会員登録はこちら
天皇賞(春) G1   日程:2014年5月4日() 15:40 京都/芝3200m

レース結果

天皇賞(春) G1

2014年5月4日() 京都/芝3200m/18頭

本賞金:13,200万 5,300万 3,300万 2,000万 1,320万


レコード:3分13秒4
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 7

フェノーメノ

牡5 58.0 蛯名正義  戸田博文 498(+10) 3.15.1 11.5 4
2 6 12

ウインバリアシオン

牡6 58.0 武幸四郎  松永昌博 526(0) 3.15.1 クビ 6.5 3
3 3 6

ホッコーブレーヴ

牡6 58.0 田辺裕信  松永康利 478(-2) 3.15.1 ハナ 101.5 12
ラップタイム 12.8-12.0-12.1-12.4-12.4-12.1-11.3-12.5-12.9-12.9-12.9-12.3-11.7-12.0-11.1-11.7
前半 12.8-24.8-36.9-49.3-61.7
後半 58.8-46.5-34.8-22.8-11.7

■払戻金

単勝 7 1,150円 4番人気
複勝 7 310円 4番人気
12 220円 3番人気
6 1,470円 11番人気
枠連 4-6 780円 3番人気
馬連 7-12 2,080円 6番人気
ワイド 7-12 740円 6番人気
6-7 7,050円 50番人気
6-12 3,230円 28番人気
馬単 7-12 5,670円 17番人気
3連複 6-7-12 38,790円 87番人気
3連単 7-12-6 211,180円 401番人気

天皇賞(春)のニュース&コラム

キズナ骨折、凱旋門賞断念…復帰は有馬か
 昨年の日本ダービー馬で、4日の天皇賞・春で4着だったキズナ(栗・佐々木、牡4)が左前脚を骨折していたことが7日、佐々木調教師から発表された。全治6カ月の診断で、9日に栗東トレセン内の診療所で手術を受ける予定。昨年4着で今秋の大目標だった仏GI凱旋門賞(10月5日、ロンシャン、芝2400メートル)は断念することになった。 「骨折です」。佐々木調教師は7日朝、栗東トレセンのスタンド前で、淡々とキズナの症状を説明した。診断は左第3手根骨骨折。5ミリ四方ほどの骨片がはがれた状態で、「症状としては重くもなく軽くもなく、通常の骨折と同じ程度」と語った。全治は6カ月の見込み。 天皇賞・春で4着に敗れたレースぶりに「伸びなかったから『変だな』と思った」と、違和感をおぼえていたという。月曜は何事もなかったが、火曜朝になって患部に腫れと熱感が出た。「ショックだけど仕方がない。復帰できるのは間違いないと思うし、それが不幸中の幸い」と、胸の内を明かした。 今秋、再挑戦予定の凱旋門賞は事実上、断念となったが、「来年もロンシャンでやるみたいだから。そのあたりはオーナーと相談して」と来年の挑戦に含みを持たせた。 今後は9日に栗東トレセンの診療所で骨片を除去する手術を行い、1週間ほど経過を見てから、鳥取県の大山ヒルズに放牧に出る。 「あくまでも馬の状態が優先だが、順調なら有馬記念(12月28日、中山、GI、芝2500メートル)に間に合うかな」と今後の見通しを語った。 ◆キズナとコンビを組む武豊騎手 「今は一日も早く治って、復帰してほしいという気持ちだけです。(凱旋門賞断念は)残念ですが、もっと大きなけがにならなくてよかった。また強いキズナが帰ってくるのを待っています」
2014年5月8日(木) 05:03

 460

キズナ骨折リタイアで様相ガラリ!どうなる宝塚
 先週の天皇賞・春を終えて、上半期の古馬中長距離GIは宝塚記念(6月29日、阪神、芝2200メートル)を残すのみとなったが、キズナの骨折リタイアも加わり、様相が天皇賞前とガラリと変わった。 天皇賞を連覇したフェノーメノは戸田調教師が「昨年悔しい思いをした秋競馬に向けてローテーションを組みたい」と話しており、宝塚は自重する可能性が高い。7着と大敗したゴールドシップは出走意思があるが、筋肉痛を発症しただけに、状態が整えばという条件がつく。2着のウインバリアシオンも脚元に不安を抱えるだけに体調を見ながらになる。 現状では安田記念(6月8日)をステップに挑むドバイデューティフリー馬ジャスタウェイと、ドバイシーマクラシックを制したジェンティルドンナが中心。天皇賞前は帰国組と、キズナを筆頭とする国内組の豪華激突が予想された宝塚は、状況が大きく変わってしまった。★キズナ骨折 佐々木師「ショック」 4日に行われた天皇賞・春で4着に敗れた昨年のダービー馬キズナ(牡4歳、栗東・佐々木晶厩舎)が、左前脚を骨折していることが7日、分かった。同日朝、佐々木晶三調教師(58)が栗東トレーニングセンター(滋賀県)で明らかにした。このあとに予定していた宝塚記念(6月29日)はもちろん、今年の大目標としていた仏GI凱旋門賞(10月5日)も断念を余儀なくされた。年内全休の可能性も含め、長期休養に入る。 ダービー馬に再び衝撃が走った。春の天皇賞で圧倒的な1番人気に応えられず4着に敗れたキズナが、左前脚のヒザの部分(左第3手根骨)を骨折していることが判明。レース中に発症したものと見られ、回復までには半年以上を要する見込みだ。次走に予定していた宝塚記念、大目標の凱旋門賞を含め、今年の予定はすべて白紙となった。 7日午前9時すぎから会見を行なった佐々木晶調教師は「ファンの期待が大きい馬なのでショックだね」と肩を落とし、「骨折した箇所は左前脚のヒザの部分。5ミリ四方の骨片が剥がれたようだ。天皇賞はこれ以上ない状態でレースも理想的だったのに、伸びなかったのはどうしてなんだろうと思っていた。レース翌日の月曜日はまったくどうもなかったが、火曜の朝4時半くらいにチェックしたら、患部が腫れていて熱もあった」と、状況を説明した。 今後については9日に骨片の除去手術を行い、1週間~10日後に、鳥取県の大山ヒルズへ放牧に出される見込み。 「金曜の手術は午後1時から5時くらいまでかかるんじゃないかな。骨折の程度としては重くもなく軽くもない、というもの。順調に治れば有馬記念には間に合うかなと思っているが、これも馬優先なので、来年以降の復帰になることも考えられる」。間に合えば有馬記念(12月28日、中山、GI、芝2500メートル)の可能性は残すものの、厳寒期であることを思えば年内は無理をさせないかもしれない。 キズナは昨年のダービーを1番人気で快勝したあと、渡仏初戦のニエル賞も完勝。凱旋門賞は1着トレヴ、2着オルフェーヴルに屈したものの見せ場たっぷりの4着に食い込み、トレーナー、武豊騎手ともに今年の大目標として凱旋門賞を掲げて、「そこまでは勝ち続けていきたい」と公言していた。 思わぬアクシデントにより夢は断念することになってしまったが、「凱旋門賞でチャンスがあると思っていただけに残念ですが、来年に向けて、また頑張っていきたい」と、佐々木晶調教師は語った。ファンとしては、できる限り早くターフへ復帰してくれることを願うしかない。■キズナ 父ディープインパクト、母キャットクイル、母の父ストームキャット。青鹿毛の牡4歳。栗東・佐々木晶三厩舎所属。北海道新冠町・(株)ノースヒルズの生産馬。馬主は前田晋二氏。戦績11戦7勝(うち海外2戦1勝)。重賞は2013年GIII毎日杯、GII京都新聞杯、GI日本ダービー、仏GIIニエル賞、2014年GII産経大阪杯の5勝。
2014年5月7日(水) 13:42

 953

フェノーメノ、天皇賞・春連覇から一夜明け美浦でリラックス
 天皇賞・春連覇を果たしたフェノーメノ(美・戸田、牡5)は一夜明けた5日朝、全休日だった茨城県美浦トレセンの自厩舎で静養した。京都競馬場から戻ったのが5日午前3時半。「行きが8時間、帰りが9時間。ストレスがなかった」とゴールデンウイークながら、往復ともにスムーズだった輸送に、箕輪厩務員の表情もほころんだ。 レース後の戸田調教師の説明によると、今後は宝塚記念(6月29日、阪神、GI、芝2200メートル)は自重し、秋に備える公算が大きい。「府中で育ったので、東京でGIを勝ちたい」と箕輪厩務員は意欲を見せていた。
2014年5月6日(火) 05:00

 430

【天皇賞・春】フェノーメノ、史上3頭目の連覇!
 第149回天皇賞・春(4日、京都11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、芝・外3200メートル、1着本賞金1億3200万円 出走18頭)蛯名正義騎乗の4番人気フェノーメノが、ゴール前の激しい攻防を制してメジロマックイーン(1991年、92年)、テイエムオペラオー(2000年、01年)に次ぐ史上3頭目の春の天皇賞連覇を成し遂げた。タイム3分15秒1(良)。このあとは宝塚記念には向かわず、秋のGI戦線に備える可能性が高い。1番人気に推されたキズナは直線で伸びたものの4着に敗れた。 思い出の淀で天皇賞馬が復活した。フェノーメノがレース巧者ぶりと勝負強さを発揮。史上3頭目となる春の天皇賞連覇を決めた。 「去年の秋は1走もできず悔しい思いをしたので何としても結果を出したかった。十分な手応えがあったし、最後はしのいでくれと思ったよ」 イスラボニータで制した皐月賞に続く“GI連勝”を飾った蛯名騎手が、誇らしげに振り返る。 ベテランの手綱さばきが光った。好スタートを切り、中団の内にパートナーを導く。「坂の下りで力んだが、1周目の正面で息が入った。スムーズにリズムよくを心がけ、後ろを気にせず感じるままにいった」と蛯名騎手。道中はインぴったりを回り、2周目4コーナーで外に出す。さらに外を伸びてきたウインバリアシオンと馬体を併せるように末脚を伸ばす。激しい叩き合いの末にウインをクビ差退けた。 「早めに抜け出すこの馬本来の競馬ができました。人気とは裏腹にボクの中で自信がありましたよ」と戸田調教師は復活の手応えを感じていた。 昨年の宝塚記念4着後に左前脚の繋靱帯炎を発症。肉体的な疲労も抜けず秋を全休した。症状によっては引退に追い込まれる脚部不安を克服。約9カ月ぶりに出走した日経賞は気持ちが乗り過ぎ、馬体減もあって5着に敗れた。
2014年5月5日(月) 05:07

 1,358

天皇賞(春)のニュースをもっと見る >

【天皇賞・春】超抜!ゴールド2馬身半先着!!
 春の長距離チャンピオン決定戦、天皇賞・春(4日、京都、GI、芝3200メートル)に出走するGI4勝馬、ゴールドシップ(栗東・須貝尚介厩舎、牡5歳)の追い切りが30日、滋賀県栗東トレセンで行われた。坂路を力強い脚取りで駆け上がり、併せ馬で2馬身半先着。初めて騎乗した豪州のクレイグ・ウィリアムズ騎手(36)は好感触を得ていた。枠順は1日に確定、馬券は2日に一部ウインズで金曜発売が実施される。 芦毛の馬体をぬらす雨粒を力強く切り裂いた。昨年5着のリベンジに燃えるゴールドシップが、活気ある動きを披露。初めてコンビを組むウィリアムズ騎手は、手綱から伝わる感触に満面の笑みで切り出した。 「馬がすごく落ち着いていて、追ってからの反応もすごくよかった。ゴールドシップがどれだけ力があるかを確認できた。大満足だよ」 朝一番の坂路に登場し、ショウナンマオ(1000万下)を追ってスタート。雨を含んで重くなった馬場を苦にすることなく、徐々にスピードに乗っていく。残り1ハロンで気合をつけられると、鋭く反応して一気にスパート。4ハロン53秒3-12秒8で2馬身半先着してフィニッシュした。 動きを見届けた須貝調教師は「馬場状態を考えれば、この時計は優秀。走りたい気持ちが出ているけど、イレ込んでいるわけじゃない。リラックスできていて雰囲気はいい」と満足げにうなずいた。 昨年の天皇賞・春は単勝1・3倍の圧倒的人気を裏切った。その後、宝塚記念は勝ったものの、スタート後や勝負どころでもたつくことが増え、ジャパンCでは15着に大敗した。対策として陣営は有馬記念からブリンカーを装着。闘争心をかき立てるため併せ馬も多用した。 前走の阪神大賞典は、引っ掛かるくらいの行きっぷりで2番手につけ、メンバー最速の末脚で抜け出して突き放す完勝。気合をつけても行き脚がつかず後方を追走していた、かつての姿とは一変した“ニュー・ゴールドシップ”を披露した。
2014年5月1日(木) 05:12

 1,956

【東西若手記者走る】自信満々のゴールド陣営
 川端亮平記者(31)が、天皇賞・春の勝ち馬を探る『東西若手記者走る』。追い切り日の30日は、滋賀県栗東トレセンで昨年5着のリベンジを期すゴールドシップに密着。前走でイメージを一変させる先行策を見せ、陣営はかなりの手応えをつかんでいる。 2日連続の雨…。坂路モニターの映像はクリアじゃなかったが、目当ての芦毛馬ゴールドシップはすぐに見つかった。 活気ある動きを確認し、初騎乗のウィリアムズ騎手を直撃するため、須貝厩舎に走った。引きあげてきた鞍上の笑顔から好感触が分かるほどで、景気のいい言葉がポンポン飛び出した。 「落ち着いているし、追い出してからの反応がよかった。どれだけ力があるかを確認できて大満足だよ。日本で1、2を争うトップクラスの馬で、このコースはGIを勝つには最適の舞台だね。自信を持って乗るよ」 2010年の天皇賞・春をジャガーメイルで勝った仕事人は、「スタミナ豊富でいい脚を長く使える強みを生かしたい」とVをイメージする。 デキのよさは疑う余地がなく、今回は高速馬場への対応が鍵。須貝調教師は「去年は前に行けなかったけど、今は自分から行く気になって気分よく走れている。まったく問題ないよ」と言い切る。一昨年の菊花賞の勝ち時計は近10年で3番目に速く、高速決着にも対応できるはずだ。 不安材料はあるが、行きっぷりが一変した今なら…。ウィリアムズ騎手と須貝調教師の自信に満ちた表情が、GI5勝目の予感を強めた。★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年5月1日(木) 05:12

 1,257

【天皇賞・春】キズナ11秒8!盾男背に矢の如し!
 伝統の長距離GI、天皇賞・春の追い切りが30日、東西トレセンで行われた。昨年のダービー馬で始動戦の産経大阪杯を快勝したキズナは栗東CWコースで躍動し、サンケイスポーツ調教評価「S」を獲得。ウインバリアシオンは栗東CWの3頭併せで最先着した。栗東ではサトノノブレス、美浦ではフェノーメノも好仕上がりだ。枠順は1日に確定、馬券は2日に一部ウインズで金曜発売が実施される。 日本のエースを待っていたかのように降り続いていた雨がやんだ。産経大阪杯を完勝した昨年のダービー馬キズナが、雨上がりのCWコースで抜群の反応を見せつけた。 「素晴らしい動きでしたね。馬場が少し重いので前半をセーブ気味に入ってラストはしっかり伸びてきました。春の大目標へ万全で来ましたよ」 武豊騎手がさわやかな笑顔で好感触を伝える。 人馬一体の走りはタフな馬場でもブレるところがない。軽快にラップを刻み、直線へ。残り200メートル手前で鞍上が手綱をしごくと、放たれた矢のように伸びてラスト1ハロン11秒8のフィニッシュ。不良馬場での6ハロン82秒0も優秀だ。 「うん、いいですね。(始動戦の)産経大阪杯も自信ありましたが、いい状態が続いています」と佐々木調教師も仕上がりに太鼓判を押し、「一戦一戦がGIと思ってやっています」と今年は出走する全レースを勝つ構えだ。 キズナは2400メートルまでしか出走経験がない。さらにディープインパクト産駒は芝3000メートル以上で未勝利だが、「心配ないでしょう」とトレーナーは一笑に付し、「ロンシャンのタフな馬場の2400メートルで2回走って1着、4着ですからね。大丈夫です」と続けた。 ワールドクラスの逸材が4歳になって心身ともにパワーアップ。歴代最多の天皇賞・春6勝を挙げるユタカは「充実期に入りましたね。昨年は乗るたびに成長を感じましたが、いよいよ本格化したかな。父に似て脚が速くて強いし、しっかり乗れば結果がついてくる」と7勝目へ力を込める。 初対決となるGI4勝馬ゴールドシップ以下の強豪を撃破して春の盾をつかみ、2014年の無敗街道を突っ走る。 (森田実)★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年5月1日(木) 05:11

 1,462

【天皇賞・春】ウインバリアシオン豪快最先着!
 無冠の帝王のままで終わるわけにはいかない。引退した最強馬オルフェーヴルと同じ6歳世代のウインバリアシオンが、悲願のGI初Vへ向けて最高潮の態勢を整えてきた。 「オルフェが去った後も、また強い相手が出てきたが、屈腱炎で長期休養を挟んでも、今は体の内面がしっかりして状態は言うことない。チャンスなのは間違いない」 前走の日経賞で完全復調した愛馬に、松永昌調教師は信頼を寄せる。 CWコースで3頭併せ。コンビを組むシュタルケ騎手(バンデが出走の場合は武幸騎手)を背に、6ハロン地点で10馬身以上先行するエンプレスペスカ(3歳未勝利)とオートロンシャン(3歳OP)を追いかけてスタートした。バネの利いたフットワークで徐々に接近するも、残り3ハロンでも前とは5馬身差ほど。それでも直線で外に持ち出すと瞬く間に並びかけ、ゴールでは余力を残して1/2、1馬身と各先着。時計も6ハロン81秒9-12秒1なら上々の部類だ。 「世界中のGIを見てきたが、これほど乗りやすい馬は珍しいだろう。手前の替え方など、すべてにおいて完璧。それにゴールを過ぎても、もう1回行こうとするそぶり。これなら距離が延びても何ら問題はない」 2011年凱旋門賞(デインドリーム)をはじめ、欧州のGIで数々の勝利を収めてきたドイツの名手が絶賛した。先週のマイラーズCではワールドエースを駆って、JRA重賞初制覇と勢いにも乗っている。 「調教から戻ってくるとき、今週はこの馬に乗れるように…と思って地下道で“興奮の汗”(日本でいうところの武者震いの意味)が出たよ」とニッコリ。ウインバリアシオン&シュタルケの春の盾が見たくなってきた。 (正木茂)★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年5月1日(木) 05:10

 1,477

天皇賞(春)の直前追い切り情報をもっと見る >

天皇賞(春)過去10年の結果

2013年4月28日() 京都競馬場/芝3200m 天候: 馬場:
1着 フェノーメノ 蛯名正義 3:14.2 6.2倍 106.8
2着 トーセンラー 武豊 1 1/4 13.6倍 106.1
3着 レッドカドー G.モッセ 29.4倍 105.0
2012年4月29日() 京都競馬場/芝3200m 天候: 馬場:
2011年5月1日() 京都競馬場/芝3200m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

天皇賞(春)ステップレース

2014年4月6日() 阪神競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 7 キズナ 武豊 2:00.3 2.4倍 101.3
2着 3 トウカイパラダイス 柴山雄一 1 1/2 76.3倍 100.1
3着 4 エピファネイア 福永祐一 クビ 1.9倍 99.5
4着 8 カレンミロティック 池添謙一 1 1/4 32.1倍 98.4
5着 2 ショウナンマイティ 浜中俊 1 1/2 13.2倍 97.2
日経賞   G2 
2014年3月29日() 中山競馬場/芝2500m
天候: 馬場:
1着 10 ウインバリアシオン 岩田康誠 2:34.4 2.0倍 101.3
2着 11 ホッコーブレーヴ 田辺裕信 1 3/4 85.0倍 99.9
3着 2 ラストインパクト 川田将雅 1 1/4 7.0倍 99.0
4着 5 サトノアポロ 三浦皇成 ハナ 151.9倍⑬ 99.0
5着 8 フェノーメノ 蛯名正義 アタマ 3.7倍 99.0
2014年3月23日() 阪神競馬場/芝3000m
天候: 馬場:
1着 1 ゴールドシップ 岩田康誠 3:06.6 1.7倍 106.9
2着 8 アドマイヤラクティ 四位洋文 3 1/2 15.6倍 104.6
3着 2 バンデ 松田大作 クビ 4.5倍 104.6
4着 6 サトノノブレス 浜中俊 4.3倍 100.9
5着 9 ヒットザターゲット 武豊 クビ 15.2倍 100.5

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

天皇賞(春)の歴史と概要


2016、17年の優勝馬キタサンブラック

日本の競馬史のなかでも屈指の長い歴史と伝統を誇る、権威ある一戦。年に春と秋の2回開催され、2000mで行われる中距離王決定戦の秋に対し、3200mを舞台に争われる春は最強ステイヤー決定戦として認知されている。歴代優勝馬はいずれ劣らぬ名馬ばかりで、このレースを勝ってその年の年度代表馬に輝いた馬は数知れない。グレード制導入後だけを見ても、3冠馬として臨んで鮮やかに勝利を収めた第91回(1985年)のシンボリルドルフ、第133回(2006年)のディープインパクト、このレースの連覇を含め7つのG1タイトルを獲得した第121・123回(2000~2001年)のテイエムオペラオー、第153・155回(2016~2017年)のキタサンブラックをはじめ、メジロマックイーンビワハヤヒデマヤノトップガンメイショウサムソンゴールドシップなど、G1を複数回制した実績を持つ強豪の名前がズラリと並ぶ。ただし、かつては人気の実力馬が勝つ堅いレースとして有名だったものの、長距離レースを敬遠する世界的な風潮によってもたらされた近年のレベル低下は否めず、第129回(2004年)のイングランディーレ(10番人気)、第131回(2005年)のスズカマンボ(10番人気)、第139回(2009年)のマイネルキッツ(12番人気)、第145回(2012年)のビートブラック(14番人気)など、2桁人気の伏兵が番狂わせを演じ、大荒れになる年も増えつつある。

▼2015年のゴールドシップは3度目の挑戦でついに天皇賞の盾を獲得した。

歴史と概要をもっと見る >

天皇賞(春)の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る