エルプシャフト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エルプシャフト
エルプシャフト
写真一覧
現役 牡5 青鹿毛 2013年5月15日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績11戦[3-2-1-5]
総賞金4,320万円
収得賞金950万円
英字表記Erbschaft
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ビワハイジ
血統 ][ 産駒 ]
Caerleon
アグサン
兄弟 ブエナビスタアドマイヤオーラ
前走 2018/04/14 蓬莱峡特別
次走予定

エルプシャフトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/04/14 阪神 9 蓬莱峡特別 1000万下 芝1800 10783.313** 牡5 57.0 M.デムー角居勝彦458(-2)1.46.4 0.233.9マテンロウゴースト
18/03/17 阪神 9 須磨特別 1000万下 芝1800 9112.114** 牡5 57.0 D.バルジ角居勝彦460(+6)1.47.6 0.434.4⑧⑥エンヴァール
17/12/28 中山 12 ベストウィッ 1000万下 芝1800 166122.415** 牡4 57.0 C.デムー角居勝彦454(-4)1.49.2 0.235.1⑪⑪⑪⑫エンジニア
17/12/10 阪神 8 3歳以上500万下 芝1800 14111.811** 牡4 57.0 C.デムー角居勝彦458(+10)1.48.1 -0.132.9⑦⑧メイショウグロッケ
17/04/15 阪神 10 蓬莱峡特別 1000万下 芝1800 11442.812** 牡4 57.0 M.デムー角居勝彦448(-4)1.46.5 0.133.5ジークカイザー
17/03/20 中京 8 4歳以上500万下 芝2000 148131.611** 牡4 57.0 M.デムー角居勝彦452(+10)2.01.3 -0.134.0⑩⑩⑩⑩スリーマキシマム
16/11/06 京都 12 3歳以上500万下 芝2000 128114.322** 牡3 55.0 M.バルザ角居勝彦442(+2)2.00.4 0.734.0⑥⑥⑦⑧エイシンティンクル
16/10/08 京都 8 3歳以上500万下 芝2000 176122.216** 牡3 55.0 川田将雅角居勝彦440(-4)1.58.3 0.434.4⑩⑬⑪⑨サンデーウィザード
16/09/24 阪神 12 3歳以上500万下 芝2000 16121.614** 牡3 54.0 M.デムー角居勝彦444(+2)2.01.9 0.134.5⑥⑦⑦⑦ルナーランダー
16/05/07 京都 11 京都新聞杯 G2 芝2200 14576.135** 牡3 56.0 横山典弘角居勝彦442(+4)2.13.3 0.734.1⑭⑭⑬⑬スマートオーディン
16/04/09 阪神 4 3歳未勝利 芝2000 166122.211** 牡3 56.0 M.デムー角居勝彦438(--)2.03.1 -0.234.5⑨⑧⑤ユキノロード

エルプシャフトの関連ニュース

 ◆池添騎手(ロイカバード3着) 「まだ能力だけで走っているので、これからよくなってくると思う」

 ◆ルメール騎手(ブラックスピネル4着) 「道中で少し掛かってしまった。距離も少し長い感じ」

 ◆横山典騎手(エルプシャフト5着) 「これからの馬だからね。今の段階で5着は大したもの」

★7日京都11R「京都新聞杯」の着順&払戻金はこちら

【京都新聞杯】東上最終便を制したのはスマートオーディン 2016年5月7日() 15:41

 5月7日の京都11Rで行われた第64回京都新聞杯(3歳オープン、GII、芝2200メートル、14頭立て、1着賞金=5400万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気スマートオーディン(牡3歳、栗東・松田国英厩舎)が差し切り勝ち。タイムは2分12秒6(良)。

 道中、後方3番手を進んだスマートオーディンは、4コーナー手前で大外から進出を開始。直線は左ステッキ一発。余力たっぷりに、前をとらえた。

 重賞2勝を含むこれまでの5戦すべてを芝1800メートルの舞台で戦ってきたスマートオーディンにとって、ここは芝2400メートルのダービーに向けての最終チェックの場。「初コース、4つのコーナー、距離と課題は多かったけど、強い競馬を見せてくれたと思います。ポジションは気にせず、折り合いだけを気にして乗りました。ええ、折り合い面はクリアしてくれたと思います」と戸崎騎手はパートナーの走りに納得の表情。「4コーナーでの手応えは十分でしたし、最後はいい脚を使ってくれますから。この距離(2200メートル)もこなしてくれたし、次も楽しみです」。あと1ハロン距離が延びる大一番への期待をこう語った。

 3/4馬身差の2着には2番手から早めに抜け出したアグネスフォルテ(9番人気)、さらに1馬身半離れた3着に中団から脚を伸ばしたロイカバード(4番人気)が入線した。

 ブエナビスタの半弟という良血で、キャリア1戦ながらも3番人気に推されたエルプシャフトはスタートで出遅れて道中は最後方からの競馬になってしまった。直線は大外から追い込んだものの、5着に敗れた。

 スマートオーディンは、父ダノンシャンティ、母レディアップステージ、母の父アルザオという血統。北海道新冠町・スカイビーチステーブルの生産馬で、大川徹氏の所有馬。通算成績は6戦4勝。重賞勝ちは2015年東京スポーツ杯2歳S・GIII、2016年毎日杯・GIIIに次いで3勝目。松田国英調教師は2014年ハギノハイブリッドに次いで京都新聞杯は2勝目。戸崎圭太騎手は京都新聞杯は初優勝。

★7日京都11R「京都新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都新聞杯】うまやの話2016年5月7日() 05:02

〔1〕ダンツエイコウ谷潔師「もう少し経験を積んでからかも」

〔2〕スマートオーディン・松田国師「今週は圧巻のけいこ内容。コーナー4つの2200メートルで、今まで学習したことを生かせれば」

〔3〕エルリストン・須貝尚師「いい仕上がりで臨めそう。メンバーは強くなるが、精神的に落ち着いている」

〔4〕スワーヴアーサー・庄野靖師「勝った前走時に近い状態。期待したい」

〔5〕ユウチェンジ・日高助手「ドバイから帰国後もダメージはない。あとは距離がどうかだね」

〔6〕カルムパシオン・白倉助手「デビュー時は芝で切れ負けしたが、スタミナは豊富。持ち味を生かすためにも先行したい」

〔7〕エルプシャフト・辻野助手「条件は厳しいが、素質の高さでどこまでやれるか楽しみ」

〔8〕アドマイヤビスタ・友道康師「動きは良かった。久々になるが、能力的にはヒケは取らないと思う」

〔9〕ロイカバード・額田助手「前走は強い馬を相手に、勝ちにいっての3着。いい意味で気配は変わらないので見直したい」

〔10〕ゼンノタヂカラオ・猿橋助手「芯が入ってきた感じ。距離も問題ないだろう」

〔11〕アグネスフォルテ・影山助手「距離自体は問題ないと思う。平均的に流れる展開なら」

〔12〕フォルテミノル・北出成師「体が絞れて動けるようになってきた。適度に時計がかかってほしい」

〔13〕ブラックスピネル・音無秀師「動きはいい。ヒケは取らないはず」

〔14〕スズカバーディー・和泉助手「前走は落鉄。ひと叩きして体に張りが出て上積みを感じる。距離も問題なさそう」

[もっと見る]

【京都新聞杯】厩舎の話2016年5月6日(金) 05:03

 ◆アグネスフォルテ・坂本助手 「前走は直線で脚を余した。スムーズなら」

 ◆アドマイヤビスタ・友道師 「休養明けになるけど、力を出せる状態」

 ◆エルプシャフト・岸本助手 「京都の軽い芝は合うし、切れ味がある馬。楽しみ」

 ◆エルリストン・野本厩務員 「前めでしぶとさを生かす競馬ができれば」

 ◆カルムパシオン・船曳助手 「状態はいい意味で変わりない」

 ◆スズカバーディー・和泉助手 「休み明けを使った上積みは見込める」

 ◆スマートオーディン・松田師 「ダービーに向けて、コーナー4つの競馬でどんな走りをするか」

 ◆スワーヴアーサー・庄野師 「幼い面はあるけど、素質は確か」

 ◆ゼンノタヂカラオ・中内田師 「元気があって、いい状態をキープ」

 ◆ダンツエイコウ・木村助手 「動ける態勢。強い相手にどこまで」

 ◆フォルテミノル・村田助手 「体が締まってきたのが、前回の結果につながった。芝がどうか」

 ◆ブラックスピネル・濱田助手 「乗りやすく、折り合いがつくので、この条件はいい」

 ◆ユウチェンジ・日高助手 「遠征後ですが、疲れている様子はありません」

 ◆ロイカバード・池添騎手 「先週よりも気合が乗っていましたね」

京都新聞杯の枠順はこちら

[もっと見る]

【京都新聞杯】追って一言2016年5月5日(木) 05:02

 ◆アグネスフォルテ・坂本助手 「状態は変わりない。前走は直線で進路がなく、脚を余した。スムーズなら」

 ◆アドマイヤビスタ・友道師 「休養明けになるけど、動きはいいし、力を出せる状態。能力は通用する」

 ◆エルプシャフト・岸本助手 「最終追い切りは格上馬と互角の動き。京都の軽い芝は合うし、楽しみ」

 ◆エルリストン・野本助手 「落ち着きが出てきて、雰囲気がいい。前めでしぶとさを生かす競馬ができれば」

 ◆カルムパシオン・船曳助手 「状態はいい意味で変わりないです。背中が柔らかく、芝でも走れるかも」

 ◆スワーヴアーサー・庄野師 「しっかりと追い切った。幼い面はあるけど、素質は確か」

 ◆ゼンノタヂカラオ・中内田師 「予定通りの調整。いい状態はキープしています」

 ◆ダンツエイコウ・木村助手 「動ける状態にはあります。強敵相手にどこまで」

 ◆ブラックスピネル・濱田助手 「力を出せる状態。乗りやすく、折り合いがつく。条件はいい」

 ◆ユウチェンジ・日高助手 「遠征後ですが、疲れている様子はない」

 ◆ロイカバード・池添騎手 「先週よりも気合が乗ってきましたね」

京都新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【京都新聞杯】レース展望 2016年5月2日(月) 18:04

 今週の京都土曜メインは、ダービー(5月29日、東京、GI、芝2400メートル)への東上最終便となる京都新聞杯(7日、京都、GII、芝・外2200メートル)。関東のトライアル青葉賞からはダービーの勝ち馬が出ていないものの、こちらはアグネスフライトキズナの2頭がダービーを勝ち、昨年の勝ち馬サトノラーゼンも本番で2着に好走している。勝ち馬は過去6年のうち5頭がダービーで掲示板に載っているように、本番への直結度は高い。ダービーを占う意味でも必見のレースだ。

 スマートオーディン(栗東・松田国英厩舎、牡)は東スポ杯2歳S、毎日杯を勝っており、唯一の重賞2勝馬。賞金的に出走可能だった皐月賞をパスして、ここに照準を合わせてきた。仕上がりに関しても抜かりはない。京都コースは芝1800メートルの萩Sで2着と経験済み。父ダノンシャンティから切れ味鋭い末脚を受け継いでいる。ここもきっちりと勝って堂々とダービーに向かうか。

 ブラックスピネル(栗東・音無秀孝厩舎、牡)は萩Sでスマートオーディンに勝っている。ホープフルS4着、若駒S3着、すみれS2着と大崩れしない半面、勝ち切れない歯がゆさも抱えているが、展開ひとつで突き抜ける力は持っている。クリストフ・ルメール騎手との新コンビは魅力だ。

 ロイカバード(栗東・松永幹夫厩舎、牡)は2013年当歳セレクトセールで2億5200万円(税込み)の高額で落札された逸材。母アゼリは米GIブリーダーズCディスタフなど17勝を挙げた、02年の米年度代表馬という良血だ。重賞初挑戦のきさらぎ賞サトノダイヤモンドの3着に敗退したが、重賞でも戦えるポテンシャルは見せた。ひと息入れてだいぶ立ち直っており、このメンバーなら好勝負に持ち込めそうだ。

 マイネルラフレシア(美浦・高橋裕厩舎、牡)は新馬→アイビーSと連勝して、東スポ杯2歳Sではスマートオーディンの3着。前2走は京成杯10着、若葉S6着とふるわないが、スタミナのあるタイプで距離延長は問題なさそうだ。今回は初コンビの和田竜二騎手が新たな一面を引き出してくれるだろう。

 はなみずき賞で2勝目を挙げたゼンノタヂカラオ(栗東・中内田充正厩舎、牡)は、デビューからの8戦すべて3着以内という堅実派。相手なりに走れるのが魅力で、母ダイヤモンドビコー(重賞4勝、エリザベス女王杯2着)という晩成の血統が花開きつつある。

 エルプシャフト(栗東・角居勝彦厩舎、牡)は、GI・6勝のブエナビスタの半弟。4月9日に経験馬相手のデビュー戦を快勝し、素質の高さを随所に見せた。今回は一気にメンバーが強化されるが、能力で押し切っても不思議はない。

 ほかにもアドマイヤビスタ(栗東・友道康夫厩舎、牡)やエルリストン(栗東・須貝尚介厩舎、牡)、スワーヴアーサー(栗東・庄野靖志厩舎、牡)なども1勝馬ながら素質は十分。芝に戻るUAEダービー3着馬ユウチェンジ(栗東・森秀行厩舎、牡)にも注目が集まる。

京都新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

エルプシャフトの関連コラム

閲覧 740ビュー コメント 0 ナイス 3

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2018年3月17日()の凄馬!>
極凄馬
阪神3R 3歳未勝利
エルカラファテ(+5.2)

極凄馬
阪神5R 3歳未勝利
コマノジャスパ(+5.0)

極凄馬
中京1R 3歳未勝利
トモジャクアルト(+4.4)

極凄馬
中京3R 3歳未勝利
メイショウテツワン(+4.4)

超凄馬
中京11R 中スポ賞ファルコンS G3
ミスターメロディ(+3.1)

超凄馬
阪神11R 若葉ステークス
タイムフライヤー(+2.8)

超凄馬
中京5R 障害4歳以上オープン
サトノセレリティ(+2.7)

超凄馬
阪神9R 須磨特別
エルプシャフト(+2.7)

超凄馬
中京12R 恵那特別
キタサンガンバ(+2.1)

超凄馬
中京9R 4歳以上500万以下
ウインシャトレーヌ(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2018年3月18日、集計数:31,242レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください


登録済みの方はこちらからログイン

2016年5月7日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第183回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~京都新聞杯 G2
閲覧 788ビュー コメント 0 ナイス 5

みなさんこんにちは!

本日は京都11R「京都新聞杯 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、スマートオーディンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のブラックスピネルまで2頭。
第2グループ(黄)は 、ロイカバード1頭。
第3グループ(薄黄)は、ユウチェンジから1.0ポイント差(約1馬身差)内のエルプシャフトゼンノタヂカラオアグネスフォルテまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

上位間には第1G→第2G間に2.5ポイント、第2G→第3G間に1.9ポイント、第3G→第4G間に2.7ポイントの開きがありメリハリのついた構図になっています。
しかし、毎度のことながら3歳戦。ここまでの戦歴が浅い馬や初重賞挑戦の馬とそうでない馬など、指数落差が生じ易い背景もありますのでこのあたりの差は参考程度に受け止め、その他馬場(想定)や騎手含めた伸びしろ要素にも目を向けながら考察していきたいと思います。

今回の◎はエルリストンとします。未勝利からの重賞初挑戦で指数評価は低く出ていますが、好枠と絞れた前走での完勝に更なる上昇を期待して本命視。3走前のような持続力が求められる展開になれば◎エルリストンにもチャンスはあるのではないかとみています。坂路で一杯に追われた先週の動きも良く見えましたので一発に期待。
○はゼンノタヂカラオ。安定感抜群の戦績もさることながら前走2着に退けたロードヴァンドールは、ここでも人気するであろう☆ロイカバードと差のない競馬。それをものさしにすればここでも人気以上の好走が期待できるのでは、とみています。
▲にアグネスフォルテ。こちらは2走前、3走前の内容・相手を評価。
ロイカバードは折り合い鍵も、先に挙げたロードヴァンドールとは3戦3勝の成績で注(だんだん着差が詰まってきているのが気掛かりではありますが。)。
そして△にスマートオーディンブラックスピネルエルプシャフトユウチェンジとします。
スマートオーディンNHKマイルカップを蹴ってここへ矛先を向けてきましたが、既に重賞2勝でここはダービーへの“公開スパーリング”ではないかと思っていますし、人気必至なので軽視。スローの瞬発戦なら後ろからでもと思うのですが、今の京都の馬場(先週までの傾向を参考)や近年の京都新聞杯がそこまで上がり特化のレースになっていない点も気掛かりです。
ブラックスピネルは戦ってきた相手を考えると威張れる存在かもしれませんが、やはり外過ぎる枠が懸念材料。
今回の私の馬券はオッズ次第では◎の単複勝負濃厚な状況ではありますが、当コラムでは◎から○▲☆への3複で勝負とします。◎☆ラインはともかくとして、それ以外の場合のヒモ抜けは嫌なので相手は総流しとします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=全馬
3=9,10,11=全(33点)

[もっと見る]

2015年10月7日(水) 11:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2015) ~第7回 各ワールド上位者まとめ&注目馬ランキング上位馬の近況
閲覧 1,127ビュー コメント 0 ナイス 7

 先週で4回中山と4回阪神が終了し、今週からは4回東京と4回京都がスタート。小倉2歳ステークス以来の2歳重賞となるサウジアラビアロイヤルカップ(2歳重賞・東京芝1600m)を皮切りに、12月13日の阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)や12月20日の朝日杯フューチュリティステークス(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)に向けた前哨戦が次々と施行されます。中盤戦に向けての勢力図が決まる重要な時期と言っていいでしょう。

 今回はまず、各ワールドで上位につけているプレイヤーと、その獲得ポイントや指名馬(10月4日終了時点)をまとめてみました。

 スペシャルワールドはロードクエストらを指名しているたけぼう54さんが1億1979万円でトップ。2位はアドマイヤエイカンらを指名している藤沢雄二さん(1億0317万円)、3位はシュウジらを指名しているウマニティ公認プロのkmさん(9577万円)で、重賞ウイナーを指名した3プレイヤーが上位グループを形成しています。もっとも、スペシャルワールドは各馬の指名枠がひとつずつしかなく、複数の活躍馬を確保するのが難しいため、場合によっては今後も目まぐるしく順位が変動しそう。二の矢、三の矢を放って混戦から抜け出すプレイヤーは現れるでしょうか。

 ミリオネアワールドはブランボヌールらを指名しているsokuratesuさんが首位を快走中です。重賞ウイナーこそブランボヌールだけですが、他にもオープンクラスのレースで好走した馬がいますし、ルールブリタニア(ミュージカルウェイの2013)やRunning Bobcatsの2013といった超良血の未出走馬もスタンバイ。もうしばらくトップ争いを牽引するのではないかと思います。

 リッチワールドはシュウジらを指名しているさぎ太さんを、アシノツメさんが約800万円差で追う展開。その後にも重賞ウイナーを指名したプレイヤーが続いており、かなりの混戦模様です。まだ最後の仮想オーナー募集枠開放(11月2日)を控えていますし、これから勢力図が大きく変わるかもしれません。

 ブルジョアワールドはロードクエストらを指名している九州のおまん…さんがアタマひとつ抜けた格好。既に2位以下との差が5000万円以上もあります。既に2勝馬が4頭、勝ち上がりを果たした馬が11頭という層の厚いラインナップで、今後もさらに獲得ポイントを伸ばしてくるでしょう。アベレージワールドはシュウジらを指名しているカネデントウショウさんがトップ。今のところ10頭しか指名していないことを考えれば驚異的な成績です。

 なお、ブルジョアワールドとアベレージワールドはまだ仮想オーナー募集枠の開放が2回あります。極端な話、これから参加するプレイヤーにも上位進出のチャンスはあると思いますので、今後も有力馬の動向や新馬、未勝利などの結果に注目しておきましょう。

 最後に、10月6日現在の注目POG馬ランキングで上位に推されている未出走馬の近況をまとめてみました。

 注目POG馬ランキング2位のエルプシャフトビワハイジの2013)はノーザンファーム早来で調整中。半姉サングレアル、全姉ジョワドヴィーヴルが2歳時の11月に、全兄トーセンレーヴが3歳時の2月にデビューしていることからも、態勢が整うまで無理はさせない方針なのだろうと思います。ポテンシャルの高い血統であることは間違いありませんし、長い目で見守りたいところです。

 同様に、注目POG馬ランキング4位のフォイヤーヴェルク(ナイトマジックの2013)もノーザンファーム早来で調整中。8月6日のゲート試験に合格していますが、再度放牧に出て乗り込んでいるとのことでした。こちらも母がドイツオークスやバーデン大賞典を制している超良血馬。無理のない範囲、かつ来春のクラシック戦線を見据えたタイミングで初陣を迎えることになるでしょう。

 注目POG馬ランキング5位のリオンディーズ(シーザリオの2013)もノーザンファーム早来で調整が進められている一頭。初夏のうちに一旦入厩し、7月1日のゲート試験に合格しています。9月中に帰厩するプランもあったようですが、残念ながら直前の段階で軽度の捻挫を発症してしまったそうです。ただ、こちらもデビューを焦らなければならないような血統ではありませんし、態勢さえ整えばそれなりの時期に初陣を迎えられるのではないかと思います。

 注目POG馬ランキング6位のリライアブルエース(ゴールデンドックエーの2013)はノーザンファームしがらきで調整中。7月31日のゲート試験に合格していますし、順調ならそう遠くないうちに再入厩の話も出てくるんじゃないでしょうか。

 注目POG馬ランキング7位のサトノダイヤモンド(マルペンサの2013)も8月28日のゲート試験に合格済み。一旦放牧に出て調整が進められているとのことでした。大きな頓挫がなければ“王道”の秋デビューになるのではないかと思います。

※次回のコラムは12/2(水)になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『ウルトラ回収率 2015-2016』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)。POG専門誌の制作にもさまざまな形で携わっており、現6歳世代のPOGでは参加したすべてのドラフト(いずれも参加者20名以上)でジェンティルドンナの単独1位指名に成功した。このウマニティPOGにおいても、ミッキーアイルクラリティスカイと2年連続でGⅠウイナーを指名している。

[もっと見る]

2015年8月6日(木) 12:45 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2015) ~第5回 高指数を出した既出走馬~
閲覧 923ビュー コメント 0 ナイス 0

先週から1回札幌、2回新潟、2回小倉がそれぞれスタートし、夏季競馬も後半戦に突入。3歳時に本格化してくれそうな馬ばかりを狙っている私は戦況を客観的に見守っているだけですが(笑)、いわゆる“早期デビュー組”は明暗がはっきりしてきました。8月30日(日)の新潟2歳ステークス、9月5日(土)の札幌2歳ステークス、9月6日(日)の小倉2歳ステークスあたりにひと足早く思いを馳せている方もたくさんいらっしゃるでしょう。

 もっとも、「ウマニティPOG」は引き続き入札や仮想オーナー募集枠の開放が行われるため、まだどのプレイヤーにも優勝のチャンスがあります。このルールで上位進出を狙うなら、継続的な戦況の観察と的確なプランニングに基づく入札が必要不可欠。そこで今回は、まだ指名枠を残しているプレイヤーたちに今後の方向性を示すべく、8月4日(火)00:00時点の注目POG馬ランキングで上位に入っている馬の近況をまとめてみました。

 注目POG馬ランキング20位以内の馬でデビュー済みなのはプロディガルサン(ラヴズオンリーミーの2013)、ポルトフォイユ(ポルトフィーノの2013)、アストラエンブレムブラックエンブレムの2013)、シルバーステート(シルヴァースカヤの2013)、ロードクエスト(マツリダワルツの2013)の5頭。いずれも既に勝ち上がっています。各レースでマークしたU指数は下記の通りです。

プロディガルサン(ラヴズオンリーミーの2013)
6月20日(土) 東京05R(2歳新馬) 75.2(1着)

ポルトフォイユ(ポルトフィーノの2013)
6月28日(日) 阪神05R(2歳新馬) 79.3(1着)

アストラエンブレムブラックエンブレムの2013)
7月5日(日) 中京05R(2歳新馬) 70.4(2着)
8月2日(日) 新潟01R(2歳未勝利) 83.9(1着)

シルバーステート(シルヴァースカヤの2013)
7月11日(土) 中京05R(2歳新馬) 77.9(2着)
7月25日(土) 中京01R(2歳未勝利) 87.4(1着)

ロードクエスト(マツリダワルツの2013)
6月7日(日) 東京05R(2歳新馬) 80.9(1着)

 ちなみに、この時期のU指数は新馬より未勝利の方が、早い時期のレースより遅い時期のレースの方が高く出がち。重賞、オープン特別、500万下だとさらに数値は高くなります。他馬を含め、U指数を検討材料とする際はこの点に注意したいところです。

 注目POG馬ランキング2位のエルプシャフトビワハイジの2013)はノーザンファーム早来で調整中。デビューはおそらく秋以降になるのではないかと思います。

 4位のリオンディーズシーザリオの2013)は6月に一旦入厩したものの、ゲート試験合格後にノーザンファーム早来へ放牧されたとのこと。こちらもデビューは秋以降でしょう。

 5位のフォイヤーヴェルク(ナイトマジックの2013)は7月26日(日)に札幌競馬場へ入厩。秋のデビューを見据え、まずはゲート試験合格を目指すようです。

 6位のリライアブルエース(ゴールデンドックエーの2013)は7月23日(木)に栗東トレーニングセンターへ入厩し、7月31日(金)にゲート試験で合格。その後は再びノーザンファームしがらきに戻っており、秋のデビューを予定しています。

 7位のサトノダイヤモンド(マルペンサの2013)は当歳時の2013年セレクトセールで2億4150万円の値がついた馬。こちらも秋以降のデビューを目指して調整が進められているとのことでした。

 8位はエアグルーヴの2013。まだ馬名も登録されていませんし、半姉のラストグルーヴが3歳時の3月に、同じく半姉のグルヴェイグ、全兄のルーラーシップがそれぞれ2歳時の12月にデビューしたことを考えても、初陣はやや遅めの時期になる可能性が高そうです。

 10位のサトノケンシロウ(マジックストームの2013)は1歳時の2014年セレクトセールに上場され、里見治氏が2億1600万円で落札。全兄サトノアラジンこそデビューは2歳時の8月でしたが、全姉ラキシスは2歳時の12月に、半兄エスケープマジックは3歳時の5月に初陣を迎えていましたから、本馬もデビューを急ぐことはないでしょう。

※次回のコラムは9/2(水)になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『ウルトラ回収率 2015-2016』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)。POG専門誌の制作にもさまざまな形で携わっており、現6歳世代のPOGでは参加したすべてのドラフト(いずれも参加者20名以上)でジェンティルドンナの単独1位指名に成功した。このウマニティPOGにおいても、ミッキーアイルクラリティスカイと2年連続でGⅠウイナーを指名している。

[もっと見る]

エルプシャフトの口コミ


口コミ一覧
閲覧 229ビュー コメント 0 ナイス 6

西浦 勝一≪調教師≫〔通算400勝〕スパイチャクラでメモリアル達成♪

////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
シルクレーシング≪馬主≫〔通算999勝〕

記念すべき1000勝目ですね!
///////////////

【土曜の格上馬】
阪神2R:メイショウアキツ
福島3R:サンライズコロン
阪神8R:オリエント
阪神9R:エマートエレメンツ

【厩舎&騎手】高確率メソッド
福島10R:◆ウィズ 吉田&清水〔複勝率〕45.8%
中山7R:◆オノリシャス 戸崎&国枝〔複勝率〕47.4%
阪神4R:◆アドマイヤカラット 川田&西村〔複勝率〕55.7%
阪神9R:◆エルプシャフト デム&角居〔複勝率〕59.0%
阪神9R:◆マテンロウゴースト 川田&中内田〔複勝率〕48.3%
阪神11R:◆タワーオブロンドン ルメ&藤沢〔複勝率〕60.4%
阪神11R:◆パクスアメリカーナ 川田&中内田〔複勝率〕48.3%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【アーリントンC】阪神1600m

≪馬指数≫
1位:〔78〕⑥タワーオブロンドン
2位:〔68〕①パクスアメリカーナ
3位:〔64〕⑫ラセット 

≪タイム指数≫
1位:〔68.4〕①パクスアメリカーナ
2位:〔69.2〕⑨ウォーターパルフェ ⑫ラセット
4位:〔69.3〕⑩エアアルマス

≪LAP一致度≫
⑥タワーオブロンドン ⑦アリア ⑬ダノンスマッシュ 

※4/12≪攻略ポイント≫更新してます
昨年まで2月の阪神開幕週開催から最終週開催で傾向が変わるかがポイント。
NHKマイルの前哨戦に位置付けられノーザンF生産馬には要注意ですね^^;
現在1番人気のインディチャンプはシルクレーシングの馬。
メモリアル1000勝目もあって注目が集まっているのかな?

/////////////

 空馬くん 2018年3月17日() 08:29
(03/17) 本日の「俺の凄馬」
閲覧 61ビュー コメント 0 ナイス 9

本日の「俺の凄馬」です。
# 勝率23%、複勝率63%

中山06R 09番 ハービーナ
阪神09R 01番 エルプシャフト

[もっと見る]

 DEEB 2017年12月29日(金) 08:58
恥ずかしい馬予想2017.12.28[結果]
閲覧 73ビュー コメント 0 ナイス 4

中山 8R 2017ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド中山1戦 3歳以上500万下(混合)[指定]
◎ 2 フリージングレイン…1着
○ 3 マイネルシュバリエ…8着
▲13 コスモスピード…5着
△ 5 コスモレティクルム…6着
×14 ドウディ…9着
[結果:ハズレ×]

中山 9R エスペランサ賞 2歳500万下(混合)(特指)
◎ 6 ミスターメロディ…2着
○ 9 タイキサターン…14着
▲11 オーロリンチェ…13着
△ 2 ハーモニーライズ…4着
× 1 スーパーアキラ…7着
[結果:ハズレ×]

中山10R 2017ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド中山2戦 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 1 ダノンロッソ…5着
○ 5 サウスザスナイパー …12着
▲ 9 ディアドナテロ…6着
△ 6 メイプルレインボー …1着
× 8 トーホウリーガル…13着
[結果:ハズレ×]

中山11R ホープフルステークスGⅠ 2歳オープン(国際)牡・牝(指定)
◎ 7 タイムフライヤー …1着
○15 ジャンダルム…2着
▲10 ルーカス…6着
△ 9 サンリヴァル…4着
× 8 シャルルマーニュ…12着
[結果:アタリ○ 馬連7-15 1,440円]

中山12R ベストウィッシュカップ 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎12 エルプシャフト…5着
○ 9 ビービーブレスユー …6着
▲ 8 エフティスパークル…8着
△ 3 ショウボート…7着
×15 カルヴァリオ…11着
[結果:ハズレ×]

阪神 9R 春待月賞 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎11 マイネルラック…6着
○ 9 サクセスエナジー …1着
▲12 シルバーポジー …2着
△15 トウカイシュテルン…3着
× 4 マルカソレイユ…4着
[結果:アタリ△ 馬連9-12 590円]

阪神10R フォーチュンカップ 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 5 フィアーノロマーノ…1着
○ 6 エンヴァール…2着
▲ 7 スズカメジャー …5着
△ 2 ロライマ…3着
× 1 ユウチェンジ…12着
[結果:アタリ○ 馬連5-6 1,200円]

阪神11R ベテルギウスステークス 3歳以上オープン(混合)(特指)
◎10 マイネルバサラ…4着
○ 9 ドラゴンバローズ…12着
▲16 ☆タガノエスプレッソ…6着
△ 8 ルールソヴァール…1着
×12 ☆アダムバローズ…16着
[結果:ハズレ×]

阪神12R 2017ファイナルステークス 3歳以上1600万下(混合)(特指)
◎ 5 クライムメジャー …2着
○ 9 ヴェネト…11着
▲ 8 エントリーチケット…3着
△ 1 ルグランパントル…12着
×11 ☆スマートカルロス…1着
☆14 エリーティアラ…15着
[結果:アタリ○ 複勝11 300円、馬連5-11 2,550円、ワイド5-11 820円]

今年最後の中央競馬です。
でも、仕事です。
平日の仕事納めの日にまで競馬やらなくても…
まじめに仕事したら、当たってるかもです。

[今日の結果:9戦3勝5敗1分]
今年最後の中央競馬は、プラスで終えることができました。
スマートカルロスさんのおかげです。
来年も競馬を楽しみましょう。
その前に…

[もっと見る]

⇒もっと見る

エルプシャフトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エルプシャフトの写真

エルプシャフト
エルプシャフト

エルプシャフトの厩舎情報 VIP

2018年4月14日蓬莱峡特別3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エルプシャフトの取材メモ VIP

2018年4月14日 蓬莱峡特別 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。