エクレアスパークル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 青鹿毛 2014年2月5日生
調教師中内田充正(栗東)
馬主李 柱坤
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 3戦[1-2-0-0]
総賞金1,773万円
収得賞金400万円
英字表記Eclair Sparkle
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
プリティカリーナ
血統 ][ 産駒 ]
Seeking the Gold
Ile de France
兄弟 アンタラジーアグレアーブル
前走 2017/04/15 はなみずき賞
次走予定 2017/07/30 北辰特別

エクレアスパークルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/15 阪神 9 はなみずき賞 500万下 芝2000 9331.812** 牡3 56.0 川田将雅中内田充458(-6)2.02.1 0.034.1⑥⑥⑤⑥プラチナムバレット
17/03/18 阪神 11 若葉S OP 芝2000 11783.322** 牡3 56.0 川田将雅中内田充464(-6)2.00.3 0.035.3④④④⑤アダムバローズ
17/02/26 阪神 6 3歳新馬 芝2000 165101.511** 牡3 56.0 川田将雅中内田充470(--)2.05.3 -0.435.0ゲイルバローズ

エクレアスパークルの関連ニュース

 プラチナムバレットはデビュー戦で、ここで人気となるサトノクロニクルを抑え込んでV。2勝目をあげるまでに4戦を要したのは、2走前の毎日杯(勝ち馬アルアイン皐月賞も制覇)など戦ってきた相手がハイレベルだったため。前走も、若葉Sでハナ差2着のエクレアスパークルを封じてのVだった。

 「追い切りはしまいだけだったけど、動きは良かった。京都は2度目だが、レースが上手なので、どんなコースでも対応できる。距離が延びるのもプラスだしね」と、河内調教師は期待の口ぶり。次週のヴィクトリアマイルでGI制覇を狙う半姉スマートレイアーにVエールを送りたい。(夕刊フジ)

京都新聞杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

JRAブリーズアップセール、最高価格は4212万円 2017年04月26日(水) 05:03

 今年で13回目となる「JRAブリーズアップセール」が25日、中山競馬場で行われた。JRAの日高と宮崎の両育成場で調教された2歳馬69頭が上場し、67頭が売却された。最高価格は4212万円(税込み、以下同)。総売り上げは6億7219万2000円で、昨年の7億2057万6000円を下回った。

 最高価格はハンターズマークの15(牡)で4212万円(税込み)だった。父は“キングジョージ”など欧州GIを4勝した新種牡馬のノヴェリストで、マカオ・ジョッキークラブCEOの李柱坤(リー・チュークアン)氏が落札した。

 セリに先立って行われた騎乗供覧(公開調教)ではラスト2ハロン11秒5−11秒6の好タイムをマーク。力強い伸び脚と馬っぷりのよさは多くのバイヤーから注目を集めた。

 李氏は若葉S2着のエクレアスパークルのオーナーで、「昨日(前日展示)は買う予定がなかったが、みんなに薦められた。走っている姿を確認し、動きもよかった」と納得の表情だった。

★有名ラーメン店「一蘭」落札、牝馬最高2322万円オルフェの子

 牝馬の最高価格は新種牡馬オルフェーヴル産駒のルドラの15。2322万円(税込み)で、人気ラーメン店「一蘭」の代表取締役社長の吉冨学氏が落札した。「1歳の頃から何回か(同馬を)見に行っていた代理人にいい馬だと薦められていました」と吉冨氏。美浦の鈴木伸厩舎に入厩予定。

 また、3年連続で騎乗供覧に参加し、同馬に騎乗した藤田菜七子騎手は「2歳でまだ幼い感じはありますが、先々はよくなりそうですね」と笑顔で話した。

★ブリーズアップセール

 JRAが主催するトレーニングセール。JRAが各地の1歳市場で購買した育成馬を日高、宮崎両育成牧場で調教し、上場する。当日は中山競馬場のダートコースでタイムを計測し、セリを行う。JRAはセリの入門編としてのセール運営を目指している。出身馬にセイウンワンダー(2008年朝日杯FS)がいる。

[もっと見る]

【はなみずき賞】毎日杯4着プラチナムバレットがV 2017年04月15日() 14:29

 4月15日の阪神9R・はなみずき賞(3歳500万下、芝・内2000メートル)は、浜中俊騎手騎乗の3番人気プラチナムバレット(牡、栗東・河内洋厩舎)が好位追走から直線は馬場の真ん中を伸びてV。タイムは2分2秒1(良)。

 クビ差の2着には中団から追い上げたエクレアスパークル(1番人気)、さらに1馬身1/4差の3着に大外から伸びたシャイニーゲール(6番人気)。

 はなみずき賞を勝ったプラチナムバレットは、父マンハッタンカフェ、母スノースタイル、母の父ホワイトマズルという血統。通算成績は5戦2勝。

 ◆浜中俊騎手(1着 プラチナムバレット)「道中はリラックスしてしっかり走ってくれて、直線もしぶとく最後まで伸びてくれました。器用で上手に走ってくれる」

★15日阪神9R「はなみずき賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【若葉S】アダム、オープン連勝!皐月賞切符ゲット2017年03月19日() 05:03

 若葉ステークス(18日、阪神11R、3歳オープン(混)(指)、馬齢、芝・内2000メートル、1着本賞金1900万円、1、2着馬に皐月賞の優先出走権=出走11頭)4番人気アダムバローズ(栗・角田、牡、父ハーツクライ)が2番手から抜け出し、前走の若駒Sに次いでオープン特別連勝を飾った。タイム2分0秒3(良)。6戦3勝。ハナ差2着の2番人気エクレアスパークルとともに皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。1番人気インヴィクタは3着だった。

 ◆池添騎手(アダムバローズ1着) 「最後はよく踏ん張ってしのいでくれました。本当にしぶといですね。本番でも自分の競馬ができれば」

 ◆川田騎手(エクレアスパークル2着) 「4角の手応えを考えれば、よく伸びてくれたと思います。これから成長してくれると思います」

 ◆ルメール騎手(インヴィクタ3着) 「内回りは忙しかった。4コーナー手前から反応し、ゴールまで伸びたが、前が止まらなかった」

 ◆シュタルケ騎手(シロニイ4着) 「久々の芝でよく頑張った。タフでスタミナがあるので、(次走から戻る予定の)ダートなら強いレースを見せてくれると思う」

★18日阪神11R「若葉ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【若葉S】アダムバローズが早め先頭から押し切る 2017年03月18日() 15:54

 3月18日の阪神11Rで行われた若葉ステークス(3歳オープン、芝・内2000メートル、馬齢)は、池添謙一騎手騎乗の4番人気アダムバローズ(牡、栗東・角田晃一厩舎)がV。若駒Sに続くオープン連勝を飾り、2着エクレアスパークル(2番人気)とともに皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは2分0秒3(良)。

 レースはタガノアシュラが引っ張った。2番手を進んでいたアダムバローズは直線で早め先頭から粘り腰を発揮。4〜5番手から急追してきたエクレアスパークルをハナ差で退けた。1番人気インヴィクタはさらに2馬身離れた3着。白毛馬シロニイ(8番人気)は4着だった。

 アダムバローズは、父ハーツクライ、母チャチャリーノ、母の父アンブライドルズソングという血統。北海道新ひだか町・服部健太郎氏の生産馬で、馬主は猪熊広次氏。通算成績は7戦4勝。

 ◆池添謙一騎手「タガノアシュラが(ハナを)主張したので、あまり絡むときつくなると思って控えました。少し力んでいましけど、タガノの後ろで我慢してくれて、最後もよくしのいでくれました。しぶとい馬なので、本番(皐月賞)でも自分の競馬ができればと思っています」

★18日阪神11R「若葉ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【若駒ピカイチ】エクレアスパークル 2017年02月28日(火) 05:00

 《戦評》抜群のスタートを決め、1000メートル65秒1のスローペースにも折り合いを欠くことなく3番手を追走。馬なりで先頭に並びかけると残り1ハロンで抜け出し、ダイナミックなフットワークで2馬身半差をつけて快勝した。

 《血統》兄アンタラジー4勝、姉アグレアーブル2勝と、どちらも現役で活躍中。叔母ラヴアンドプライドは米GIを2勝した。近親に種牡馬としても活躍するバーナーディニがいる。ハーツクライ×シーキングザゴールドの配合は秋華賞2着のキョウワジャンヌと同じ。芝の中距離向きだ。

 《将来性》流れが遅いため勝ちタイムは平凡だが、走りにはスケールの大きさが表れていた。マカオ競馬の最高経営責任者である李柱坤オーナーは、所有馬のJRA初出走初勝利。デビューは遅れたが、順調に育てば先々はかなりの出世が見込める器だ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エクレアスパークルの関連コラム

関連コラムはありません。

エクレアスパークルの口コミ


口コミ一覧

727 北辰特別

 ベスト タイムズ 2017年07月27日(木) 03:49

閲覧 17ビュー コメント 0 ナイス 4

2017年7月30日(日)1回札幌2日目

9R 北辰特別

芝・右 2000m サラ系3歳以上500万下 (混合)(特指) 定量

エアウィンザー

エクレアスパークル

スパイクナード

メイショウテンシャ

.

 銀色のサムライ 2017年06月07日(水) 21:21
ウマニティPOG2017-2018落札馬紹介(牝馬
閲覧 83ビュー コメント 0 ナイス 12


南関東クラシックの大一番・東京ダービーはヒガシウィルウィンが優勝!

2着・キャプテンキングにつけた着差は驚がくの6馬身。
当然勝ち馬候補の1頭だと考えていましたが、ここまで差がつくとは思ってもいませんでした。

コンビを組んだ森泰斗騎手は東京ダービー初優勝。
既にダービーを勝っていてもおかしくないジョッキーですから、
今年が初制覇になったのは意外な感じがしますね。

3着には還暦ジョッキー・的場文騎手のブラウンレガートが入りました。
直線で内から追い上げた時は差し切りそうな雰囲気もありましたけど、
余力のあったヒガシウィルウィンに突き放されてしまいました。

勝ったヒガシウィルウィンの次走はジャパンダートダービーになるでしょう。
「地方<中央」という状況がより濃くなっているのは重々承知していますが、
ヒガシウィルウィンにはフリオーソやアジュディミツオーのような地方の雄になってもらいたいので、
ジャパンダートダービーでも勝ち負けまで来る事を期待しています。

それでは、今日の本題に入りましょう。
昨日に引き続き、今季のPOG馬をご紹介していきます。

今日は牝馬5頭の紹介です。


【グラマラスライフ】

父 :ハーツクライ
母 :プリティカリーナ
厩舎:田村(美浦)
馬主:シルクレーシング
牧場:ノーザンファーム

今年の若葉Sで2着に入ったエクレアスパークルの全妹にあたります。

現在はノーザンファーム空港で調整されていて、6月1日時点の馬体重は482kg。
入厩のメドは立っていないようですが、アクシデントも無いようなので、
順調に調整が進めば秋口にデビューする事になりそうです。

【サラキア】

父 :ディープインパクト
母 :サロミナ
厩舎:池添学(栗東)
馬主:シルクレーシング
牧場:ノーザンファーム

今年のエルフィンSを勝ったサロニカの全妹にあたります。

現在はノーザンファーム早来で調整中。
調教のペースそのものは上がっていないようですけど、じっくりと乗り込みを重ねています。

姉のサロニカは馬体重が小さかったので、
現時点での馬体重が474kgという点はプラス材料になると思います。

【プリモシーン】

父 :ディープインパクト
母 :モシーン
厩舎:木村(美浦)
馬主:シルクレーシング
牧場:ノーザンファーム

6月の頭までノーザンファーム空港で調整されていましたが、
明日(8日)に美浦トレセンへと入厩する事がクラブの公式HPで公表されました。

6月1日時点の馬体重は454kg。
今後の調整過程次第ですけど、夏競馬期間中のデビューもあり得るかもしれません。

【ロールモデル】

父 :ディープインパクト
母 :インランジェリー
厩舎:国枝(美浦)
馬主:社台レースホース
牧場:社台ファーム

ディープインパクトに、母父エンパイアメーカー、母母父ストームキャットという血統。

赤本情報によると、3月26日時点の馬体重は500kgちょうど。
馬体写真を見る限り、大型馬とは思えないくらいまとまった体つきをしていますので、
パワーとスピードを両方兼ね備えたタイプなのかな?という印象を持っています。

胴が短めなので、距離はマイルがベストかもしれません。

【ホーリーレジェンド】

父 :アイルハヴアナザー
母 :セイングレンド
厩舎:栗田博(美浦)
馬主:吉田勝己
牧場:ノーザンファーム

今週の日曜(11日)の東京6R(芝1600m・牝馬限定)でデビュー予定です。

入厩当初から見せている追い切りの時計・動きはともに◎。
5月までは全くのノーマークでしたけど、
追い切りの動きを見て、急きょウマニティPOGで入札する事にしました。

追い切りの動きが良すぎますので、短距離志向が強いかもしれませんが、
マイルまで持てば面白い存在になると思います。


今季の牝馬はノーザンファームから4頭、社台ファームから1頭、という構成になりました。

ホーリーレジェンドは追い切りからPOG候補に浮上したんですけど、
他の4頭はPOGの準備を始めた頃からリストアップしていたので、
無事に落札できてホッとしている、というところが本音です。

ウマニティPOGでは良い牝馬を落札できていませんから、
今季こそは牝馬から大物が出てきてくれる、と信じて応援し続けたいと思います。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2017年04月14日(金) 08:04
情熱と冷静の間…〜皐月賞展望〜
閲覧 141ビュー コメント 4 ナイス 22

さて皐月賞である。
POG的にはペルシアンナイトとダンビュライト(こちらは主戦場のPOGで指名)が出走するので力が入るのだが、馬券では思いっきりペルシアンナイトに期待するのだが、POGのスコアメイク的には3着を確保できればOKぐらいにしか考えていない。

我が指名馬のペルシアンナイトで負けない!という理由は後述するとして、まずは敵情視察。

1番人気が予想される牝馬のファンディーナ。やはり焦点は「牡馬相手のG気把麺僂垢襪里?」というところにあると思われる。
新馬戦を9馬身差、前走のフラワーCを5馬身差で勝利とそれが伊達や酔狂ではできない芸当であるのは認める。
だけど『前走の牝馬限定のG靴廼烈な勝ち方をした馬がレース間隔を理由に牡馬相手のG気北契茲鮓けて人気になる』って、どこかで聞いたような話じゃないか?
そう、去年の朝日杯FS。まだ4ヶ月ちょっと前の話である。その時のミスエルテは「中4週の阪神JFじゃダメなんかい!?」と言いたくなるような気性面に端を発していたと思っているので、一概には今回のファンディーナとは比較できないだろうけど、歴史を紐解いていけばトライアル→本番というのは中2週だったわけで、時代が変わっていると言えばそれまでなのだろうけど中3週を理由に皐月賞参戦というのは消極的な理由に映る。
エアグルーヴが秋の天皇賞を勝って時代の扉をこじ開けた訳だが、それまでは牝馬が牡馬相手の中距離以上のG気膨戦して大敗してもノーカウントみたいな風潮はあった。まああれだ、リックフレアーがNWAの防衛戦で戦況が悪くなってくるとレフェリーをぶん殴って反則負けを選ぶ、そんな感じだ。
(なおルールによりベルトは移動しない)

まあエアグルーヴにしろ、ダービーのウオッカにしろ、実績があっての牡馬挑戦だったわけで、そこへいくとファンディーナはまだフラワーCを勝っているだけにすぎない。
そしてそもそもの話として、年明けデビューの皐月賞馬っていつ以来出ていないのか?という話。今をときめくキタサンブラックだって、年明けの東京デビューから3連勝で皐月賞に駒を進めたが3着が精一杯だった。牝馬69年ぶりの勝利がどうこう言うより、この年明けデビューの件の方が現実的な問題ではなかろうか?


ここ5年で共同通信杯から直行している馬が4勝していることで俄然注目度が高くなっているスワーヴリチャード。ぶっちゃけると、POG的にはこの馬に勝たれるのが最もよろしくないw
極端なことを言うと他の16頭には勝たれてもどうってことはない。あくまでもPOG的な話では、この馬だけは潰さなくてはいけないのである。

で、スワーヴリチャードを消したい理由はちょっとオカルト的なのだが『5連勝って難しいよね』ということ。
極めて個人的なことで恐縮なのだが、ボクはミッキーアイルが好きで、都合が合えば現地に応援に行っていた。で、シンザン記念→アーリントンC→NHKマイルC→スワンSと観戦機会4連勝で迎えた高松宮記念で3着に負けた。
サッカーの話でいえば、浦和レッズは近年の対戦成績でガンバ大阪とはあまり相性が良くないのだが、自分が参戦した時は4連勝中だったんですよ。それが先日の吹田スタジアムの試合は引き分けで連勝ストップ。
そう、なかなか5連勝というのは経験しないのですよ。
現に先週の桜花賞でもソウルスターリングが5戦目にして初黒星。今年のJ1も開幕4連勝したヴィッセル神戸は5節の浦和戦で初黒星。これらは決して偶然ではないと思うのよ。

で、皐月賞は目下『共同通信杯からの直行組が出走機会4連勝中』である。一昨年のドゥラメンテは共同通信杯2着からだったから「共同通信杯を勝っていない」という事で嫌った人も多いだろう。去年のディーマジェスティは「人気がない」とか「4回目があるのか?」とかの理由で嫌った人も多いだろう。
が、今回はそれに懲りた人が多数出てくる頃である。ましてや空前絶後の大混戦みたいな言われ方をしているわけだし。
なので『まだはもうなり』に賭けてみたい。

そしてレイデオロ。この馬の場合はやはり年明け初戦がどうなのよ?と。
調整の過程で弥生賞を使うのが難しく、まあスプリングSなら使えないこともないけど今さら1800を使う理由はない。それはわかるのだが、ソウルスターリングのコメントで「100回の調教より1度のレース」と言っていた人が若葉Sを考えなかったとは思えない。かつてペルーサで若葉S→青葉賞というローテーションを組んだ人なのだから。それだからこそ、やはり年明け初戦というのは大きな不安材料なのではないか?

そして我がペルシアンナイト。
ザックリと言えば、ドゥラメンテを擁して戦った一昨年のPOGの展開によく似ているのよ。直感的にはそれに尽きるのだが、それはテメーの話だろうと言われるとそれ以外の何物でもないw
まあ真面目に理由を挙げていけば、近年の皐月賞のゴール写真を見れば勝ち馬は馬場の真ん中に写っている。決して内ラチに近いところの勝ち馬の姿はない。
で、今年の出走馬の勝ったシーンを振り返ってみた時に、皐月賞のゴール前を一番イメージできるのがアーリントンCのペルシアンナイトだということ。
言いたいことはたくさんあるけど、最大の理由はコレ。きっとミルコが手をパーの状態にしてカメラ目線バッチリで先頭でゴールに飛び込んで来るハズだから。

あとこれだけは言っておきたいのだけど、土曜日のはなみずき賞に出走するエクレアスパークル。若葉S2着で皐月賞の優先出走権を得ておきながら、皐月賞に登録すらせずに同じ週の自己条件を使うって、さすがにそれはナシでしょう。G気鯔粗造靴討い襪茲諭これは行き過ぎた馬優先主義だと思う。調教師に何らかのペナルティは必要だと思う。こんな使い方をするようでは、少なくともこの調教師とは同じ夢は見られない。

[もっと見る]

エクレアスパークルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エクレアスパークルの写真

投稿写真はありません。

エクレアスパークルの厩舎情報 VIP

2017年4月15日はなみずき賞2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エクレアスパークルの取材メモ VIP

2017年4月15日 はなみずき賞 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。