最新競馬ニュース

【安田記念】レースの注目点

SANSPO.COM:2018年5月28日(月) 18:10

 2,832

★春のマイル王決定戦に芝1600メートル戦初出走のスワーヴリチャードなど7頭のGI馬が登録

 春のマイル王決定戦の安田記念には、昨年のNHKマイルCの覇者アエロリット(牝4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)やマイルCS優勝馬ぺルシアンナイト(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)など7頭のGI馬が登録している。過去10年間の安田記念では、GI馬が5勝と実力を発揮しているが、さて、今年はどんな結果となるだろうか。

 また、今年の大阪杯でGI初勝利を挙げたスワーヴリチャード(牡4歳、栗東・庄野靖志厩舎)は、初の芝1600メートル戦となる。同馬は、これまで中・長距離戦で10戦5勝、2着3回と安定した成績を残しているが、初のマイル戦でどんな走りを見せてくれるだろうか。Vなら、芝1600メートル戦初出走馬の安田記念制覇は、グレード制が導入された1984年以降、1992年ヤマニンゼファー以来26年ぶり2頭目となる。

★ぺルシアンナイト、史上11頭目の安田記念&マイルCS双方制覇なるか

 昨年のマイルチャンピオンシップ優勝馬ぺルシアンナイト(牡4歳、栗東、池江泰寿厩舎)がGI2勝目を狙う。同馬は、昨春のクラシックで皐月賞2着、ダービー7着の成績を残したが、秋は菊花賞へは向かわず、富士S5着からマイルCSへ向かいGI初勝利を挙げた。今年は、芝1800メートル戦の中山記念で5着、芝2000メートル戦の大阪杯で2着に入っているが、GI制覇した芝のマイル戦で2度目の栄光を手にすることができるだろうか。Vなら、安田記念&マイルCS双方制覇は、モーリス以来11頭目となる。

 また、今年のJRA古馬平地重賞では、5月28日現在、4歳馬が13勝を挙げている。過去10年間の安田記念では6歳馬がトップの4勝を挙げているが今年はどの世代が勝つだろうか。

★昨年3着レッドファルクス、スプリント&マイルGI双方制覇なるか

 スプリントGI2勝馬のレッドファルクス(牡7歳、美浦・尾関知人厩舎)が、3つ目のGIタイトルを芝1600メートル戦で狙う。同馬は、前走の高松宮記念で8着に敗れたが、芝1200メートル戦では7戦4勝の成績を挙げており、2016・17年とスプリンターズSを連覇した。芝1600メートル戦では3戦0勝と勝ち星はないが、昨年の安田記念では勝ち馬から0.1秒差の3着に入っている。

 果たして、レッドファルクスは、スプリント路線に続き、マイルの頂点も極めることができるだろうか。勝てば、JRAのスプリント&マイルGI双方制覇は、ストレイトガール以来8頭目。芝1600メートル戦未勝利馬の安田記念制覇は、2013年ロードカナロア以来5年ぶり8頭目となる。なお、同馬に騎乗予定の田辺裕信騎手は、安田記念で3年連続払い戻しの対象となっている。

 コメント(1

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

エコキング
5月30日(水) 08:49

田辺に期待しちゃう( ≧∀≦)ノ

ナイス! (0)

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

8月12日()
関屋記念 G3
エルムS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る