会員登録はこちら
TV西日本北九州記念 G3   日程:2010年8月15日() 15:35 小倉/芝1200m

レース結果

TV西日本北九州記念 G3

2010年8月15日() 小倉/芝1200m/18頭

本賞金:4,000万 1,600万 1,000万 600万 400万


レコード:1分06秒5
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 2 4

メリッサ

牝6 52.0 福永祐一  佐山優 484(-2) 1.07.1 13.4 5
2 8 18

スカイノダン

牝4 52.0 国分恭介  大久保龍 452(+6) 1.07.2 1/2 8.1 3
3 3 6

サンダルフォン

牡7 56.0 酒井学  松永幹夫 538(0) 1.07.3 3/4 14.0 6
ラップタイム 11.6 - 10.0 - 10.5 - 11.2 - 11.5 - 12.3
前半 11.6 - 21.6 - 32.1 - 43.3 - 54.8
後半 55.5 - 45.5 - 35.0 - 23.8 - 12.3

■払戻金

単勝 4 1,340円 5番人気
複勝 4 500円 6番人気
18 300円 3番人気
6 460円 5番人気
枠連 2-8 2,280円 12番人気
馬連 4-18 6,500円 24番人気
ワイド 4-18 2,220円 25番人気
4-6 3,000円 35番人気
6-18 2,000円 22番人気
馬単 4-18 15,400円 51番人気
3連複 4-6-18 28,850円 93番人気
3連単 4-18-6 202,330円 616番人気

TV西日本北九州記念のニュース&コラム

【北九州記念】メリッサ末脚発揮!大変身V
 第45回北九州記念(15日、小倉10R、GIII、3歳上オープン国際、ハンデ、芝1200メートル、1着本賞金4000万円、サマースプリントシリーズ第3戦=出走18頭)福永祐一騎乗、5番人気のメリッサが、アイビスSD18着からの巻き返しに成功。自慢の末脚を駆使して、サマースプリントシリーズ第3戦を制し、うれしい重賞初制覇を飾った。2着は3番人気のスカイノダン、3着はV2を狙った6番人気のサンダルフォン。1番人気のデグラーティアは5着に敗れた。 最下位に沈んだ前回とは別馬だった。アイビスSD18着から挑んだメリッサが、小倉で大変身。鋭い末脚で初の重賞タイトルを勝ち取った。 「前走は1番人気で結果を出せなかったけど、きょうも1着を狙って競馬をした。スムーズに行ったし、強い勝ち方だった」。福永祐一騎手が会心のレースに胸を張った。 互角のスタートを切ると、道中は中団のインで流れに乗った。直線は鞍上のゴーサインに素早く反応。馬群の間から抜け出した。「スタート難があるので、出遅れないように気をつけた。流れが速くて少し置かれたけど、手応えは十分。あとはどこを割っていこうかなという感じ。ハンデも52キロだったし、よく伸びてくれた」。06年小倉記念(スウィフトカレント)以来、4年ぶりの小倉重賞Vをジョッキーは満足げに振り返った。 ユーイチは夏の小倉で、すでに15勝と勝ち星を量産。2位の浜中騎手(8勝)を大きく引き離し、リーディングを独走している。「ユタカさん(武豊騎手)の次は自分、といわれるようにならないとね。そういう気持ちでやっているし、もっと頑張らないといけない」。デビュー15年目。次代を担う自覚がさらなる高みへと向かわせる。 佐山優調教師も「うまいこと乗ってくれたね」と好騎乗を絶賛。愛馬については「セントウルS(9月12日、阪神、GII、芝1200メートル)に使うかは、状態を見て決めたい」と語った。サマースプリントシリーズは11点で、ケイティラブと並ぶトップ。見事な末脚で名誉挽回したメリッサが、今後もスプリント界を熱く盛り上げる。(鈴木康之)
2010年8月16日(月) 05:07

 747

【北九州記念】スカイノダン見せ場十分2着
 第45回北九州記念(15日、小倉10R、GIII、3歳上オープン国際、ハンデ、芝1200メートル、1着本賞金4000万円、サマースプリントシリーズ第3戦=出走18頭)格上挑戦ながら3番人気に支持されたスカイノダンが、見せ場十分の2着に入った。道中は中団を進み、直線半ばでは先頭に立つ勢いだったが、内からメリッサの強襲にあい、半馬身差の惜敗。「いい所を通れて仕掛けるタイミングもうまくいったけど、内から差されるとは…。でも気性面での成長もあったし、今後が楽しみ」と国分恭介騎手はコンビの健闘をたたえた。
2010年8月16日(月) 05:06

 563

【北九州記念】6番人気サンダルフォン3着
 第45回北九州記念(15日、小倉10R、GIII、3歳上オープン国際、ハンデ、芝1200メートル、1着本賞金4000万円、サマースプリントシリーズ第3戦=出走18頭)連覇を狙った6番人気のサンダルフォンは3着。中団でじっくり脚をためて、直線で前が開くと一気に加速。上がり3ハロン34秒4の末脚で追い込んだが、先に抜け出していた2頭をとらえることはできなかった。「前が開いた時は、ヨシッと思ったけど、(ハンデ)56キロがこたえたのか昨年ほどの脚が使えなかった」と酒井学騎手は悔しそうだった。
2010年8月16日(月) 05:05

 588

【北九州記念】デグラーティア伸び欠き5着
 第45回北九州記念(15日、小倉10R、GIII、3歳上オープン国際、ハンデ、芝1200メートル、1着本賞金4000万円、サマースプリントシリーズ第3戦=出走18頭)前走の高速時計Vも含め小倉3戦3勝で1番人気に支持されたデグラーティアは5着。絶好の3番手を追走し、直線では内に進路をとって、一瞬伸びかけたが、すぐ後続に飲み込まれた。「ペースは速かったけど楽に追走できたし、スムーズに運べた。止まるような馬場じゃないけど…。何でやろうね」と、初騎乗の和田竜二騎手は首をかしげていた。
2010年8月16日(月) 05:04

 464

TV西日本北九州記念のニュースをもっと見る >

【北九州記念】デグラーティア小倉V2追い
 デグラーティアが栗東の坂路をリズムよく登坂。予定通り軽めの内容で重賞2勝目へ好感触を伝えた。同じく坂路単走のダッシャーゴーゴーは鋭い伸び脚でラスト1ハロン11秒6。連覇を狙うサンダルフォンもCWコースで反応鋭い動きを披露した。 もはやハードな追い切りは必要ない。この夏、鮮やかな復活を遂げたデグラーティアは坂路で単走。派手なパフォーマンスは本番にとっておくとばかりに、4ハロン54秒8の軽めの内容で最終追い切りを切り上げた。 「和田騎手には感触を確かめてくれればいいと言った。今回は中1週で使ったあとの中2週だから、反動がないように持っていくだけだからね」 まさに青写真通りの好調教。モニター越しに見届けた宮本調教師から自然と笑みがこぼれた。 ビュンビュン飛ばす周りの馬を気にすることなく、一定のリズムで淡々とラップを刻んでいく。軽快にカーブを通過し、最後の直線に入っても鞍上の手綱は動かない。ラスト1ハロンも快速牝馬らしくない!? 控えめな13秒4。それでも初コンタクトをとった和田騎手は上々のジャッジを下した。 「ドッシリしたところがあるし、やっぱりオープン馬って感じやね。クセもなく乗りやすいし、いい印象を持ったよ」 2年前の夏、この小倉で輝きを放ち、将来を嘱望された。だが、年が明けた桜花賞後に左前ひざの骨折が判明して戦線離脱。2度の手術を経て1年3カ月ぶりに復帰した初戦で素質馬の片鱗(ジュライS3着)を見せると、2戦目(北九州短距離S)にはGIII小倉2歳S以来の勝利を手にした。準オープンでは力が違ったといえばそれまでだが、今回と同じ舞台で1分6秒7のタイムを叩きだしたのは能力の高さに他ならない。 「馬に硬さがあるから新陳代謝がよくなる暑い時期は状態もいいんだよ。前走で速い時計を出せたことが自信になったし、ハンデも53キロ(前走から2キロ減)でいいところ。ここで2つ目の重賞を獲りたいね」と宮本調教師は目を輝かせる。舞台は3戦3勝の小倉の芝1200メートル。自慢のスピードをフルに生かして、短距離界のニューヒロインへ名乗りを挙げる。 (瀬戸聡)
2010年8月12日(木) 05:06

 482

【北九州記念】ダッシャー豪快伸び11秒6
 重賞初制覇を狙うダッシャーゴーゴーは、坂路で単走。上がり重点のため、全体4ハロンは55秒7と目立たないが、ラスト1ハロンは11秒6と豪快に伸びた。先週4日には4ハロン50秒5の猛時計で登坂しており、仕上がりは万全だ。「最後の1ハロンだけ、サッと流してやった。予定通りだし、いい形で来ている」と安田隆調教師は語った。昨年の小倉2歳S2着で、前走のCBC賞でも、初の古馬相手に2着と健闘した。「前走のように自分の競馬ができれば、直線は絶対に伸びてくれますから」とトレーナーの期待は大きい。
2010年8月12日(木) 05:05

 541

【北九州記念】サンダルフォン11秒7
 北九州記念連覇を目指すサンダルフォンが、CWコースで態勢を整えた。ラスト重点の単走追いで、シャープなフットワークを披露。ラスト1ハロン11秒7(6ハロン82秒6)と鋭く伸びて、好仕上がりをアピールした。「先週より動きがよく見えたし、時計も速い。いい追い切りができた」と松永幹調教師は満足げだ。ハンデは昨年より2キロ重くなるが、大型馬の56キロなら問題なし。鋭い末脚を武器に昨年の再現を狙う。「前走(13着)は雨で馬場が悪かったから。良馬場でスムーズな競馬ができれば」と師は期待を寄せている。
2010年8月12日(木) 05:05

 523

【北九州記念】ドルチェ、関東の名を刻む
 日曜小倉メーンの北九州記念は今年で45回目を迎えるが、JRA平地重賞のうちで関東馬が勝っていないレースだ。この“鬼門”に関東馬アポロドルチェが挑む。関東馬の参戦は06年以来4年ぶり。すでにドルチェは小倉に移動して調整中で、GII京王杯2歳S以来2年9カ月ぶりの重賞制覇を狙う。 アポロドルチェは、前走のアイビスSDでメンバー最速タイの上がり3ハロン31秒9を使い、0秒3差4着。6月のバーデンバーデンCを使えず、7カ月ぶりのぶっつけだったが、力のあるところを示した。アイビスSDは3年連続で挑戦して(3)(2)(4)着。「順調に進められなかったけど、1000メートルの直線競馬の適性は相当高いですね」と堀井調教師は再認識した。 その後はサマースプリントシリーズに照準を定めた。北九州記念参戦に向け、先週3日に美浦を出発し、4日午後に小倉競馬場へ到着した。 「当初は美浦で1週前追い切りをやってから輸送を考えていましたが、思いのほか気温が高いので、馬への負担を考えて早めに入厩しました」 堀井師の臨機応変な対応が成果として表れたのが7日の追い切りだ。輸送の疲れも見られず、小倉ダートコースで5ハロン71秒0-54秒4-40秒0-12秒7(馬なり)とシャープな動きを見せた。「テンにゆっくりで終い重点。予定通りの調整ができているし、今週の追い切りでちょうど良くなるでしょう。落ち着いていい雰囲気ですよ」と輸送を含めた調整過程に何も不安を感じていない。 愛馬を送り出す北九州記念は、まだ関東馬の勝利がない。「夏の小倉は気温が高く、関東馬が行くリスクは大きいね。輸送時間は札幌とそれほど変わらないけどね」と堀井師が話すように、関東馬はこの時期、北海道に滞在するケースが多く、小倉遠征は少ない。 北九州記念への関東馬の参戦は06年以来、4年ぶりだ。それでも小倉に向かった理由はこうだ。「小倉はペースが速くなりそうだからね。流れはドルチェに向いてくれると思うんだよ」と、自慢の末脚を発揮する流れになりそうな舞台と読んでの参戦だ。 結果次第では、栗東に滞在してセントウルS(9月12日、阪神、GII、芝1200メートル)も視野に入っている。サマースプリントシリーズ制覇へ、関東馬として初となる北九州記念のタイトルを果敢に獲りに行く。 (高尾幸司)
2010年8月11日(水) 05:08

 615

TV西日本北九州記念の直前追い切り情報をもっと見る >

TV西日本北九州記念過去10年の結果

2009年8月16日() 小倉競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 サンダルフォン 酒井学 1:07.5 15.8倍 105.7
2着 レディルージュ 鮫島良太 1 1/4 5.0倍 103.6
3着 カノヤザクラ 小牧太 3/4 3.4倍 102.5
2008年8月17日() 小倉競馬場/芝1200m 天候: 馬場:稍重
2007年8月12日() 小倉競馬場/芝1200m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

TV西日本北九州記念の歴史と概要


2017年の優勝馬ダイアナヘイロー

2006年に距離が一気に600m短縮され、レースの質が大きく変わったスプリント重賞。スプリンターズステークスの前哨戦に位置付けられているが、ハンデ戦ということもあり本番との直結度は低く、両レースに勝ったのは第43回(2008年)のスリープレスナイトしかいない。その一方、第49回(2014年)の覇者リトルゲルダ、第50回(2015年)を制したベルカントと、2年連続してサマースプリントチャンピオンを送り出した。芝1800m時代の勝ち馬には、G1馬のエイシンプレストン(第36回、2001年)や“ミスター小倉”メイショウカイドウ(第40回、2005年)などの強豪の名前も見られる。

歴史と概要をもっと見る >

TV西日本北九州記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年8月18日(
札幌記念  G2
TV西日本北九州記念  G3

競馬番組表

2019年8月17日(
2回札幌1日目
2回新潟7日目
2回小倉7日目
2019年8月18日(
2回札幌2日目
2回新潟8日目
2回小倉8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
10 ファンタジスト 牡3
11,012万円
» もっと見る