最新競馬ニュース

【馬場の有利不利、教えます!】オークス2022 枠順不問!末脚のしっかりしたタイプを重視!


ウマニティ


 5,000  7  0

【馬場の有利不利、教えます!】オークス2022 枠順不問!末脚のしっかりしたタイプを重視!



ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はオークス・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


土曜日の東京芝のレース結果、近年のオークスの結果をもとに、馬場などのバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

土曜日の東京競馬場周辺は未明から小雨が降ったり止んだりの空模様。芝コースは4Rこそ良(JRA発表)でレースが行われたが、その後は終日稍重(JRA発表)での施行となった。

芝競走6鞍における勝ち馬の最終4角通過順位は8、2、9、3、4、7番手。前週と比較して先行勢の上位入線が若干増えたものの、最後の直線で馬場の3~4分あたりを選択した差し馬の伸び脚がいい点は変わっていない。そのあたりは留意すべきだろう。

枠順については有利不利が少ない印象。最後の直線で内柵近くを運ぶ馬の勢いが衰えつつある反面、道中は内めから運び、最終4角を過ぎてから馬場の中~外に進路を取る馬の好走頻度が高まっている。ゆえに、内枠不利と決め付けるのは早計だ。

日曜日開催中の天気は回復基調で進む見通し。前日夜から未明まで降り続いた雨の影響で、前半戦は含水多めのコンディションになりそうだが、予報通りなら時間の経過につれ、土曜日と似たような馬場状態に回帰していくものと思われる。

結局、オークスは例年同様に持久力および上がり性能の高さが問われる一戦となりそう。それゆえ枠順には固執せず、シンプルに末脚のしっかりしたタイプを優先したほうが好結果につながりやすいのではないか。

なお、近年のオークスは前走3着以内、かつ近2走内に上がり3ハロン2位以内で3着以内の好走歴を持つ馬が優勢。過去5年の勝ち馬すべてがこの条件をクリアしている。上がりの脚という面は上述した前日傾向にもマッチすることから、有効に活用したいデータといえよう。

今回の出走メンバーで要点(前走着順+近2走内に上がり上位での好走歴)を満たしているのは、②スタニングローズ、③アートハウス。よって当欄では、この2頭を注目株として推奨する。


【馬場予想からの注目馬】
スタニングローズ ③アートハウス

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

6月26日()
宝塚記念 G1
6月25日()
東京ジャンプ G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月19日()
マーメイドS G3
ユニコーンS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
94,138万円
2 エフフォーリア 牡4
73,664万円
3 マカヒキ 牡9
63,008万円
4 タイトルホルダー 牡4
58,933万円
5 ディープボンド 牡5
51,083万円
6 ソダシ 牝4
50,142万円
7 デアリングタクト 牝5
50,038万円
8 レシステンシア 牝5
44,953万円
9 エアスピネル 牡9
44,765万円
10 サリオス 牡5
38,993万円
» もっと見る

3歳
1 ドウデュース 牡3
38,595万円
2 スターズオンアース 牝3
36,651万円
3 ジオグリフ 牡3
23,581万円
4 ダノンスコーピオン 牡3
21,674万円
5 イクイノックス 牡3
20,009万円
6 ナムラクレア 牝3
16,781万円
7 セリフォス 牡3
15,200万円
8 アスクビクターモア 牡3
14,236万円
9 サークルオブライフ 牝3
13,573万円
10 スタニングローズ 牝3
13,508万円
» もっと見る