会員登録はこちら
阪神ジュベナイルF G1   2014年12月14日() 15:40 阪神/芝1600m

阪神ジュベナイルFのニュース&コラム

【芳賀英敏 当たり屋の激押し】馬場不問!切れ者ブライト
 先週の阪神ジュベナイルフィリーズは◎◯△で的中。秋のGIでは苦戦してきたが、これで風向きが変わったと感じた。 ◎は(16)ブライトエンブレム。阪神JFを制したショウナンアデラ、17日の交流GI全日本2歳優駿を快勝したディアドムスと同じ関東馬だ。流れは関東にある。 レース1カ月前の11月21日に、早々と美浦から栗東に入厩。小島茂調教師は「(阪神競馬場まで)輸送距離の短い栗東で調整していれば、最後のさじ加減ができます。GIなので、追い足りなかったと悔いを残したくないですから」と理由を説明してくれた。 「2歳馬ですが、しっかりしているので、一歩踏み込んで攻める(強い調教を課す)ことができます。一緒に連れて行った古馬よりも体がしっかりしているほどです」。同世代のライバルに比べ、体力的なアドバンテージがウリ。さらに、馬場状態を問わず鋭い末脚を繰り出すことができる適応力の高さも強みだ。 初夏の東京は悪天候続きで、デビュー戦は稍重の発表以上に馬場状態は悪かった。田辺騎手によれば「まれにみる不良馬場」だったが、馬群の外に持ち出されてから一気に伸びて快勝。 続く札幌2歳Sは、初の右回りで直線の短いコース。メンバーも大幅に強化されたが、3コーナーから息の長い末脚を繰り出してひとまくりという圧勝劇を演じた。 戦ってきたメンバーの質や、母ブラックエンブレムがGI秋華賞馬という血統背景、そして調整内容の濃さ。勝利の条件を満たしている。まずは、阪神JFと同じ単勝(16)。相手も追い風に乗る関東馬が主力で、◯は(2)ダノンプラチナ、▲は(3)コスモナインボールだ。馬単(16)⇔(2)(3)(1)、(16)→(8)(9)(14)。★朝日杯FSの枠順はこちら
2014年12月20日() 05:02

 491

【朝日杯FS】ダノンプラチナ、抽選突破!
 今年から阪神で行われるGI朝日杯フューチュリティステークスの出走メンバーが18日、決まった。注目は、5分の4の抽選をクリアしたダノンプラチナだ。ディープインパクト産駒&蛯名騎手&関東馬の組み合わせは、先週のGI阪神ジュベナイルフィリーズを制したショウナンアデラと同じ。父譲りの瞬発力を発揮して2連勝中の上昇株が、2歳王者を目指す。 抽選が行われた午後2時。ダノンプラチナを管理する国枝調教師は、美浦トレセンの投票所で歓喜の声を上げた。 「(出走メンバーの中に)入ったぞ!!」 先週の阪神JFでは、ショウナンアデラが豪脚を繰り出して2歳女王に輝いた。メンバーで唯一のディープインパクト産駒、蛯名騎手、関東馬の“3点セット”は、抽選を突破したダノンプラチナも同じ。新馬戦2着から未勝利戦→500万下特別を連勝して臨む過程も、全く同じだ。「そうか、(勝利は)決まったようなもんだな」。トレーナーはにんまりした。 前日17日には、愛馬が滞在している栗東トレセンで最終追い切りをチェック。サンケイスポーツ調教評価で『A』をゲットした内容に「状態は良さそう。バネがあって、センスのいい馬。流れに乗って競馬ができるのがいいところ」と頬を緩めた。 ダノンプラチナはこの日、雪が舞い散る栗東で厩舎周りの運動を行った。「11日にこっちに来てからもカイバ食いが減ることはないし、むしろ増えています」と担当の藤井助手。2007年の有馬記念覇者マツリダゴッホを担当していた腕利きが、状態の良さを強調する。 好位から突き抜けた2戦の着差は4馬身&3馬身。阪神(外回り)で初めて開催される朝日杯FSで、ダノンプラチナが父ディープ譲りの瞬発力を存分に発揮する。抽選 朝日杯FSは4頭の出走枠を賞金900万円の5頭で抽選。ダノンプラチナをはじめタガノアザガル、ペプチドウォヘッド、メイショウマサカゼの4頭がパスし、レンイングランドは除外となった。★朝日杯FSの枠順はこちら
2014年12月19日(金) 05:07

 589

【朝日杯FS】血統診断
 今年から舞台が広くて直線が長い阪神芝外回りに替わった。同舞台で行われている阪神JFと同様に、クラシックに直結するレースとなりそうで、底力や決め手が重要になりそうだ。 アッシュゴールドを最上位にみる。全兄ドリームジャーニーは2006年の覇者でGIを3勝し、同じくオルフェーヴルはクラシック3冠などGI6勝を挙げた。父は大レースに強いステイゴールドで、直線に急坂のある阪神に替わるのは歓迎。底力や適性は申し分なく、上がり目も見込める。 ブライトエンブレムは父が皐月賞、ダービーの2冠を制したネオユニヴァースで、産駒にもクラシックウイナーが3頭いる。母ブラックエンブレムは牝馬3冠戦すべてに出走し、秋華賞を制覇。大舞台向きの底力があり、タフな消耗戦で持ち味を発揮する。 同じネオユニヴァース産駒のネオルミエールは母がオークス馬シルクプリマドンナで、スタミナと底力は十分。半兄フラムドグロワール(父ダイワメジャー)がNHKマイルCで3着に好走しているように、広いコースに向き、2、3歳重賞に強い。 クラリティスカイは父がマイルGI馬のクロフネで、05年の2歳王者フサイチリシャールを出すなど、産駒はスピードとパワーに優れる。近親にはNHKマイルCの勝ち馬タイキフォーチュンがおり、マイルはベストの距離といえる。 アルマワイオリは祖母が2歳女王のスエヒロジョウオーで、その孫に11年のこのレースで2着に入ったマイネルロブストがいる。父マツリダゴッホの産駒は2、3歳戦での活躍が目立つだけに、見逃せない。 5分の4の抽選対象ながらダノンプラチナは大きな期待が持てる。父ディープインパクトの産駒は前週の阪神JFをショウナンアデラが勝ち、桜花賞を4年連続で制覇するなど、舞台適性は抜群。祖母は米GI馬で、近親に有馬記念を勝ったマツリダゴッホや菊花賞馬ナリタトップロードがおり、母系の質も高い。 (血統取材班)
2014年12月17日(水) 05:05

 1,223

【めざせクラシック】2頭で桜へ!目を輝かせる尾関師
 デスク 阪神JFは勝ち馬ショウナンアデラの末脚が目立った。負けた組は桜花賞、オークスに向けて仕切り直しだな。 宇恵 2着レッツゴードンキの梅田智調教師は「阪神JFを狙った馬の仕上げではなかった。来春が目標だから、あそこで目いっぱいに馬を作るわけにはいかないからね。よく頑張ってくれたと思うよ」と、健闘をねぎらっていました。 デスク 休養に入るのか。 宇恵 今週、厩舎で馬の様子を見てから短期放牧に出します。始動戦はチューリップ賞(3月7日、阪神、GIII、芝1600メートル)か、フィリーズレビュー(3月15日、阪神、GII、芝1400メートル)の予定。 デスク 年明けに使う馬は。 宇恵 9着オーミアリスはフェアリーS(1月12日、中山、GIII、芝1600メートル)へ向かいます。藤沢則調教師は「落鉄していたのが痛かった。スムーズな競馬で見直したい」と気合が入っていました。九州産馬で16着エフェクトは紅梅S(1月18日、京都、OP、芝1400メートル)に駒を進めます。 デスク 美浦の情報は。 芳賀 ココロノアイは収穫のある3着だったでしょう。尾関調教師は来年、放牧中の1勝馬ブルックデイルとの2頭で大舞台に挑みたいようです。「2頭がレースでかぶらないように使っていきたい。本番(桜花賞)に2頭で行ければ」と目を輝かせていました。
2014年12月17日(水) 05:01

 418

阪神ジュベナイルFのニュースをもっと見る >

【阪神JF】豪快!シャルマン4馬身半ちぎった!!
 2歳牝馬NO.1を決める阪神ジュベナイルフィリーズの追い切りが10日、東西のトレセンで行われた。栗東ではデビュー2連勝のコートシャルマンが、力強い動きで絶好の気配を漂わせた。サンケイスポーツ調教評価もただ1頭の「S」評価。史上10頭目の無敗の2歳女王なるか。ショウナンアデラ、ココロノアイも順調な仕上がりをアピールした。 古馬の牡馬も顔負けのハードな仕上げに、戴冠への熱意がほとばしる。コートシャルマンが好時計を叩き出し、楽々と先着。松永幹調教師も2歳牝馬離れした豪快な走りに、舌を巻いた。 「(馬場の悪い現在の坂路で)なかなかあの時計では走れない。全体の時計が速くても、最後まで伸びていたからね。順調にきましたよ」 寒さが少し和らいだ坂路で、3歳牡馬のヤマニンボワラクテ(1000万下)を追走してスタート。スピードに乗って並びかけると、競り合う間も与えず一気にパス。最後は4馬身半突き放し、4ハロン52秒3−12秒6を計時した。 繊細で、心身ともに成長途上の2歳牝馬は1週前に速い時計を出し、当週は微調整に終始するのが一般的なパターン。だが、担当の田中助手が「攻めてきました」と語るように、まるで完成した牡馬のようなハードな調教を積んできた。 半兄に安田記念勝ち馬ストロングリターン(父シンボリクリスエス)、半姉に桜花賞2着馬レッドオーヴァル(父ディープインパクト)がいる良血馬。周囲の期待に応えて新馬戦→りんどう賞といずれも鋭い末脚を繰り出して連勝した。「2戦ともしっかりと走ってくれた。瞬発力はいいものを持っている」と指揮官が目を細める。 今回は初の1600メートルになるが、「引っかからないので大丈夫」と師の見通しは明るい。「1週前追い切りに騎乗した川田騎手には『すごくいい馬ですね』といってもらった。相手は強くなるけど、今後のためにも頑張ってほしい」と期待の言葉が続く。勝てば史上10頭目の無敗女王の誕生。クイーンとなる資質は、十分に備えている。 (宇恵英志)★阪神ジュベナイルFの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年12月11日(木) 05:11

 1,210

【東西現場記者走る】大変身!ドンキは放っておけぬ
 密着取材で勝ち馬を探り出すGI連載企画。阪神JFは大阪サンスポの川端亮平記者(31)が担当する。追い切り日は、アルテミスS2着のレッツゴードンキに注目。1週前追い切りでは制御がきかなかったが、今週はハミを替えた効果もあって、しっかり折り合えた。これなら実戦で、より切れる脚を繰り出せそうだ。 今週の密着は水曜日から4日間の短期集中。あれもこれもと取材せず、狙いを絞っていきたい。追い切り日のターゲットは決まっている。1週前追い切りで折り合い面の課題を露呈したレッツゴードンキだ。 先週4日はCWコースで先行する2頭を壁にして抜け出す予定だったものの、引っ掛かって3コーナー過ぎから早々と前に出てしまい、実質単走追いに。馬なりで6ハロン80秒2−13秒1の好時計を出したが、評価できない内容だった。 浜中騎手の希望で“追試”となった10日は、朝一番の坂路に登場し、単走でスタート。前方に僚馬2頭の併せ馬を置く形は先週と同じながら、力むことなくスムーズに駆け上がっていく。道中で後方からきた馬に抜かれても、自分のペースを乱さない。馬なりのままでしまいを伸ばし、4ハロン56秒8−12秒8でフィニッシュ。時計は地味だがきちんと折り合った内容に、陣営の表情は一様に晴れやかだった。 浜中騎手が「先週はコントロールがきかなかったけど、今週はスムーズだった。そこを重視してうまくいったので、競馬への不安は減りますね」と手応えを語れば、梅田智調教師は「もう体はできているから、時計ではなく人馬の呼吸がどうかを見た。内容的には合格点。折り合えれば、どこからでも伸びてくるからね」とうなずいた。 変わり身の裏には秘密兵器があった。今週からハミを普通のものからトライアビットに変更。今秋、アドマイヤラクティの豪州遠征中に現地で仕入れたもので、通常のものより馬への当たりが柔らかくなる。鞍上も「きょうの方が(先週より)ハミ受けがよかった」と好感触を口にした。 近2走は重賞で(3)(2)着と差し届かなかったが、人馬がかみ合いそうな今回は、突き抜けるシーンがありそうだ。★阪神ジュベナイルFの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年12月11日(木) 05:10

 920

【阪神JF】ココロノアイ、ラスト伸びた!
 アルテミスSを勝ったココロノアイは、Wコースで単走。前半は行きたがるのを抑え込んでペースが遅くなったが、直線ではためこんだ力を解放されてしっかりと伸びた。馬なりで5ハロン71秒9、3ハロン39秒8−12秒8をマーク。セーブした追い切りに尾関調教師は「攻め馬ではなく守り馬ですね。ラストは気持ちよく走っていたし、力を出せる状態」と笑顔を見せた。前走はスタートで出遅れ、そこから一気に前へ。直線は息切れどころか、後続の追撃を振り切った。「能力と課題を感じさせる結果。クラシックに乗せるためにも、今回も結果は欲しいが長い目で見たい」と、気性が能力を阻害しないよう、細心の注意を払っていた。
2014年12月11日(木) 05:08

 405

【阪神JF】追って一言
 ◆アカリアイドル・村山師 「距離延長にも対応できる。初芝が鍵」 ◆アルマオンディーナ・西浦師 「上がりもしっかり動けて、上積みはある」 ◆アローシルバー・高橋康師 「力強さが出てこの前より良くなっています」 ◆アンブリカル・清水英師 「追い切りは予定通り。長距離輸送がポイント」 ◆エフェクト・服部師 「動きはあんなもの。前走後も順調で変わりない」 ◆カボスチャン・嘉藤騎手 「うまく折り合って反応していた」 ◆コルボノワール・四位騎手 「テンションが上がらず、状態はいいよ」 ◆スマートプラネット・和田雄師 「今週はサラッと。走るごとに力をつけている。輸送も経験済み。どれだけ落ち着いて走れるか」 ◆ダイワプロパー・松田国師 「ラップは遅いが動けていた。能力はある」 ◆ムーンエクスプレス・松山騎手 「時計は優秀で、しっかりしたフォームで走れていた。状態は落ちていない」 ◆レオパルディナ・武豊騎手 「感触をつかむ程度だったが、動きはいい。夏より馬自体がよくなって、落ち着いている」 ◆ロッカフラベイビー・鹿戸師 「しまい重点だったが、いいけいこができた。落ち着きもあり、いい状態です」★阪神ジュベナイルFの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年12月11日(木) 05:08

 578

阪神ジュベナイルFの直前追い切り情報をもっと見る >

阪神ジュベナイルF過去10年の結果

2013年12月8日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 レッドリヴェール 戸崎圭太 1:33.9 14.6倍 94.1
2着 ハープスター 川田将雅 ハナ 1.7倍 94.1
3着 フォーエバーモア 蛯名正義 クビ 31.3倍 94.1
2012年12月9日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2011年12月11日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

阪神ジュベナイルFステップレース

2014年11月8日() 京都競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 6 クールホタルビ 小牧太 1:21.7 92.3倍 89.4
2着 1 ダノングラシアス 岩田康誠 1/2 2.7倍 88.6
3着 9 ウインソワレ C.ルメール クビ 6.9倍 88.6
4着 4 エフェクト 国分優作 1/2 33.2倍 87.7
5着 5 ムーンエクスプレス 松山弘平 クビ 41.9倍 87.7
2014年11月8日() 東京競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 3 セカンドテーブル 戸崎圭太 1:21.5 34.4倍 95.1
2着 1 サフィロス 三浦皇成 1 1/2 6.4倍 93.3
3着 9 ニシノラッシュ 田辺裕信 1/2 2.7倍 92.4
4着 6 オープンザウェイ 勝浦正樹 1/2 11.9倍 91.6
5着 12 アポロノシンザン 柴田善臣 クビ 22.4倍 91.6
2014年11月1日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:稍重
1着 16 ココロノアイ 横山典弘 1:34.4 15.8倍 90.7
2着 3 レッツゴードンキ 岩田康誠 ハナ 4.3倍 90.7
3着 9 トーセンラーク 吉田隼人 1 1/4 26.4倍 89.2
4着 1 フローレスダンサー C.ルメール クビ 8.8倍 89.2
5着 17 スマートプラネット 田辺裕信 クビ 14.4倍 88.4

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

阪神ジュベナイルFの歴史と概要


2016年の優勝馬ソウルスターリング

2歳女王を決める一戦。牝馬として64年ぶりのダービー馬となった第58回(2006年)のウオッカをはじめ、スプリンターズステークスで古馬をなで斬りにした第43回(1991年)のニシノフラワー、牡馬を従えて天皇賞(秋)ジャパンカップに勝利した第60回(2008年)のブエナビスタ、のちに三冠牝馬となった第61回(2009年)のアパパネなど、一時代を築いた名牝たちが勝ち馬としてズラリと並ぶ。第63回(2011年)を鮮やかな末脚で制したのは、デビュー2戦目のジョワドヴィーヴル。第47回(1995年)の勝ち馬である母ビワハイジとの母仔制覇ならびに、姉ブエナビスタとの姉妹制覇を同時に決め、自身の血統に秘められた潜在能力の高さを証明してみせた。

▼2011年はジョワドヴィーヴルが母仔ならびに姉ブエナビスタとの姉妹制覇を同時に決めた。

歴史と概要をもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年12月16日(
ターコイズステークス G3
2017年12月17日(
朝日フューチュリティ G1

競馬番組表

2017年12月16日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2017年12月17日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る