡)は、フェニックス賞(8月12日、小倉、OP、芝1200メートル)へ向かう。

 ★1日福島の新馬戦(ダ1150メートル)を快勝したオーヴァーライト(美・手塚、牡)は、すずらん賞(9月3日、札幌、OP、芝1200メートル)などを視野に。

 ★1日函館の新馬戦(芝1000メートル)を逃げ切ったキタノユウキ(美・相沢、牡)は、函館2歳S(23日、函館、GIII、芝1200メートル)へ。騎手は未定。

 ★6月24日東京の未勝利(芝1600メートル)勝ちのマイネルキャドー(美・矢野、牡)は、ダリア賞(8月5日、新潟、OP、芝1400メートル)を予定。

[もっと見る]

【うわさの2歳馬】好調マイネル軍団 福島に2頭が出走 2017年6月29日(木) 11:21

 6月3日からスタートした新馬戦は、先週で早くもひと開催を終了。絶好のスタートを切ったのは、お馴染みの“マイネル軍団”だ。今週開幕する福島にも精鋭がスタンバイしている。

 マイネル軍団こと、サラブレッドクラブ・ラフィアンの所有馬は、ヴィオトポスが6月3日に東京の一番星に輝くと、マイネルエメマイネルキャドーマイネルサイルーンマイネルユキツバキとすでに5頭がV。大旋風の予感が漂う。

 福島開幕週には2頭がエントリー。土曜の芝1200メートル戦に挑むマイネルニュース(牡、美浦・伊藤大厩舎、父アドマイヤマックス、母スクリーマー)は、毎日王冠とフジテレビ賞スプリングSを勝ったアリゼオのいとこだ。Wコースの動きは良く、「他のマイネル同様に牧場でしっかり乗り込まれてきた。仕上がりはいいよ。血統的にもスピードタイプ。気性も素直で初戦から力を出せそう」と、伊藤大調教師の期待は大きい。

 日曜の芝1800メートル戦には3冠馬オルフェーヴル産駒のマイネルミシシッピ(牡、美浦・畠山厩舎、母エーシンメンフィス)が出陣。母も愛知杯の勝ち馬で、「トモの緩さが少しずつ解消されてきた。気性はすごく大人しいし、実戦で血筋の良さを見せてくれれば。オーナーの勢いにもあやかりたい」と、畠山調教師は力が入る。(夕刊フジ)

マイネルニュースの競走馬情報はこちら★マイネルミシシッピの競走馬情報はこちら

[もっと見る]

【2歳戦結果】マイネルサイルーン、新馬戦V2017年6月25日() 05:00

 【東京】5R新馬(芝1600メートル)は、10番人気マイネルサイルーン(美・清水英、牡、父キャプテントゥーレ)が中団の内めから伸びて勝利を飾った。タイム1分35秒9(良)。「カーッとなりそうな面を考慮して乗ったけど、競馬がすごく上手。距離はこのくらいがちょうどいい」と津村騎手。

 1R未勝利(芝1600メートル)=マイネルキャドー(美・矢野、牡、父ディープブリランテ

 ◆柴田大騎手 「気が入りすぎるので、けんかしないようにハナへ。まだ幼い面がたくさんあるが、勝ててよかった」

 【阪神】5R新馬(芝・内1200メートル)は、1番人気イイコトズクシ(栗・音無、牡、父キンシャサノキセキ)が3番手から伸びて初陣を飾った。タイム1分10秒9(良)。「上手に競馬をしてくれたし、抜け出してからも真面目に走っていた。初戦としては言うことなしですね」と福永騎手。次走はフェニックス賞(8月12日、小倉、OP、芝1200メートル)の予定。

 1R未勝利(芝・外1600メートル)=バイオレントブロー(栗・佐々木、牡、父バゴ)

 ◆和田騎手 「センスがいい。頭が高いけど、推進力がある。成長の余地もあるからね」

 【函館】5R新馬(牝馬、芝1200メートル)は、4番人気アリア(栗・沖、父ダイワメジャー)が好位から伸びて接戦をクビ差で制した。タイム1分9秒7(良)。「攻め馬から乗っていましたが、初戦からという感じではありませんでしたね。そのぶん、今後の伸びしろがあると思います」と丸山騎手。そのまま競馬場に滞在し、函館2歳S(7月23日、函館、GIII、芝1200メートル)に向かう。

 6R新馬(ダ1000メートル)は、1番人気モルトアレグロ(美・武井、牝、父スパイツタウン)が好位から伸びて快勝した。タイム1分1秒6(良)。「普段からテンションを上げないようにやってきました。馬の後ろで我慢させる競馬をして、結果を出してくれましたね」と吉田隼騎手。一戦挟んでエーデルワイス賞(10月12日、門別、交流GIII、ダ1200メートル)を目指す予定。

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルキャドーの関連コラム

閲覧 590ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、17(日)に阪神競馬場でG1朝日杯フューチュリティステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1朝日杯フューチュリティステークスは、1番人気にダノンプレミアムが推され、タワーオブロンドンステルヴィオダノンスマッシュまでの4頭が単勝ひとケタ台の支持。続く5番人気ケイアイノーテックは26.3倍と、4頭が以下を大きく引き離す単勝オッズを形成してレースの時を迎えます。
最内枠に入った1番人気ダノンプレミアムにも注目が集まったスタートは、そのダノンプレミアム含め内の各馬がまずまずの発馬を決め、人気どころではダノンスマッシュがやや出遅れの態勢。ハナに立とうかという勢いのダノンプレミアムを、外から交わしてケイティクレバーが先頭へ。2番手にはファストアプローチが続き、引っ張り切りのダノンプレミアムは3番手に収まります。以下はカシアスアサクサゲンキフロンティアタワーオブロンドンダブルシャープムスコローソケイアイノーテックアイアンクローステルヴィオダノンスマッシュライトオンキューヒシコスマーイシマツとほぼ継ぎ目なく全16頭が続く形。前半4F47秒2(推定)のゆったりとした流れの中、3~4コーナーに掛けて各馬横に広がりながら直線を目指します。
迎えた直線、逃げるケイティクレバーの直後の外2番手の位置からは、早くもダノンプレミアムが馬なりで交わす勢い。ファストアプローチカシアスあたりも好位から、先頭に立ったダノンプレミアムに食い下がろうと追い出されますが手応えの差は歴然。あっという間に後続に3馬身ほどのリードを築き、ダノンプレミアムが独走態勢に入ります。2番手には内を突いたタワーオブロンドンが浮上。外を伸びては、ケイアイノーテックステルヴィオあたりも徐々にエンジン点火を見せますが、2番手争いが精いっぱい。結局、接戦の2着争いを尻目に鞍上がターフビジョンを振り返り後続との差を確認し、ゴール手前では早々と首筋をなでてその走りを称えるシーンも飛び出す余裕の完勝ぶりでダノンプレミアムがV。無傷の3連勝でG1制覇を飾っています。3馬身1/2差の2着には3番人気ステルヴィオが追い込み、さらにそこからクビ差3着には2番人気タワーオブロンドンが入っています。
公認プロ予想家では、おかべプロ西野圭吾プロKOMプロサラマッポプロ馬っしぐらプロ河内一秀プロほか、計20名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
17(日)阪神7Rで、◎セイウンスパイからの3連複的中を披露し41万3,000円の払戻しを記録。2週連続のホームラン的中となりました!他にも阪神9Rで15万4,770円のスマッシュヒットなどの活躍を見せた先週は、週末2日間トータル回収率136%、収支26万710円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
17(日)阪神3Rの◎エイシンデジタル的中で38万4000円払戻しのビッグヒットを記録!他にもG1朝日杯FS○◎的中含め、この日1日で80万超の払戻しをマーク。週末トータル回収率137%、収支26万7,800円プラス(←トップ)の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
16(土)勝負レース中山9Rマイネルキャドー、同勝負レース阪神12Rなどの的中で、この日187%の高回収率を達成すると、翌17(日)は阪神5R阪神6Rなどの的中で115%をマーク。連日のプラスとなった先週は、週末2日間トータル回収率152%のトップ成績を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
17(日)はG1朝日杯FS中山10R中京12Rなどで安定した予想を披露。週末トータル回収率121%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
17(日)G1朝日杯FSでの3連複1点的中や、中京10R的中などの活躍を見せた先週は、トータル回収率112%を達成しています。
 
 
 
この他にも、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(126%)、ゼット1号プロ(122%)、導師嵐山プロ(108%)、セイリュウ1号プロ(105%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

マイネルキャドーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 148ビュー コメント 0 ナイス 7

先週行われたレースの本命馬回顧をしていきます。


【4回中京5日】

■7R エレクトロポップ 2人気2着

中団外めの位置からスムーズな形でレースを運びましたが、
モズアトラクションの鬼脚に屈し、2着まで。

■8R リライアブルエース 1人気2着

スローペースでなんとか折り合いをつけていましたけど、
楽逃げしていたティーエスクライにそのまま押し切られてしまいました。
安定はしているけれど、詰めの甘さを見せる、というもどかしいレースが続いています。

■9R レッドオーガー 3人気1着

スタート後の出足はイマイチでしたが、
中途半端なレースをせず、果敢に先行した事が功を奏しました。

■10R モデレイト 7人気2着

好位の内で脚を溜める競馬で2着を確保。
前走に引き続いて好結果を残していますので、500万下を勝ち上がるのは時間の問題だと思います。

■11R ラヴィングアンサー 2人気9着

可もなく不可もなく、というレースでした。
直線で馬群の外に出せれば着順を上げられたかもしれませんけど、
まだまだクラス慣れが必要ですね。

■12R マテンロウゴースト 2人気1着

ライブの映像ではキャリアベストに差されたように見えましたが、残っていましたね。
長期休養明け2戦目でも反動はなかったようですし、先々も楽しみです。


【5回阪神5日】

■7R ジオラマ 1人気4着

内枠でしたから、馬群に閉じ込められる事を事前に想定しておかなきゃいけません。
予想の基本を怠っているようじゃ話になりませんね。

■8R スズカフリオーソ 2人気3着

まずまずのレースをしていますけど、
上位2頭は上手な立ち回りをしていましたから、
位置取りやレース運びの差がそのまま着順になった、という印象を持っています。

■9R バーニングペスカ 2人気2着

アンフィトリテの実力が未知数という状況でしたので、
キャリア豊富なバーニングペスカの方を上位評価したんですけど、
直線で強烈な末脚を使ったアンフィトリテにあっさり交わされてしまいました。

■10R ランドハイパワー 9人気12着

出ムチを入れて先行する形。
直線入り口までは見せ場を作りましたが、終いはバタバタでした。

■11R アットザシーサイド 2人気5着

もう1列前のポジションにいてほしかったんですけどね…。
直線でも馬群をさばけませんでしたし、消化不良なレースでした。

■12R レプランシュ 4人気3着

スタートがまともだったら…という内容ですけど、
ボウマン騎手は精一杯のレースをしてくれました。


【5回中山5日】

■7R リアリスト 1人気6着

スタート後の出足が鈍り、中途半端な位置取りになった事がすべてです。
過剰人気馬に手を出してしまいました。

■8R アスタースウィング 2人気13着

前に取り付く時に脚を使わされ、終いはバタバタ。
古馬相手の1000万下だと3着が精一杯の馬でしたし、
馬券の軸にすべき存在ではなかったです。

■9R マイネルキャドー 6人気1着

平均ペースに持ち込んでの逃げ切り勝ち。
先行力がものを言う中山芝コースがベストですね。

■10R カフェブリッツ 1人気11着

良かったのはスタートだけで、スローペースだったのに行き脚がつかない、という厳しい競馬でした。
追い切りで好時計を出していても、休み明け初戦だったのですから、
もっと慎重な扱いをすべきでした。

■11R(ターコイズS)ラビットラン 1人気4着

中山コースは合う、と考えていましたが、
馬群の大外を回る形になり、急坂を登り切ったところで脚をなくしてしまいました。
大外一気の競馬で勝てるほどの器じゃない、というところを見抜く必要がありました。

■12R イタリアンホワイト 1人気14着

中団位置でじっと構えていましたけど、
3~4角で前にいた馬が下がってきたところでポジションを一気に落とし、
直線に向いた時には絶望的な位置取り、というどうにもならないレース運び。
不運な面があったのは否定しませんが、瞬発力がある馬じゃないので、もっと早く仕掛けるべきだったと思います。


【4回中京6日】

■7R カウントオンイット 3人気3着

現級の最高着順が3着でしたから、この馬なりの走りを見せた、と考えるべきでしょう。
もっと上がりの掛かる馬場がベストかもしれません。

■8R スズカフューラー 1人気2着

スタート後に手綱を押していましたけど、今回も位置取りが悪くなってしまいました。
2戦連続2着で現級にメドを立てているだけに、今後も道中の位置取りがポイントになりそうです。

■9R ライトオブピース 5人気4着

後方待機から良い脚で追い込んだんですけどね…。
3着馬とハナ差の4着、という悔やんでも悔やみきれない結果になりました。

■10R モンテヴェルデ 1人気6着

直線で上手く馬群をさばく事ができず、脚を余す形になってしまいました。
スムーズな形になっていれば、馬券圏内には入れたと思います。

■11R ライドオンウインド 8人気10着

差し決着になる、という読みは当たったんですけど、買う馬を間違えました。
道中で折り合いがつかず、直線での末脚も不発に終わりました。

■12R チェスナットコート 3人気2着

レース間隔が空いた中で、僅差の2着を確保したのは立派だと思います。
次走以降も広いコースの中距離戦なら勝ち負け必至です。


【5回阪神6日】

■7R ヤマニンレジスタ 2人気6着

前走の走りが良かっただけに、今回の凡退はショックですね。
直線で全く伸びていないので、道中で脚を溜められなかった、という事でしょう。

■8R ダノンメモリー 2人気6着

勝ち鞍のあるダートに戻っての一戦でしたが、見せ場があったのは直線入り口まで。
直線では追いづらそうにしていましたし、難しい面を出す形になってしまいました。

■9R テラノヴァ 1人気2着

勝ち馬とはスタートで出遅れてしまった分の差でしょう。
現級の安定勢力ではありますけど、勝ち切れないんですよね…。

■10R クリアザトラック 1人気5着

1年前の朝日杯FSで本命を打ち、1年越しのリベンジを狙いましたが、ダメでした。
道中で行きたがる面が見せた分、直線での伸びを欠きました。

■11R(朝日杯FS)ケイアイノーテック 5人気4着

タワーオブロンドンがいた位置を取りたかったんですけどね…。
勝ち馬は別格でしたし、良いポジションを取れたとしても、勝ち切るのは難しかったと思います。

■12R ヴェンジェンス 2人気9着

道中の行きっぷりがイマイチでしたし、直線で前が壁になる大きな不利もありました。
休み明け初戦から頑張ってくれると思っていましたが…。


【5回中山6日】

■7R ミックベンハー 5人気7着

中団やや前めの内にいたんですけど、ペースアップしてからの反応がイマイチ。
前走で先着したマイネルユキツバキが3着に入っているのですから、
この馬ももっと上の着順に来てもらわきゃ困ります。

■8R デピュティプライム 1人気2着

いつも凄い脚を使ってくれるんですけどね…。
テンが速くなる中山ダート1200mがベストですから、
陣営としては、冬場の中山開催期間中に勝ち上がりたいところでしょう。

■9R スズカロング 4人気2着

直線入り口に差し掛かったところで「勝てる!」と思ったのですが…。
自分のレースを貫いて負けてしまったのですから、仕方ないですね。

■10R アレスバローズ 1人気1着

いつもより位置取りが後ろだったので、冷や冷やしながら見ていましたけど、
ハイペースになりましたから、結果的には位置取りが後方になったのが功を奏しました。

■11R ストロングタイタン 2人気7着

中山コースで着外続きだった事をすっかり忘れていました。
冬場の成績もあまり良くないので、春以降の巻き返しに期待したいです。

■12R エクラミレネール 2人気5着

勝負どころで追い出しが遅れた分、掲示板に入るのがやっと、という状況に。
次走こそはもっと積極的なレースをしてほしいです。


土曜の本命馬はまずまずの結果でしたけど、
日曜の本命馬は人気を裏切るケースが多くなってしまい、
プラス収支に持っていく事ができませんでした…(>

 テラーダ 2017年9月16日() 13:58
【2歳戦評価 】3回東京まとめ
閲覧 38ビュー コメント 0 ナイス 0

【2歳戦評価 】3回東京まとめ
6/3~6/25

ステルヴィオ 107 2歳重賞クラス

ジナンボー 109 2歳OPクラス

テンクウ 111 500万クラス

ホーリーレジェンド 113 500万2着クラス
ムスコローソ 113 500万2着クラス
マイネルサイルーン 113 500万2着クラス

スワーヴエドワード 114 未勝利クラス
スプリングマン 114 未勝利クラス
プレトリア 114 500万クラス
マイネルキャドー 115 未勝利クラス
ヴィオトボス 116 未勝利クラス

去年の指数
アエロリット 107
ブレスジャーニー 107
イブキ 112

過去の日記の指数を大幅な改良があり変更しております。
9月上旬から中旬で見直しをしました。
ここからは大幅には変わらない予定です。

[もっと見る]

 ベスト タイムズ 2017年8月1日(火) 13:35
801 ダリア賞
閲覧 49ビュー コメント 0 ナイス 2

2017年8月5日(土)2回新潟3日目

9R ダリア賞

芝・左 1400m サラ系2歳オープン (混合)(特指) 別定

スプリングマン

タイセイプライド

ナムラストロベリー

ニシノベースマン

マイネルキャドー

.

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルキャドーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

マイネルキャドーの写真

投稿写真はありません。

マイネルキャドーの厩舎情報 VIP

2017年12月16日ひいらぎ賞1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マイネルキャドーの取材メモ VIP

2017年12月16日 ひいらぎ賞 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。