最新競馬コラム

【山崎エリカのダートグレード攻略】~マリーンカップ2021~

 1,700

【山崎エリカのダートグレード攻略】~マリーンカップ2021~ | コラム | ウマニティ

 船橋で行われるマリーンカップは、数ある牝馬限定ダートグレードの中でもっとも本命党好みのレースだ。もともと船橋競馬場は、直線が長い上にスパイラルカーブが使用されており、後続馬でもトップスピードに乗せたまま3~4コーナーを回ることが可能。内ががっぽり開いてイン突きが決まることが少なく、強い馬が実力を発揮しやすいコースだ。

 そのうえマリーンカップは、このあとの牝馬限定ダートグレードが7月のスパーキングレディーカップまで行われないため、GⅢながらトップクラスの牝馬が出走してくる。実際にJBCレディスクラシックが創設された2011年以降、前年のJBCレディスクラシック連対馬のこのレースでの成績は【3・2・0・0】と連対率100%だ。1着の該当馬は2012年のミラクルレジェンド、2015年のサンビスタ、2017年のホワイトフーガ。2着の該当馬は2014年のアクティビューティ、2015年のトロワボヌールである。

 また、前走のエンプレス杯の連対馬も、過去10年で【3・3・2・2】と有力。4着以下に敗れた2頭は、2013年のエミーズパラダイス(8着)と2017年のワンミリオンス(6着)だが、それらは前年のGⅠ、GⅡで連対実績がなかった馬。一方、前年のGⅠ、GⅡで連対実績があった前走エンプレス杯の連対馬は、2010年のラヴェリータ(2着)、2014年のアクティビューティ(2着)、2017年のアンジュデジール(1着)と、結果を出しているので、それらは信頼できる。

 さらに今回と同コースの前年のクイーン賞の優勝馬の活躍も顕著で、このレースでの活躍は過去10年で【0・4・1・0】。優勝馬こそゼロだが、2着、3着なら信頼できる。2着の該当馬は2013年のレッドクラウディア、2014年のアクティビューティ、2015年のトロワボヌール、2019年の昨年のアイアンテーラー。3着の該当馬は2010年のユキチャンだ。

 また、本命党好みのこのレースでも、穴が開くこともある。その中でも最有力は過去1年以内のダートグレードで4着以内の実績がある地方馬だ。過去10年でもっとも人気薄の6番人気で連対した2017年の2着馬ララベルを始め、同年の3着馬リンダリンダ(4番人気)、2016年の2着馬馬ブルーチッパー(4番人気)、2020年の優勝馬サルサディオーネ(5番人気)もそれに該当。ララベルやサルサディオーネのように、前走で2桁着順に大敗していても、巻き返して来ることがけっこうある。ヒモ穴として一考することをオススメしたい。


 まとめるとこうなる!

 ●本命候補
 ・前年のJBCレディスクラシックの連対馬。
 ・前年のGⅠ・GⅡで連対実績のある、前走エンプレス杯連対馬。
 ・前年のクイーン賞の優勝馬。

 ●穴馬候補
 ・過去1年以内のダートグレードで4着以内の実績がある地方馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

新着競馬コラム

人気競馬コラム

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

2月5日()
東京新聞杯 G3
きさらぎ賞 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月29日()
シルクロード G3
根岸S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 イクイノックス 牡4
80,660万円
2 タイトルホルダー 牡5
79,311万円
3 エフフォーリア 牡5
77,664万円
4 デアリングタクト 牝6
61,092万円
5 ソダシ 牝5
57,624万円
6 ヴェラアズール 牡6
54,968万円
7 シャフリヤール 牡5
54,685万円
8 ディープボンド 牡6
54,083万円
9 レシステンシア 牝6
44,953万円
10 ジェラルディーナ 牝5
39,945万円
» もっと見る

3歳
1 ドルチェモア 牡3
11,154万円
2 リバティアイランド 牝3
8,543万円
3 ドゥラエレーデ 牡3
8,497万円
4 キタウイング 牝3
7,528万円
5 トップナイフ 牡3
6,757万円
6 ブトンドール 牝3
5,059万円
7 ダノンタッチダウン 牡3
5,045万円
8 ソールオリエンス 牡3
4,732万円
9 ライトクオンタム 牝3
4,731万円
10 オールパルフェ 牡3
4,636万円
» もっと見る