会員登録はこちら
フェブラリーS G1   日程:2014年2月23日() 15:40 東京/ダート1600m

レース結果

フェブラリーS G1

2014年2月23日() 東京/ダート1600m/16頭

本賞金:9,400万 3,800万 2,400万 1,400万 940万


レコード:1分34秒4
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 13

コパノリッキー

牡4 57.0 田辺裕信  村山明 530(+4) 1.36.0 272.1 16
2 8 15

ホッコータルマエ

牡5 57.0 幸英明  西浦勝一 506(0) 1.36.1 1/2 3.6 2
3 6 11

ベルシャザール

牡6 57.0 C.デムー  松田国英 540(+2) 1.36.4 1 3/4 2.7 1
ラップタイム 12.4-11.3-11.8-12.5-12.6-12.0-11.5-11.9
前半 12.4-23.7-35.5-48.0-60.6
後半 60.5-48.0-35.4-23.4-11.9

■払戻金

単勝 13 27,210円 16番人気
複勝 13 3,310円 16番人気
15 140円 2番人気
11 140円 1番人気
枠連 7-8 10,560円 23番人気
馬連 13-15 84,380円 82番人気
ワイド 13-15 15,760円 84番人気
11-13 14,890円 79番人気
11-15 240円 1番人気
馬単 13-15 256,050円 175番人気
3連複 11-13-15 55,360円 115番人気
3連単 13-15-11 949,120円 1,073番人気

フェブラリーSのニュース&コラム

【阪急杯】次はリチャード!芝短距離もコパ旋風
 関西は京都から阪神へ舞台を移し、開幕週は阪急杯(3月2日、GIII、芝1400メートル)が行われる。今年から1着馬に高松宮記念(3月30日、中京、GI、芝1200メートル)の優先出走権が与えられる前哨戦に、重賞2勝の快速馬コパノリチャードがスタンバイ。“Dr.コパ”こと小林祥晃(さちあき)オーナー(66)=建築家=は、23日のフェブラリーSをコパノリッキーで勝ち、JRA・GI初制覇。オーナーの強運にリチャードも乗る。 リッキーの次はリチャードだ。「風水」の権威として知られるDr.コパこと小林祥晃オーナーは、フェブラリーSでGI初制覇。今週は同じ4歳馬コパノリチャードの活躍へ胸を躍らせる。 「リチャードはリッキーとともにデビューから期待してきましたからね。私の運気は最高潮なので、続いてGIホースになってくれれば」 リチャードはリッキーと同じ北海道日高町・ヤナガワ牧場で生まれた。3歳春にアーリントンCを制し、NHKマイルCでは勝ち馬マイネルホウオウからコンマ4秒差の8着。秋はスワンSを鮮やかに逃げ切って重賞2勝目をあげ、マイルCSでは4着に逃げ粘った。 前走の阪神カップは2番人気に支持されたが、控える競馬で力んでしまい、伸び切れず10着。「素晴らしいスピードがあるし、行けるなら行った方がいい」と宮調教師は積極策で巻き返しを誓う。 リフレッシュ放牧から帰厩後は順調に乗り込まれ、19日の1週前追い切りは坂路で4ハロン51秒8の好時計をマーク。約2カ月半ぶりでも力を出せる仕上がりだ。 この先のターゲットは当然、高松宮記念。「今年は1200メートルのGI路線を歩ませたい。叩き台ではなく、勝って本番へいければ」と小林オーナーは強気に愛馬を送り出す。 今年初の阪神開催で、芝は絶好のコンディション。持ち前のスピードをフルに発揮できる舞台で勝利を飾り、GI初制覇への足がかりとする。★阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年2月26日(水) 05:05

 446

【フェブラリーS】最低人気リッキーが押し切った!
 第31回フェブラリーステークス(23日、東京11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、1着本賞金9400万円=出走16頭)今年初戦のGIは大波乱となった。田辺裕信騎乗の最低人気、コパノリッキーが2番手から直線で抜け出して快勝。タイム1分36秒0(良)。単勝2万7210円は、GI史上2番目の高配当となった。サンケイスポーツでコラム「やさしい競馬開運学」を連載(土曜付)する馬主のDr.コパこと小林祥晃氏と田辺騎手は、ともにJRA・GI初制覇。1番人気のベルシャザールは3着に敗れた。 雪が残る早春の府中にどよめきがとどろいた。2014年のGIは波乱の幕開け。何と単勝最低人気のコパノリッキーが、GI馬4頭を差し置いて金メダルをゲット。デビュー13年目でGI初勝利を飾った田辺騎手は、興奮気味に相棒をねぎらった。 「やっと勝てました。放心状態ですね。僕の初めてのGI勝利なので、『ありがとう!!』という感謝の気持ちです」 好スタートを決めて2番手につける。ペースはスロー。抜群の手応えで最後の直線に向くと、残り400メートルで先頭に立ってもギリギリまで追い出しを我慢。直線半ばで右ムチを入れて再スパートした。ホッコータルマエに詰め寄られたが、半馬身以上は近寄らせない。その差を保ったまま、ゴールを駆け抜けた。 鞍上は「最近の結果は気にせず、強かったときのレースを見て、いいイメージをしていた」と、してやったりの表情だ。 あっと驚く結果だったが、早くから期待されていた素質馬だった。昨年5月に交流GII・兵庫チャンピオンシップを制したが、右前脚の骨折で長期休養。同11月に復帰後も(10)(9)着と結果が出なかった。この中間は調教量を増やして鍛え直した。2分の1の抽選を突破する運も味方につけ、大舞台で復活劇を演じた。
2014年2月24日(月) 05:05

 1,030

【フェブラリーS】コパオーナーのゲン担ぎ実った!
 第31回フェブラリーステークス(23日、東京11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、1着本賞金9400万円=出走16頭)「風水」の権威として知られる小林祥晃オーナー(66)=建築家=は、手の平をデスクに叩き付け、声を枯らせた。値千金の金星に、小林オーナーは「外枠で砂を被らなかったのが一番かな。自分の競馬に徹すればチャンスもあると」と言葉を弾ませた。ネクタイから靴下まで(〔7〕枠の)橙色にしてゲンをかついだのが期待の証拠だ。 馬主になって12年。JRAでのGI初制覇に「夢は持つものです。本当に嬉しい」と話し、「ラブミーチャン(所有馬で28日に引退式)を継ぐ馬が出たのだから、同じように盛岡(JBCクラシック)に行って、東北を盛り立てたい」と、今後は交流重賞を中心に使っていくことを明かした。 生産者のヤナガワ牧場・梁川正普(まさひろ)代表(43)は、サンライズバッカスに次ぐフェブラリーS2勝目に、「3つ4つは勝つかなと…でもGIは…」と、ただ驚くだけ。母のコパノニキータは、リッキーの全妹を出産(2月3日)したばかり。この春もゴールドアリュールとの交配が決まっている。 (水戸正晴)
2014年2月24日(月) 05:04

 1,350

【フェブラリーS】最速上がりも3着ベルシャザール
 第31回フェブラリーステークス(23日、東京11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、1着本賞金9400万円=出走16頭)昨年の最優秀ダートホースは、スローペースに泣かされた。1番人気ベルシャザールは、後方からメンバー最速タイの上がり3ハロン35秒1で追い上げるも、3着がやっとだった。 C・デムーロ騎手は「ゲートの出が甘くて遅れた上に、馬群の外を回らされた。前のブライトラインを目標に追いかけていったが、ペースが遅すぎた」と肩を落とし、「マイルもやや短い印象を受けた」とポツリ。松田国調教師も、「あれだけスローだと前の馬も速い脚で上がってくる。(JCダート以来でも)馬は良くなっていたが、流れに乗れなかった」と無念の表情。この悔しさは、約1カ月後のドバイワールドCで晴らすつもりだ。
2014年2月24日(月) 05:03

 468

フェブラリーSのニュースをもっと見る >

【フェブラリーS】ベルシャGI連勝へ上々!
 フェブラリーSの追い切りが19日、栗東トレセンで行われた。昨年の最優秀ダートホース・ベルシャザールが坂路で力強い動きを披露。2カ月半ぶりの実戦でも上々の仕上がりをアピールした。ホッコータルマエは坂路で鋭いフィニッシュを見せ、状態は最高潮だ。東海Sで復活Vを飾ったニホンピロアワーズは素晴らしい動きで、サンケイスポーツ調教評価「S」を獲得した。 ところどころに雪が残る栗東トレセンで、ベルシャザールが力強い脚さばきを見せた。時計は800メートル53秒2−12秒7と平凡だったが、坂路2本追いでこの数字。熱のこもった最終リハーサルで上々の仕上がりをアピールだ。 「相手は攻め駆けする馬。それを前に置いてこの時計だから、いい追い切りだったと思います」 松田国調教師が納得の表情で口を開いた。 1本目を78秒2で駆け上がると、約15分のインターバル後に2本目をスタート。攻め駆けするロングロウ(OP)を2馬身ほど追いかけ、ラスト1ハロンで並びかける。手応えはやや見劣ったものの、きっちりと併入したことは評価できる。 昨年末の有馬記念Vを最後に引退したオルフェーヴルの同期。骨折を機に昨年、ダート路線に転向し、秋に一気の3連勝でJCダートを制覇。砂で高い能力が開花した。今回はぶっつけとなるが「勝ちにいくために間隔をあけた」と指揮官はキッパリ。そのココロは、次の通りだ。 「ダートでは体を大きくした方が強い。この間に鍛錬して筋肉をつけてきた」。2001年JCダートを制した“怪物”クロフネも管理した師が持論を展開する。前走の538キロから狙い通りに560キロ前後まで、ボリュームアップに成功。クロフネも520キロ級の大型馬だった。 新コンビとなるC・デムーロ騎手は追い切りを見届けて、「スタートをしっかり出て、好位につけられれば、いいレースができると思う。状態もいいので、自信を持って臨める」と、昨年の桜花賞(アユサン)に次ぐJRA・GI勝利を狙う。 この後はドバイワールドカップを予定。改めて国内最強を証明するためにも、ここで足踏みはできない。 (渡部陽之助)
2014年2月20日(木) 05:11

 1,086

【フェブラリーS】伸び抜群!タルマエ状態ピーク
 真冬の寒さを吹き飛ばす白熱のデモンストレーションだ。前走の交流GI・川崎記念で、5つめのビッグタイトルを手にしたホッコータルマエが、栗東坂路で万全の態勢を整えた。 「最後まで気を抜かせない調教ができました。理想通りです」。手綱を取った幸騎手が、満足げに笑みを浮かべた。 前半は僚馬スプリングシーズン(1000万下)の直後を追走。ラスト2ハロンで馬体を併せて闘争心をかきたてると、最後まで力強いフットワークでクビ先着を果たした。4ハロン54秒8−12秒2と全体の時計は目立たないが、追ってからの伸びは抜群。昨年10月の交流GI・南部杯(2着)から使い詰めになるが、疲れは全く感じられない。「楽な感じでラスト1ハロン12秒2。状態はピークに近い」と西浦調教師は絶好調を宣言した。 昨秋、JRAのGI・JCダートは3着に敗退。直線で一旦抜け出しながら、ゴール前でソラを使ってかわされてしまった。その悪癖を矯正するため、馬体を併せる追い切りで集中力を強化。また、今回は流れの速いマイル戦だけに、位置取りがいつもより後ろになることを想定し、馬の後ろにつける練習をするなど、工夫を凝らした調教を行ってきた。「馬の後ろから運んで、スッと反応できるように教えてきた。できることはやってきたし、ここも能力でクリアしてほしい」と指揮官は力を込める。 次走のドバイWC(3月29日、メイダン、GI、AW2000メートル)には、JCダート馬ベルシャザールも参戦。ここでリベンジを果たして、中央初のGIタイトルを獲りたい。「この馬はまだ全力で走っていない感じがします。コースも気にならないし、ベルシャを逆転してドバイに行きたい」と幸騎手は雪辱を誓う。 名実ともにダート日本最強馬として、世界へと飛び立つためにも、ここは負けられない一戦。真っ向勝負で、ライバルを撃破する。 (鈴木康之)
2014年2月20日(木) 05:10

 785

【フェブラリーS】アワーズ完璧!酒井「申し分ない」
 フェブラリーSの追い切りが19日、栗東トレセンで行われた。東海Sで復活Vを飾ったニホンピロアワーズがCWコースで、素晴らしい動きを披露し、サンケイスポーツ調教評価で「S」を獲得した。ホッコータルマエは栗東坂路で鋭いフィニッシュを見せ、好仕上がりをアピールした。 王座復権を予感させるデモンストレーションだ。一昨年のジャパンカップダートの覇者で、前哨戦の東海Sを圧勝したニホンピロアワーズが、馬なりで栗東CWコース6ハロン81秒2の好タイムをマーク。手綱から伝わる感触の良さに、酒井騎手の表情にも自信がみなぎる。 「2回使われた前走はしっかり仕上がっていましたが、今回も申し分のない動き」 厳寒期でいつも使うPコースの路面が硬くなっているためCWコースでの最終追い切り。気合乗り十分に1頭でコースへ飛び出すと、四肢を大きく躍動させて徐々にギアを上げていく。直線に向いても鞍上の手は動かなかったが、推進力はまったく衰えない。悠々とラスト1ハロン12秒5でフィニッシュだ。 前走の東海Sは2012年川崎記念(5着)以来2度目の左回りだったが、終わってみれば完勝だった。好位追走から持ったままで先頭に並びかけると、あとは突き放す一方。後方から懸命に差を詰める2着グランドシチーを楽々と2馬身退けた。同じ左回りのフェブラリーSへ確かな手応えを得た。 馬体も過去最高の544キロで、酒井騎手は「太め感はなかった。成長分でしょう」と、さらに迫力が増した様子。そして何よりも「ようやくこの馬らしさを見せてくれた。JCダートを勝ったときのような走りだった」と大橋調教師。ダート界の頂点に立った、力でねじ伏せる走りが戻ったのが収穫だった。 今回もコース、距離、そして、芝スタートなど初物づくし。それでも、「スッと前に行けるスピードがあるし、芝でもやれる馬という感触もある」と主戦の自信は揺るがない。 「再び強い姿を見せるために、100%以上の騎乗をしたい」と主戦は誓う。勢いを取り戻した王者ニホンピロアワーズが、再びダート界を制圧する。 (板津雄志)
2014年2月20日(木) 05:09

 887

【フェブラリーS】叩き上昇!ゴール51秒8
 ゴールスキーは栗東坂路で単走。序盤から活気あふれる動きで、4ハロン51秒8−12秒9で駆け上がった。「いい動きだった。前回は休み明けで1本追い足りなかったからね。叩いて体調はアップしているよ」と池江調教師は上積みを口にした。 前走の根岸Sは鮮やかな差し切りで、重賞初制覇。「前走は流れが向いた面もある。今回は強い相手にどこまでやれるか」と指揮官。異父兄ゴールドアリュールは、03年フェブラリーSなどダートGI4勝馬。同レース初の兄弟制覇なるか。
2014年2月20日(木) 05:08

 483

フェブラリーSの直前追い切り情報をもっと見る >

フェブラリーS過去10年の結果

2013年2月17日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
2012年2月19日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
2011年2月20日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
1着 トランセンド 藤田伸二 1:36.4 3.5倍 106.1
2着 フリオーソ M.デムーロ 1 1/2 5.5倍 105.1
3着 バーディバーディ 池添謙一 クビ 7.3倍 105.1

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

フェブラリーSステップレース

2014年2月2日() 東京競馬場/ダ1400m
天候: 馬場:
1着 6 ゴールスキー F.ベリー 1:23.4 7.5倍 103.3
2着 9 ノーザンリバー 蛯名正義 1/2 19.7倍 102.8
3着 14 シルクフォーチュン 横山典弘 クビ 14.0倍 102.8
4着 13 ブライトライン 戸崎圭太 クビ 2.8倍 102.2
5着 2 アドマイヤロイヤル 四位洋文 クビ 6.1倍 102.2
2014年1月26日() 中京競馬場/ダ1800m
天候: 馬場:
1着 14 ニホンピロアワーズ 酒井学 1:50.4 1.6倍 106.2
2着 12 グランドシチー M.ギュイヨン 8.1倍 104.9
3着 3 マイネルバイカ 松山弘平 2 1/2 37.4倍 103.3
4着 8 ダブルスター 武豊 ハナ 46.2倍 103.3
5着 10 サトノプリンシパル 川須栄彦 クビ 10.6倍 102.8
2013年12月1日() 阪神競馬場/ダ1800m
天候: 馬場:
1着 12 ベルシャザール C.ルメール 1:50.4 8.4倍 106.4
2着 8 ワンダーアキュート 武豊 クビ 15.7倍 106.4
3着 6 ホッコータルマエ 幸英明 1/2 1.9倍 106.0
4着 7 ブライトライン 福永祐一 23.1倍 103.9
5着 14 ニホンピロアワーズ 酒井学 1 1/4 13.4倍 103.0

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

フェブラリーSの歴史と概要


2014、15年の優勝馬コパノリッキー

JRAのG1開幕戦。パワーあふれる古馬たちが、冬の府中でダート最強の座を競い合う。G1昇格3年目の第16回(1999年)は岩手のメイセイオペラが日本競馬史上初めて「地方競馬所属のまま中央G1制覇」を決める感動の勝利。第19回(2002年)は前年の天皇賞(秋)香港カップを制したアグネスデジタルが勝ち、芝・ダートを問わないオールラウンダーぶりを見せつけた。連覇を果たしたのはコパノリッキーただ1頭(第31〜32回、2014〜2015年)。第31回は出走馬中最低となる16番人気での勝利、第32回は圧倒的1番人気での勝利という、珍しい連覇となった。ほかにも過去の優勝馬欄には、第20回(2003年)のゴールドアリュール、第23回(2006年)のカネヒキリ、第25回(2008年)のヴァーミリアン、第27回(2010年)のエスポワールシチー、第28回(2011年)のトランセンドなど、その時代を代表するダート王たちが名を連ねている。

▼2011年トランセンド。スタートから逃げるとフリオーソ以下を退けGI2勝目をあげた。

歴史と概要をもっと見る >

フェブラリーSの攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年2月25日(
中山記念 G2
阪急杯 G3

競馬番組表

2018年2月24日(
2回中山1日目
1回阪神1日目
1回小倉5日目
2018年2月25日(
2回中山2日目
1回阪神2日目
1回小倉6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
51,492万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 スマートレイアー 牝8
47,984万円
7 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
8 レッドファルクス 牡7
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 オウケンムーン 牡3
5,176万円
» もっと見る