会員登録はこちら
NHKマイルカップ G1   日程:2014年5月11日() 15:40 東京/芝1600m

NHKマイルカップのニュース&コラム

NHKマイルC制したアイル、史上初快挙へ安田視野
 NHKマイルCを制したミッキーアイル(栗・音無、牡3)は舞台となった東京競馬場に留まり、12日を迎えた。朝カイバをぺろりと平らげ、リラックスした様子で、平井助手は「元気はありますね。現地に1泊したぶん、今までより疲れはありません」とホッとした表情。12日が全休日だったため、13日に滋賀県栗東トレセンに帰厩する。 次走は古馬相手の安田記念(6月8日、東京、GI、芝1600メートル)が視野に入っている。安田記念は1984年のグレード制導入と同時にGIに格付けされて以降、3歳馬の優勝は2011年のリアルインパクトのみだが、同馬はNHKマイルCは3着。両レースを連勝すれば史上初の快挙となる。
2014年5月13日(火) 05:00

 687

【京王杯SC】コパノリチャード距離延長は歓迎
 東京の土曜メーンは京王杯スプリングC(GII、芝1400メートル)。勝ち馬にはGI安田記念(6月8日、東京、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる、重要なステップレースだ。 コパノリチャード(栗東・宮徹厩舎、牡4歳)は高松宮記念でGIウイナーの仲間入り。もともと1400メートル〜1600メートルが守備範囲だけに、1ハロンの距離延長は大歓迎だ。先行力が武器で、晴雨兼用という点も大きなアドバンテージとなる。東京コースは昨年のNHKマイルC8着以来になるが、当時とは力強さがまるで違うだけに、心配ないだろう。 トーセンラー(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)は昨年のマイルチャンピオンシップで待望のGI奪取に成功。前走の京都記念ではデスペラードの2着に甘んじたが、天皇賞・春は見向きもせず、春秋マイルGI獲りを目標に掲げて調整されている。輸送競馬では勝ち星がなく、1400メートルも初めてになるが、以前に比べて体重が増加。確実に成長しており、馬場の広い東京ならこの距離にも対応可能とみる。 レッドスパーダ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡8歳)は不良馬場で行われた高松宮記念で17着に惨敗したが、道悪は大の苦手だけに敗因は明白だった。東京は全6勝中、4勝を挙げている得意コース。良馬場なら十分巻き返しがある。 インパルスヒーロー(美浦・国枝栄厩舎、牡4歳)は前走のダービー卿チャレンジTでコンマ2秒差の6着。不振脱却の糸口をつかんだ。昨年はファルコンS1着→NHKマイルC2着とマイル路線では世代トップの実力を誇っていた逸材。実績ある左回りに戻る今回は、本来の姿を取り戻しつつあり、軽視は禁物だ。 エールブリーズ(栗東・鮫島一歩厩舎、牡4歳)は重賞未勝利ながらも、東京1400メートルで3勝の実績。軽い走りをするタイプで、道悪よりも良馬場に向く。地力強化著しい今なら一発の可能性もあるだろう。 他にもインプレスウィナー(美浦・宗像義忠厩舎、牡7歳)やインプロヴァイズ(美浦・堀宣行厩舎、牡4歳)、シャイニープリンス(美浦・栗田博憲厩舎、牡4歳)など鋭い決め手の持ち主も、展開次第では上位争いに加わる可能性十分。安田記念に向けて、見逃せない一戦だ。★京王杯スプリングCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年5月12日(月) 18:38

 568

【NHKマイルC】ミッキー、逃げて3歳マイル王!
 第19回NHKマイルカップ(11日、東京11R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝1600メートル、1着本賞金9200万円=出走18頭)浜中俊騎乗のミッキーアイルが逃げ切って、単勝1・9倍の1番人気に応え、デビュー2戦目から5連勝で3歳マイル王に輝いた。今後は安田記念(6月8日、東京、GI、芝1600メートル)を視野に入れ、古馬相手にマイル界の頂点を目指す。タイム1分33秒2(良)。クビ差の2着に17番人気タガノブルグ、さらにハナ差の3着に12番人気キングズオブザサンが入り、3連単68万4020円の高配当となった。 強烈な向かい風。背後からは後続馬の蹄音が迫る…。切羽詰まった状況が、ミッキーアイルの勝負根性に火をつけた。 圧倒的なスピードに、粘り強さも見せて3歳マイル王に。必死の形相で手綱を押し続けた浜中騎手はホッとした表情だ。 「最後の直線は本当に長かった…。後ろから迫られているのは分かっていたので、『残ってくれ!』と祈るような気持ちでした」 逃げ切るのは至難の業とされる府中のマイル戦でも、迷いはなかった。いつものロケットスタートではなかったが、二の脚を駆使してハナに立つ。2番手ホウライアキコにピタリとつけられながらも、525・9メートルある最後の直線へ。いざ追い始めると左右にフラフラ…。それでも後続の猛追をクビ差でしのぎ、一昨年のカレンブラックヒルに続くこのレース2度目の逃げ切りV。粗削りな走りが、かえって強さを際立たせた。デビュー2戦目から5連勝でGIタイトル獲得だ。 鞍上は「真っすぐ走ってくれよ〜と思いました」と苦笑い。「着差はどうであれ、勝ちきるところにこの馬のすごみがある」と続けた。
2014年5月12日(月) 05:07

 1,256

【NHKマイルC】オーナー感激!夫婦で同じGI勝利
 第19回NHKマイルカップ(11日、東京11R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝1600メートル、1着本賞金9200万円=出走18頭)クビ、ハナ、クビ…。ゴール前の激戦を、ミッキーアイルの野田みづきオーナー=オービック取締役相談役=は正視できなかった。GI初制覇の第一声は「うれしい…」。小声で「宝くじに当たったようなものかしら」と言うのがやっとだった。「ハラハラ、ドキドキの連続で、もう何がなんだか…」。 「ダノン」の冠名で知られる夫の野田順弘(まさひろ)オーナー(75)=オービック取締役会長=は、2010年にこのレースをダノンシャンティで制覇。「私は先輩格。ワクワクっていう感じで見ていた。夫婦で同じGIを勝てたのだから夫婦円満、夫唱婦随ってやつだ」と豪快に笑った。 生産者の吉田勝己・ノーザンファーム代表(65)も満面の笑みで「ディープ産駒で逃げ切ってGIを勝ったのは初めて」と語っていた。★11日東京11R「NHKマイルC」の着順・払戻金はこちら
2014年5月12日(月) 05:06

 2,165

NHKマイルカップのニュースをもっと見る >

【NHKマイルC】ワダチ、陣営ムード最高潮
 3歳マイル王へ、ニュージーランドT2着ショウナンワダチが熱のこもった併せ馬でピタリ態勢を整えた。 好天の美浦。北村宏騎手を背にWコースに姿を現すと、ルミニズムを2馬身追いかけ加速した。相手は格下とはいえ、調教駆けすることでは定評のある馬。その分、直線はワダチのほうが先に手綱が動く格好にはなったが、そこからしぶとく末脚を伸ばし、最後は併入フィニッシュだ。 5F66秒4を出した先週に続く文句なしの内容に、「強い負荷をかけたくて2週続けて動く馬と併せたけど、これならイメージどおり。北村も、『思っていたよりさらに良かった』と言ってくれた」と、大竹調教師は満足げだ。 課題のゲートは、けさも練習を無事クリアし、「前走もやってきたことが実になっていると思える内容だった。中山より明らかに東京のほうが合うし、(ミッキーアイルなど)新しい相手との対戦も、むしろ楽しみにしています」と、強敵撃破へ手応えを隠さない。新馬→ベゴニア賞をメンバー中最速の末脚でぶち抜けた東京マイルで、厩舎初のGI奪取へムードは最高潮だ。(夕刊フジ)★NHKマイルカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年5月8日(木) 11:45

 955

【NHKマイルC】タガノブルグ疝痛の影響皆無!
 橘Sで鮮やかな差し切りを決めたタガノブルグは火曜に軽い疝痛があり、水曜追いの予定を木曜にスライドした。中1週でもあり栗東坂路で軽め。14秒7−13秒9−12秒6と無理のないラップで、ラスト1Fも馬なりのまま13秒1。歯切れのいいフットワークだ。 「疝痛はまったく問題ない。昨日でも追い切れたほどで大事を取っただけ。中1週だからラストも馬なりで十分だし、いい動きだったね。前走の勝ちっぷりがいいし、マイルも乗り方ひとつだ」と鮫島調教師。 マイルは1回走り、アーリントンCでミッキーアイルの0秒8差4着。7FのOPクロッカスSで頭差2着がある東京で上位進出を狙う。(夕刊フジ)★NHKマイルカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年5月8日(木) 11:38

 558

【NHKマイルC】豪脚!アイル一番時計!!
 中央競馬は、今週から東京競馬場で5週連続GIが開催される。初戦となるNHKマイルカップ(11日、芝1600メートル)の主役、ミッキーアイル(栗東・音無秀孝厩舎、牡3歳)が7日、滋賀県栗東トレセンで追い切りを行った。坂路でパワフルな動きを見せて一番時計をマーク。サンケイスポーツ調教評価でも最高の「S」を獲得した。 5月初旬とは思えないほど肌寒い空気を切り裂いて、ミッキーアイルが熱い走りをみせた。坂路一番時計タイとなる4ハロン50秒6をマーク。前走のアーリントンカップから2カ月半ほど間隔はあいたが、万全の仕上がりだ。 「すごい行きっぷりでした。抑えるのに苦労するくらい。態勢は整っていると思います」 手綱を取った浜中騎手が、笑みを浮かべた。 スタート直後から抜群の加速力で、12秒8−12秒4−12秒4と単走でラップを刻む。ヤル気満々のパートナーを鞍上が懸命になだめながら進み、ラスト1ハロン13秒0でフィニッシュ。やや時計は要したが、まだ余力が残っているように見えた。 4連勝で前走のアーリントンカップを圧勝。デビュー以降では、最低の470キロでの出走だったため、放牧に出して間隔をあけて調整してきた。その効果で帰厩した4月16日には490キロまで回復。「坂路で走るとき以外は落ち着いていましたよ。以前よりも体が大きくなっています」と、ジョッキーもたくましさを増した相棒に目を細める。 これまで5戦すべて1600メートル戦で、デビュー戦2着以外は逃げて4連勝。「一番強い馬でないと最初から先頭で、そのまま押し切ることはできない」と鞍上は力説する。未勝利戦でマークした1分32秒3は2歳JRAレコードで、ひいらぎ賞でマークした1分34秒2は翌日の2歳王者決定戦のGI朝日杯FSよりも0秒5速い。除外で出走がかなわなかったものの、GIに出ていても勝てるスピードは証明済みだ。
2014年5月8日(木) 05:14

 972

【音無師トーク】20年間であんな馬は見たことがない
 中央競馬は、今週から東京競馬場で5週連続GIが開催される。初戦となるNHKマイルカップ(11日、芝1600メートル)の主役、ミッキーアイル(栗東・音無秀孝厩舎、牡3歳)が7日、滋賀県栗東トレセンで追い切りを行った。坂路でパワフルな動きを見せて一番時計をマーク。サンケイスポーツ調教評価でも最高の「S」を獲得した。 −−今回は2カ月半ぶりのレース 「体が寂しく映ったので、前走後はリフレッシュ放牧へ。ひいらぎ賞くらいの体重(478キロ)で出したいと思っている。前回よりプラス体重で出走するのは間違いないですね」 −−追い切りに関して 「浜中君が乗ったら、速くなると思っていた。(スタート後の)入りが速く、最後の200メートルは13秒0になったが、最後までビシビシやったわけじゃないから(問題はない)」 −−課題をあげるなら 「左回り、直線の長い東京という点。克服してくれると思っているが、スピード優先のタイプだから、雨が降ってスタミナ勝負になったときがどうかでしょうね」 −−抱負を 「重賞で逃げ切るのは力がないと無理。(調教師として)20年間でいろいろな馬を管理してきたが、あんな馬は見たことがない。府中はスタート後、上り坂で3コーナーから下り坂。そこで無駄な力を使わなければいいなと思っている」
2014年5月8日(木) 05:13

 2,817

NHKマイルカップの直前追い切り情報をもっと見る >

NHKマイルカップ過去10年の結果

2013年5月5日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2012年5月6日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2011年5月8日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

NHKマイルカップステップレース

皐月賞   G1 
2014年4月20日() 中山競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 2 イスラボニータ 蛯名正義 1:59.6 5.1倍 100.6
2着 17 トゥザワールド 川田将雅 1 1/4 3.5倍 99.5
3着 18 ウインフルブルーム 柴田大知 1/2 24.9倍 98.9
4着 1 ワンアンドオンリー 横山典弘 アタマ 6.7倍 98.9
5着 8 ステファノス 後藤浩輝 1/2 99.7倍 98.3
桜花賞   G1 
2014年4月13日() 阪神競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 18 ハープスター 川田将雅 1:33.3 1.2倍 93.9
2着 12 レッドリヴェール 戸崎圭太 クビ 7.4倍 93.9
3着 10 ヌーヴォレコルト 岩田康誠 3/4 30.9倍 93.2
4着 15 ホウライアキコ 和田竜二 1 1/2 34.7倍 91.7
5着 6 レーヴデトワール 福永祐一 アタマ 47.0倍 91.7
2014年4月12日() 中山競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 12 ショウナンアチーヴ 後藤浩輝 1:33.3 3.1倍 96.2
2着 9 ショウナンワダチ 北村宏司 ハナ 8.0倍 96.2
3着 15 ベルルミエール 川島信二 1 1/4 14.3倍 94.7
4着 5 アルマエルナト 藤岡佑介 1 3/4 11.6倍 92.5
5着 11 ウインフェニックス 石橋脩 3/4 8.6倍 91.7
2014年3月22日() 中京競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 13 タガノグランパ 福永祐一 1:21.2 3.7倍 96.3
2着 6 サトノルパン 小牧太 クビ 4.3倍 96.3
3着 4 アルマエルナト 藤岡佑介 1 1/4 57.6倍 94.6
4着 17 ベルルミエール 川島信二 ハナ 30.0倍 94.6
5着 8 タガノブルグ 戸崎圭太 1/2 11.9倍 93.7

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

NHKマイルカップの歴史と概要


2004年の優勝馬キングカメハメハ

3歳馬によるマイル王決定戦。かつては、マイル以下に適性のある短距離馬や、クラシックに出走できなかった外国産馬にとって、3歳(旧4歳)春シーズンにG1ホースになるチャンスはなきに等しかったが、このレースができたことによりクラシックに縁のない馬たちが輝きを放つことになった。第2回(1997年)はその後フランスのG1を制すシーキングザパールが完勝。第3回(1998年)は、1年半後の凱旋門賞で歴史に残るあと一歩の接戦を演じることになるエルコンドルパサーが圧勝。第6回(2001年)は、秋にダートでもG1タイトルを獲得するクロフネが順当勝ち。“マル外の大物”たちがNHKマイルCの歴史を築き上げてきた。第9回(2004年)の勝ち馬キングカメハメハは、次走の日本ダービーも制し、史上初のパターンとなる“変則2冠”を達成。第13回(2008年)の覇者ディープスカイも、ここと日本ダービーを連勝し、キングカメハメハに続いた。近年は、第21回(2016年)のメジャーエンブレム、第22回(2017年)のアエロリットと、牝馬の活躍が目立っている。

▼2016年メジャーエンブレムは2着以下を完封。2つ目のGIタイトルを手にした。

歴史と概要をもっと見る >

NHKマイルカップの攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年1月28日(
根岸ステークス G3
シルクロードS G3

競馬番組表

2018年1月27日(
1回東京1日目
1回中京5日目
2回京都1日目
2018年1月28日(
1回東京2日目
1回中京6日目
2回京都2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る