会員登録はこちら
天皇賞(秋) G1   日程:2014年11月2日() 15:40 東京/芝2000m

レース結果

天皇賞(秋) G1

2014年11月2日() 東京/芝2000m/18頭

本賞金:13,200万 5,300万 3,300万 2,000万 1,320万


レコード:1分56秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 2 4

スピルバーグ

牡5 58.0 北村宏司  藤沢和雄 506(-2) 1.59.7 11.0 5
2 1 1

ジェンティルドンナ

牝5 56.0 戸崎圭太  石坂正 470(+2) 1.59.8 3/4 4.7 2
3 7 15

イスラボニータ

牡3 56.0 C.ルメー  栗田博憲 474(0) 1.59.8 アタマ 2.8 1
ラップタイム 12.9-11.7-11.8-12.2-12.1-12.1-12.3-11.4-11.3-11.9
前半 12.9-24.6-36.4-48.6-60.7
後半 59.0-46.9-34.6-23.2-11.9

■払戻金

単勝 4 1,100円 5番人気
複勝 4 260円 5番人気
1 180円 3番人気
15 130円 1番人気
枠連 1-2 1,340円 6番人気
馬連 1-4 3,140円 11番人気
ワイド 1-4 980円 11番人気
4-15 580円 5番人気
1-15 340円 2番人気
馬単 4-1 6,780円 26番人気
3連複 1-4-15 2,850円 5番人気
3連単 4-1-15 23,290円 61番人気

天皇賞(秋)のニュース&コラム

イスラに蛯名!JCで“巻き返し”へコンビ復活
 今年の皐月賞馬で、前走の天皇賞・秋で3着だったイスラボニータ(美・栗田博、牡3)が再び蛯名騎手とコンビを組んでジャパンC(30日、東京、GI、芝2400メートル)に向かうことが6日、決まった。 栗田博調教師は「(オーナーサイドから)『JCにマサヨシ(蛯名騎手)で』と正式に連絡がありました。やはり、この馬のことを知っているジョッキーが乗ってくれるのは一番いいこと。強いメンバーが多く集まるようですし、現段階でどれだけ走れるか楽しみですね」と主戦の腕に期待をかけた。 2日の天皇賞・秋では、デビューから8戦の手綱を取ってきた蛯名騎手がフェノーメノの騎乗が決まっていたため、ルメール騎手が騎乗していた。 なお、同14着のフェノーメノ(美・戸田、牡5)もジャパンCに参戦するが、現時点で鞍上は未定。
2014年11月7日(金) 05:03

 506

エピファはスミヨンとのコンビでジャパンCへ
 天皇賞・秋6着のエピファネイア(栗・角居、牡4)は、スミヨン騎手との新コンビでジャパンCに向かうことが5日、明らかになった。主戦の福永騎手が同レースでジャスタウェイに騎乗するため。 僚馬で天皇賞・秋7着のデニムアンドルビー(牝4)は、登録しているエリザベス女王杯を回避し、引き続き浜中騎手でジャパンCに向かう。
2014年11月6日(木) 05:01

 521

【古馬次走報】ラブイズブーシェ、有馬記念へ
 ★天皇賞・秋4着ラブイズブーシェ(栗・村山、牡5)は、有馬記念(12月28日、中山、GI、芝2500メートル)へ。 ★天皇賞・秋11着マイネルラクリマ(美・上原、牡6)は、香港カップ(12月14日、シャティン、GI、芝2000メートル)を予定しているが、選出されない場合は金鯱賞(12月6日、中京、GII、芝2000メートル)か、チャレンジC(同13日、阪神、GIII、芝1800メートル)。
2014年11月6日(木) 05:01

 608

スピルバーグ、天皇賞V一夜明けJCへ元気いっぱい
 重賞初制覇をGI天皇賞・秋で飾ったスピルバーグ(美・藤沢和、牡5)は激戦から一夜明けた3日、全休日だった茨城県の美浦トレセンの自厩舎で元気な姿を見せた。 関東馬の天皇賞・秋制覇は2006年ダイワメジャー以来、8年ぶり。天皇賞5勝目(いずれも秋)を挙げた藤沢和雄調教師は、11勝(秋7勝、春4勝)の故尾形藤吉調教師に次ぐ歴代単独2位となった。 「昨日(2日)は午後6時過ぎに東京競馬場を出て、9時過ぎには戻ってきた。レース後もケロッとしていたし、今朝も変わらず元気。大事に使ってきて、ようやく結果が出たのでよかった」と津曲助手は、厩舎の看板馬となったスピルバーグをねぎらった。 この後は美浦に在厩して、予定通りジャパンC(30日、東京、GI、芝2400メートル)を目指す。
2014年11月4日(火) 05:01

 809

天皇賞(秋)のニュースをもっと見る >

【天皇賞・秋】ディサイファで調教師として初Vへ
 記念すべき「第150回天皇賞・秋」(11月2日、東京、GI、芝2000メートル)で、小島太調教師(67)が史上5人目、距離が短縮されてからは初の騎手&調教師制覇を目指す。ディサイファは秋初戦の毎日王冠で0秒1差4着と好走。騎手時代2勝の“秋天マイスター”は、「前走とはすべてが違う」と、BIGタイトル奪取へ手応えを隠さない。 --良血ディサイファが天皇賞でGIに初挑戦する 小島太調教師「もともと、走る馬だってことはみんな分かっていたんだ。ただ、どうにも馬が緩くて、少し時間をかけさせてもらった。あとから知ったけど、この世代、ダーレー(ジャパン)さんでディープインパクトの子は1頭だけ。そういう馬をやらせてもらっているわけだから」 --その奥手タイプが5歳で本格化。6月のGIIIエプソムCで初重賞を飾った 「馬体に全体的に実が入って、気持ちの面でもやっと大人になった感じがしていた。レースでは四位騎手がとても上手に乗ってくれたし、2着のマイネルラクリマも秋になってGII(産経賞オールカマー)を勝ったんだから、弱いメンバーではなかった」 --夏場は休養に充てて毎日王冠で復帰 「夏に使う手もあったけど、エプソムCの結果を見て、秋に王道を使わせてほしいとオーナーサイドにお願いさせてもらった。どうにか、この馬で夢を見たかったからね。ただ、じっくり休ませたせいか、秋の初めはピリッとしなくて…」 --前回は直前の追い切りでも併せ馬で遅れていた 「正直、デキは7分程度の感じで見ていたから、あれだけやれた(0秒1差4着)のには驚いた。勝った馬(エアソミュール)は(武豊)ジョッキーに上手に乗られていた。ディサイファはレースの流れのなかで一番厳しい競馬をしていたと思うし、ひと叩きしていたらあるいは…という走りだった」 --天皇賞を前に、29日は坂路で4F56秒4。メイショウカノンに4馬身先着と気を吐いた 「前走を使った翌週くらいから、状態が急激にアップしてね。いい筋肉がついてきたし、目つき自体、前走前とガラッと違ってきた。追い切りも馬場の状態を考えたら、この馬としては動きすぎたくらいだし、それでいてまだ余裕があった。今回は万全。競走馬として最高の状態で送り出せる」
2014年10月30日(木) 11:50

 1,004

【天皇賞・秋】ダークシャドウ上がり重点12秒6
 毎日王冠12着から巻き返したいダークシャドウは、美浦Pコースで単走。かつては猛時計を叩き出すこともあったが、半マイルから上がり重点に4F54秒7、ラスト1F12秒6で引き上げた。 フットワーク自体は軽快で、「ひと叩きして硬さが取れたし、心肺機能も良くなるはず。前走は手前を替えずにモタれてしまったから、スムーズな競馬で力を出し切ってほしい」と渡辺助手。3年前、1分56秒2という猛タイムで半馬身差2着に食い込んだ舞台で、古豪が歴戦の強みを発揮するか。(夕刊フジ)★天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年10月30日(木) 11:48

 659

【天皇賞・秋】イスラボニータすごい“眼力”
 02年シンボリクリスエス以来の3歳Vを狙う皐月賞馬イスラボニータは、美浦のプールでじっくりと体をほぐした。調教翌日としては先週と同じパターンで、「このリズムに馬が慣れている。いい気分転換になったはず」と栗田博調教師。「今は目が違うから。ギンギンしているものね。勢いがある」と、ベテラントレーナーもイスラの“眼力”に驚きを隠せない様子だった。(夕刊フジ)★天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年10月30日(木) 11:48

 934

【天皇賞・秋】ジェンティル、GI7勝へ手応え!
 天皇賞・秋の追い切りが29日、東西のトレセンで行われた。GI6勝で年内限りで引退するジェンティルドンナは栗東坂路で気合十分の走りを披露。4カ月ぶりとなるが、好仕上がりをアピールした。今年の皐月賞馬イスラボニータは美浦Wコースで豪快な動きを見せ、サンケイスポーツ調教評価『S』を獲得。初めて騎乗したルメール騎手は好感触をつかんだ。 馬場開場直後の午前6時過ぎ、ジェンティルドンナが坂路に登場した。まだ薄暗いなか、流れるように駆け上がる。“静”の最終追い切りはいつも通り。宝塚記念9着以来でも、仕上がりは万全。石坂調教師が、力強く意気込みを口にした。 「なんとか天皇賞を勝ちたい。今年は、去年(2着)の悔しい思いを晴らしたいと思っています」 小気味よいフットワークで真っすぐに登坂。余力を残して4ハロン52秒9-12秒5をマークした。調整役の井上助手は「気合が乗って元気いっぱいです」と好気配を伝えた。 新コンビを組む戸崎騎手が16、22日と2週連続で騎乗。「すごく根性があるという印象。自信を持っていける。騎手が特別何かをやらなくても、ジェンティルが自然と走ってくれると思う。その邪魔をしないように乗りたい」とパートナーを絶賛する。
2014年10月30日(木) 05:12

 1,231

天皇賞(秋)の直前追い切り情報をもっと見る >

天皇賞(秋)過去10年の結果

2013年10月27日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2012年10月28日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2011年10月30日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

天皇賞(秋)ステップレース

2014年10月14日(火) 京都競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 7 ラストインパクト 川田将雅 2:24.2 5.2倍 101.8
2着 10 タマモベストプレイ 津村明秀 クビ 13.1倍 101.8
3着 2 トーセンラー 武豊 1 3/4 2.6倍 100.3
4着 12 ヒットザターゲット 岩田康誠 クビ 8.1倍 100.3
5着 11 トゥザグローリー 福永祐一 3/4 44.7倍 99.9
2014年10月12日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 2 エアソミュール 武豊 1:45.2 13.1倍 101.1
2着 6 サンレイレーザー 田辺裕信 クビ 44.3倍 101.1
3着 8 スピルバーグ 北村宏司 クビ 8.3倍 100.4
4着 1 ディサイファ 四位洋文 ハナ 11.5倍 100.4
5着 9 グランデッツァ 秋山真一郎 1 1/2 6.0倍 99.1
2014年9月28日() 新潟競馬場/芝2200m
天候: 馬場:
1着 11 マイネルラクリマ 戸崎圭太 2:12.2 7.2倍 100.7
2着 6 ラキシス 川田将雅 1/2 17.5倍 100.2
3着 5 クリールカイザー 吉田豊 アタマ 44.2倍 100.2
4着 13 フラガラッハ 高倉稜 アタマ 52.7倍 100.2
5着 17 アロマティコ 三浦皇成 ハナ 15.1倍 100.2
2014年8月24日() 札幌競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 8 ハープスター 川田将雅 1:59.1 3.7倍 108.4
2着 5 ゴールドシップ 横山典弘 3/4 1.8倍 107.8
3着 10 ホエールキャプチャ 蛯名正義 55.7倍 103.1
4着 11 ラブイズブーシェ 古川吉洋 3/4 21.5倍 102.6
5着 7 エアソミュール 戸崎圭太 ハナ 20.1倍 102.6

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

天皇賞(秋)の歴史と概要


2016年の優勝馬 モーリス

秋の中距離王決定戦。中距離のスペシャリストに加え、一流マイラーと一流ステイヤーも参戦し、名勝負を紡ぎ出す。逃げるダイワスカーレットウオッカがギリギリ差し切った「2cm差のレコード決着」(第138回・2008年)は今でも語り草となっている。第154回(2016年)は最強マイラー・モーリスが2000mの舞台でもその強さを見せつけた。天皇賞の春秋連覇を成し遂げたのはタマモクロス(第98回・1988年)、スペシャルウィーク(第120回・1999年)、テイエムオペラオー(第122回・2000年)、メイショウサムソン(第136回・2007年)の4頭。第104回(1991年)では、天皇賞春秋連覇を目指したメジロマックイーンが6馬身差の圧勝を演じたかに見えたが、2コーナーで斜行して他馬の進路を妨害していたことが発覚し、18着に降着。1位入線馬の降着はG1史上初のことだった。

▼1991年はメジロマックイーンが2コーナーで斜行、G1レース初の降着となった

歴史と概要をもっと見る >

天皇賞(秋)の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る